ベトナムの若者を「高度人材」に育成するVCIアカデミー [PR]

ベトナムの若者を「高度人材」に育成するVCIアカデミー

ハノイのVCIアカデミーは、2005年6月に「日本企業就職支援センター」としてオープンした人材育成機関です。ベトナムの若者が日本で活躍する「夢」を実現することを目指し、現地の一流大学の出身者に対し、日本で働くために日本語や「日本の社会」の在り方、ビジネスマナーとその「心構え」を教え、それぞれの個性を大事にしながら「高度人材」に育てています。日本の中小企業ではすでに約350人が正社員の技術者などとして活躍しています。

VCIアカデミーの阿部正行代表は仙台市出身。ハノイ在住が4半世紀になり、ベトナム政府要人と幅広い人脈を築いています。VCIアカデミーは、理工系トップの国立ハノイ工科大と業務提携を結び、阿部代表は有数の文科系の大学であるハノイ貿易大学の客員教授(2011~2014年)を務めていました。また、2015年に阿部代表が出版した「日本語学んでサムライになろう!」のベトナム語版は、ベトナムでは異例の1万部を超えるベストセラーとなりました。阿部代表は、現地で企業コンサルタントも行っており、「日越の懸け橋」としても活躍しています。

南部メコンデルタの農業都市であるカントー市には、農業人材育成のためのVCIアカデミー・カントー校を11月に開設する予定です。新たな農業技術の導入を目指すベトナムの企業家から相談を受ける中で、阿部代表が「メイド・バイ・ジャパニーズ」の農業プロジェクトを提案したのがきっかけです。

このプロジェクトは、ベトナムにおけるベトナム人による農業を日本の進んだ農業技術で支援する――というものです。このプロジェクトに対し、チュオン・タン・サン前国家主席がエールを送っています。前国家主席は、メコンデルタを東南アジアの農業拠点にしたいと考え、そのための「メイド・バイ・ジャパニーズ」のコンセプトを活用したいと言います。このプロジェクトに関しては、毎日新聞社の政策情報誌「毎日フォーラム」(2018年1月号)に紹介されました。

ご存知の通り日本は急テンポで人口減少が進んでいます。後継者が不足から事業を閉鎖せざるをえない中小企業も少なくありません。「にほんごぷらっと」の特集「増やせ『日本語人口』の「中小企業127万社が廃業の危機」という記事で、VCIアカデミー出身の高度人材を日本の中小企業経営者の後継ぎにできないか、と提案しています。

http://www.nihongoplat.org/

日本経済新聞の2018年8月21日朝刊の「迫る大廃業時代」の連載では、VCIアカデミーの阿部代表の高度人材育成の取り組みが紹介されました。阿部代表はこの中で「中小企業の経営を外国人社長に任せる時代がやってくる」と話しています。

政府は外国人労働者の受け入れを大幅に拡大する方針です。これからは、労働現場では新たに様々な外国籍の若者が働くようになるはずです。そのリーダーとなるのも外国人という時代もくるでしょう。優秀な就労外国人の育成はどうあるべきか。VCIアカデミーの高度人材育成の取り組みに大きなが注目が集まるでしょう。

VCIアカデミー NPO法人VCI人材戦略研究所
代表理事 阿部 正行 abevci@icloud.com
+Hanoi Dong Da Dist.,
3F 9 Hoang  Cau Str.,
+Tel: +84-4-8585-5990
+Mobile 093-8452-831 (VN) +Mobile 090-1767-7063 (JPN)
+website  http://www.vciacademy.org(日本語)

+ブログblog「阿部正行のベトナム私信」

http://vciat.blogspot.com/ 

https://www.facebook.com/masayuki.abe.7315
http://www.facebook.com/Samuraivietnambook

 

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

12月
3
全日 海外で日本語を教える人のためのス... @ 国際交流基金日本語国際センター
海外で日本語を教える人のためのス... @ 国際交流基金日本語国際センター
12月 3 – 12月 14 全日
国際交流基金日本語国際センターでは、海外で日本語を教えたいと考えている方を対象としたスキルアップ研修を行います。 対象者は、日本語教育の基礎的な知識があり、教授経験(アシスタントやボランティア、教育実習を含む)がおおむね3年以下で、海外の教育機関で日本語を教えたいという希望を持っている方です。 研修の参加者は原則として、日本語国際センターの宿舎に泊まって受講していただきます。 応募資格 (1)(2)の条件を満たす方を対象とします。その他の条件は、募集要項を参照してください。 (1)日本語教育についての基礎知識がある方。具体的には、以下の3つのいずれかの条件を満たす方。 1. 420時間の日本語教師養成講座を修了している 2. 日本語教育能力検定試験に合格している 3. 大学または大学院で日本語教育を主専攻または副専攻として修了している(平成31年3月修了見込みも含む) (2)日本語教授経験(アシスタントやボランティア、教育実習を含む)があり、平成30年12月1日時点で、その経験がおおむね3年以下の方。 応募締め切り 2018年9月13日(木曜日)17時(必着)
12月
12
1:30 PM 外国人留学生のための観光産業外国... @ AP東京丸の内 roomF
外国人留学生のための観光産業外国... @ AP東京丸の内 roomF
12月 12 @ 1:30 PM – 4:30 PM
13:30~14:50 「観光産業で活躍するための知識とスキル」 一般社団法人留学生支援ネットワーク 事務局長 久保田 学氏 15:00~16:30 「観光産業で働くためのビジネス日本語スキル」 コミュニカ学院 学院長 奥田 純子氏
12月
15
全日 第22回研究報告大会 外国語教育... @ 東京外国語大学
第22回研究報告大会 外国語教育... @ 東京外国語大学
12月 15 – 12月 16 全日
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/jafle.files/jafle_conf2018.html
9:30 AM 上海ラウンドテーブル2018「実践の... @ 華東師範大学 中北キャンパス
上海ラウンドテーブル2018「実践の... @ 華東師範大学 中北キャンパス
12月 15 @ 9:30 AM – 2:30 PM
【学びを培う教師コミュニティ研究会 上海ラウンドテーブル2018「実践のプロセスを協働でふり返る-語る・聴くから 省察へ」】 ・日時:2018年12月15日(土)9:30~14:30 ・場所:華東師範大学 中北キャンパス ・参加費:無料  ・参加申し込み期限:12月8日(土) http://manabireflection.web.fc2.com/data/20181215j.pdf
ページ上部へ戻る