新着ニュース過去の記事

ぷらっとニュース過去の記事

2018/10/19

日本語教育推進基本法の原案修正で、海外の日本語教師らが署名活動

日本語教育推進基本法の原案修正で、海外の日本語教師らが署名活動 母語・継承語…

PR記事

日本語議連過去の記事

2018/7/27

「全国に夜間中学の開設を」
永田町で政治家と教師の研修交流会

「全国に夜間中学の開設を」――永田町で政治家と教師の研修交流会 超党派の夜間…

時代のことば過去の記事

2018/10/17

地方創生は「世界一のパスポート」の活用から。

地方創生は「世界一のパスポート」の活用から。 メディア各社が「日本のパスポー…

イベントカレンダー

10月
21
1:00 PM 2018 年度支部活動【中部支部】 日... @ 名古屋大学国際言語センター
2018 年度支部活動【中部支部】 日... @ 名古屋大学国際言語センター
10月 21 @ 1:00 PM – 5:00 PM
2018 年度支部活動【中部支部】 参加者募集中! 「日本語教育人材養成の現在とこれから」 日時:10月21日(日)13:00-17:00 会場:名古屋大学国際言語センター(国際棟) 内容:講演・パネルディスカッション・情報交換会 ※参加費無料,先着80名 要事前申込(10/15締切) ※申込は日本語教育学会マイページからお願いいたします。 詳しくはこちら http://www.nkg.or.jp/…/…/2018/08/shibukatsudo_2018nagoya.pdf
10月
27
10:00 AM 第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
10月 27 @ 10:00 AM – 5:30 PM
日本語教育学研究における 質的データ分析法の意義と課題 日本語教育学領域において質的データ分析法への関心は、近年、本格的に高まり、分析法を紹介した書 籍の出版もなされるようになりました。一方で、当該データ分析法が、日本語教育研究においてどのような 意味をもつのかについては、それほど議論が進んでいません。そこで、第 46 回研究会では、日本語教育 でも多く実施されるようなった質的データ分析法として、TEA、会話分析、ライフストーリー、M-GTA を取り 上げます。日本語教育に軸足をもつ研究者が、その質的データ分析法を用いて研究を実施することの意 義について、実際に研究を実施した体験談を踏まえて議論します。 登壇者: 北出慶子氏(立命館大学)・山本真理氏(関西学院大学) 三代純平氏(武蔵野美術大学)・牛窪隆太氏(関西学院大学) 日時: 2018年10月27日(土)14:00−17:30 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室 参加費:会員(無料)・非会員(1000 円) ※申し込み方法等、詳細は後日 AJG 研究会 HP、会員 ML にてお知らせします。 第 46 回研究会担当幹事:牛窪隆太、小森万里、寅丸真澄、内藤真理子、三代純平、村上康代、脇田里子 お問い合わせ先: ushikubo@kwansei.ac.jp(牛窪隆太)
10:30 AM 日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
10月 27 @ 10:30 AM – 4:30 PM
日本語教師の日常を断捨離? それなら身近なことからICTを活用しましょう! 授業の準備から生徒の学習状況の共有など、簡単に取り入れられるものを紹介します。また、これからの日本語教師の業務の形を、皆さんと話し合います。 お申し込みはお早めに。
1:00 PM 第2言語習得研究会(関東)第101回... @ お茶の水女子大学 共通1号館 301
第2言語習得研究会(関東)第101回... @ お茶の水女子大学 共通1号館 301
10月 27 @ 1:00 PM – 5:00 PM
第2言語習得研究会(関東) 第101回研究会プログラム ◆ 日時: 2018年10月27日(土) 13:00~ 17:00(開場12:30) ◆ 場所: お茶の水女子大学 共通1号館 301 ★ 会場にご注意ください! *大学まで;http://www.ocha.ac.jp/common/image/access_map2.jpg 土曜のため、正門(東門)しか開いていません。 正門は春日通り沿いですので、最寄り駅は丸の内線の茗荷谷駅になります。 *学内マップ;http://www.ocha.ac.jp/help/campusmap_l.html#no1(⑤番の建物です) ◆ 事前申し込みは不要です。 ◆ 参加費 2,000円 (6月に行われました第100回研究会にご参加いただいた方は無料となります。) ◆ プログラム 【研究発表】13:00-15:10 1. 13:00-13:40 陳夢夏  一橋大学大学院生 「中国語母語話者による二字漢字語の意味理解に関する考察―漢字語カテゴリーに着目して―」 2. 13:45-14:25 朴美貞 昭和女子大学大学院生 「韓国人日本語学習者による終助詞「ね」の習得─自由会話コーパスをデータとして─」 3. 14:30-15:10 萩原章子 国際基督教大学 日本語教育プログラム 講師 「非漢字圏学習者による音-意味―字形の関連付け:認知的負荷の観点からの検証」 【ご講演】 15:30-17:00 本林響子先生(お茶の水女子大学) 「言語・社会・SLA – 社会言語学とSLAの接点を探る」
2:00 PM 日本語OPI研究会 公開講演会 @ 東洋大学白山キャンパス1号館
日本語OPI研究会 公開講演会 @ 東洋大学白山キャンパス1号館
10月 27 @ 2:00 PM – 4:30 PM
題目:「第二言語学習者の発達の可能性を探る−ダイナミック・アセスメントの理論と実践–」 講師:義永美央子先生(大阪大学教授) 概要:近年、ヴィゴツキーの「発達の最近接領域」の理論に基づくダイナミック・アセスメント(DA)が第二言語教育にも取り入れられつつある。DAでは、被評価者が単独で遂行できない課題には、評価者が手がかりやヒントを与えて遂行を支援する。その過程を通じ、学習者の現時点での発達段階のみならず、今後の発達の可能性をも見極める評価方法として期待されている。本講演では、DAの理論的視座や言語能力観を概観した上で、DAの具体事例を紹介し、DAの課題と可能性について検討する。 日時:2018年10月27日(土)14時~16時半(13時半開場) 場所:東洋大学白山キャンパス1号館 http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html 費用:会員 無料、非会員 300円(資料代等実費のみ) スケジュール: 14:00-14:10 開会、講演者のご紹介 14:10-15:40 ご講演 15:40-16:00 質疑応答 16:00-16:30 お茶とお菓子の懇親会 16:30閉会 その後,懇親会を予定。追ってお知らせいたします。 以下から参加申し込みをお願いいたします。 http://opi.jp/ 問い合わせ先:日本語OPI研究会 inquiry@opi.jp
ページ上部へ戻る