【解説】共生社会のインフラ整備の第一歩 政治の責任で早期成立を

【解説】共生社会のインフラ整備の第一歩 政治の責任で早期成立を

超党派の日本語教育推進議員連盟が作成した日本語教育推進法案は、日本語教育を「国の責務」と規定したほか、地方自治体、外国人を雇用する事業所にも日本語教育を推進するよう求めた。この法案には、日本語教育を進めるための必要不可欠な要件がおおむね盛り込まれている。今国会では外国人労働者受け入れ拡大の入管法改正案をめぐり与野党が激しい攻防を展開。そのあおりもあって、今国会での日本語教育推進法案の成立は困難だという。しかし、一日にも早い成立が必要であることは言うまでもない。来年の通常国会で早期に成立させるのは政治の責任だ。

在留外国人が急増する中、日本語教育の重要性が高まっている。外国人と言葉が通じれば交流が生まれる。交流をすればお互いの文化の違いが理解でき、信頼関係を築くことができる。外国人が様々な場面で日本語をきちんと学ぶための法的な仕組みが求められている。

外国人留学生はもとより、中長期に日本に滞在する外国人の「共通語」は日本語だ。ある調査で外国人に母国語以外の理解できる言葉を聞いたところ、日本語が63%だったのに対し、英語は44%だった。言葉を短くして外国人にわかりやすくする「やさしい日本語」だと9割の外国人と意思疎通ができるという調査もある。日本語教育は「共生社会」をつくるための最も重要なインフラだ。

法案では、外国にルーツを持つ児童生徒や留学生、技能実習生、難民などの日本語教育に関する推進策を挙げた。また、海外に住む在留邦人の子どもの母語継承語としての日本語教育、外国人への日本語の普及についても想定している。

政府は来年4月から外国人労働者の受け入れ拡大を目指している。議論が拙速だと批判する野党や世論の反対を押し切って、与党は入管法改正案を衆院通過させた。参院での採決を経てまもなく成立する見通しだ。安倍政権は、深刻な人手不足に悲鳴を上げる業界団体の要望を受けて「開国」に踏み切る方針だ。アベノミクスを進めるうえでも労働力の不足への対応は避けては通れない課題だ。

一方で安倍首相はリスクも背負うことになる。事実上の移民の受け入れとも言われる外国人労働者の受け入れ拡大には、安倍首相の支持基盤の保守層から反発の声が出ている。安倍政権だからこそ、保守層の反発を抑えることができたのも事実だが、今後の外国人労働者受け入れの在り方をめぐっては、反発が再燃する恐れが十分にある。

また、安倍政権は「共生社会」の構築という大きな宿題も背負うことになった。政府は年内に「外国人材受入・共生のための総合的対応策」をまとめる方針だが、日本人と外国人がわだかまりなく暮らせる共生社会を実現しないと、欧米諸国で見られるような社会の分断と軋轢を招きかねない。

そうした事態を避けるために必要不可欠なのが日本語教育だ。国が責任をもって日本語教育を進めなければいけない。言語政策の遅れが、後に移民受け入れの足かせとなったドイツなどの例に学ぶべきだ。政府は日本語教育を最優先課題として位置付ける必要がある。外国人に十分な日本語能力を身につけてもらい、日本社会で活躍できる環境を整えることは政府の責任だ。外国人には、労働力を提供してもらうだけでなく、納税などの義務も果たしてもらわなければならないのだ。

日本語教育推進議員連盟は、安倍政権の外国人労働者受け入れ拡大の動きとは関係なく2016年11月から議論を重ねてきた。結果として今臨時国会で日本語教育推進法案の策定と入管法改正の議論の時期が重なった。政府提出の入管法改正の議論が優先され、残念ながら議員立法の日本語教育推進法案の成立が先送りされる見通しだ。

2019年は後に「移民受け入れ元年」と言われるかもしれない。「移民政策はとらない」という安倍政権にとっても、外国人労働者受け入れ拡大策で支障が生じないよう様々な施策を講じなければならない。法案の付則には日本語学校の制度整備に関する事項も盛り込まれた。留学生の育成も重要課題だ。

今後の共生社会の重要施策が日本語教育だ。だとしたら外国人労働者受け入れ拡大が始まる来年4月を前に、日本語教育推進法案を年明けの通常国会の冒頭に成立させるべきだ。それこそが政治が果たすべき責任ではないか。

