◎海外における日本語教育の課題が浮き彫りに
――日本語議連第8回総会で

超党派の日本語教育推進議員連盟(河村健夫会長、通称・日本語議連)は15日、第8回総会(勉強会)を開き、海外で日本語教育を実施している公益財団法人国際交流基金と学校法人赤門会日本語学校からヒアリングを行った。海外での語学教育といえば、中国の孔子学院が有名だ。残念ながらこの分野で日本は中国の足もとにも及ばない。政府は国際交流基金に十分な予算措置をせず、海外で活動している民間の日本語学校へ支援もしていないからだ。議論を通じてそうした現状や官民の連携などの課題が浮き彫りとなった。

 ヒアリングでは、国際交流基金の日本語事業部長の鈴木雅之氏と日本語国際センター専任講師で元ジャカルタ日本文化センター主任日本語講師の八田直美氏、そして赤門会日本語学校常務理事の新井永鎮氏らがその取り組みを報告した。

国際交流基金は外務省の関係団体で、海外での日本語教育全般を取り仕切っている。基金によると、2015年末の海外での日本語学習は計366万人で、その8割近くがアジアの人たち。中国、インドネシア、韓国の上位3か国は教育のカリキュラムの変更などで学習者の数が減っているが、他のアジアの多くの国では日本語へのニーズが増大し、学習者が増えている。

しかし、海外に展開している日中韓の語学講座の数を比較すると、中国語の孔子学院が1586カ所、韓国語の世宗学堂が174カ所なのに対し、国際交流基金の日本語講座は31カ所しかない。これは、国家戦略として自国の言語の普及に力を入れている国と、そうでない国の違いだ。日本にはたくさんの魅力があり、アジアの人たちは日本にアクセスしたがっているのに、その道筋を描けないのだ。インターネットを活用したEラーニングの必要性も指摘されているが、拠点づくりはより重要だ。

それでも国際交流基金は、きめの細かな取り組みを行っている。日本語教師の不足を補うため、現地教師のアシスタントとして活動する「日本語パートナーズ」をアセアン各国に派遣している。2014年から7年間で20歳から69歳までの3000人を超える日本人を送り出す計画だ。

一方、赤門会日本語学校はベトナムのハノイとホーチミン、そしてミャンマーのヤンゴンで日本語教育を行っている。民間の日本語学校が海外展開する珍しいケースだ。日本と為替の格差があるアジア各国では、授業料を徴収しても全く採算が合わないのだ。赤門会日本語学校は、日本語が上達した現地の若者を関係の人材会社を通じて日系企業に紹介するなど関連のビジネスによって赤字の一部を補填しているという。新井氏は「海外では学校経営だけでは黒字にならない。民間が海外で日本語教育を推進するのは政府による支援が必要だ」と述べた。

国際交流基金、赤門会日本語学校とも、口をそろえたのは日本語教師が不足していること。国内の日本語学校でさえ教師の確保に苦労しているのだから当然と言えば当然だ。政府が海外に日本語教育を普及させようというなら、教師の育成が不可欠だ。

海外での日本語教育について、政府内では海外が外務省(国際交流基金)、国内を文化庁国語課が管轄するという、大まかな「住み分け」ができている。しかし、文化庁国語課の日本語教育は在日の日系人などへの「生活言語の教育」の域を出ない。このため、日本語学校をきちんと指導・監督する部署はないのだ。

この日の議論では海外で国際交流基金と赤門会日本語学校の協力、つまり官民連携が行われていない実態も明らかになった。こうした議論を踏まえ、中川正春会長代行は「発展途上国では日本語学校が進出するビジネスモデルはできない。それをどう克服するかが課題だ。国際交流基金としては、民間の事業体と組むとか支援するという発想ができないのか。あるいは進出している日系企業を巻き込むことができないのか」と述べ、今後の検討課題として官民連携を具体的に提起した。

通常国会の閉会により日本語議連の次回の総会は、秋の臨時国会が開かれるとみられる9月以降になる。計画では関係団体などからの総会でのヒアリングはあと1回だけになりそうだ。日本語議連では、総会の活動とは別に中川会長代行や馳浩事務局長らが立法チームを立ち上げている。立法チームは日本語教育推進基本法案の作成に向け、その骨子案を詰めるために議論を進めている。秋の臨時国会の開会中には総会で法案作成の議論を本格的に行い、日本語議連としては、早ければ来年の通常国会に法案を提出し、各党の合意を得て成立を図りたい考えだ。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

イベントカレンダー

1月
17
4:00 PM 第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
1月 17 @ 4:00 PM – 8:00 PM
開催概要 主催 一般社団法人全国日本語教師養成協議会(全養協) 日時 2018年1月17日(水) 16:00~20:00(終了)  ※入退場自由 ※特別講座は14:30~15:30(要予約・定員制) 特別講座についてはこちら 対象 日本語教師養成講座の修了生または修了見込みの方 大学主専攻・副専攻の修了者または修了見込みの方 大学院日本語教育博士課程の修了生または修了見込みの方 現役日本語教師、経験者、全養協日本語教師検定合格者、日本語教育能力検定試験合格者で就職を希望される方 地域の日本語教育に携わっている方。 ブース 出展機関 「ブース出展機関」ページをご覧ください 。 全養協「日本語教育、何でも相談」 日本語教育・日本語教師に関して何でも相談・質問できるブースです。 ベテランの日本語教師が皆さまのご相談・ご質問にお答えします。 日本語教育についてまったく知らない方も歓迎します。 (質問・相談例) ・日本語教師の仕事とは? ・どうやって日本語を教えるの? ・日本語教師の資格は? ・養成講座ではどのような勉強をするの? ・日本語教師の「検定」とは? ・「検定」に合格するためには? ・就職活動のポイントは? ・現場で求められる教師とは? ・キャリアアップの方法は? ・教師として成長するには? 特別講座 全養協実践力ミニ講座 「この授業のどこがいけないのか?」 日本語教師として求められる”実践力”を測る「全養協日本語教師検定」。 現場の授業展開に関連する豊富な出題が話題です。 今回は、類題を通して日本語教師が陥りがちな問題点を検討し、 経験豊富なベテラン日本語教師が効果的な授業のノウハウを伝授します! 時間: 14:30~15:30 ※要予約・定員制 (合同説明会の事前参加申込フォームよりお申込ください。)
1月
18
5:45 PM 連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
1月 18 @ 5:45 PM – 7:15 PM
連続講演会・国際シンポジウム 「国際日本研究へのまなざし―ことば・文化・教育―」:第5回 “Omotenashi”の先へー観光で国をひらくということー 政府への提言を続ける一方、国内各地の観光振興のため奔走し、京都国際観光⼤使、東京の観光振興を考える有識者会議メンバー、二条城特別顧問などを務めるアトキンソン⽒に、五輪開催とその後の日本の経済発展に向けて、“Omotenashi”で終わらない日本の観光産業戦略を語っていただきます。 日本文化(文化財)を観光資源として捉え、より戦略的に活⽤していくにはどうすればいいのか、考えてみましょう。

新刊図書

お薦めの一冊

ライ麦畑でつかまえて

RSS キーワード(日本語教育)

ページ上部へ戻る