防衛省がミャンマー軍に日本語教育 日本語学校の教師を派遣

防衛省がミャンマー軍に日本語教育 日本語学校の教師を派遣

防衛省は、ミャンマーとの防衛協力・交流の基盤を支える人材を育成しようと、ミャンマーのピンウーリンにある国軍士官学校で軍幹部に日本語教育を行った。士官学校の日本語教師を養成するのが目的だ。防衛省がホームページで明らかにした。

ミャンマー軍向けの日本語教育は2018年5月から19年3月まで行われ、ギャラクシー日本語学校(東京都中央区)が日本語教師2人を派遣するなど協力した。同校はヤンゴンに提携校があり、提携校の校長も現地指導に参加した。

ギャラクシー日本語学校関係者によると、ゼロからの日本語教育で22人が初級の教育課程を修了した。日本語能力試験のN4に合格、終了時にはN3が受験できるレベルになったという。このうち成績優秀者6人が2019年度に新設される上級クラスに進み、教官候補としてさらに日本語の学習をするという。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Greetings! Very useful advice within this article! It’s the little
    changes which will make the most significant changes.
    Many thanks for sharing!

  2. My spouse and I stumbled over here from
    a different web page and thought I might check
    things out. I like what I see so i am just following you.
    Look forward to exploring your web page repeatedly.

  3. What’s Going down i am new to this, I stumbled upon this I’ve
    discovered It absolutely useful and it has
    aided me out loads. I’m hoping to give a contribution & aid other
    users like its aided me. Good job.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
21
12:30 AM 多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
9月 21 @ 12:30 AM – 4:30 AM
多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス- @ 聖心女子大学4号館 | 渋谷区 | 東京都 | 日本
第16回(2019年度)研究会 多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス-  日時:2019年9月21日(土) 12:30~16:30 参加費:大学専任教員の方 2000円 上記以外の方   1000円 申込:【定員50名】https://kokucheese.com/event/index/567128/ 場所:聖心女子大学4号館 主催: 多文化共生社会における日本語教育研究会 https://tabunka-nihongo.jimdo.com/ 講師:鵜川 晃(うかわ こう) 博士(人間学)。 専門は多文化間精神保健学・医療人類学。移民・難民の定住におけるメンタルヘルスの問題、そしてベトナム人の生と死の通過儀礼における文化実践についての研究を進めている。著書に『あなたにもできる外国人へのこころの支 援』(岩崎学術出版社、2016、共著)、訳書に『移住者と難民のメンタルヘルスー移動する人の文化精神医学』(明石書店、2017、共著)などがある。 司会進行:伴野崇生(ともの たかお) 慶應義塾大学特任講師・多文化共生社会における研究会代表幹事 多文化間精神保健専門アドバイザー(多文化間精神医学会認定)
ページ上部へ戻る