第2期「入門・やさしい日本語」認定講師養成講座が3月から4月に 受講生を募集

第2期「入門・やさしい日本語」認定講師養成講座が3月から4月に 受講生を募集

昨年10月から11月にかけてオンラインで開いた「入門・やさしい日本語養成講座の第2期の講座が3月から4月にかけて開催される。前回は受講した66人に「認定講師」の修了証が交付された。今回は定員が55人で、新たな「認定講師」が誕生する。

講座の主催は、にほんごぷらっと(日本語教育情報プラットフォーム)、共催は、ことばとまなびインターナショナル株式会社。協力は株式会社アスク出版。同社出版社から「入門・やさしい日本語」を出版したやさしい日本語ツーリズム研究会代表の吉開章氏が講座を企画・運営を担当する。

基本的には前回と講座と同水準の養成プログラムとなるが、参加資格については日本語教育能力検定試験の合格者だけでなく、大学で日本語教育の主・副専攻を修了または専攻中の方」などにも広げ、受講しやすくした。募集概要は以下の通り。

 

第2期『入門・やさしい日本語』認定講師養成講座募集概要

31都道府県で66人の認定講師が誕生した『入門・やさしい日本語』認定講師養成講座の第2期を3月に開講します。

 

  • 主催者など

主催:にほんごぷらっと

共催:ことばとまなびインターナショナル株式会社

協力:株式会社アスク出版

後援:株式会社BRICK’s

企画・運営:吉開章(「入門・やさしい日本語」著者)

 

  • 日程

2021年3月7日(日)〜4月11日(日)の毎日曜日・木曜日20:00-22:00

すべての回で事後ビデオ視聴可能

※開講前に企画責任者の吉開氏との個人懇談(1時間)を行います。

※2021年2月28日(日)20:00-22:00にプレ懇談会を開催し、Zoom操作やブレイクアウトルームに慣れていただきます(任意参加)

 

  • 参加資格(2021年1月15日変更)

以下のいずれかに該当すること

・大学で日本語教育を主・副専攻または在学中

・日本語教育能力検定試験合格

・文化庁届出受理の日本語教員養成研修実施機関・団体で研修を修了または受講中

  • 定員 55名

・できるだけ多くの県から受け入れるために、一部の都府県などからの受付を制限することがあります。

  • 主な内容(予定)

・吉開章講演『入門・やさしい日本語』

・吉開章特別講演「やさ日関係者のための、ろう・聴覚障害基礎知識」

・「立場を入れ替える」井上くみ子、多文化子育ての会Coconico代表)

・「言葉をうたがう」近藤正憲、合同会社オーイン代表社員

・「フリーランスとして活躍するコツ」船見和秀、ヒューマンアカデミーやさしい日本語指導者養成講座講師

・「「伝えるウェブ」活用法」野田純生アルファサード代表取締役社長

・1期生活動紹介

・その他外部からのゲスト講師

すべての回でグループディスカッションを実施します。

 

  • 認定基準

8割の出席またはビデオ事後視聴により修了を認定します。

 

  • 修了時に提供されるもの

・認定証書

・『入門・やさしい日本語』に準拠した講師名入りの公式ハンドアウト

・名刺などに入れられる認定講師ロゴ

 

  • 講座のポイント

・やさしい日本語の言い換えの技術を学ぶのではなく、やさしい日本語の社会啓発に関わるものとしての心構えを学び、実際にどのように活動するかのヒントを得るための講座です。

・全国各地に活躍できる人材をネットワークするため、すべてオンライン(Zoom)を使った講座とし、受講者同士交流しながら力をつけ、人脈を作っていきます。

・毎回違う人とグループワークの班を組むシステムを導入し、講座終了までに全員と知り合えるようにします。

・自治体や組織など地域に根差したやさしい日本語のアドバイスや書き換え業務を受けられるよう、AIやさしい日本語翻訳システム「伝えるウェブ」(アルファサード社)のやさしい日本語化支援ツールライセンスを提供し、その使い方をまなびます。

・全体を通したテーマは「寛容になるためのヒント」です。言い換えのテクニックは盛り込まれません。寛容な社会づくりのためのやさしい日本語の意義について深く理解をし、どのようにそれを研修で一般の方に伝えられるかに重点をおきます。

 

  • 費用について

・参加費用は79,750円(税込)です。(クレジットカードも使えます。銀行振込の場合、振り込み手数料はご負担ください)

・ヒューマンアカデミー「やさしい日本語指導者養成講座」および「日本人のための「やさしい日本語」活用講座」修了または受講中の方は、1割引の71,775円(税込)でお申し込みいただけます。

・第1期で募集の少なかった以下の県に在住している方は1割引の71,775円(税込)でお申し込みいただけます。

割引対象県:

青森県・岩手県・秋田県・山形県・福島県・

茨城県・栃木県・群馬県・

山梨県・長野県・新潟県・

静岡県・岐阜県・三重県・

富山県・石川県・福井県・

島根県・鳥取県・岡山県・山口県・

香川県・徳島県・

佐賀県・大分県・宮崎県・熊本県・長崎県・鹿児島県・沖縄県

(割引の重複措置はありません)

 

  • 参加条件など

・Zoomが使えるPCと、Webカメラも使用できる環境を用意してください。

・Facebookグループを連絡に使います。Facebookのアカウントを用意してください。

・応募者数が少なかった場合は開催せず、申込者には2021年3月末までに手数料当方持ちで返金します。

 

