日本語議連の第二回総会で早くも論点が浮上(詳報)

日本語議連の第二回総会で早くも論点が浮上(詳報)

日本語教育推進議員連盟(略称・日本語議連)は1日の第2回総会(勉強会)に国際交流基金日本語国際センター長の西原鈴子、日本語教育学会会長の伊藤祐郎、青年海外協力隊事務局局長の小川登志夫の3氏を招き、それぞれ教育現場からの報告を聴いた。前回の設立総会では文化庁、文部科学省高等教育局、法務省入国管理局など関係府省庁の担当者からそれぞれの日本語教育との関りをヒアリングしたが、今回は初めて「現場の声」をもとに議論を進めた。

最初の報告者となった西原氏は「社会統合政策と言語政策」がテーマ。人口減少時代の外国人材の受け入れ、定着にはより具体的な言語政策の整備が不可欠だと強調した。伊東氏は研究者の立場から日本語教師の状況等を報告した。また小川氏は世界に展開する海外青年協力隊の日本語教育の活動概要を説明した。

 今回注目されたのは、質疑を通じて日本語教育の課題に関する論点がいくつか浮上したこと。日本語教師に関する課題としては「国家資格」と「処遇問題」が取り上げられ、また外国人の受け入れと言語政策については「在留資格と日本語力」や「日本語能力試験の問題点」などが指摘された。

日本語教師の国家資格について問われた伊東氏は「重要だと思う。そのことによってその職を目指す人が出てくるということと同時に(教育の)質の向上が図れるだろう」と述べた。また日本語教師の処遇については「資格制度を作ることによって、処遇面も整備されていくと理解している。それがうまくリンクして(教育の質と処遇のアップの)相乗効果が得られたらいいかな」と国家資格の制度化に期待感を示した。

西原氏は移民受け入れのために語学教育を国として促進しているドイツやオランダの例を挙げ、労働ビザ取得の条件として語学能力を盛り込むとともに学習機会も国が保証することなどを提案。「日本語教育推進基本法の中に例えば住民としての資格を盛り込んでいただければ、教員養成はそれについていく」とも述べた。また西原氏は国際交流基金が行っている日本語能力試験のウイークポイントとして「話す」「書く」の能力検定が入っていないことを指摘し、「(最もレベルの高い)N1に合格すれば読んだり書いたりはできるけどしゃべれない。面接ができませんという人が生まれてしまう」と語った。
このほか立場の弱い在留外国人と日本語教育の関係について聞かれた西原氏は「ヨーロッパでは移民を受け入れてみたものの、エンパワーするシステムがついていかず、不満分子がテロ化する原因の一つになっている。ヨーロッパの轍を踏んではならない」と述べた。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
18
全日 日本語教育能力検定試験 出願開始
日本語教育能力検定試験 出願開始
6月 18 – 8月 6 全日
日本語教育能力検定試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。
6月
22
4:00 PM 「土曜の会」番外編「言語教育カフ... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1403 教室
「土曜の会」番外編「言語教育カフ... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1403 教室
6月 22 @ 4:00 PM – 7:00 PM
「土曜の会」の番外編として言語教育カフェを開催することとなりました。今回は、この4月に『いちばんやさしい日本語教育入門』(アスク出版)という本を出版された今井新悟さん(早稲田大学日本語教育研究センター教授)を迎えて、提唱されている「教えない教え方」についてお話しいただき、これからの日本語教育の革新の方法をディスカッションしたいと思います。 歯に衣を着せない話し方で定評のある今井さんですが、まず、問題意識や関心・気がかり事などから話を起こしていただき、「教えない教え方」に至った経緯をお話しいただきたいと思います。そして、今井さんとのクリティカルな対話を通して、まずは「教えない教え方」をよく知りたいと思います。また、今回の対話を通して日本語教育の革新や優れた日本語教育実践の創造のスキームなどについて参加者各自のそれぞれのイメージを膨らませ、考え方を整理していただくことができればと思います。 どなたでも自由に参加できますので、皆さん、お誘い合わせの上ご参加ください。
ページ上部へ戻る