日本語議連の中川会長代行、馳事務局長の立法者の立場で日本語教育基本法の踏み込んだ議論 日本言語政策学会のシンポで

日本語議連の中川会長代行、馳事務局長の立法者の立場で日本語教育基本法の踏み込んだ議論 日本言語政策学会のシンポで

日本言語政策学会の第20回記念研究大会の特別シンポジウムが6月17日、東京都新宿区の早稲田大学で開かれ、ゲストスピーカーとして招かれた日本語教育推進議員連盟の中川正春会長代行と馳浩事務局長が、対話形式で日本語教育推進基本法(仮称)の理念や成立に向けての取り組みなどを紹介した。議連をけん引する両氏がそろって外部の催しに参加したのは初めて。2人は日本語教育に関するそれぞれの「想い」を語るなど、日本語議連とは一味違った中身の濃い議論が展開された。また中川氏はこの中で、日本語教育推進基本法の法案を秋の臨時国会に提出する意向を重ねて表明した。

この日のシンポのテーマは「言語保障から学力保障へ」。中川氏は地元三重県鈴鹿市で多文化共生の取り組みをリードし、一方、馳氏はフリースクールや夜間中学の支援のための義務教育機会確保法の成立の立役者で、ともに精力的に社会活動に関わる行動派の議員だ。帝京大大学院の木村哲也氏が司会を務め、約100人がシンポの議論に耳を傾けた。


[議論の口火を切る日本語教育推進議員連盟の中川正春会長代行]

シンポでは、日本語議連の発足に向けての問題意識を問われた中川氏が議論の口火を切った。中川氏はまず「多文化共生、日本の将来は国を開くということを避けては通れない課題。しかし、移民という言葉にアレルギーを持つ人たちがいるのが現実だ。今回、日本語教育をしっかりと社会の中に仕組みとして定着させていきたいと思った」と語った。また海外で「日本語講座」の数が減り、「中国語講座」が増加する現状に危機感を募らせ、「海外で日本語をどのように展開していくかということを国家戦略として持つということ、クールジャパンの本当の基本はここにないといけない」と述べた。さらに中川氏はインバウンドの外国人観光客が急増する中で、日本語を多言語化することで日本の魅力をもっと発信すべきだと強調した。

馳氏は「言いたいことは中川先生とほぼ同じ」と述べたうえで、自身が議員立法に力を注いでいることに触れ、すでに自身が関わって議員立法で33本の法律を成立させたことを明らかにした。最も多いのは田中角栄元首相の36本だといい、「何とかこれを超えてやろうというのが私の国会議員としての目標」と意欲を示した。

また、馳氏は縦割り行政で日本語教育に関する取り組みが省庁間で連携が取れていない現状を問題点として指摘した。その話の流れの中で馳氏は私(石原)に日本語教育に関係する省庁の数を質問。私は自分の認識として「10省庁」と答えた。実は先の日本語議連第10回総会には文部科学省、法務省、経済産業省など8府省庁の担当者が出席したが、技能実習生を受け入れる官庁の国土交通省と農水省の担当者も呼ぶ必要があると考えていたからだ。ただし、防衛省でさえ、国際的な防衛交流事業としてミャンマーの陸軍学校で日本語教育を行うなど日本語教育に関係している。日本語教育は外国人が関係するほぼ全府省庁にまたがるテーマだといっていいだろう。こうした省庁間の「バラバラな取り組み」をただし、連携して政府を挙げて日本語教育を推進するための法的な仕組みが日本語教育推進基本法だ。


[議員立法に力を注いでいることに触れる日本語教育推進議員連盟の馳浩事務局長]

この省庁連携について、中川氏が基本法の原案の一部を紹介。「政府は、関係省庁相互の調整を図ることにより、日本語教育の総合的、一体的かつ効果的推進を図るため、日本語教育推進協議会を設ける。関係府省は、日本語教育に関し専門的知識を有する者、日本語教育に従事する者及び日本語教育を受ける立場にある者によって構成する日本語教育推進専門家会議を設け、関係府省相互の調整を行うに際してその意見を聴く」とある部分だ。

要するに基本法が制定されれば、関係省庁の担当者が協議会の場で事業の調整を行い、また有識者で構成する専門家会議が日本語教育の推進に必要な施策をまとめ、協議会に提言する仕組みができる、というわけだ。しかも、法的な枠組みができれば予算措置もつけられる。政府の「お墨付き」で日本語教育ができるようになる。

この他、議論は外国人児童生徒のアイデンティティの問題をはじめ、いじめや発達障害、ミャンマー難民への対応などにも及んだ。馳氏は彼らのアイデンティティに配慮するには日本語教育だけでは十分ではなく、母国の言葉や文化などを教えることで自分の民族に誇りを持たせる教育も重要だと述べ、そのための大学での教師の育成の必要性も指摘した。中川氏は第三国定住のミャンマー難民を受け入れた地元鈴鹿市の小学校で実践したコミュニティスクールの活動を紹介。ミャンマー難民との共生を通じて地元の人たちがミャンマーや難民について学び、ダイバーシティへの関心が高まったという。

質疑では、基本法の原案で基本理念に「出入国管理との有機的な連携」との記述があるのをとらえ、「一定の日本語能力を持たない外国人」については法務省入管局が滞在を認めないことになるのかどうか、との質問があった。これに対し馳氏は「排除するという観点は残る」としながらも、「ポジティブにこれくらいのこと(一定の日本語能力)は必要です、というのが立法者の意思」と述べた。基本理念の精神は、排除するのを目的とはしていない、という考えだと受け止めたい。日本語議連として、そうした立法者の意思を国会での法案審議の中で示すことが必要だと思う。

