日本語教材まつり2018 in 大阪

日時:
2018年8月25日 @ 1:30 PM – 5:20 PM
2018-08-25T13:30:00+09:00
2018-08-25T17:20:00+09:00
場所:
TKP 大阪本町カンファレンスセンターホール3B
日本、〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3丁目5−19
参加費:
無料
お問い合わせ:
アルク、スリーエーネットワーク、凡人社
03-3263-3959

日本語教材まつり2018 in 大阪

[日時] 2018年8月25日(土)13:30~17:20(受付開始13:00)
TKP 大阪本町カンファレンスセンターホール3B
(大阪府大阪市中央区久太郎町3-5-19 大阪DICビル3F )
<アクセス>
[定員] 120 名(先着順。定員になり次第締め切ります)
[参加費] 1,000 円(税込)
[対象] 日本語教育に興味のある方(ボランティア、日本語教師、養成講座受講生など)
[講師] 原沢伊都夫先生(静岡大学国際連携推進機構グローバル教育部門教授)
八木真奈美先生(駿河台大学グローバル教育センター教授)
山内博之先生(実践女子大学文学部国文学科教授)
[内容] 13:30 ~ 14:40 【研修会① 日本語教師のための入門言語学】
原沢伊都夫先生(静岡大学国際連携推進機構グローバル教育部門教授)
日本語を教えるにあたって、日本語教師には「言語学」の知識が必要になります。
「言語学」は日本語教育能力検定試験の出題範囲にも含まれ、中でもとりわけ難しい分野だと言われています。
『日本語教師のための入門言語学』は、難しいとされる言語学の理論を、身近な日本語を例にやさしく解説した本です。
今回の研修会では本書を基に、どのように言語学の知識を日本語教育の現場に役立てるのか、言語にまつわる「ちょっといい話」を交えて、お話しいたします。

14:50 ~ 16:00 【研修会② 話す・考える・社会とつなぐためのリソース ―「教える」教材から「学び合う」教材へ―】
八木真奈美先生(駿河台大学グローバル教育センター教授)
日本語教育の教授法は、文法からコミュニカティブ・アプローチやインターアクション、さらに自己表現へ、また教師主導から学習者中心、
さらに学習者主体へと変化してきました。教材は時の理論の影響を受けますが、近年は学習者の多様性やライフステージとの関わりも注目されています。
そこで、今回は移住・定住外国人学習者のライフストーリーから「学び合う」、あるいは「学習者と社会をつなげる」という新しいコンセプトを持った
教材とその実践を紹介したいと思います。

16:10 ~ 17:20 【研修会③ 「読む」教育を制するのは話題である】
山内博之先生(実践女子大学文学部国文学科教授)
関心の持てない読み物を敢えて読もうとは思わないが、好きな話題の読み物ならどんどん読める。
それが、「読む」ことに関するごく普通の感覚です。
好きな話題の読み物をどんどん読んでいけば、その話題の語彙が身につき、その話題が学習者の十八番(おはこ)になります。
そして、十八番の言語活動があれば、その周辺の話題もやがては十八番になっていき、そうして、学習者のプロフィシェンシーが向上していきます。
本研修会では、学習者の全般的なプロフィシェンシーの向上を見据えた「読む」教育の話をします。

* 当日、各研修の題材書籍や日本語教材の展示・販売を予定しております。会場限定での割り引きあり!
* 内容/スケジュールは変更の場合もございます。
[主催] アルク、スリーエーネットワーク、凡人社

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語教材まつり2018 in 大阪」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. Finasteride Brevetto Propecia Canadian Nexium Without Prescription Article 58 Cialis Sales [url=http://aaost.com]cialis tablets for sale[/url] Generic For Amoxicillin

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
12月
10
1:00 PM 日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
12月 10 2022 @ 1:00 PM – 1月 14 2023 @ 5:00 PM
外国人への「日本語の教え方」を初めて学ぶ方に適した講座です。 <養成講座開催日時> 2022年12月10日/12月17日/2023年1月7日/1月14日(土)午後1時~5時 全4日間 <講 師> 木戸恵子先生(獨協大学非常勤講師)  <会 場> 本多公民館(国分寺市) <受講対象者> 国分寺市及び近郊都市に在住・在勤の方 <定 員>   30名 (定員に達した後は、キャンセル待ちとなります) <受講料>   4,000円 ※受講料は、後日(11月中旬)、申込者に順次お送りする「受講ガイド」に従ってお振込みください。 <ご確認ください> 今日の感染状況を鑑み、「オンライン開催」に変更される可能性があることをご了承ください。変更の際は、決定次第、ご連絡させていただきます。  ★講座に関する詳細、および Q&Aはこちらをご覧ください。  https://www.1991kia.jp/nihongo-shien-kouza2022/
12月
11
1:00 PM 現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
12月 11 @ 1:00 PM – 2:30 PM
【内容】 日本における在留外国人が年々増加している中、企業の外国人雇用や教育現場の日本語を習得できていない外国人留学生、外国につながる児童生徒との円滑なコミュニケーションや学習面での課題が問題となっています。 日本語教育とフォントの関係性についてUDフォントが有効であるという傾向が見えてきた中、今回のセミナーでは、現場の先生方と共に外国人留学生や生活者としての外国人の日本語教育の現状と対策、これからの課題を、実証試験の内容も踏まえながら「UDフォント」や「やさしい日本語」から始める日本語教育の支援について考えます。 ▼イベントの詳細・申込はこちら https://go.morisawa.co.jp/l/896081/2022-11-21/ngpt7 【概要】 日時:12月11日(日) 13:00~14:30 ※当⽇参加できない⽅も、お申し込みいただければ後⽇アーカイブ動画が視聴可能 参加費:無料 募集定員:1,000名 講師: 長崎短期大学 准教授 岩﨑 千恵 氏 崇城大学 就職課 課長補佐 公益財団法人 地方経済総合研究所 特別研究員 前田 和則 氏 熊本大学 教育学部附属特別支援学校 後藤 匡敬 氏 主催:株式会社モリサワ 【お問い合わせ先】 株式会社モリサワ 東京本社 営業企画部 公共ビジネス課 E-mail:public-biz@morisawa.co.jp

注目の記事

  1. 外国人雇用労務士の資格試験を実施 公認テキストブックを刊行 一般社団法人全国外国人雇用推進…
  2. 信濃毎日の「五色のメビウス」を読んで 地域メディアがけん引する多文化社会 長野県の地方…
  3. 「爺が孫に伝えた年頭のことば」 元最高裁判事が「時代遅れの国籍法」を批判 「日本国民は…

Facebook

ページ上部へ戻る