多文化関係学会 2018年度第1回 関東地区研究会

いつ:
2018年5月26日 @ 1:30 PM – 4:00 PM
2018-05-26T13:30:00+09:00
2018-05-26T16:00:00+09:00
どこで:
成城大学7号館 711教室
日本、〒157-0066 東京都世田谷区成城6丁目1−20
料金:
500円

多文化関係学会
2018年度第1回 関東地区研究会
日時:2018年5月26日(土)13時30分〜16時(13時より受付開始)
場所:成城大学7号館 711教室

参加費:無料
茶話会:500円
題目: 「ろう者からみた聴者の世界」
講師: 菊川 れん先生 (フリーランス手話講師)
角田 麻里先生 (関東学院大学)
お申し込みはここをクリック

*************************

ろう者と初めて会った時どのようにコミュニケーションを取ればいいのかをまずはワークショップ形式で体験してもらいます。ろう者が使っている手話にはどのような特徴があるのか、日本にいながら聴者とは違う文化を持っているろう者のろう文化とは何なのか、ろう者から見た聴者の世界について、教育、社会、日常生活などの例を挙げながら検証していく。
最近ろうの学生が大学に入ることが多く、このような学生にどのように対応すればいいかヒントになれば幸いです。

http://www.js-mr.org/seminer/kenkyu_kanto/

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
1
4:30 PM 講演会「ことばの力学~応用言語学... @ 早稲田大学早稲田キャンパス14号館4階403教室
講演会「ことばの力学~応用言語学... @ 早稲田大学早稲田キャンパス14号館4階403教室
6月 1 @ 4:30 PM – 6:00 PM
【講演会「ことばの力学~応用言語学への招待~」(6/1)】 ことばは知らない間に人間の行動を左右します。標準語と方言、英語と現地語など、複数の言語が関わる状況では、優劣を生み出す無意識の力学が働きます。 本講演会では、問題を科学的に解決するための言語学-応用言語学の最新の研究から、外国語教育、バイリンガリズム、異文化との接し方、法言語学、手話、言語障害など幅広いテーマを取り扱います。是非、奮ってご参加下さい。 【開催日時】2018年6月1日 (金)16:30~18:00 ※16:15開場 【開催場所】早稲田大学早稲田キャンパス14号館4階403教室 【対象】早大生・教職員・一般 【講演者】白井恭弘氏(ケースウエスタンリザーブ大学教授) 【演題】ことばの力学~応用言語学への招待~ 【使用言語】日本語(手話通訳有) 【備考】事前申込み不要 当日は手話通訳の情報保障を用意しております。その他何らかの配慮が必要な方は5月23日までにメールでご相談ください。 【主催・お問合せ】教育学部複合文化学科 E-mail: 180601kouenkai@list.waseda.jp 【共催】早稲田大学スチューデントダイバーシティセンター
6月
2
2:30 PM 6月開講養成プログラム説明会 @ カイ日本語スクール(本校)
6月開講養成プログラム説明会 @ カイ日本語スクール(本校)
6月 2 @ 2:30 PM – 4:00 PM
養成プログラム6月開講・無料説明会開催! これから日本語教師を目指す方、 日本語教師としてまだ1、2年という方向け、 実践力を高めるためのカイ日本語スクールの養成プログラム。 420時間の座学が終わったら、 教壇に立つために動きを身につける番です。 「何を受けたらいいのかわからない」 「どんな学校か見てから決めたい」 そんな方向けに説明会を開きます。お待ちしています!
ページ上部へ戻る