日本語サロン研修会@東京 協働学習で学ぶスピーチの授業 ―型にはまるな、異なれ!―

いつ:
2019年6月15日 @ 1:00 PM – 3:00 PM
2019-06-15T13:00:00+09:00
2019-06-15T15:00:00+09:00
どこで:
C-WORKのセミナールーム
日本、〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目2−8 麹町セントラルビル4F
料金:
1000円
連絡先:
凡人社 大橋様
03-3263-4129

日本語サロン研修会@東京
協働学習で学ぶスピーチの授業

―型にはまるな、異なれ!―

[日時] 2019年6月15日(土)13:00~15:00(受付開始12:30)
会 場:C-WORKのセミナールーム
(千代田区麹町2-2-4 麹町セントラルビル4F)
<アクセス>
[定員] 40名(要予約。定員になり次第締め切ります)
[対象] 日本語教師(主に地域学習支援者日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)、語学教師
[参加費] 1,000円(税込)*当日、受付でお支払いください。
[講師] 渋谷実希先生(一橋大学、東京大学ほか非常勤講師)
勝又恵理子先生(青山学院大学 国際政治経済学部)
古谷知子先生(桜美林大学ほか非常勤講師)
前川志津先生(青山学院大学、桜美林大学ほか非常勤講師)
森幸穂先生(青山学院大学 理工学部)
[内容] スピーチやプレゼンテーションの授業で学生から聞かれる

「何を話せばいいのかわからない」という悩み。

この悩みの裏には、

「自分で自分の興味や考えがわからない」

「こんなことを話してヘンに思われたらどうしよう」

「このテーマははたしてスピーチにふさわしいのだろうか」

「みんなが興味を持ってくれるだろうか」

など、いくつもの不安や疑問があるようです。
今回の研修会では、自分の興味や考え、相手の興味や、

話しても大丈夫な境界などを「発見」し、

「型にはまったスピーチ」から脱却することをめざした

協働学習の授業活動をご紹介します。

協働学習のアクティビティを体験しつつ、

口頭でのコミュニケーション能力の養成の方法を考えていきます。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
21
12:30 AM 多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
9月 21 @ 12:30 AM – 4:30 AM
多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス- @ 聖心女子大学4号館 | 渋谷区 | 東京都 | 日本
第16回(2019年度)研究会 多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス-  日時:2019年9月21日(土) 12:30~16:30 参加費:大学専任教員の方 2000円 上記以外の方   1000円 申込:【定員50名】https://kokucheese.com/event/index/567128/ 場所:聖心女子大学4号館 主催: 多文化共生社会における日本語教育研究会 https://tabunka-nihongo.jimdo.com/ 講師:鵜川 晃(うかわ こう) 博士(人間学)。 専門は多文化間精神保健学・医療人類学。移民・難民の定住におけるメンタルヘルスの問題、そしてベトナム人の生と死の通過儀礼における文化実践についての研究を進めている。著書に『あなたにもできる外国人へのこころの支 援』(岩崎学術出版社、2016、共著)、訳書に『移住者と難民のメンタルヘルスー移動する人の文化精神医学』(明石書店、2017、共著)などがある。 司会進行:伴野崇生(ともの たかお) 慶應義塾大学特任講師・多文化共生社会における研究会代表幹事 多文化間精神保健専門アドバイザー(多文化間精神医学会認定)
ページ上部へ戻る