三重県の児童相談所が「24時間多言語電話通訳」 定住外国人の子供たちの「未来」をアドバイス

三重県の児童相談所が「24時間多言語電話通訳」 定住外国人の子供たちの「未来」をアドバイス

2018年11月より、三重県の児童相談所で24時間多言語電話通訳の対応が始まりました。外国につながる子供たちの相談件数が増加したことによって、今回の事業が実現しました。児童相談所の「24時間多言語相談」は全国でも初めての試みではないかと思います。

在日外国人の支援に取り組む私たちNPO法人「愛伝舎」は、2005年に活動を始めましたが、その活動の一つが電話通訳でした。外国人入居者が増えている公営住宅や保健所の電話通訳に取り組みました。日常の生活の場面で通訳が必要な場合、学校や役所に配置されている人が通訳する場合と、外国人が自分で通訳者を探して連れていくケースがあります。しかし、携帯電話を使って行う場合、電話をかければ通訳が使えるのですから、人を探す手間もいりません。電話通訳は、非常に経済的で効果的な方法なのです。

通訳というと、ビジネスや国際会議の場で行われる英語が多く、通訳者は専門的なスキルを求められます。研修制度もあり、プロとしての報酬もあるのが一般的だと思います。これに対し、海外での生活経験のある人や日本語が多少わかる在日外国人が行う「コミュニティ通訳」には、明確な資格や基準、研修などがありません。そのためにコミュニケーションが十分にとれないなどの問題もあります。以下、「コミュニティ通訳」の課題を挙げてみます。

1、専門的なスキルについて 

日本に働きに来て、段々日本語が上手になった人が学校や役所で通訳として働くようになった人が多いのが、「コミュニティ通訳」の領域ではないでしょうか。英語のように、TOEICやTOFULなどで明確に測れる基準もなく、日本人側に通訳者の実力を客観的に測るものがないことが多いかと思います。

語学の質、公平性、守秘義務順守など、通訳の専門家としてのプロの意識が求められます。

2、守秘義務の厳守 

特に守秘義務が重要です。通訳者は外国人住民と同じ地域に暮らしているため、相談者の話が外部に漏れると、プライバシーが同じコミュニティの中で暮らしている人に知られてしまう恐れがあります。発達障害の診断の際に、保護者に通訳者を連れてくるように伝えている自治体もあります。そうした場合は、個人のプライバシーをきちんと守る仕組みが必要です。少し日本語が上手だからというだけで母語がわかる在日外国人に安易に通訳を頼むことは避けるべきではないでしょうか。

3、コミュニティ通訳への認識の不足 

多くの場合、外国人住民の多い自治体は、コミュニティ通訳が配置されていると思いますが、雇用する自治体の側にも、通訳者のレベルを測るノウハウはなく、研修制度もないことが多いでしょう。また、通訳を依頼する外国人側も、自分の意見をうまく表現することに慣れていないケースがあります。

最初は、電話で本当に通訳ができるのか、と疑問に思う人もいましたが、愛伝舎の電話通訳は、隣に通訳がいるのと同じように通訳ができることが理解されるようになりました。また、守秘義務を理解した通訳者が電話通訳を行うことで、依頼者のプライバシーが守られ、依頼者が自分の問題を安心して話せるというメリットもわかりました。電話通訳を採用する側(自治体など)からすると、当初はシステムに対する懸念があるかと思いますが、外国人側は、プライバシーの保護、公平性が守られることの重要が理解されます。

以上のような課題を踏まえて、三重県の児童相談所が、24時間多言語電話通訳の対応を始めた意義は大変大きいと思います。愛伝舎が対応していたのは南米日系人向けのポルトガル語とスペイン語限定で、時間も平日の日中のみでしたが、今回三重県では13か国語(24時間対応―英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語、日中対応―ベトナム語、インドネシア語、タイ語、フランス語、広東語、ロシア語、日本語)で対応しています。こうした対応は、多言語の通訳の専門会社に委託したからこそできたのです。先駆的な三重県の取り組みに期待しています。

日本で暮らすことになった外国につながる子供の人生を大きく左右する場面で、専門的で公平な通訳が入ることは、子供への的確な判断、対応につながっていく可能性が増すはずです。私たちは「国籍にかかわらず、地球で育つすべての子供たちの幸せ」を願い、守る存在でありたいと思います。政府は来年4月から、外国人労働者の受け入れを拡大する方向で準備を進めています。政府は、労働者として外国人を受け入れる方針ですが、いずれ子供や家族も日本の社会で暮らすことになると思います。虐待や発達障害、病気の診断など、人生にかかわる場面では、特に適切な通訳が必要です。三重県で始まった24時間多言語電話通訳サービスが、全国に広がっていくことを願っております。

NPO法人 愛伝舎  坂本久海子

 

坂本 久海子(さかもと・くみこ)

坂本 久海子(さかもと・くみこ)寄稿者

投稿者プロフィール

NPO法人愛伝舎理事長。静岡県熱海市出身。明治学院大学社会学部卒業。1993年ー98年にブラジル滞在。帰国後2002年より、三重県鈴鹿市の小学校で国際教室の講師として、日系人の子供たちの教育に携わる。2007年発足の超党派での「三重多文化共生を考える議員の会」の結成に関わり、地元の政治家への働きかけも行っている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. I think everything typed made a ton of sense. However, think on this, suppose you composed a
    catchier title? I ain’t suggesting your content isn’t
    good., however suppose you added a post title that makes people desire more?
    I mean 三重県の児童相談所が「24時間多言語電話通訳」 定住外国人の子供たちの「未来」をアドバイス |
    にほんごぷらっと is kinda plain. You ought to look at Yahoo’s
    front page and note how they write post headlines to grab viewers to open the links.

