日本語議連の中川会長代行、馳事務局長の立法者の立場で日本語教育基本法の踏み込んだ議論 日本言語政策学会のシンポで

日本語議連の中川会長代行、馳事務局長の立法者の立場で日本語教育基本法の踏み込んだ議論 日本言語政策学会のシンポで

日本言語政策学会の第20回記念研究大会の特別シンポジウムが6月17日、東京都新宿区の早稲田大学で開かれ、ゲストスピーカーとして招かれた日本語教育推進議員連盟の中川正春会長代行と馳浩事務局長が、対話形式で日本語教育推進基本法(仮称)の理念や成立に向けての取り組みなどを紹介した。議連をけん引する両氏がそろって外部の催しに参加したのは初めて。2人は日本語教育に関するそれぞれの「想い」を語るなど、日本語議連とは一味違った中身の濃い議論が展開された。また中川氏はこの中で、日本語教育推進基本法の法案を秋の臨時国会に提出する意向を重ねて表明した。

この日のシンポのテーマは「言語保障から学力保障へ」。中川氏は地元三重県鈴鹿市で多文化共生の取り組みをリードし、一方、馳氏はフリースクールや夜間中学の支援のための義務教育機会確保法の成立の立役者で、ともに精力的に社会活動に関わる行動派の議員だ。帝京大大学院の木村哲也氏が司会を務め、約100人がシンポの議論に耳を傾けた。


[議論の口火を切る日本語教育推進議員連盟の中川正春会長代行]

シンポでは、日本語議連の発足に向けての問題意識を問われた中川氏が議論の口火を切った。中川氏はまず「多文化共生、日本の将来は国を開くということを避けては通れない課題。しかし、移民という言葉にアレルギーを持つ人たちがいるのが現実だ。今回、日本語教育をしっかりと社会の中に仕組みとして定着させていきたいと思った」と語った。また海外で「日本語講座」の数が減り、「中国語講座」が増加する現状に危機感を募らせ、「海外で日本語をどのように展開していくかということを国家戦略として持つということ、クールジャパンの本当の基本はここにないといけない」と述べた。さらに中川氏はインバウンドの外国人観光客が急増する中で、日本語を多言語化することで日本の魅力をもっと発信すべきだと強調した。

馳氏は「言いたいことは中川先生とほぼ同じ」と述べたうえで、自身が議員立法に力を注いでいることに触れ、すでに自身が関わって議員立法で33本の法律を成立させたことを明らかにした。最も多いのは田中角栄元首相の36本だといい、「何とかこれを超えてやろうというのが私の国会議員としての目標」と意欲を示した。

また、馳氏は縦割り行政で日本語教育に関する取り組みが省庁間で連携が取れていない現状を問題点として指摘した。その話の流れの中で馳氏は私(石原)に日本語教育に関係する省庁の数を質問。私は自分の認識として「10省庁」と答えた。実は先の日本語議連第10回総会には文部科学省、法務省、経済産業省など8府省庁の担当者が出席したが、技能実習生を受け入れる官庁の国土交通省と農水省の担当者も呼ぶ必要があると考えていたからだ。ただし、防衛省でさえ、国際的な防衛交流事業としてミャンマーの陸軍学校で日本語教育を行うなど日本語教育に関係している。日本語教育は外国人が関係するほぼ全府省庁にまたがるテーマだといっていいだろう。こうした省庁間の「バラバラな取り組み」をただし、連携して政府を挙げて日本語教育を推進するための法的な仕組みが日本語教育推進基本法だ。


[議員立法に力を注いでいることに触れる日本語教育推進議員連盟の馳浩事務局長]

この省庁連携について、中川氏が基本法の原案の一部を紹介。「政府は、関係省庁相互の調整を図ることにより、日本語教育の総合的、一体的かつ効果的推進を図るため、日本語教育推進協議会を設ける。関係府省は、日本語教育に関し専門的知識を有する者、日本語教育に従事する者及び日本語教育を受ける立場にある者によって構成する日本語教育推進専門家会議を設け、関係府省相互の調整を行うに際してその意見を聴く」とある部分だ。

要するに基本法が制定されれば、関係省庁の担当者が協議会の場で事業の調整を行い、また有識者で構成する専門家会議が日本語教育の推進に必要な施策をまとめ、協議会に提言する仕組みができる、というわけだ。しかも、法的な枠組みができれば予算措置もつけられる。政府の「お墨付き」で日本語教育ができるようになる。

