「団地と共生」の始まりは「隣近所との協力関係」の構築か

「団地と共生」の始まりは「隣近所との協力関係」の構築か

中国人など外国人が半数余りを占める埼玉県川口市の芝園団地の自治会事務局長の岡﨑広樹さんが「団地と共生」という本を出版、「にほんごぷらっと」に自著の紹介文を寄せてくれた。その本は「多文化共生」の社会実験に関する報告書ともいえる。共生社会の在り方について、様々な示唆を与えてくれて。以下、「『団地と共生』を読んで考えたこと」を綴ってみたい。

岡﨑さんの著書の正式なタイトルは「団地と共生 芝園団地自治会事務局長 二〇〇〇日の記録」(論創社)。自治会事務局長を約8年間務めた体験談であり、「将来の日本の縮図」といわれる芝園団地の「共生の実相」でもある。

そもそも「多文化共生社会」とは何なのか。その問いかけに正面から答えてくれる文献があるのかどうか。日本で在留外国人が増加の一途をたどっている中で、しばしば使われているこの言葉を、実感を持って説明するのは難しい。なぜなら日本政府は移民受け入れを拒絶し、多様性のある社会に向き合おうとしていないからだ。

総務省が2006年にまとめた「多文化共生プラン」によれば、多文化共生とは、「国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的な差異を認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていく」ことを言う。なるほどと思わせる解説ではあるけれど、実際にどのように実現するのか。その方策にはついては言及していない。

現実には「互いの文化を認め合う対等な関係」など簡単にできるとは思えない。外国人に対する制度的な差別が依然として温存され、国民の意識の底にある差別意識がヘイトスピーチとしてあらわになったりもする。中国人が多く住む芝園団地の場合は「チャイナ団地」と揶揄され、「外国人に乗っ取られた団地」とまで言われた。メディアの取り上げ方からも様々な問題が見えてくる。

岡﨑さんは芝園団地の自治会事務局長として、現場から様々な形の「多文化共生」を体験してきた。それは傍観者ではなく、共生社会の構成員として、また当事者として課題と向き合い、その解決策を考えてきた。取材者としてのジャーナリストや調査する側の研究者は、第三者の視点で外国人と日本人住民のトラブルなどを「客観的な事実」としてとらえるが、岡崎さんは当時者として、問題があれば自ら行動を起こして課題解決に当たらなければならなかった。よって立つ位置が大きく隔たっている。

岡﨑さんは、外国人と日本人住民が歩み寄る姿を「隣近所の多文化共生」という言葉で表現した。共生とは「お互いに協力する関係」だともいう。より良き多文化共生社会とは、隣近所とスムーズな協力関係が築ける社会を指すわけだ。

岡﨑さんが主導した自治会活動によって、芝園団地には「共生」に向けた変化が生まれている。ゼロだった外国人住民の自治会役員が4人にまで増えた。全役員が9人だから半数近くが外国人役員になっているわけだ。日本人住民から苦情があったゴミ出しのトラブルや騒音も減った。努力をすれば、「隣近所の多文化共生」は一定程度進化するわ。岡崎さんは自治会活動を通して一定の前進を勝ち取ってきた。

その一方で、岡﨑さんは自治会活動に取り組む中で、自分自身が「色眼鏡」をかけて「日本人」と「外国人」と分けて考えてきたことに気づいたという。芝園団地の日本人は多くが高齢者であり、外国人住民は若い層が多い。世代の違いもあり日常的には出会うことが少ないわけだ。関りがなければお互いに関心も持たないから、日本人と外国人住民にとって「多文化共生」は日常の生活の外にあるものだった。それは実際の体験がなければ、見えてこなかった「気づき」の一つであろう。

私の個人的な体験でいえば、50世帯ほどのマンションに自治会役員をした際、住民の名簿作りの是非を問うアンケートで行ったことがある。結果は「反対」が多数だった。個人のプライバシーを守りたいという気持ちから名簿作りは否定された。住民がお互いの名前すらわからずに「共生社会」が築けるのかどうか。日本人同士でも「隣近所の共生」を作りだすのが難しいことを実感した。まして、コミュニケーションがとりにくい外国人住民との共生社会を構築は想像以上に困難なことが多いことだろう。

「団地と共生」で岡崎さんは、「多文化共生社会」を築くことの限界を示してくれた。同時に、努力すれば「共生社会」が手の届くとことも教えてくれた。「団地と共生」が観念の世界にあった「多文化共生」を身近な現実に引き寄せてくれた意味は大きい。

