日本語議連に期待する(インタビューシリーズ1)

日本語議連に期待する(インタビューシリーズ1)
◎谷口吉弘・立命館大名誉教授(文部科学省の留学生関連の有識者会議の座長を数多く務める政府の留学生政策のキーマン)=聞き手・石原進

――日本語教育推進議員連盟の旗揚げをどう受け止めていますか。
谷口氏 人口減少社会、生産年齢人口も減っている中でグローバル化が進み、日本に在留する外国人が増加している。そこでコミュニケーション能力を高めるための日本語教育が極めて重要な課題になっている。これは国として、オールジャパンで取り組むべき課題である。その意味では日本語教育推進議員連盟ができたことは大きな意義がある。政治のリーダーシップを期待できるからだ。

――日本語教育の現状をどう見ますか。
谷口氏 国は大学の国際化としてどちらかと言えば、英語を重視している。留学生が英語で直接大学に入れる施策を打ち出している。日本語学習を必要としないことで、日本語学習や経済的な負担を軽減し、留学しやすいようにしている。そういうトレンドがあるが、圧倒的多数の留学生は日本語で授業を受け、勉強している。その中で日本語教育をどうしていくのか。国としては日本語学校の教育内容にまで目を向けていない。十分な取り組みができていない。日本語学校の教育の在り方、どういう留学生を受け入れるのか、ということが問われている。つまり日本語学校の質的な担保が大きな課題になっている。留学生を有能な高度人材に育成するためには、日本語学校という「入り口」が非常に重要だ。

――日本語学校へのアドバイスはありますか。
谷口氏 留学生が日本のビジネス社会で生きていくためのビジネス日本語の教育も大きな課題となっていている。それは大学が担うのか、というと必ずしもそうでなくて、やはり日本語学校に担ってもらわなければならない。日本語学校は日本留学の入り口だけでなく(就職という)出口でも重要な役割を担う。高度人材をできるだけ多く定着させることが、一億総活躍社会を作るうえでも重要になっている。そして、外国人が就職して定着するとその子供の日本語教育をどうしていくのかという事も課題になる。地方自治体か、NPOなのか、ボランティアなのか、そこもまだ整理されていない。
ダイバーシティ、多様な社会を作るために多様な人材を受け入れていかないと、将来、日本は成り立たなくなると認識しなければならない。その基本が日本語教育だろうと思う。

――日本語教育は海外でも重要ですね。
谷口氏 海外に日本語を発信していくことも当然必要だ。国際交流基金をはじめ多くの日本語学校が海外で日本語教育に携わっているが、それだけでは十分でない。アニメとか漫画に引き付けられて日本に来る留学生が少なくないが、日本語を文化の発信の重要なツールだと考えると、海外に目を向け、広く日本語教育を見直していくことは大事だと思う。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Canadian Drug Store No Script [url=http://cialiviag.com]generic cialis[/url] Cialis Dosis Recomendada Cialis Ibuprofeno Priligy Farmacia Prezzo

  2. アバター

    Cialis 20 Ou 40 1767 Buy Clonidine Overnight Achat De Generique Cialis [url=http://cial40mg.com]canadian pharmacy cialis 20mg[/url] Amoxicillin Bladder Infections Comprar Viagra Sin Receta En Valencia

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

4月
7
1:30 PM OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 1:30 PM – 5:00 PM
日本国内でACTFL-OPI試験官養成ワークショップが開催されて30年になります。 これまでに1000名ものOPIテスターを輩出してきました。 OPIワークショップ日本開催30周年を記念して、シンポジウムを開催します。 講演、パネルディスカッションを通して、社会と繋がり、社会を切り拓く、 日本語教育と日本語OPIを考え提案します。 ぜひご参加ください。 【協力】日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社 【内容】 開催挨拶:新城 宏冶(株式会社アルク取締役) 講  演:鎌田 修(南山大学元教授) OPI活用事例事業の紹介:株式会社アルク 【パネルディスカッション】 司   会:奥野由紀子(首都大学東京 准教授) パネリスト:山下 渉(楽陽食品株式会社管理部 部長) 伊東 祐郎(東京外国語大学 教授) 嶋田 和子(アクラス日本語教育研究所 代表理事) 講   演:牧野成一(プリンストン大学 名誉教授) 【協力】 日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社
5:10 PM OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 5:10 PM – 7:00 PM
OPIワークショップ日本開催30周年記念シンポジウムの懇親会です。
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
ページ上部へ戻る