基本法案の行方についての質問では、中川氏が「(法案提出の)目標としているのは秋の臨時国会」と述べたが、その一方で、「成立するかしないかは、与党と野党がどれだけケンカしているかにかかっている」とも語り、法案成立時期については明言を避けた。また、基本法の原案で「国の責務」として所管官庁を明確にするよう求めていることについて中川氏は、「文部科学省と外務省の共管」で主管することを想定しているとし、現在は文化庁国語課で日本語教育の一部事業を担っているが、「文科省トータルで対応できるところまで持っていきたい」と語った。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

11月
24
全日 2018(平成30)年度秋季大会 in静岡 @ プラサヴェルデ
2018(平成30)年度秋季大会 in静岡 @ プラサヴェルデ
11月 24 – 11月 25 全日
学会では,毎年春と秋の2回,大会を開催しています(大会委員会担当)。 会員でなくても,関心のある方は参加費を収めて講演やシンポジウム研究発表を聞くことができます。 大会参加者に配布する予稿集は,大会終了後余部がある場合,希望者へ頒布しています。
全日 第25回日本教育メディア学会年次大会 @ 鹿児島大学教育学部
第25回日本教育メディア学会年次大会 @ 鹿児島大学教育学部
11月 24 – 11月 25 全日
2018年 第25回日本教育メディア学会年次大会 開催概要・日程 日時:2018年11月24日(土)ー25日(日) 会場:鹿児島大学教育学部 〒890-0065 鹿児島市郡元1丁目20番6号 開催スケジュール(予定) 11月23日(金) 15:00〜18:00 理事会(附属教育実践総合センター2階演習室) 11月24日(土)会場 午前:鹿児島大学教育学部附属小学校 午後:鹿児島大学教育学部第1講義棟 9:30〜 受付(午前:鹿児島大学教育学部附属小学校または教育学部第1講義棟) 受付は,午前中:附属小学校 午後:教育学部講義棟入り口(1階)にて設置します。 10:00〜11:30 地元企画:公開授業と振り返り 公開授業(低学年算数を予定) 授業者:伊藤優一郎(鹿児島大学教育学部附属小学校) 司会:中川一史(放送大学)、コメンテータ:佐藤幸江(金沢星稜大学) 12:30〜13:20 総会(第1講義棟103講義室) 13:30〜15:30 一般研究発表(1 件あたり 30 分発表)※質疑と交代を含む 15:45〜17:00 鼎談『教育メディアのこれまでと展望』(仮) 登壇者:堀田博史(園田学園女子大学)、黒上晴夫(関西大学) 宇治橋祐之(NHK放送文化研究所) 17:30〜19:30 懇親会(同キャンパス内大学生協エデュカを予定) ※24日(土)は,大学生協の中央食堂(理学部側)は営業しています。また近隣の店も営業しておりますので,弁当の申し込みは行いません。 11月25日(日)会場:鹿児島大学教育学部第1講義棟,第2講義棟  9:00〜 受付(教育学部第1講義棟1階) 9:30〜11:30 課題研究発表 11:30〜12:30 昼食(当日は大学生協がお休みです。当日弁当申し込み受け付けます) 12:30〜14:30 一般研究発表(1 件あたり 30 分発表)※質疑と交代を含む 15:00〜16:20シンポジウム『新学習指導要領における教育の情報化の展開』(仮) 登壇者:安彦広斉(文部科学省),稲垣忠(東北学院大学), 鹿児島県内の教育委員会担当者,鹿児島県内の小中高教員 コーディネータ:山本朋弘(鹿児島大学)
12月
1
10:00 AM 第14回 協働実践研究会 @ 麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階)
第14回 協働実践研究会 @ 麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階)
12月 1 @ 10:00 AM – 5:00 PM
【第14回協働実践研究会】 https://goo.gl/NTD3jo ◆日時:2018年 12月1日(土) 10:00~17:00(予定) ◆場所:麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階) 東京メトロ・丸の内線「西新宿駅」に直結、 「新宿駅」西口から徒歩10分 ◆プログラム 10:00~12:00 ピアラーニング入門講座 池田玲子(鳥取大学) 12:00~13:00 昼休み 13:00~13:30 協働実践の今 1(研究会活動報告) 13:30~14:10 これからの協働実践を考える 舘岡 洋子(早稲田大学) 14:10~14:40 休憩 14:40~17:00 協働実践の今 2(ポスター発表)  
2:00 PM 『移動とことば』公開「合評会」 @ 早稲田大学(早稲田キャンパス)19号館610教室
『移動とことば』公開「合評会」 @ 早稲田大学(早稲田キャンパス)19号館610教室
12月 1 @ 2:00 PM – 5:00 PM
『移動とことば』公開「合評会」 「移動とことば」という課題を問う本書を,比較教育学,社会学,日本研究の視点から論評する「合評会」を,以下の通り開催します。 日時: 2018年12月1日(土)14:00〜17:00 場所: 早稲田大学(早稲田キャンパス)19号館610教室 参加費: 無料※直接会場までお越し下さい(使用言語:日本語) http://gsjal.jp/kawakami/ http://www.9640.jp/book_view/?774
ページ上部へ戻る