イベントカレンダー

 

日本語議連や政府、官庁、自治体、業界団体、学会、研究会、学校、出版社、観光協会、商工会、NPO団体、企業、その他公益法人などが主催する、教師向けイベント、留学生向けイベント、一般向けのお祭り、観光地イベントなど、日本語教育や、異なる文化を楽しむイベントを掲載いたします。

|掲載申込はこちら|

7月
20
日本語サロン研修会@名古屋 第1部 テーマを中心とした言語活動・学習活動で日本語を教える~表現活動中心の日本語教育~ @ 名古屋YMCA 日本語学院
7月 20 @ 10:30 AM – 12:00 PM

日本語サロン研修会@名古屋 第1部
テーマを中心とした言語活動・学習活動で日本語を教える~表現活動中心の日本語教育~

[日時] 日時:2019年7月20日(土) 10:30~12:00 (受付開始10:00)
場所:名古屋YMCA 日本語学院
(名古屋市西区花の木1-1-18)
<アクセス>
[定員] 定員:30 名(先着順、定員になり次第締め切ります)
[対象] 日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤、地域学習支援者) 、語学教師
[参加費] 無料 ※要予約
[講師] 西口光一先生(大阪大学国際交流センター教授)
[内容] 言語教育の目的は、目標言語で有効に言語活動に従事できる言語ユーザーを育てることです。
そのような目的を果たすために、これまでの日本語教育では、言語事項を中心に据えてそこからコミュニケーションや言語活動に拡げていくという形で教育が実践されてきました。
それに対し、表現活動中心の日本語教育では、テーマをめぐる言語活動を中心に据えて、言語技量を育成する活動を展開しながら、言語事項も体系的で系統的に習得させるというストラテジーを採ります。
NEJとNIJはそのような教育実践をサポートする教材です。NEJに基づく実際の授業の流れも実演します。

8月
3
九州日本語教育連絡協議会2019年度8月研修会 『漢字の面白さを発見しながら学ぶ授業作り』―『どんどんつながる漢字練習帳 初級』『中級』を使って― @ 博多バスターミナル 1・2ホール
8月 3 @ 2:00 PM – 4:00 PM

【福岡】
九州日本語教育連絡協議会2019年度8月研修会
『漢字の面白さを発見しながら学ぶ授業作り』―『どんどんつながる漢字練習帳 初級』『中級』を使って―

[日時] 日時:2019 年8月3日(土)14:00~16:00(受付開始13:30)
場所:博多バスターミナル 1・2ホール
(福岡市博多区博多駅中央街2-1)

<アクセス>
[定員] 定員:80 名(先着順、定員になり次第締め切ります)
[対象] 日本語教育関係者およびその活動に興味のある方
[参加費] 1,000円(税込)
[講師] 鈴木英子(宮城県国際化協会日本語講座スーパーバイザー)
[内容] 「漢字は難しい」という声をよく聞きます。
特に初めて漢字に出合う非漢字圏学習者は、漢字の「形」「意味」「読み方」全てにおいて負担が大きく、習得も容易ではありません。
そうした学習者に「漢字は面白い!」ということを伝えることができたら、学習者はもっと漢字に興味を持ちながら楽しく学べるのではないでしょうか。
今回のセミナーでは、同じパーツや音の繋がりを利用して効率よく学ぶ『どんどんつながる漢字練習帳初級』『中級』を使った実践例を紹介するとともに、学習者の視点に立った授業作りについて具体的に考えていきたいと思います。

9月
7
日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
9月 7 @ 10:00 AM – 5:00 PM

プログラム

​10:30~12:00 講演

*「日常会話」のためのコミュニケーション能力を育てる

―学習者が日本語で適切に意図を伝えられるようになるために―

講師 清水崇文氏(上智大学)

​13:30~15:00 ワークショップ①(講師名五十音順)

下記より1つお選びいただけます。

*変わりゆく入管政策―日本語教育者が知っておきたい改正入管法の見方―

講師 小松原祥一氏(東京ビザ申請サポート 行政書士 小松原事務所)

*ライティング評価における「構成」を考える―フローチャートを活用して―

講師 田中真理氏(名古屋外国語大学・名誉教授)、坪根由香里氏(大阪観光大学)

*はじめよう、授業でディベート

講師 内藤真理子氏(神田外語大学)

*そもそも論から考える教育とICT―授業に取り入れるために―

講師 藤本かおる氏(武蔵野大学)

​15:30~17:00 ワークショップ②(講師名五十音順)

下記より一つお選びいただけます。

*コーパスからのデータを授業に生かすには

講師 中俣尚己氏(京都教育大学)

*非漢字系学習者を対象にした漢字指導―多様な活動で楽しさを―【第2弾】

講師 濱川祐紀代氏(目白大学)

*映像メディアを授業に取り入れるときの留意点を考えよう!

講師 保坂敏子氏(日本大学)、高橋薫氏(早稲田大学)

◆本ワークショップは反転授業で行いますので、事前に下の映像教材を視聴の上、ワークショップにご参加ください。ワークショップのはじめにビデオ内容に関するグループ討論を行います。

NHK for schoolのメディアタイムズ19回(10分)「どうやって作られる? イメージ」

*言語習得につなげる聴解指導―大規模テストでは測れない聴解能力に注目して―

講師 横山紀子氏(昭和女子大学)

9月
21
多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス- @ 聖心女子大学4号館
9月 21 @ 12:30 AM – 4:30 AM

第16回(2019年度)研究会
多文化共生と 外国人へのこころの支援
-移住者と難民のメンタルヘルス- 

日時:2019年9月21日(土)
12:30~16:30

参加費:大学専任教員の方 2000円

上記以外の方   1000円

申込:【定員50名】https://kokucheese.com/event/index/567128/

場所:聖心女子大学4号館

主催:

多文化共生社会における日本語教育研究会
https://tabunka-nihongo.jimdo.com/

講師:鵜川 晃(うかわ こう)

博士(人間学)。 専門は多文化間精神保健学・医療人類学。移民・難民の定住におけるメンタルヘルスの問題、そしてベトナム人の生と死の通過儀礼における文化実践についての研究を進めている。著書に『あなたにもできる外国人へのこころの支 援』(岩崎学術出版社、2016、共著)、訳書に『移住者と難民のメンタルヘルスー移動する人の文化精神医学』(明石書店、2017、共著)などがある。

司会進行:伴野崇生(ともの たかお)

慶應義塾大学特任講師・多文化共生社会における研究会代表幹事
多文化間精神保健専門アドバイザー(多文化間精神医学会認定)

ページ上部へ戻る