日本語議連が「外国人支援の現場からの日本語教育」をヒアリング

◎日本語議連が「外国人支援の現場からの日本語教育」をヒアリング

 日本が教育推進議員連盟(河村建夫会長、略称・日本語議連)は20日、参院議員会館で第6回総会(勉強会)を開いた。この日は、在留外国人の支援に長年取り組んでいる4団体からヒアリングを行い、それぞれの団体代表が「現場からの視点」で地域の日本語教育の在り方について意見を述べた。

意見を述べたのは、公益財団法人・アジア福祉教育財団難民事業本部の西岡淳本部長▽特定非営利活動法人・難民支援協会の石川えり代表▽特定非営利活動法人・移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)の鳥井一平代表理事▽特定非営利活動法人・多文化共生センター大阪の田村太郎代表理事。

 西岡、石川両氏は難民支援の最前線で活動。鳥井氏は外国人技能実習生など社会的弱者の救済、支援を、また、田村氏は阪神大震災以来の災害時の外国人支援などに力を注いでいる。いずれも生活者としての外国人が抱える様々な問題や課題に精通し、その解決策を行政などに働きかけているが、同時に日本人社会の無理解、偏見とも闘っている。ヒアリングでは、単に言葉としての日本語教育だけでなく、在留外国人の生活実態や克服すべき課題などついても突っ込んだ議論が展開された。

日本語教育の分野は生活言語と教育言語に分けられるが、生活言語の教育が先駆的に行われたのは、難民に対する日本語教育だ。昭和の時代のボートピープルなどのインドシア難民、難民条約批准後の条約難民、さらには7年前から始まった第三国定住難民を対象に、日本語教育に取り組んできた。教材開発から学習支援の体制づくりなどを進めてきたが、西岡氏や石川氏は継続性や自立に向けた様々なレベルの教育の必要性を訴えた。

移住連は在留外国人の人権を重視して活動を進めてきた。外国人技能実習制度の問題点を指摘するだけでなく、悪徳業者から逃れてきた実習生を庇護するなど体を張った救済活動も行っている。その先頭の立つ鳥井氏は2013年に米国務省から「人身売買と闘うヒーロー」として表彰された。鳥井氏はヒアリングの中で愛媛県の在留外国人の46%を技能実習生が占め、働く外国人に限ればほとんどが実習生だと指摘。すでに10県以上が技能実習生の比率が25%を超えているといい、「実習生の日本語教育を考えないと地域の社会統合に支障になる」と警鐘を鳴らした。
また、鳥井氏は日本語教育の教材費と称して技能実習生からおカネを徴収する動きがあると指摘した。だとすると、政府が日本語教育の推進を声高に叫ぶことが搾取構造の増殖に繋がってしまう。政府としても対応策を考える必要があるだろう。

田村氏は阪神大震災で国人支援を行ったのを契機に「多文化共生」の概念を普及させたことで知られるが、多くの実践活動をリードしてきただけにその発言には説得力がある。例えば、地域の日本語教室について「日本語を習得する場というより、日本社会との接点としての側面が強い。ここで体系的に日本語を学べるか」と話す一方で、「災害時にはこれがあるかないかで全然違う。ある意味でセーフティネットの役割を果している」と評価する。さらに田村氏は政府内に日本語教育の担当部署ができた場合を想定し、「国家公務員は2年で担当が変わっていくので、施策の専門性や継続性が担保されない」として、民間の日本語教育の専門家などを配置した体制作りの必要性を強調した。(了)

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

イベントカレンダー

1月
17
4:00 PM 第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
1月 17 @ 4:00 PM – 8:00 PM
開催概要 主催 一般社団法人全国日本語教師養成協議会(全養協) 日時 2018年1月17日(水) 16:00~20:00(終了)  ※入退場自由 ※特別講座は14:30~15:30(要予約・定員制) 特別講座についてはこちら 対象 日本語教師養成講座の修了生または修了見込みの方 大学主専攻・副専攻の修了者または修了見込みの方 大学院日本語教育博士課程の修了生または修了見込みの方 現役日本語教師、経験者、全養協日本語教師検定合格者、日本語教育能力検定試験合格者で就職を希望される方 地域の日本語教育に携わっている方。 ブース 出展機関 「ブース出展機関」ページをご覧ください 。 全養協「日本語教育、何でも相談」 日本語教育・日本語教師に関して何でも相談・質問できるブースです。 ベテランの日本語教師が皆さまのご相談・ご質問にお答えします。 日本語教育についてまったく知らない方も歓迎します。 (質問・相談例) ・日本語教師の仕事とは? ・どうやって日本語を教えるの? ・日本語教師の資格は? ・養成講座ではどのような勉強をするの? ・日本語教師の「検定」とは? ・「検定」に合格するためには? ・就職活動のポイントは? ・現場で求められる教師とは? ・キャリアアップの方法は? ・教師として成長するには? 特別講座 全養協実践力ミニ講座 「この授業のどこがいけないのか?」 日本語教師として求められる”実践力”を測る「全養協日本語教師検定」。 現場の授業展開に関連する豊富な出題が話題です。 今回は、類題を通して日本語教師が陥りがちな問題点を検討し、 経験豊富なベテラン日本語教師が効果的な授業のノウハウを伝授します! 時間: 14:30~15:30 ※要予約・定員制 (合同説明会の事前参加申込フォームよりお申込ください。)
1月
18
5:45 PM 連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
1月 18 @ 5:45 PM – 7:15 PM
連続講演会・国際シンポジウム 「国際日本研究へのまなざし―ことば・文化・教育―」:第5回 “Omotenashi”の先へー観光で国をひらくということー 政府への提言を続ける一方、国内各地の観光振興のため奔走し、京都国際観光⼤使、東京の観光振興を考える有識者会議メンバー、二条城特別顧問などを務めるアトキンソン⽒に、五輪開催とその後の日本の経済発展に向けて、“Omotenashi”で終わらない日本の観光産業戦略を語っていただきます。 日本文化(文化財)を観光資源として捉え、より戦略的に活⽤していくにはどうすればいいのか、考えてみましょう。

新刊図書

お薦めの一冊

ライ麦畑でつかまえて

RSS キーワード(日本語教育)

ページ上部へ戻る