第5回年次大会 市民性形成と言語文化教育

いつ:
2019年3月9日 – 2019年3月10日 全日
2019-03-09T00:00:00+09:00
2019-03-11T00:00:00+09:00
どこで:
早稲田大学 早稲田キャンパス 3号館
日本、〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目6−1
連絡先:
言語文化教育研究学会

テーマ趣旨

現代の世界は,国や言語,文化の境を越えて様々な背景を持った人々が共に生きています。そうした状況を見つめながら,社会を創造していくこと,主権者であること,複数のことばや文化を持つこと,多様な人間が共生すること,誰もが公正公平に生きる権利を持つこと,社会をよりよいものにしていくことを実現していくための教育として,市民性形成の教育が存在しています。言語文化教育研究学会もこれまでこの分野に関する研究と実践の活動を推進してきました。

しかし,こうした市民性形成の観点は重要であるがゆえに,ときに教育実践や研究の多様な分野でそれぞれに取り込まれ,語られていきます。例えば,日本では,市民性教育は,学校教育における主権者教育として,また人権教育として,地域社会における社会づくりの教育として,グローバル社会における言語教育として語られてきました。しかし,冒頭のような視点に立ち返れば,市民性教育は本来総合的な概念であり,人と社会,ことば,文化をトータルに捉え,よりよい未来を創造していくための教育であるはずです。

このたびの言語文化教育研究学会第5回記念年次大会では,「市民性×教育」をキーワードとした学際的協働を一つの主眼に捉え,これまで多様な領域で活躍されてきた市民性教育の論者・実践者が互いに語る中で,それぞれの領域で語れてきた市民性教育の意味を広げ,問い直していきます。

(年次大会実行委員会―企画担当:南浦涼介,細川英雄,福島青史)

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

4月
28
9:30 AM 日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
4月 28 @ 9:30 AM – 3:30 PM
日本語教師のための実践勉強会」日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」  ※【満員御礼】4月14日「教師力アップ!JLPT対策講座」 キャンセル待ち多数、同一内容での開催のご要望多数! 好評につき追加開催決定しました! 今回はリクエスト企画といたしまして、ご要望の多かった JLPT対策講座 「教師力アップ!JLPT対策講座」1日集中セミナーです。 ********** ★第1部:「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  を2部制で開催します。  【セミナー概要】 「日本語能力試験対策をこれから始める方・教えている方向けのセミナー」です。  第1部: 「効果的な文法対策の教え方とは?」 皆さんは、JLPT対策の教え方に悩んでいませんか。  JLPT対策を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT対策を教えるが、教え方がわからない」 「文法の教え方に悩んでいる」 「学習者がなかなか文法が定着しない」 「JLPT対策のテキストがうまく使いこなせない」 「総合テキストの中の文法や語彙とJLPT対策の文法の教え方の違いがわからない」 「文法の類似表現の教え方がわからない」 など、日本語教師の方々のお悩みの方は少なくなりません。 第1部では「文法」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 JLPT対策の教え方は通常の授業の教え方とは異なります。  日本語学校では指定の教材で決められたスケジュールの下に、  各教師が工夫しながら教えなければなりません。 日本語学校や専門学校、また企業研修などでは教師裁量で教えるというところも多いようです。 また、プライベートレッスンでも教師裁量で教師が工夫しながら教えなければなりません。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。 ある日突然、JLPT対策を担当し、  非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験のある教師も少なくありません。  ただ単に与えられたスケジュールと教材をこなすだけでは効果は上がりません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 工夫次第では単調になりがちな試験対策の授業も  学習者がワクワクするような授業づくりが可能です。 単なる問題を解かせ、答え合わせをするだけの試験対策の授業では意味がありません。  では何のために、わざわざレッスンをするのでしょうか。  それは教師が学習者に「合格させるためのコツ」を教える必要があるからです。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  「合格させるためのコツ」とは何でしょうか。 勉強会では単なる試験対策での教え方にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、  「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎JLPTとは? ✔︎JLPT対策の文法とは?  ✔︎JLPT対策を教える上での指導上のポイント  ✔︎授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「市販教材を使って効果的な教え方を考えよう」 など 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  JLPT対策の読解を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT読解対策を教えるが、教え方がわからない」 「非漢字圏学習者と漢字圏学習者の混合クラスで教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者の読解力が上がらず、教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者に読解を教える際に、学習者が難しいと言って諦めてしまい、授業がうまくいかない」 「非漢字圏学習者の読解を教える際に、学習者に何を教えるか指導すべきポイントがわからない」 「読解の授業は設問に答えさせ、答え合わせをするというような単調な授業になってしまう」 「JLPT対策の読解の授業と通常の読解の授業との教え方の違いがわからない」 など、頭を悩ませている日本語教師の方が少なくありません。 JLPTの合格の分かれ道は、「読解」です。  いかに、読解で高得点を叩き出すかが問われます。  今回は「読解」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  N2合格者でも読解のスコアが低かったり、読解苦手だという声も少なくありません。 ある日突然、JLPT対策を担当し、非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験の教師も少なくありません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 勉強会では単なる試験対策での読解にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、 「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎通常授業の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解の指導上のポイントと授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「読解嫌いな学習者の教え方を考えよう」  など 「三人寄れば文殊の知恵」 教え方には「マニュアル」はありません。  教え方の幅を広げ、教え方の引き出しをたくさん作ってみませんか。  皆さんで効果的な授業を考えてみませんか。  きっと明日への授業のヒントが見つかるはずです。  一人で悩まずに皆さんでお悩みをシェアしてお悩み解決の糸口を探しましょう!  皆さんで、キラキラ輝く日本語教師になりましょう。 ******** 【好評につき追加開催決定】 日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」 【主催】「日本語教師のための実践勉強会」【日時】:4月28日(日) ★第1部:9:30- 12:00「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部:13:00- 15:30「効果的な読解対策の教え方とは?」 【会場】:千葉県千葉市中央区富士見1丁目13-9 千葉センタービル3階A号室  【参加費】:5000円  ペア割(2人以上):4,500円 ※お申し込み時にお知らせください。 […]
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
8月
29
全日 第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
8月 29 – 8月 31 全日
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム 主催:ヨーロッパ日本語教師会(AJE) 日時:  2019年8月29日(木)〜 31日(土) 場所(会場): ベオグラード大学(セルビア) テーマ:ローカル・グローバルな日本言語・文化教育 Sections: Spheres of Use Teaching Methodologies Teaching Experience Multiculturalism and Teaching Teaching Resources 発表募集は10月から公開いたします。
ページ上部へ戻る