人生の夢の扉

戎 香里菜

学ぶことは生きること。学びは人間らしく生きるために不可欠です。

私が夜間中学校で学んだのは、ただの数字や文字の読み書きだけではありません。空っぽだった心の中の何かが満たされてゆくように、私は成長しました。言葉でうまく表現できないのですが、夜間中学に通えたおかげで、私の中の孤立していた島が、だんだんと向こう側とつながってきていることに気づきました。

私が生まれた家庭は、教育とは無縁の世界でした。フィリピン社会にあるのに、社会とはまったく隔絶した家。ただ、今日どう食べるかしか、考えない両親。私は自分の給料から、服も学費も払っていましたが、だんだんできなくなって、学校には行けなくなりました。両親の離婚後は、親戚をたらい回しにされ、他人の間も転々としました。私も、私の心を空っぽにするしかありませんでした。犯罪組織に監禁されていた私を、国家警察が救い出した時、身元引受人になってくれる親戚は、誰もいませんでした。

一人ぼっちで、希望のない、生き地獄のような人生。

こんな境遇になったのはなぜか?両親に、親戚に、教育がなかったからです。この負の連鎖を私で断ち切りたい。だから25年間「私は、学校へいきたい!学びたい」と涙を流しながら、ずっと心の奥で叫んでいました。

年を重ねても必ず学校へ通い、卒業すること。しかし、私の母国では、年を取った人が学びなおすことは経済的にも、周囲からの眼からも困難です。

ところが日本には、学びなおすチャンスをくれ、むしろ応援してくれるところがあったのです。夜間中学校です。

私の人生の夢の扉を開いてくれたのは、丸山中学校西野分校でした。

もっと早く知っていたらと思いますが、知っていても、淡路島から通うのは無理だったでしょう。市外からは入学さえ許可されません。

当時、息子が通っていた小学校の大下校長先生が、私を兵庫県の多文化共生サポーターとして推薦して下さいました。家の事情で、淡路島から神戸市に引っ越し、尼崎市の琴城分校にタガログ語サポーターとして派遣されて、生まれて初めて夜間中学校というものに出会いました。

熱心に学ぶ様々な年齢、国籍の人。ありのままで受け入れられる学校。

「やっぱり、私も学校へ行きたい。」

懇願すると、居住地にある西野分校を紹介してくれました。通うことになったときの嬉しさは、ことばで表現できないぐらいでした。

今私は、定時制高校3年生です。今の夢は、大学で学び、国連で働いて私と同じような境遇の人たちの力になることです。

学校を必要としている人が、たくさんいます。社会人となって、「今さら、」とか「学校へ行っていなかったことがばれるのがいや」という人も、心の奥で「学校で学びなおしたい」と思っているでしょう。

実は、日本人の私の夫も、時間の余裕があったら、「必ず学校で、学びなおす」と 意志を持つようになりました。そのときに、彼を応援したいと思います。

淡路島にも夜間中学校があれば、学びなおしたいという人がいます。私を見て、学校へ行きたいと言っています。

また、日本人の知人にも、名前と住所しか書けず、区役所からの大事な手紙が読めない人がいます。

バブル期、日本に働きに来た多くのフィリピン人の中に、中学校を卒業出来なかった人がたくさんいます。今も日本で暮らし、きっと、学校へ行きたいと思っているでしょう。

夜間中学と出会えた私たちが、見本となって勇気づけたいと思います。

私たちも、知らなかったことを、知りたい。皆が学んだことを学びたい。

どうか、学び直したい人を、学校にいかせてあげてください。学校で学べない人を、この日本国から なくしてください。

一人でも多くの人に学校の扉を開いてください。

人生の夢の扉を。

戎(えびす) 香里菜

戎(えびす) 香里菜

投稿者プロフィール

1978年フィリピンのマニラ生まれ。教育とは無縁の貧困家庭に生まれ、過酷な少女時代を過ごす。親戚、知人の間を転々とたらい回しにされ、国家機関(NBI)に救出されたときには、身元保証人を引き受けてくれる親戚もなく、その後も苦難の人生を歩んだ。
日本に来て、初めて暖かい家庭を持ち、3男2女の母。兵庫県の多文化共生サポーター(タガログ語)として尼崎市立琴城分校に派遣されたことがきっかけで夜間中学を知る。「学びたい。教育のない負の連鎖を断ち切りたい」との切実な願いから、居住地の神戸市立丸山中学校西野分校に入学。現在定時制高校3年。夢は国連で働き、自分と同じ境遇の人を救うことと語る。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

11月
24
全日 2018(平成30)年度秋季大会 in静岡 @ プラサヴェルデ
2018(平成30)年度秋季大会 in静岡 @ プラサヴェルデ
11月 24 – 11月 25 全日
学会では,毎年春と秋の2回,大会を開催しています(大会委員会担当)。 会員でなくても,関心のある方は参加費を収めて講演やシンポジウム研究発表を聞くことができます。 大会参加者に配布する予稿集は,大会終了後余部がある場合,希望者へ頒布しています。
全日 第25回日本教育メディア学会年次大会 @ 鹿児島大学教育学部
第25回日本教育メディア学会年次大会 @ 鹿児島大学教育学部
11月 24 – 11月 25 全日
2018年 第25回日本教育メディア学会年次大会 開催概要・日程 日時:2018年11月24日(土)ー25日(日) 会場:鹿児島大学教育学部 〒890-0065 鹿児島市郡元1丁目20番6号 開催スケジュール(予定) 11月23日(金) 15:00〜18:00 理事会(附属教育実践総合センター2階演習室) 11月24日(土)会場 午前:鹿児島大学教育学部附属小学校 午後:鹿児島大学教育学部第1講義棟 9:30〜 受付(午前:鹿児島大学教育学部附属小学校または教育学部第1講義棟) 受付は,午前中:附属小学校 午後:教育学部講義棟入り口(1階)にて設置します。 10:00〜11:30 地元企画:公開授業と振り返り 公開授業(低学年算数を予定) 授業者:伊藤優一郎(鹿児島大学教育学部附属小学校) 司会:中川一史(放送大学)、コメンテータ:佐藤幸江(金沢星稜大学) 12:30〜13:20 総会(第1講義棟103講義室) 13:30〜15:30 一般研究発表(1 件あたり 30 分発表)※質疑と交代を含む 15:45〜17:00 鼎談『教育メディアのこれまでと展望』(仮) 登壇者:堀田博史(園田学園女子大学)、黒上晴夫(関西大学) 宇治橋祐之(NHK放送文化研究所) 17:30〜19:30 懇親会(同キャンパス内大学生協エデュカを予定) ※24日(土)は,大学生協の中央食堂(理学部側)は営業しています。また近隣の店も営業しておりますので,弁当の申し込みは行いません。 11月25日(日)会場:鹿児島大学教育学部第1講義棟,第2講義棟  9:00〜 受付(教育学部第1講義棟1階) 9:30〜11:30 課題研究発表 11:30〜12:30 昼食(当日は大学生協がお休みです。当日弁当申し込み受け付けます) 12:30〜14:30 一般研究発表(1 件あたり 30 分発表)※質疑と交代を含む 15:00〜16:20シンポジウム『新学習指導要領における教育の情報化の展開』(仮) 登壇者:安彦広斉(文部科学省),稲垣忠(東北学院大学), 鹿児島県内の教育委員会担当者,鹿児島県内の小中高教員 コーディネータ:山本朋弘(鹿児島大学)
12月
1
10:00 AM 第14回 協働実践研究会 @ 麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階)
第14回 協働実践研究会 @ 麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階)
12月 1 @ 10:00 AM – 5:00 PM
【第14回協働実践研究会】 https://goo.gl/NTD3jo ◆日時:2018年 12月1日(土) 10:00~17:00(予定) ◆場所:麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階) 東京メトロ・丸の内線「西新宿駅」に直結、 「新宿駅」西口から徒歩10分 ◆プログラム 10:00~12:00 ピアラーニング入門講座 池田玲子(鳥取大学) 12:00~13:00 昼休み 13:00~13:30 協働実践の今 1(研究会活動報告) 13:30~14:10 これからの協働実践を考える 舘岡 洋子(早稲田大学) 14:10~14:40 休憩 14:40~17:00 協働実践の今 2(ポスター発表)  
2:00 PM 『移動とことば』公開「合評会」 @ 早稲田大学(早稲田キャンパス)19号館610教室
『移動とことば』公開「合評会」 @ 早稲田大学(早稲田キャンパス)19号館610教室
12月 1 @ 2:00 PM – 5:00 PM
『移動とことば』公開「合評会」 「移動とことば」という課題を問う本書を,比較教育学,社会学,日本研究の視点から論評する「合評会」を,以下の通り開催します。 日時: 2018年12月1日(土)14:00〜17:00 場所: 早稲田大学(早稲田キャンパス)19号館610教室 参加費: 無料※直接会場までお越し下さい(使用言語:日本語) http://gsjal.jp/kawakami/ http://www.9640.jp/book_view/?774
ページ上部へ戻る