    You might add a related video or a picture or
    two to get readers interested about everything’ve got to say.
    Just my opinion, it could make your website a little livelier.

  2. アバター

    I am sure this paragraph has touched all the internet users,
    its really really pleasant article on building up new
    webpage.

  3. I’m excited to uncover this web site. I need to to thank you for your time just for this fantastic read!!
    I definitely savored every little bit of it and I have you saved to fav to look at
    new things on your web site.

  4. Quality articles is the main to invite the viewers to pay
    a quick visit the web site, that’s what this website is providing.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

8月
29
全日 第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
8月 29 – 8月 31 全日
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム 主催:ヨーロッパ日本語教師会(AJE) 日時:  2019年8月29日(木)〜 31日(土) 場所(会場): ベオグラード大学(セルビア) テーマ:ローカル・グローバルな日本言語・文化教育 Sections: Spheres of Use Teaching Methodologies Teaching Experience Multiculturalism and Teaching Teaching Resources 発表募集は10月から公開いたします。
8月
31
1:00 PM 『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
8月 31 @ 1:00 PM – 5:00 PM
『みんなの日本語 初級』を使ったことはあるけれど「基本的な授業の組み立て方がイマイチよくわからない」「練習がワンパターンになりがちで…」「学習項目が定着しないのはなぜ?」「もっと上手く教科書を活用したいんだけど…」といったお悩みをお持ちの新人日本語教師を対象として、『新日本語の基礎』『みんなの日本語 初級』『同 中級』の制作に携わってこられた石澤弘子先生にお話しいただきます。 セミナーでは本シリーズを改めてご紹介しながら、本書を使った基本的な教え方を確認し、初級の学習項目の定着を促すための練習や、活動を進めるために必要な手順・段取りを、具体的に紹介するような構成を考えております。 【講 師】 石沢弘子(KOYO国際学院 校長、元目白大学教授、『みんなの日本語』監修者) 【内 容】 第1部 『みんなの日本語 初級Ⅰ』を使った初級前期の授業づくり ・『みんなの日本語 初級Ⅰ 第2版』の概要 ・日本語でできるようになること(目標) ・各課の授業の流れと教科書の流れ ・授業の準備、効果的な授業の進め方(導入、練習方法、会話) ・授業例:(動詞文、動詞の活用など) 第2部 『みんなの日本語 初級Ⅱ』を使った初級後期の授業づくり ・初級後期の日本語能力の目標 ・『みんなの日本語 初級Ⅱ 第2版』の全体的俯瞰 ・授業例:(30・31課など) ・指導上の留意点と対応 ・コミュニケーションに必要な日本語能力
9月
7
10:00 AM 日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
9月 7 @ 10:00 AM – 5:00 PM
プログラム ​10:30~12:00 講演 *「日常会話」のためのコミュニケーション能力を育てる ―学習者が日本語で適切に意図を伝えられるようになるために― 講師 清水崇文氏(上智大学) ​13:30~15:00 ワークショップ①(講師名五十音順) 下記より1つお選びいただけます。 *変わりゆく入管政策―日本語教育者が知っておきたい改正入管法の見方― 講師 小松原祥一氏(東京ビザ申請サポート 行政書士 小松原事務所) *ライティング評価における「構成」を考える―フローチャートを活用して― 講師 田中真理氏(名古屋外国語大学・名誉教授)、坪根由香里氏(大阪観光大学) *はじめよう、授業でディベート 講師 内藤真理子氏(神田外語大学) *そもそも論から考える教育とICT―授業に取り入れるために― 講師 藤本かおる氏(武蔵野大学) ​15:30~17:00 ワークショップ②(講師名五十音順) 下記より一つお選びいただけます。 *コーパスからのデータを授業に生かすには 講師 中俣尚己氏(京都教育大学) *非漢字系学習者を対象にした漢字指導―多様な活動で楽しさを―【第2弾】 講師 濱川祐紀代氏(目白大学) *映像メディアを授業に取り入れるときの留意点を考えよう! 講師 保坂敏子氏(日本大学)、高橋薫氏(早稲田大学) ◆本ワークショップは反転授業で行いますので、事前に下の映像教材を視聴の上、ワークショップにご参加ください。ワークショップのはじめにビデオ内容に関するグループ討論を行います。 NHK for schoolのメディアタイムズ19回(10分)「どうやって作られる? イメージ」 *言語習得につなげる聴解指導―大規模テストでは測れない聴解能力に注目して― 講師 横山紀子氏(昭和女子大学)
ページ上部へ戻る