この他、議論は外国人児童生徒のアイデンティティの問題をはじめ、いじめや発達障害、ミャンマー難民への対応などにも及んだ。馳氏は彼らのアイデンティティに配慮するには日本語教育だけでは十分ではなく、母国の言葉や文化などを教えることで自分の民族に誇りを持たせる教育も重要だと述べ、そのための大学での教師の育成の必要性も指摘した。中川氏は第三国定住のミャンマー難民を受け入れた地元鈴鹿市の小学校で実践したコミュニティスクールの活動を紹介。ミャンマー難民との共生を通じて地元の人たちがミャンマーや難民について学び、ダイバーシティへの関心が高まったという。

質疑では、基本法の原案で基本理念に「出入国管理との有機的な連携」との記述があるのをとらえ、「一定の日本語能力を持たない外国人」については法務省入管局が滞在を認めないことになるのかどうか、との質問があった。これに対し馳氏は「排除するという観点は残る」としながらも、「ポジティブにこれくらいのこと(一定の日本語能力)は必要です、というのが立法者の意思」と述べた。基本理念の精神は、排除するのを目的とはしていない、という考えだと受け止めたい。日本語議連として、そうした立法者の意思を国会での法案審議の中で示すことが必要だと思う。

基本法案の行方についての質問では、中川氏が「(法案提出の)目標としているのは秋の臨時国会」と述べたが、その一方で、「成立するかしないかは、与党と野党がどれだけケンカしているかにかかっている」とも語り、法案成立時期については明言を避けた。また、基本法の原案で「国の責務」として所管官庁を明確にするよう求めていることについて中川氏は、「文部科学省と外務省の共管」で主管することを想定しているとし、現在は文化庁国語課で日本語教育の一部事業を担っているが、「文科省トータルで対応できるところまで持っていきたい」と語った。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. coupons for sildenafil 50mg https://mymvrc.org/

  2. hydroxychloroquine tablet price in india https://chloroquine1st.com/

  3. bimatoprost ophthalmic solution 0.01% generic https://www.jueriy.com/

  4. generic viagra 100mg pills erections https://cleverviagra.com/

  5. アバター

    magnificent put up, very informative. I ponder why the opposite
    experts of this sector do not notice this. You should proceed your writing.
    I’m confident, you have a huge readers’ base already!

  6. Have you ever thought about publishing an ebook or guest authoring on other websites?
    I have a blog centered on the same subjects you discuss and would love to have you share some stories/information. I know my viewers would value your work.
    If you are even remotely interested, feel free to send me an e-mail.

  7. Link exchange is nothing else except it is only placing the other person’s webpage link on your page at suitable place and
    other person will also do similar in favor of you.

  8. Hello, just wanted to say, I liked this post. It was inspiring.
    Keep on posting!

  9. Currently it seems like Drupal is the preferred blogging platform available right now.
    (from what I’ve read) Is that what you’re using on your blog?

  10. アバター

    Propecia Dosage Permanent Cheter Baclofene En Ligne Cialis Originale Al Miglior Prezzo [url=http://cheapcheapvia.com]viagra[/url] Lioresal Vente Free Shipping Worldwide Provera 5mg France Price Shop Cialis Online Generico

  11. アバター

    Risiken Bei Levitra [url=http://sildenafbuy.com]viagra online pharmacy[/url] Progesterone Progesterona Menopause Next Day Delivery C.O.D. Generique Viagra Pastillas Cytotec En Dallas Tx

  12. Hurrah, that’s what I was seeking for, what a stuff! existing here at
    this weblog, thanks admin of this web site.

  13. アバター

    Clomid Insemination Artificielle [url=http://corzide.com]viagra[/url] Le Viagra Est Il Efficace

  14. Good day! Would you mind if I share your blog with my facebook group?

    There’s a lot of people that I think would really appreciate your content.
    Please let me know. Cheers

  15. アバター

    Mtabs Viagra Viagra Cialis Roma [url=http://levitab.com]buy levitra professional online[/url] Alli Refills

  16. アバター

    Dejar Propecia [url=http://cial40mg.com]canadian pharmacy cialis 20mg[/url] Propecia Online Pharmacy Cialis Levitra

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
4
8:00 PM 「『入門・やさしい日本語』認定講... @ オンライン講座(Zoom使用)
「『入門・やさしい日本語』認定講... @ オンライン講座(Zoom使用)
10月 4 @ 8:00 PM – 10:00 PM
閣議決定された「外国人受入れ・共生の ための総合的対応策(令和2年度改訂)」の「暮らしやすい地域社会づくり」のパートでやさしい日本語が政策として以下のように位置付けられています。 ・やさしい日本語の活用に関するガイドラインの策定 ・地方公共団体などの職員を対象としたやさしい日本語の研修や広報などの実施 ・行政情報・生活情報の多言語・やさしい日本語化による情報提供・発信の推進 これにより今後国・すべての都道府県・市町村が一斉にこの対応に追われることは必然となっていきます。日本語教師がその職業スキルを生かせる新たなチャンスが到来したのです。 この度にほんごぷらっとでは、「入門・やさしい日本語」の出版社であるアスク出版と著者である吉開章氏の協力のもと、「入門・やさしい日本語」に準拠した公式ハンドアウトを使ってやさしい日本語の研修ができる講師を養成し、修了者を認定する講座を開催します。ハンドアウトには修了者名を名入れし、研修会で自由に配布することができます。 ●講座のポイント ・対象は国内在住の日本語教師有資格者(入管庁告示基準校の教員資格)に限定します(現役の教師でなくても結構です)。 ・全国各地に活躍できる人材をネットワークするため、すべてオンライン(Zoom)を使った講座とし、受講者同士交流しながら、11日間・21時間のカリキュラムで力をつけていきます。 ・研修会だけでなく自治体や組織など地域に根差したやさしい日本語のアドバイスや書き換え業務を受けられるよう、AIやさしい日本語翻訳システム「伝えるウェブ」(アルファサード社)のやさしい日本語化支援ツールライセンスを提供(2022年3月末まで有効)し、ワークショップでその使い方をまなびます。 ・全体を通したテーマは「寛容になるためのヒント」です。言い換えのテクニックは盛り込まれません。寛容な社会づくりのためのやさしい日本語の意義について深く理解をし、どのようにそれを研修で一般の方に伝えられるかに重点をおきます。詳しくは下のカリキュラムをご覧ください。 ・参加費用は79,750円(税込)です。(クレジットカードは準備中です)ヒューマンアカデミーやさしい日本語指導者養成講座修了生は1割引の71,775円(税込)でお申し込みいただけます。 講師紹介ページはこちらです。 主催:にほんごぷらっと(ことばとまなびインターナショナル株式会社) 協力:株式会社アスク出版 後援:株式会社BRICK’s 企画・運営:吉開章(「入門・やさしい日本語」著者) ●参加条件など ・日本語教師有資格者の方のみ参加できます(現役教師でなくて結構です)。 ・Zoomが使えるPCと、Webカメラも使用できる環境を用意してください。 ・Facebookグループを連絡に使います。Facebookのアカウントを用意してください。 ・応募者数が少なかった場合は開催せず、申込者には10月末までに手数料当方持ちで返金します。 ●よくある質問と答えは、こちらのページで随時更新されます。 都道府県別の申込状況はこちらのページでみられます。空白の県の方はチャンスですのでぜひご参加ください!
10月
10
全日 第42回研究大会 日本キャリア教育... @ 筑波大学つくばキャンパス
第42回研究大会 日本キャリア教育... @ 筑波大学つくばキャンパス
10月 10 – 10月 11 全日
第42回研究大会 (筑波大学を会場とした集合形式での研究大会は開催されないこととなりました。) 【会 期】2020年10月10日(土)・11日(日) 【会 場】筑波大学つくばキャンパス (〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1) 【大会テーマ】キャリア・パスポートの活用について(仮) 【準備委員会委員長】藤田晃之(筑波大学人間系)
10月
31
全日 日本語教育国際研究大会 香港・マ... @ マカオ大学
日本語教育国際研究大会 香港・マ... @ マカオ大学
10月 31 – 11月 1 全日
日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020 (2022年11月に延期) 本事業は、これまで隔年にて世界各国の日本語教育団体が持ち回りで主催してきた日本語教育国際研究大会を、来る第15回大会においては香港日本語教育研究会とマカオ大学とが地の利を活かし共同で主催させて頂くという点で画期的な挑戦でもあります。過去の大会では、アジアだけでなく、オセアニア、アメリカ、欧州からも数多くの研究者・教育関係者の方々にご参加、ご出席いただき、活発な議論と情報交換の場を提供してきた実績がございます。 「日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020(略称ICJLE 2020)」では、グローバル化によって急速に変化しつつある昨今の世界情勢を見据え、「つながる多様性、ひろがる可能性(Mediating Diversities, Igniting Potentials)」を大会テーマに掲げました。 ICJLE2020の目的は、多種多様な視点から語学学習及び語学教育を個人から社会へ、そして社会から国家を超えたグローバルな枠組みで捉え直しその多様性と可能性に焦点をあてること、と同時に異なる文化背景や思想を持ちながらも日本語教育に従事している者同士として、互いの違いを乗り越え共存共栄の道を模索することで世界平和の構築へ向けて前進することにあります。ICJLE2020にご参加下さる方々の研究発表、報告、活発な討論や意見交換などによって、今後を見据え国際社会における日本語学習及び日本語教育へのさらなる促進と発展に貢献できる足掛かりとなる機会を提供できるものと主催者一同大いに期待しているところであります。 日本語教育国際研究大会 香港・マカオ2020 大会運営委員長 香港日本語教育研究会 会長 マギー 梁安玉
ページ上部へ戻る