日本語議連の馳事事務局長が講演 秋の臨時国会では「基本法」成立に意欲表明

日本語議連の馳事事務局長が講演 秋の臨時国会では「基本法」成立に意欲表明

日本語教育推進議員連盟の馳浩事務局長(元文科相)が8月7日、都内で開かれた日本語教育振興協会(日振協)の日本語教育研究大会で講演し、日本語教育推進基本法の法文化作業について「9月には条文化したい。10月、11月の臨時国会では何としても超党派で議員立法として成立させたい」と決意を述べた。その一方で馳氏は先に公表した基本法の原案である政策要綱に関して「まだ生煮えの部分がある」となお修正の余地があり、細部については衆院法制局との協議も含め検討中であることも明らかにした。

日振協の研究大会の講演とあって、約350人の聴衆はほとんどが日本語教師。基本法の政策要綱の内容は先の日本語議連の総会で基本的に承認を得ているが、細部に関しては馳氏ら幹部が衆院法制局や関係省庁、さらには外部からの意見を聴きながら調整作業を進めている。衆院法制局が作成する条文については「出来上がったものをそのまま法律にはしない」と明言。限られた時間しかないが、様々な外部の人の意見に耳を傾け、必要な提案があれば法案に盛り込んでいく考えを示した。

講演では、馳氏が政策要綱の中身を詳細に説明したあと質疑に入り、米ロサンゼルスの大学で教べんをとる日本語教師が最初に質問に立ち、海外在住の教師の立場から要綱に「在留邦人の子等」と一括りにされていることに対し、より具体的な表現にするよう求めた。この要望に対し馳氏は明言を避けたが、法案成立後に政府が策定する基本計画の中で対応するなど何らかの措置が考えられると述べた。

要綱の「学校」という記述を「学校教育法第一条に規定する学校」と規定しているのは誤解を招くとの指摘に対しては、「そこは直すことにしている」と専門学校、各種学校についても規定する考えを示した。

また、講演で馳氏は日本語教師について「わが国の社会においても、重要な資格を取った専門的な職業」との認識を示し、「年収300万円ではダメ、年収400~500万円ぐらいの専門職として位置付けていきたい」と述べた。

 

※ビデオは講演当日のライブ映像のため、会場環境でスクラッチノイズが入ります。
 また音声に多少乱れがあります。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. After I initially left a comment I seem to have clicked the -Notify me when new comments are added- checkbox and
    now every time a comment is added I get 4 emails with the same comment.
    Is there a way you are able to remove me from that service?
    Thank you!

  2. What’s Happening i am new to this, I stumbled upon this I’ve discovered It positively useful and it has aided
    me out loads. I hope to contribute & help different
    users like its aided me. Great job.

  3. Everyone loves it whenever people get together and share ideas.

    Great blog, continue the good work!

  4. Hello, after reading this amazing article i am too cheerful to share my know-how here with
    colleagues.

  5. Great post. I was checking continuously this blog and I am inspired!
    Very useful info specifically the last part :
    ) I maintain such information much. I was looking for this particular
    info for a long time. Thanks and best of luck.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
27
10:00 AM 第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
10月 27 @ 10:00 AM – 5:30 PM
日本語教育学研究における 質的データ分析法の意義と課題 日本語教育学領域において質的データ分析法への関心は、近年、本格的に高まり、分析法を紹介した書 籍の出版もなされるようになりました。一方で、当該データ分析法が、日本語教育研究においてどのような 意味をもつのかについては、それほど議論が進んでいません。そこで、第 46 回研究会では、日本語教育 でも多く実施されるようなった質的データ分析法として、TEA、会話分析、ライフストーリー、M-GTA を取り 上げます。日本語教育に軸足をもつ研究者が、その質的データ分析法を用いて研究を実施することの意 義について、実際に研究を実施した体験談を踏まえて議論します。 登壇者: 北出慶子氏(立命館大学)・山本真理氏(関西学院大学) 三代純平氏(武蔵野美術大学)・牛窪隆太氏(関西学院大学) 日時: 2018年10月27日(土)14:00−17:30 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室 参加費:会員(無料)・非会員(1000 円) ※申し込み方法等、詳細は後日 AJG 研究会 HP、会員 ML にてお知らせします。 第 46 回研究会担当幹事:牛窪隆太、小森万里、寅丸真澄、内藤真理子、三代純平、村上康代、脇田里子 お問い合わせ先: ushikubo@kwansei.ac.jp(牛窪隆太)
10:30 AM 日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
10月 27 @ 10:30 AM – 4:30 PM
日本語教師の日常を断捨離? それなら身近なことからICTを活用しましょう! 授業の準備から生徒の学習状況の共有など、簡単に取り入れられるものを紹介します。また、これからの日本語教師の業務の形を、皆さんと話し合います。 お申し込みはお早めに。
ページ上部へ戻る