新着ニュース過去の記事

ぷらっとニュース過去の記事

2019/2/20

毎日新聞社が「やさしい日本語」のシンポジウムを開催 「にほんごぷらっと…

毎日新聞社が「やさしい日本語」のシンポジウムを開催 「にほんごぷらっと」が協力 …

日本語議連過去の記事

2018/12/25

日本語教育の推進に関する法律案の早期成立を目指す署名活動

日本語教育の推進に関する法律案の早期成立を目指す署名活動を開始しました。 約1ヶ月で10…

日本語議連総会

ピックアップ過去の記事

2019/2/16

国境を越える認知症、言葉が分からなくなり孤立(産経ニュースWEST20…

国境を越える認知症、言葉が分からなくなり孤立(産経ニュースWEST2019年2月15日)…

時代のことば過去の記事

2019/2/1

外国人集住都市会議「おおた2018」――「開かれた共生社会」を全国に

外国人集住都市会議「おおた2018」――「開かれた共生社会」を全国に 日系ブ…

イベントカレンダー

1月
26
全日 日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
1月 26 – 2月 23 全日
講座概要  「やさしい日本語」とは、普通の日本語情報に、「人為的な加工」を施して、多くの人にとって理解しやすい情報にする取り組みです。外国人、高齢者、身体障害者といった情報弱者に必要な情報を提供し、また彼らの伝えたい情報をくみとることができるようになります。  大規模災害の際の情報提供はもちろん、平時における自分たちコミュニケーションスタイルの見直し、外国籍住民との交流や、インバウンド観光客へのアプローチなど、様々な面での応用が、大規模なコストをかけることなく実現できる可能性を秘めています。  「やさしい日本語」は「苦行」ではなく、「易行」です。「やさしい日本語」はやさしい日本人の心の中にあります。  この講座で「やさしい日本語」を是非ご体験ください。 講座回数 5 回 日 程2019-01-26(土) ~ 2019-02-23(土) 15:00 ~ 16:30 (1) 1月26日(土) 「やさしい日本語」の歴史と多文化共生社会 担当:三原 龍志 (2) 2月2日(土) 「やさしい日本語」と防災 担当:近藤 正憲 (3) 2月9日(土) 「やさしい日本語」と行政サービス 担当:近藤 正憲 (4) 2月16日(土) 「やさしい日本語」と観光 担当:近藤 正憲 (5) 2月23日(土) 「やさしい日本語」と私 担当:近藤 正憲
2月
23
10:00 AM 文部科学省委託「外国人児童生徒等... @ TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C
文部科学省委託「外国人児童生徒等... @ TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C
2月 23 @ 10:00 AM – 5:00 PM
文部科学省委託「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」シンポジウム2018 日時:2019年2月23日(土)10:00-17:00 会場:TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C(JR品川駅高輪口徒歩1分) 定員:先着150名 ※参加費無料・要事前予約 詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.nkg.or.jp/…/…/uploads/2018/12/20190223momopro.pdf なお,本シンポジウムにてご報告いただく「モデルプログラムを活用した授業・研修事例」の報告者も募集しております。 http://www.nkg.or.jp/…/…/uploads/2018/11/20181009momopro.pdf
2:00 PM 「外国語習得を探検する~究極の言... @ 聖心女子大学4号館ブリット記念ホール
「外国語習得を探検する~究極の言... @ 聖心女子大学4号館ブリット記念ホール
2月 23 @ 2:00 PM – 4:00 PM
【学会連携】言語系学会連合主催イベント(参加費無料・要事前申込) 高野秀行氏(辺境ノンフィクション作家)特別講演会 「外国語習得を探検する~究極の言語学習者が語る言葉の世界~」 日時:2019年2月23日 (土)14:00-16:00 会場:聖心女子大学4号館ブリット記念ホール 参加費無料・要事前申込(定員先着300名) 詳しくはこちら http://www.nacos.com/gengoren/pdf/2018/UALS_poster.pdf
2月
24
全日 第47回 アカデミック・ジャパニー... @ 東京海洋大学
第47回 アカデミック・ジャパニー... @ 東京海洋大学
2月 24 全日
