イベントカレンダー

 

日本語議連や政府、官庁、自治体、業界団体、学会、研究会、学校、出版社、観光協会、商工会、NPO団体、企業、その他公益法人などが主催する、教師向けイベント、留学生向けイベント、一般向けのお祭り、観光地イベントなど、日本語教育や、異なる文化を楽しむイベントを掲載いたします。

|掲載申込はこちら|

1月
5
オンライン授業のための日本語教師育成コース @ オンライン(Zoom)
1月 5 – 4月 5 終日

リンゲージではICTを活用した日本語学校の運営を強みとし、2021年6月に「オンライン授業のための日本語教師育成コース」を開講しました。
ご好評をいただき、この度第三期(2022年1月~3月)の開講が決まりました。

第三期はすべての科目が平日の午前(10:00-11:00)開講です。
日本語教師養成講座終了した方や日本語教育能力検定試験に合格している方を対象に、オンラインに特化した講師として活動することを目指す内容になっています。
知識習得→見学→演習→実習とステップアップしていきますので、PC操作が苦手な方でも安心してご参加いただけます。
また、動画視聴や課題提出などのために「talent」というLMS(ラーニングマネジメントシステム)を使用します。
いつでもどこでも受講生同士でディスカッションもでき、「協働学習」を経験できることも、当講座の大きな特徴です。
さらに、オンライン授業では欠かせない声のトレーニングが含まれるのも本コースの魅力です。
元NHKエグゼクティブアナウンサーの近藤冨士雄さんによるプロのボイストレーニングを受けることができます。

具体的な科目の内容やスケジュール、料金・申し込み方法は、以下のHPをご覧ください。
https://sites.google.com/view/linguage-online/
みなさんのご受講をお待ちしています。

2月
3
「デジタル時代の日本語教育に必須~明日から使える発音指導のコツ~」 @ オンライン(Zoom)
2月 3 @ 7:00 PM – 8:30 PM

【イベント概要】

こんな日本語学習者のお困りに直面したことはありませんか?
①学習者が書いた原稿を見ると、とてもよくできているにも関わらず、その内容を話しても相手に上手く伝わらず、何度も聞き返される(それにより話すことに自信が無くしてしまう)
②筆記では高く評価されるのに、面接だと日本語力の評価が低く落ちてしまう
③オンラインでコミュニケーションを取る機会が増えてきているが、ジェスチャーなどを使ってコミュニケーションを取ることが対面よりも難しく、さらに上手く伝わらないこういった学習者の問題を解決するために、教師に求められる発音指導について、本セミナーでは解説や実践トレーニングを行っていきます。発音指導のコツをつかみ、明日の授業・レッスンから活かす事が出来る、貴重な講座となっています。

【こんな人におススメ】
・効果的な発音指導について悩んでいる
・毎日発音の指導をしているのに、学習者の改善が見られない
・発音が上手くなって、学習者に自信を持ってほしい

【日 時】2022年2月3日(木)19:00-20:30

【定 員】100名

【講 師】河須崎 英之先生(博士 文学)

・東京大学文学部言語学科卒業
・東京大学大学院にて言語学専攻(専門分野:音韻論)
・中国黒竜江省にて中国朝鮮族の言語を調査
・複数の大学にて言語学概説などを担当
・教育報告「外国語カリキュラムの新機軸について:英独仏から世界の言語と文化へ」(日本医科大学基礎科学紀要49号・高濱愛、﨑村耕二と共著)https://www.nms.ac.jp/var/rev0/0033/8818/49thebulletin_p3.pdf

【参加費】3,300円(税込)

【会 場】オンライン(Zoom)

【主 催】TCJ日本語総合研究所

【メーリングリスト登録】https://forms.gle/M22kCUNspT8HtSxC6

TCJ日本語総合研究所では、定期的にイベントを開催して参ります。メーリングリストにご登録いただいている方に、いち早くイベントの情報をご案内いたします。ご希望の方は、ご登録をお願いいたします。

【TCJ ホームページ】https://tcj-education.com/ja/

注目の記事

  1. 元文科相で日本語議連事務局長の馳浩自民党衆院議員が石川県知事選に立候補へ 日本語議連が…
  2. 頑張れ!日本語議連 河村会長は衆院選への出馬辞退、政界引退へ 衆議院が10月14日に解散された…
  3. 外国人の入国停止は年越しへ、オミクロン株の水際対策で 読売新聞が報道 読売新聞は12月18日の…

Facebook

ページ上部へ戻る