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
6
3:00 PM 第23回 専門日本語教育学会の研... @ Zoom
第23回 専門日本語教育学会の研... @ Zoom
3月 6 @ 3:00 PM – 4:50 PM
■実施日:2021年3月6日(土) ■実施方法:Zoomによるオンライン開催,参加費無料(会員・非会員とも)。事前申込が必要 ■大会スケジュール: ● 10:30~10:40:開会の挨拶と事務連絡 ● 10:40~14:15:研究討論会 ● 14:20~14:50:総会 ● 15:00~16:50:シンポジウム「語彙から広がる日本語教育」 ● 17:00~18:00:懇親会(Zoom)
3月
7
10:00 AM リンゲージスペシャル2021 笈川幸... @ オンライン(ZOOM)
リンゲージスペシャル2021 笈川幸... @ オンライン(ZOOM)
3月 7 @ 10:00 AM – 12:00 PM
イベント説明:中国在住の名物先生、笈川幸司さんが、これまで培ったメソッドを基にベトナム人学習者を対象に授業を行います。四声(中国語)から六声(ベトナム語)へ。ここでしか聞けないこぼれ話も満載です。 内容 第一部 コロナ禍で激変した授業 ・大人数からオンラインへ ・中国から世界へ ・大学生から「働く」を見据えた人たちへ 第二部 ベトナム人学習者対象の公開授業 第三部 質問コーナー ・みなさんからの質問にお答えします 主催者のカテゴリー:日本語議連 イベントのカテゴリー:セミナー・ワークショップ
2:00 PM 「日本語教師のためのはじめてのコ... @ Zoom
「日本語教師のためのはじめてのコ... @ Zoom
3月 7 @ 2:00 PM – 5:00 PM
ことばと学びでつながるなかまの会 【こまつなからの春だより】 3月7日(日)に、下記の通りワークショップを行います。定員が40名と限られておりますので、お早めにお申し込みください! *** こまつなからの春だより 日 時:3月7日(日)14:00-17:00@Zoom テーマ:「日本語教師のためのはじめてのコーチング」 講師:講師 菊岡正芳氏(一般社団法人日本リーダーコーチ協会 代表理事、合同会社Kiku塾 代表、岐阜薬科大学 非常勤講師) 参加費:3000円 定員:40名 詳細・お申し込み:https://komatsunajp.wixsite.com/mysitekomatsuna
3月
13
7:00 PM 第4回VEC設立記念セミナー 地域日... @ Zoom
第4回VEC設立記念セミナー 地域日... @ Zoom
3月 13 @ 7:00 PM – 9:00 PM
第4回VEC設立記念セミナー 地域日本語学習支援の場から考える「共生社会」 @ Zoom
<日時> 3月13日(土)19:00 ~21:00 ( ZOOM開催) <スケジュール>      第1部      ・国家と国民の本質的関係性(日本と東アジアの歴史的背景をふまえ) ・地域日本語学習支援の現場から何が出来るか ・質疑応答など (休憩) 第2部      ・参加者ブレイクアウトセッション ・意見の共有・質疑応答など ★事前にレジュメ等の資料をお送りする予定です。 <講師>山田 泉 氏 プロフィール 高校の国語科教員を勤めた後,国立国語研究所の日本語教育研修等を経て1982年に中国の語学大学に赴任。2年間家族で「外国人体験」をしたことが貴重な財産となる。1984年に帰国し,中国帰国孤児定着促進センターに勤務,子どもクラスの担任も。文化庁国語課専門職員を経て,昭和女子大学,大阪大学,法政大学等で留学生と一般学生の共同学習や日本語教員養成等にかかわった。大阪大学在籍中の1996年から2003年は外国につながる子どもの放課後の居場所づくりのボランティアを行った。専門は,日本語教育と多文化教育で,研究分野は移住外国人(移民)受け入れのための「多文化共生」社会のあり方考察。2020年4月から定職はなし。 <進行役>松尾 慎 氏 東京女子大学教授、VEC代表理事。2014年、チョウチョウソ ー氏らとともに現在のVECの前身となる日本語活動を立ち上げ、現在まで活動を継続している。日本語活動に関してはこちらを参照してください。 <当団体のご紹介> Villa Education Center(VEC)は、2014年から続けてきた「ミャンマー難民との日本語活動」を基盤する団体です。2020年8月に新たに任意団体となり、ミャンマー出身者を中心とする外国人の生活支援や日本語教育、資格取得支援、多文化社会関係の各種セミナーなど事業の幅を広げるとともに、活動の安定化を目指しています。HPはこちら <会場> オンライン WEB会議ツール「Zoom」を使用いたします。 お申込み者には前日3月12日(金)にZoomのアクセスリンクをお送りします。 12日(金)正午までに届かない場合は、恐れ入りますが事務局へご連絡ください。 <参加費/定員> 一般   ¥1000 定員50名 VEC会員 無料  定員30名 ※1アカウントで複数名がご参加する場合であっても必ず人数分の参加チケットをご購入下さい。 ※お申し込み後、ご参加いただけなくなったとしても、返金、チケットの譲渡には対応できかねますので予めご了承下さい。 お問い合わせ先 VEC事務局 vec.executiveoffice@gmail.com
ページ上部へ戻る