第47回 アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会 開催と発表者募集のお知らせ @ 東京海洋大学 | 港区 | 東京都 | 日本
第47回AJG研究会は2019年2月24日(日) 次回の第47回AJG研究会は2019年2月24日(日)10:00〜17:00(予定)に東京海洋大学品川キャンパスで行います。午前中は会員発表、午後は日向野幹也をお招きし「権限なきリーダーシップ」というテーマで講演とワークショップを行います。詳細は「研究会のご案内」をご覧ください。 参考ファイル:ダウンロード
3月
1
全日 第25回ドイツ語圏大学日本語教育研... @ デュースブルク大学
第25回ドイツ語圏大学日本語教育研... @ デュースブルク大学
3月 1 – 3月 3 全日
第25回ドイツ語圏大学日本語教育研究会シンポジウム (デュースブルク)のおしらせです! テーマは「ウェルフェア・リングイスティックス—人間形成を目指す日本語教育とは—」
全日 第24回メキシコ日本語教育シンポジ... @ メキシコシティ、El Colegio de México
第24回メキシコ日本語教育シンポジ... @ メキシコシティ、El Colegio de México
3月 1 – 3月 3 全日
【第24回メキシコ日本語教育シンポジウム 一般発表募集 ※応募締切: 2018年11月20日(火)】 ・日時:2019 年 3 月 1 日(金)2 日(土)3 日(日) ・会場:メキシコシティ、El Colegio de México ・主催:メキシコ日本語教師会 Asociación Mexicana del Idioma Japonés, A.C.(AMIJ) ・共催:エル・コレヒオ・デ・メヒコ、アジア・アフリカ研究センター Centro de Estudio de Asia y África del Colegio de México ・助成:国際交流基金 ・参加費:会員=100 ペソ(※別途入会金 500 ペソ)非会員=700 ペソ 《メインテーマ 》 「中級に向けての自律学習-読解力向上を目指して」 招聘講師:舘岡洋子先生(早稲田大学)
3月
2
10:00 AM 子どもの日本語教育研究会 第4回大会 @ 武蔵野大学 有明キャンパス
子どもの日本語教育研究会 第4回大会 @ 武蔵野大学 有明キャンパス
3月 2 @ 10:00 AM – 5:30 PM
「子どもの日本語教育研究会」第4回大会発表募集 1「子どもの日本語教育研究会」第4回大会について 日時・場所:2019年3月2日(土)午前10:00-17:30 場所:武蔵野大学 有明キャンパス (東京都江東区有明3-3-3) りんかい線「国際展示場駅」徒歩7分 交通アクセス(武蔵野大学有明キャンパス) https://www.musashino-u.ac.jp/ariake/ 定員:250名 ★資料代として、500円を申し受けます。 2 プログラム:(詳細は2月中旬にお知らせいたします) 10:00 開会・趣旨説明 10:15 実践発表・研究発表(ポスターセッション50分×2回入れ替え) ★発表を募集します 12:00 休憩 13:00 パネルセッション(公募)★発表を募集します 15:15 本研究会 企画パネル 17:15 全体会 17:30 閉会
3月
9
全日 第5回年次大会 市民性形成と言語文... @ 早稲田大学 早稲田キャンパス 3号館
第5回年次大会 市民性形成と言語文... @ 早稲田大学 早稲田キャンパス 3号館
3月 9 – 3月 10 全日
テーマ趣旨 現代の世界は,国や言語,文化の境を越えて様々な背景を持った人々が共に生きています。そうした状況を見つめながら,社会を創造していくこと,主権者であること,複数のことばや文化を持つこと,多様な人間が共生すること,誰もが公正公平に生きる権利を持つこと,社会をよりよいものにしていくことを実現していくための教育として,市民性形成の教育が存在しています。言語文化教育研究学会もこれまでこの分野に関する研究と実践の活動を推進してきました。 しかし,こうした市民性形成の観点は重要であるがゆえに,ときに教育実践や研究の多様な分野でそれぞれに取り込まれ,語られていきます。例えば,日本では,市民性教育は,学校教育における主権者教育として,また人権教育として,地域社会における社会づくりの教育として,グローバル社会における言語教育として語られてきました。しかし,冒頭のような視点に立ち返れば,市民性教育は本来総合的な概念であり,人と社会,ことば,文化をトータルに捉え,よりよい未来を創造していくための教育であるはずです。 このたびの言語文化教育研究学会第5回記念年次大会では,「市民性×教育」をキーワードとした学際的協働を一つの主眼に捉え,これまで多様な領域で活躍されてきた市民性教育の論者・実践者が互いに語る中で,それぞれの領域で語れてきた市民性教育の意味を広げ,問い直していきます。 (年次大会実行委員会―企画担当:南浦涼介,細川英雄,福島青史)
ページ上部へ戻る