利用規約

にほんごぷらっと利用規約

第1条 目的

「にほんごぷらっと利用規約」(以下「本規約」といいます)は、日本語教育情報プラットフォーム(以下「当団体」といいます)が提供する情報サイト(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。本サービスの無料ページの閲覧は誰でもできますが、コメント投稿時等の本サービスに参加する際には無料会員登録が必用となります。また、有料ページへの参加は一般会員及び賛助会員登録が必用となります。本サービスの利用者(以下「ユーザー」といいます)は、会員登録を行った時点で個人情報保護方針に同意したものとみなします。

 

第2条 本規約の変更

当団体は、ユーザーの事前の了承を得ることなく、本規約を改定することができ、ユーザーはそれを承諾するものとします。改定後の利用規約は、本サービスに掲示された時点より効力を発するものとします。

 

第3条 本サービスの利用

本サービスは、本規約のほか、適用される法令等を遵守している者に限り、利用することができるものとします。本サービスは無料会員と有料会員が存在し、会員の種類によって閲覧可能なコンテンツ、利用可能な機能が異なります。当団体は、本サービスの一部または全部を、ユーザーへ事前に通知することなく、いつでも変更、中断、停止または終了することができるものとします。また、ユーザーが以下に該当すると判断した場合、事前の通知や催告等なしにアカウントの利用制限や削除、本サービスへのアクセスの停止、コメントの削除ができるものとします。

・本規約又は個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に違反した場合

・過去に本サービスの利用を停止され、または登録会員の登録を取り消されたことがある場合

・暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準じる反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます)であると判明した場合、又は資金提供その他の行為を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与をしている場合。

・その他当団体がアカウントの停止およびコメント削除等が適切であると判断した場合

ユーザーは本サービスを利用するにあたり、以下の点を遵守するものとします。

・虚偽の個人情報を提供したり、本人の許可を得ることなく他人のアカウントを作成することはできません

・個人が複数のアカウントを作成することはできません

・アカウントが停止された場合、当団体の許可なく新たなアカウントを作成することはできません

・連絡先情報は常に連絡の取れる状態に保つものとします

・本サービスより受け取る情報に広告が掲載される可能性やユーザー登録した電子メールアドレスに企業等からのお知らせや広告等が送信される可能性があることに同意します

 

第4条 有料会員の利用条件

有料会員のユーザーは、本サービスにかかる当団体の定める一般会員又は賛助会員に申し込み、当団体により会費の支払確認をもって承認されるものとします。有料会員の利用期間は年会費の有効期間までとします。

 

第5条 コンテンツの利用

ユーザーは、商業目的などで不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを譲渡、複製、貸与、公衆送信などすること、又はこれらの行為を第三者に行わせることはできません。本サービスは、ユーザー自身がコメント等を投稿し、表示し、本サービスのユーザーに対し、他のユーザー及び第三者ソーシャルネットワーキングサービス等へシェアする機会を提供しています。ユーザー自身が投稿、シェアするすべてのコンテンツ又はそれらに関連するものは全て以下の条件に従うものとします。

・当団体は、特定のユーザーの提言や意見についてそれを支持することはありません。ユーザーは自らの判断と責任で閲覧、利用する事に同意します。

・ユーザーは、自身が本サービスに投稿したコンテンツについて、第三者の権利を侵害せず、また法令等にも違反しないようにすることを保証します。

・コメントなどについては、本規約に違反しており、又は権利侵害・誹謗中傷・いやがらせ等に該当すると当団体が判断した場合、事前通告なく削除いたします。

 

第6条 著作権等

本サービスに関する著作権および知的財産権は全て当団体に帰属します。本サービスを通じて当団体が提供する情報に関する著作権および知的財産権は、当団体又はかかる情報に関して正当な権限を有する第三者に帰属します。投稿されたコンテンツに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権及びその他の財産権は、全て投稿したユーザーに帰属します。ただし、ユーザーは、当団体及び当団体から権利を継承し又は許諾された者に対して、コンテンツの複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等、著作権法上の権利を、無償で利用することを許諾したものとします。また、ユーザーは著作者人格権を行使しないものとします。

 

第7条 禁止事項

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないこととします。

・当団体または第三者の著作権、その他の知的財産権または財産的利益を侵害する行為

・法令、公序良俗に反する行為

・他のユーザーまたは第三者に不利益を与える行為

・本サービスの運用を妨げる行為

・当団体または本サービスの信用を毀損する行為

・当団体のネットワーク及びサーバー等への不正アクセス、情報改竄、消去する行為

・その他、当団体が不適切と判断する行為

 

第8条 免責事項

本サービスは、ユーザーが自身の判断と責任において利用するものとし、ユーザーに生じたいかなる損失または損害についても、当団体は一切の責任を負わないものとします。

・本サービスの提供する情報の完全性、真実性、正確性、合法性等に当団体は一切の責任を負いません。

・本サービス及びコンテンツが第三者の知的財産権その他の権利を侵害していないことを保証するものではありません。

・事前の通告なく本サービスの全部又は一部の利用ができなくなる場合があることを予め了承するものとします。

・当団体は外部サービスに関連してユーザーに発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。

・当団体は天災地変その他不可抗力により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。

 

第9条 個人情報の利用

当団体は、本サービスの提供にあたり、別途定める個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に基づきユーザーの個人情報を利用するものとします。

 

第10条 退会手続

ユーザーが退会を希望する場合は、当団体所定の退会手続を行うものとします。ユーザーは、退会手続によっても自らの投稿したコンテンツが削除されない場合があることを予め承諾するものとします。

 

第11条 準拠法

本規約の成立、効力、履行および解決に関しては、日本国の法令が適用されるものとします。

 

第12条 管轄裁判所

本規約に関し紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

平成29年2月2日制定

日本語教育情報プラットフォーム

注目の記事

  1. 日本語教師の国家資格創設の報告書を了承 山積する課題をどう解決? 第9回日本語教師の資格に関…
  2. 出入国在留管理庁がコロナ禍の日本語学校の「休校」の対処などの質問に回答 日本語学校の関係6団体…
  3. 文化庁の来年度の概算要求 日本語教育関連は増額され20億円に 新規事業2件も 文化庁はこのほど…

Facebook

ページ上部へ戻る