東海地方で外国人支援団体がネットワークづくりの動き 名古屋管理局がサポート

東海地方で外国人支援団体がネットワークづくりの動き 名古屋管理局がサポート

外国人労働者の受け入れ拡大の改正入管法が4月に施行されたが、外国人が多く居住する東海地方で、外国人支援団体の間で新たな取り組みが始まった。4月25日、名古屋市の名古屋出入国在留管理局に外国人支援のNPO法人や国際交流協会など21の団体代表が集まった。管理局側と意見交換する中で、三重県の団体から外国人支援の要望を国に伝えるネットワークを作ろうという提案があり、管理局側が歓迎の意向を示した。外国人の円滑な受け入れには支援団体の協力が不可欠だが、当局が外国人支援団体の声を聴く仕組みはない。「ネットワーク構築」が、政府が目指す「共生社会」の実現に向けた第一歩になるのかどうか。

ネットワーク構築を提案したのは、三重県鈴鹿市のNPO法人愛伝舎代表理事の坂本久海子さん。意見交換会の場でこの提案を受け止め、入管当局として協力する意向を示したのは藤原浩昭局長。藤原局長は外務省出身。10年前に多文化共生の研究者や外国人支援団体と交流する外務省外国人課長時代を経験した。当時の知り合いの坂本さんとは、名古屋局長就任後には意見交換を重ねていた。

昨年12月に政府が発表した「外国人材受入れ・共生のための総合的対応策」の中には、共生社会の実現に向けて「国民と外国人の声を聴く仕組みづくり」や「外国人支援者のネットワークの構築」が盛り込まれた。そこで「国民の声」を聴きたいという藤原局長と「ネットワークを通じて政府に現場の要求を伝えたい」という坂本さんの双方の思惑が一致して開かれたのが意見交換会だった。坂本さんは地元三重県の団体に呼びかけ、愛知、岐阜、静岡の団体には各県を通じて呼び掛けてもらった。管理局長に直接意見を伝えたいと、4県のNPO法人や公益財団法人の国際交流協会、任意団体なども含め21団体が集まった。

意見交換会のあと、藤原局長と坂本さんが記者向けのブリーフィングが行われた。それによると、意見交換会では外国人児童・生徒の教育に関する国への要望をはじめ、日本語教育や多文化共生の地域づくり、外国人支援のコーディネーターの育成・配置など様々な意見や要望が出たという。また、技能実習生を受け入れている企業が実習生の日本語教育をボランティアの日本語教室に丸投げするケースが増え、現場が苦労しているとの声が複数の団体から出たという。

坂本さんが提案したネットワークづくりに関しては、各団体も前向きに受け止めたが、ネットワークの目的や活動範囲など詰めるべき点も多々あるのも事実で、各団体が参加しやすいよう、目的や連携の在り方などを今後詰める考え。坂本さんは、賛同してくれる団体を集め、今夏をメドに「ネットワーク」を立ち上げたいと語った。

藤原局長は、東海地方は外国人が集住しているが、熱心な支援団体も多く、「ネットワークを作る素地がある」との認識を示し、「役所の仕事としてはちょっと変わっているかもしれないが、(ネットワーク化は)やったことがないから意味があると思っている」と述べた。

法務省入国管理局が4月から出入国在留管理庁に格上げされたのに伴い、名古屋を含めた全国8つの地方出入国在留管理局と3つに支局には、外国人受け入れの環境整備を目的とした「受け入れ環境調整担当」の統括審査官を配置した。藤原局長は当局側の体制整備も踏まえ、「ネットワークができて現場で抱える課題を整理してもらえば、我々が窓口となって課題解決の方策を政府に伝えることができる。我々がネットワークを作れという権限はないが、発足すればその活動をサポートしたい」と話していた。

意見交換会に参加した団体は、以下の通り
公益財団法人・大垣国際交流協会▽Vivaおかざき!!▽NPO法人・多文化共生リソースセンター東海▽愛知県営住宅自治会連絡協議会・外国人と共生を考える会▽NPO法人・シェイクハンズ▽NPO法人・可児市国際交流協会▽フィリジャパアジア友の会▽NPO法人・トルシーダ▽ASFIL岐阜▽NPO法人・伊賀の伝丸▽NPO法人・ABT豊橋ブラジル協会▽公益財団法人・四日市市文化まちづくり財団▽多文化共生ネットワーク・エスペランサ▽(IPC)一宮フィリピンコミュニティ▽三河カトリックセンター(外国人サポートセンター)▽一般財団法人・日本国際交流センター(JICE)中部支所▽公益財団法人・浜松国際交流協会▽共の会▽東海日本語ネットワーク▽公益財団法人・愛知共同住宅協会▽NPO法人・愛伝舎

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター
    • TugCluct
    • 2020年 3月 13日

    where can i buy viagra cheap generic cialis – viagra 100 mg buy

  2. アバター
    • WayneUning
    • 2020年 1月 17日

    Cialis cialis 20mg cialis dosage 40 mg dangerous

  3. アバター

    Hi there! I know this is somewhat off-topic however I had to ask.
    Does running a well-established blog such as yours require a large amount of work?
    I am brand new to operating a blog however I do write in my journal everyday.
    I’d like to start a blog so I will be able to share my experience and feelings online.
    Please let me know if you have any recommendations or tips
    for brand new aspiring blog owners. Thankyou!

  4. I am really enjoying the theme/design of your site.
    Do you ever run into any web browser compatibility issues?

    A couple of my blog visitors have complained about my blog not working correctly in Explorer but
    looks great in Firefox. Do you have any tips to help fix this problem?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
28
全日 外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
3月 28 – 3月 29 全日
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所 | 新宿区 | 東京都 | 日本
題目: 外から見る中国語、内から見る中国語 ――中国語・歴史探訪と文法散(三)策――※ 講義内容が一部変更になりました。 日時: 2020年3月28日(土)13:00~18:00 (90分講義×3コマ)、 29日(日)10:30~16:15 (90分講義×3コマ) 講師: 木村 英樹(東京大学名誉教授)  ※受講イメージ 定員: 50名 会場: 東京言語研究所(新宿区大久保1-3-21 新宿TXビル2階) Google Mapで見る 受講料: 一般 12,000円 学生・大学院生(当日学生証提示)・ 2019年度理論言語学講座受講生 9,000円
9:20 AM リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
3月 28 @ 9:20 AM – 4:50 PM
イベント説明:教師の成長には「振り返り」や「気づき」が必要だと従来から言われてきましたが、ただただ「振り返ってみましょう。気づいたこと、学んだことはなんですか?」と問うだけでは、うまくいかなかったことについての曖昧な要因の推測しかできないこともあります。理想的なリフレクションのプロセスであるALACTモデルや深い気づきを生み出す鍵となる「8つの問い」を学び、自分と相手(学習者)を見つめなおすことで、教師としての「あり方」をリフレクションしてみませんか。(午前:基礎編/午後:応用編) 講師: 矢野博之先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 坂田哲人先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 講師より: 教育・看護・保育・福祉・各人材育成やスポーツといった、ひとがひとに相対して何かを施し/促していく業種のプロは、どのように自らの専門性を高めていくのか。オランダ発、欧米・日本・アジアへと、期待と探索が広がるリフレクションは、どのようなものなのか。基本編と応用編で、そのエッセンスと展望を体験的にダイジェストでまなびます。
6月
13
1:00 PM 第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
6月 13 @ 1:00 PM
  第61回 外国人による日本語弁論大会 The 61st International Speech Contest in Japanese 世界の人々に日本語で意見を発表する場を提供することにより、日本や国際社会のあり方をお互いに考え合うことを目的としています。1960年より毎年開催されております。第61回大会は、広島県福山市で以下の要領で開催されます。 日時 2020年6月13日(土)午後1時開始 会場: ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市) 応募受付期間: 2020年2月17日(月)から4月23日(木) 主催: 国際教育振興会、国際交流基金、福山市 後援: 外務省/文化庁/広島県/広島県教育委員会/福山市教育委員会/公益財団法人ひろしま国際センター/ふくやま国際交流協会/公益社団法人福山観光コンベンション協会/福山商工会議所/エフエムふくやま/ NHK / NHKエデュケーショナル/日本語教育学会 協賛: キッコーマン株式会社/専門学校新聞社/にほんこの凡人社/リコージャパン株式会社/株式会社スリーエーネットワーク/鞆鉄道株式会社/福山ニューキャッスルホテル/ツネイシホールディングス株式会社/株式会社エフピコ/アイデアル株式会社/学校法人 穴吹学園/外国人留学生を支援する会/一般財団法人義倉/学校法人教文学園 広島アカデミー/国際ソロプチミストローズ福山/有限会社ぬまくま夢工房/専門学校 福山国際外語学院/福山市日本中国友好協会/福山大学/福山元町通商店街振興組合/株式会社ブランパートナーズ/まごころ料理 ふな家 第61回実施要領、申込書などはこちら → ポスター → 実施要領 → 申込書(Word) → 申込書(PDF)
ページ上部へ戻る