資料 日本語教育の推進に関する法律案

にほんごぷらっと代表世話人・編集長

石原 進

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
26
全日 日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
1月 26 – 2月 23 全日
講座概要  「やさしい日本語」とは、普通の日本語情報に、「人為的な加工」を施して、多くの人にとって理解しやすい情報にする取り組みです。外国人、高齢者、身体障害者といった情報弱者に必要な情報を提供し、また彼らの伝えたい情報をくみとることができるようになります。  大規模災害の際の情報提供はもちろん、平時における自分たちコミュニケーションスタイルの見直し、外国籍住民との交流や、インバウンド観光客へのアプローチなど、様々な面での応用が、大規模なコストをかけることなく実現できる可能性を秘めています。  「やさしい日本語」は「苦行」ではなく、「易行」です。「やさしい日本語」はやさしい日本人の心の中にあります。  この講座で「やさしい日本語」を是非ご体験ください。 講座回数 5 回 日 程2019-01-26(土) ~ 2019-02-23(土) 15:00 ~ 16:30 (1) 1月26日(土) 「やさしい日本語」の歴史と多文化共生社会 担当:三原 龍志 (2) 2月2日(土) 「やさしい日本語」と防災 担当:近藤 正憲 (3) 2月9日(土) 「やさしい日本語」と行政サービス 担当:近藤 正憲 (4) 2月16日(土) 「やさしい日本語」と観光 担当:近藤 正憲 (5) 2月23日(土) 「やさしい日本語」と私 担当:近藤 正憲
2月
2
1:30 PM 地域で活躍する日本語ボランティア... @ 新宿文化センター
地域で活躍する日本語ボランティア... @ 新宿文化センター
2月 2 @ 1:30 PM – 5:25 PM
研修会1「日本語の教え方 7つの勘所」 時 間  :13:30~14:40 講 師  :金子史朗(友ランゲージグループ校 教頭) テーマ書籍:未定 概 要  :どうしたら学習者にわかりやすく教えられるだろうか? どうしたらもっと学習者を授業に引きこめるだろうか?…これらは、日本語を教える人なら誰でも思うことではないでしょうか。その答えにつながるアイデア、工夫、心構えなどについてお話しし、明日の授業に活かせるヒントを探っていきたいと思います。 研修会2「読む!考える!初中級読解」 時 間  :14:50~16:00 講 師  :清水正幸、下郡麻子、沖中晃子 テーマ書籍:『日本語学習者のための 読解厳選テーマ25+10〔初中級〕 概 要  :文法も語彙もまだまだ積み上がっていない初級のレベルで、「読解なんて無理!」と思っていませんか?本書は、学習者の好奇心をくすぐる読み物を通して、読むだけではない「考える授業、話す授業」へ広げることを目標に作りました。学生との協働の中で必ず指導する側にも新たな発見があるはずです。読んで設問に答えるだけの授業から一歩抜け出し、意見を持つ力、伝える力を育ててみませんか? セミナーでは、いくつか実践例をお見せしながら皆さまといっしょに考えたいと思います。 研修会3「学習者と地域をつなげるための日本語学習支援」 時 間  :16:15~17:25 講 師  :宿谷和子(にほんごの会企業組合) テーマ書籍:『いっぽ にほんご さんぽ 暮らしのにほんご教室 初級3』 概 要  :近年、様々な背景を持って来日した在留外国人の増加に伴い、日本語学習の機会を提供する地域日本語教室は日本で生活するうえで欠かすことのできない存在になっています。『いっぽ にほんご さんぽ 暮らしのにほんご教室』は地域の教室で日本語を学習する学習者とその支援者のために作られた教材です。週1~2回の限られた学習機会に無理なく必要な日本語を学習できるように考慮されています。この研修会では最近刊行された『初級3』の内容をご紹介しながら、これからの支援者に何が求められているのか一緒に考えてみたいと思います。
2月
3
全日 「具体的な状況設定」から出発する... @ 早稲田大学早稲田キャンパス
「具体的な状況設定」から出発する... @ 早稲田大学早稲田キャンパス
2月 3 全日
スケジュール: 09:30 受付開始 10:00 開会 10:10-12:00 パネルセッション1 「留学生の就職活動に必要な日本語スキルとは」 12:30-14:30 ポスター発表 14:40-16:30 パネルセッション2 「『打つ』言語行動におけるSNSの使⽤実態と教材化の可能性」 *「「具体的な状況設定」から出発する日本語ライティング教材の開発」プロジェクトとは? 朝起きて「由美ちゃんに会ったら,この間のお土産のお礼を言おう」と思うことはあっても,「由美ちゃんに会ったら,イ形容詞/過去形を使って話そう」などと思うことはありません。私たちは,常に具体的な状況において,具体的な実践を伴いながら,ことばを選び,使っています。しかし,日本語教育の教材や教室では,まだ「イ形容詞を導入する」「過去形が使えるようになる」といったように,語彙や文型から出発するアプローチが主流です。このプロジェクトでは,このような問題意識に基づき,具体的な状況から出発したら,日本語はどのように見えるか,日本語教育の教材や教室はどのように変わるかを考えます。 <募集するポスター発表の内容> 上のような問題意識やプロジェクトの趣旨に関連する言語研究,言語教育研究,コミュニケーション研究,教育実践に関する考察を広く募集します。また,このプロジェクト自体は「ライティング」「書く」「打つ」に焦点をあてたものですが,それ以外の技能(「聞く」「話す」「読む」など)に関するものも大歓迎です。(未発表のものに限ります。他研究会,学会との重複応募はご遠慮ください。)
2月
9
1:00 PM 「看護・介護に必要な日本語の研究... @ 国立国語研究所 講堂
「看護・介護に必要な日本語の研究... @ 国立国語研究所 講堂
2月 9 @ 1:00 PM – 5:00 PM
日本語を母語とはしていないが日本で看護・介護にかかわる人たちが増えています。しかし,看護・介護の場でどのような日本語が必要とされているかという研究は始まったばかりです。また,看護・介護にかかわる人たちの日本語教育も歴史が浅く,さまざまな試みが行われている段階です。このセミナーでは,看護・介護に必要な日本語について考えるとともに,看護・介護のための日本語教育の試みを紹介し,参加者の皆さんと議論します。 13:00~13:05 趣旨説明 野田 尚史 (国立国語研究所) 13:05~13:40 「看護・介護に必要な多様な日本語能力 ―特化型の日本語教育を目指して―」 野田 尚史 (国立国語研究所) 13:45~14:30 「医療福祉人材のための日本語教育 ―介護のオノマトペとタメ語を中心に―」 神村 初美 (東京福祉大学) 14:50~15:35 「看護師国家試験の語彙と文法 ―日本語能力試験との違い―」 岩田 一成 (聖心女子大学) 15:40~16:25 「介護福祉士候補者に対する聴解教育 ―介護現場での申し送りを例として―」 登里 民子 (国際交流基金アジアセンター) 16:30~17:00 ディスカッション
ページ上部へ戻る