にほんごぷらっと編集長・石原進

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

6月
12
12:00 AM 留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
6月 12 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
日振協による文部科学省委託の初任研修が今年も始まります。 告示校で10年程度専任で経験されている方対象です。 OJTで実際の運営に関わりながら研修運営を肌で学んでいただけます。 研修詳細は協会ホームページより、チラシと募集案内をダウンロードしてご確認ください。   「日振協 留学生対象の日本語教師初任者研修」は「オンライン映像講義」「(オンライン)集合研修」「自己研修(自律的学習)」の三位一体の編成により、①自律的・持続的な成長力 ②対話力 ③専門性という3つの資質・能力の育成を目指すもので、忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の教育機関に所属している受講生への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 2020年度から、この初任者研修と並行して、「育成研修」を併せて実施しています。「育成研修」は初任者研修のサポートを行いながら研修の企画や実施方法を学び、将来全国各地で初任者研修の実施担当者として活躍していただく人材を育成する研修です。具体的には以下のことを目指しています。 ①初任者教員の協働的かつ自律的な学びを支援し、21世紀に活躍できる日本語教師としての資質・能力及びICT活用能力の獲得へと導く ②研修委員に必要な経験と能力を身につける 研修は、フルオンライン(zoom使用)で実施いたします。学内で初任者の指導を任されている方、地方在住でなかなか研修機会に恵まれない方など全国各地からご参加いただきたく存じます。修了生は今後実施委員になっていただく可能性もございます。どうぞ奮ってご応募ください。 チラシ(PDF 裏表2頁/1枚)
6月
22
2:00 PM 篠研の日本語教育セミナー「実践!... @ オンライン
篠研の日本語教育セミナー「実践!... @ オンライン
6月 22 @ 2:00 PM – 4:00 PM
篠研の日本語教育セミナー「実践!学習者が前のめりになる質問型中上級語彙指導-単調な授業が生き生きとした授業によみがえる!-」 1.セミナー概要 現職の日本語教師の方やこれから日本語教師を目指そうという方を対象に、学習者が自然と前のめりに授業に取り組むようになる質問型授業による中上級語彙の実践的かつ具体的指導方法を通じて、楽しくてためになる授業スキルの習得を目指します。あわせて、篠研の「日本語教師授業力アップ年間プログラム」のご案内も致します。 ・中級の語彙指導の授業の仕方がよくわからない。指導の引き出しを増やしたい。 ・学習者に質問するものの、どうしても教師主導の一方的な授業になってしまう。 ・私の語彙指導は単調でマンネリ。楽しい授業をしたいがアイデアが浮かばない。 という方はぜひご参加ください。 2.講師:篠崎大司 3.日時:2024年6月22日(土)14:00-16:00 4.受講料:会員 2,200円(税込) / 一般 2,750円(税込) ◆内容:詳細はホームページ参照 https://www.kanjifumi.jp/sitsumongata_goisido_seminar/ 主催:株式会社篠研 E-mail: info@kanjifumi.jp 電話:080-9103-8674
6月
29
12:00 AM 留学生に対する日本語教師初任研修 @ オンライン
留学生に対する日本語教師初任研修 @ オンライン
6月 29 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
本研修のカリキュラムは文化審議会国語分科会の「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)」に基づいており、初任者が体系的・計画的に日本語指導を行うための実践的能力として (1)自律的・持続的な成長力 (2)対話力 (3)専門性 の3つの資質・能力の養成を狙いとした90単位時間のプログラムです。忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の日本語教育機関の新任の先生方への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 研修形態はフルオンラインです。昨年度同様、今後日本語教師にますます求められるであろうICT活用能力(オンライン授業やハイブリッド授業の実践等)に重点を置いた研修を行います。 つきましては、ぜひ多数の日本語教師初任者の方にご参加いただきたく下記のとおりご案内いたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。 チラシ(PDF 表裏2頁/1枚)
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校
6月 29 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります 【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu

注目の記事

  1. 政府は日本語学校のコロナ禍の窮状を理解していないのか 「認定へのハードル」を危惧する声 …
  2. LSHアジア奨学会が留学生65人に奨学金を授与、4年ぶりに交流会も 線路に転落した人を…
  3. 「全中国選抜日本語スピーチコンテスト本選」が5年ぶりに日本で開かれる——ネイティブ並みの日本…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate