「日本国籍を持ちながら日本語ができない子供が増えている」との指摘も――総選挙後初の日本語議連の総会

日本語教教育推進議員連盟(河村建夫会長)の第9回総会が29日、衆院第一議員会館で開かれた。先の衆院解散・総選挙を受けて初めて開かれた総会で、日本語議連の再出発にあたり新たな役員人事案が示されたほか、来年度予算の編成を前に文部科学省、文化庁などが日本語教育関連の予算要求の状況を報告した。また、専門家を招いてのヒアリングがあり、公益社団法人・国際日本語教育普及協会(AJALT)の関口明子会長が日本語教育システムの構築に関する提案を行った。
 
この日は河村会長、中川正春会長代行が所用で出席できず、馳浩事務局長がまず、役員人事について河村会長に一任することを提案、了承された。役員人事に大きな変更はないとみられるが、年明けの通常国会の際に開かれる次期総会で正式に決定される見通しだ。
 
来年度予算要求に関しては、文部科学省、文化庁、厚生労働省、経済産業省、外務省の5省庁から報告があった。いずれも前年度に比べて増額されており、日本語議連の議論を反映した「議連効果」が出ているとも言えそうだ。
 
AJALTは今年2月に40周年を迎え、ビジネス日本語から外国人児童の教育まで多様な日本語教育を先駆的に実践してきた。関口会長はその取り組みを報告するとともに、過去の実践を踏まえて長期的な観点から①定住外国人のための日本語教育支援システムの構築②調査による日本語教育の実態把握とその検証③子供たちへのJSL(第二外国語としての日本語)教師資格制度の確立――を提案した。いずれも日本語議連として突っ込んだ議論をすべき課題だ。


 
また、議論の中で愛知県安城市など外国人が集住する地域を選挙区(愛知13区)とする大見正議員から地元の現状報告と提案があった。大見議員によると、トヨタの下請け工場など外国人を雇用する中小の製造業が多く、しかも4次~6次の下請けが派遣会社を通じて外国人を雇っている。外国人の集住地域では全校児童の6割が外国籍の小学校もあり、家庭と学校の連絡すら付かないケースもあるなど先生が多くの苦労を強いられているという。大見議員は「産業界と学校が連携できる仕組みや産官学が協同できるシステム」の必要性を訴えた。
 
大見議員の発言を契機に議論が大きく展開。オブザーバー参加の日本語教育学会の石井恵理子会長は外国人児童、生徒の日本語教育は言語発達の段階を踏まえた対応が必要だと強調し、「外国人の母親がカタコトの日本語で育てたために、母語も日本語もできない子どもが増えている」と指摘した。そのうえで「そういう子供は就職もできずに日本にいることを選択せざるをえなくなる。それは納税者になれないということ」と語り、国益が損なわれる事態になると警鐘を鳴らした。


 
これに関連して大見議員は、国際結婚などで生まれて日本国籍を持ちながら日本語ができない児童が増えているとの認識を示し、「これは国の責任としてどうするかだ」と政府として対応策を検討するよう促した。
 
関口会長は、だからこそAJALTがJSL,第二外国語としての日本語教育の教師の育成に取り組んでいるとし、JSL教師に公的な資格を付与するよう求めた。
 
馳事務局長は日本語議連の在り方について、日本語教育推進基本法の制定を目指す一方で、日本語教育に関して幅広い議論や要望を受ける「プラットフォームとしての役割」を考えていると述べた。また、立法チームを再スタートさせ、法案の原案作成の調整を進めていくとし、来年1月の通常国会開会後の総会では関係団体の意見聴取を通じて課題や問題をさらに議論していく意向を示した。

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

4月
27
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 東京会場凡人社麹町店
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 東京会場凡人社麹町店
4月 27 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります   【日付】2024/4/27 (土) 【会場】東京会場凡人社麹町店(千代田区平河町1-3-13 平河町フロントビル8階 【定員】30名   【日付】2024/5/19 (日) 【会場】名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校(名古屋市中区金山1-16-16 金山ビル) 【定員】60名   【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu
5月
19
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校
5月 19 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります   【日付】2024/5/19 (日) 【会場】名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校(名古屋市中区金山1-16-16 金山ビル) 【定員】60名   【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu
5月
25
終日 2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
5月 25 – 5月 26 終日
日本語教育学会 2024年度春季大会 開催日 2024年5月25日(土)・26日(日) 会場 オンライン

注目の記事

  1. 日本語教育推進に尽力した中川元文科相が次期衆院選に出馬せず 元文部科学大臣で日本語教育…
  2. 日豪の友好の歴史を見直そう——日豪議員連盟が「穣の一粒」と「藤田サルベージ」で勉強会  …
  3. 木原官房副長官の講演を聞いて~日本語教育は共生社会づくりの「一丁目一番地」 木原誠二官…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate