2018/7/18

時代のことば

日本政府は複数国籍容認への法改正を
祖国にアイデン…

2018/6/22

時代のことば

「外国人労働者 骨太の方針に欠けるもの」 問われているの…

2018/7/1

日本語議連

「次なる法律」「就労外国人の日本語教育も」日本語議連の里…

2018/8/8

ぷらっとニュース

日本留学アワーズ 足利工業大、福井工業大が「5年連続大賞…

新着ニュース過去の記事

ぷらっとニュース過去の記事

2018/8/11

母語・継承語・バイリンガル教育学会発足 海外の研究者も活発な議論

母語・継承語・バイリンガル教育学会発足 海外の研究者も活発な議論 母語・継承語・バイ…

PR記事

日本語議連過去の記事

2018/7/27

「全国に夜間中学の開設を」
永田町で政治家と教師の研修交流会

「全国に夜間中学の開設を」――永田町で政治家と教師の研修交流会 超党派の夜間…

時代のことば過去の記事

2018/8/4

日本語能力試験N2合格者こそ、多文化共生を支える「高度人材」

日本語能力試験N2合格者こそ、多文化共生を支える「高度人材」 違う言葉を話す…

イベントカレンダー

8月
19
7:00 PM 第4回日本語教育アドボカシーセミ...
第4回日本語教育アドボカシーセミ...
8月 19 @ 7:00 PM – 8:00 PM
第4回日本語教育アドボカシーセミナーの申込を開始します。 https://goo.gl/forms/hub3t1aO7mjrH3tb2 オンライン研修ですから世界中どちらかでも参加できます。 日時: 8月19日(日)7:00pm-8:00pm (CDT 中部夏時間 UTC-5 JST-14) タイトル: 「シニア(企業退職者)と日本語教師の協働」 招聘講師:  鶴田孝俊氏 (元・三菱UFJ銀行) JOI(Japan Outreach Initiative)日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム10期/ 日本語パートナーズ タイ1期/日本語パートナーズ ベトナム3期
8月
22
2:00 PM ワークショップ 「まるごとで教え... @ 第一日語曁文化学校
ワークショップ 「まるごとで教え... @ 第一日語曁文化学校
8月 22 @ 2:00 PM – 5:15 PM
日時・会場①2018年8月18日(土曜日)  10:15~13:30   香港日本語教育研究会   (筲箕灣興民街68號海天廣場7字樓701-2室) [MTR西灣河] ②2018年8月22日(水曜日)  14:00~17:15   第一日語曁文化学校(香港校)   (灣仔莊士敦道178-186號華懋莊士敦廣場6樓) [MTR 灣仔] ※①②は同内容です。   講 師齋藤 誠(国際交流基金 海外派遣日本語教育専門家) 使用教材『まるごと 日本のことばと文化 入門 A1 かつどう』(三修社) お持ちの方は、ご持参下さい。また、当日会場にて購入可能です。定価$165のところ$145での販売となります(現金のみ受付。なるべくお釣りの出ないようにお願い致します)。 締め切り2018年8月13日(月曜日) 参加費無料 定 員各回20名
8月
25
1:00 PM JLCSE日本語教育シンポジウム「国... @ 福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 福武ホールB2)
JLCSE日本語教育シンポジウム「国... @ 福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 福武ホールB2)
8月 25 @ 1:00 PM – 5:15 PM
工学系研究科では、「日本語教育シンポジウム」を開催いたします。 奮ってご参加ください。心よりお待ちしております。 日時: 2018年8月25日(土)13:00~17:15 場所: 福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 福武ホールB2)  参加申し込みはこちら  参加費:無料 【プログラム】 12:30 会場 受付 13:00 開会 13:10~ 神吉 宇一 (武蔵野大学大学院言語文化研究科)「日本語教育の展望 」 基調講演 佐藤 慎司  (米国 プリンストン大学) 「国際化教育としてのことばの教育: 日本語教育の事例で考える] 13:40~ 15:00~ 実践報告1 (海外) Vatsala MISRA (インド工科大学 カンプール校 Foreign Language Program) 高宇洋子-Drobin  (スウェーデン王立工科大学 Language and Communication KTH) 古市由美子(東京大学大学院工学系研究科日本語教育部門) 15:45~ 実践報告2 (国内)       田崎敦子 (東京農工大学グローバル教育院) ボイクマン総子  (東京大学大学院総合文化研究科グローバルコミュニケーション研究センター ) 17:15 閉会 懇親会 18:00~レストラン 日比谷松本楼(本郷キャンパス工学部2号館)会費3000円
1:30 PM 日本語教材まつり2018 in 大阪 @ TKP 大阪本町カンファレンスセンターホール3B
日本語教材まつり2018 in 大阪 @ TKP 大阪本町カンファレンスセンターホール3B
8月 25 @ 1:30 PM – 5:20 PM
日本語教材まつり2018 in 大阪 [日時] 2018年8月25日(土)13:30~17:20(受付開始13:00) TKP 大阪本町カンファレンスセンターホール3B (大阪府大阪市中央区久太郎町3-5-19 大阪DICビル3F ) <アクセス> [定員] 120 名(先着順。定員になり次第締め切ります) [参加費] 1,000 円(税込) [対象] 日本語教育に興味のある方(ボランティア、日本語教師、養成講座受講生など) [講師] 原沢伊都夫先生(静岡大学国際連携推進機構グローバル教育部門教授) 八木真奈美先生(駿河台大学グローバル教育センター教授) 山内博之先生(実践女子大学文学部国文学科教授) [内容] 13:30 ~ 14:40 【研修会① 日本語教師のための入門言語学】 原沢伊都夫先生(静岡大学国際連携推進機構グローバル教育部門教授) 日本語を教えるにあたって、日本語教師には「言語学」の知識が必要になります。 「言語学」は日本語教育能力検定試験の出題範囲にも含まれ、中でもとりわけ難しい分野だと言われています。 『日本語教師のための入門言語学』は、難しいとされる言語学の理論を、身近な日本語を例にやさしく解説した本です。 今回の研修会では本書を基に、どのように言語学の知識を日本語教育の現場に役立てるのか、言語にまつわる「ちょっといい話」を交えて、お話しいたします。 14:50 ~ 16:00 【研修会② 話す・考える・社会とつなぐためのリソース ―「教える」教材から「学び合う」教材へ―】 八木真奈美先生(駿河台大学グローバル教育センター教授) 日本語教育の教授法は、文法からコミュニカティブ・アプローチやインターアクション、さらに自己表現へ、また教師主導から学習者中心、 さらに学習者主体へと変化してきました。教材は時の理論の影響を受けますが、近年は学習者の多様性やライフステージとの関わりも注目されています。 そこで、今回は移住・定住外国人学習者のライフストーリーから「学び合う」、あるいは「学習者と社会をつなげる」という新しいコンセプトを持った 教材とその実践を紹介したいと思います。 16:10 ~ 17:20 【研修会③ 「読む」教育を制するのは話題である】 山内博之先生(実践女子大学文学部国文学科教授) 関心の持てない読み物を敢えて読もうとは思わないが、好きな話題の読み物ならどんどん読める。 それが、「読む」ことに関するごく普通の感覚です。 好きな話題の読み物をどんどん読んでいけば、その話題の語彙が身につき、その話題が学習者の十八番(おはこ)になります。 そして、十八番の言語活動があれば、その周辺の話題もやがては十八番になっていき、そうして、学習者のプロフィシェンシーが向上していきます。 本研修会では、学習者の全般的なプロフィシェンシーの向上を見据えた「読む」教育の話をします。 * 当日、各研修の題材書籍や日本語教材の展示・販売を予定しております。会場限定での割り引きあり! * 内容/スケジュールは変更の場合もございます。 [主催] アルク、スリーエーネットワーク、凡人社 [お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)] E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887 ※Eメールでお申し込みの際は、 タイトルに「日本語教材まつり2018 in 大阪」と入れて、 本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
8月
26
10:00 AM Falia講座『TRY! N2』の教材分析... @ にほんご茶論
Falia講座『TRY! N2』の教材分析... @ にほんご茶論
8月 26 @ 10:00 AM – 12:30 PM
【プラクティカル講座】 日時:8月26日(日)午前10時~12時30分 内容:『TRY! N2』の教材分析と教室活動 料金:3000円 指定教材を用いた「教材分析」の講座です。 授業プランを立てる前提として欠かせない 「教材の読み込み方」について、詳しく検討していきます。 今回は、毎年ご要望の多い『TRY!』のN2を徹底分析します。 また、それぞれの観点の違いも大変貴重な情報となりますので、 ご参加の皆様には、教材の手応えやご意見などを交換いただき、 授業のアイディアが具体的に広がるような場になればと考えています。 【お申し込み】 E-mail:falialog@gmail.com 上記のアドレスに「8/26プラクティカル講座申込」というタイトルで、 お名前(フルネーム)を明記の上、ご連絡ください。 満席になりましたら、ご希望によりキャンセル待ちを承ります。
ページ上部へ戻る