日本語教師の国家資格創設の報告書を了承 山積する課題をどう解決? 第9回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議

日本語教師の国家資格創設の報告書を了承 山積する課題をどう解決? 第9回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議

文化庁は7月29日、第9回日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議(西原鈴子座長、以下・協力者会議)を開催し、最終の報告書について了承を取り付けた。パブリックコメントの募集などを経てさらに微修正される可能性もあるが、最終報告がまとまったことで法案作成に向けての作業は一歩前進したことになる。関係法案は来年の通常国会に提出される見通しで、文化庁は2024年以降に国家資格取得のための試験を全面施行させたいとしている。以下はこの日提示された最終報告のURL(赤字は前回の意見を踏まえて修正された部分)。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/nihongo_kyoin/pdf/93269501_01.pdf

協力者会議は2020年7月に設置された。日本語教育推進法の制定を受けて日本語教師のレベルの向上を目指し、国家資格の在り方について意見を聴取してきた。計9回のこれまでの会議では、文化審議会国語分科会がまとめた「日本語教師の資格の在り方について」の報告書をたたき台にして国家資格の公認日本語教師の受験資格などを議論した。また、国家資格創設の環境整備として日本語教育機関の類型化についても検討した。

協力者会議の事務局を担当した文化庁国語課は、文化審議会国語分科会の報告書づくりに携わった経緯がある。その知見を踏まえ5月の第6回協力者会議で報告案の骨子が示され、その後の3回にわたって様々な角度から有識者の意見を聞き、内容に修正を加えてきた。

日本語教師の国家資格(公認日本語教師)は名称独占の資格だ。医師や看護師、弁護士などは高い専門性を持つ業務独占の国家資格で、資格を取得しないと仕事ができないが、名称独占の資格は、必ずしも資格を取得しなくても仕事に就くことはできる。ただ、資格を名刺に肩書として活用するなどして権威付けすることは可能だ。日本語学校で公認日本語教師でない先生が教壇に立っても何ら問題はない。

名称独占の国家資格は、社会福祉士や介護福祉士、保健師など福祉系のほか、印刷技能士、金属製作技能士など技能系が多い。その数は170を超え、資格を取得するための試験に受験資格がないケースも少なくない。

 

日本語教師の資格については、文化審議会国語分科会がまとめた報告書では、資格の取得について「判定試験の合格」「教育実習の履修・修了」「学士以上の学位」――の3条件を挙げた。これに対し協力者会議では試験は文部科学省か同省が指定する実施機関が担当し、試験は筆記試験①(基礎的な知識を測定)と筆記試験②(基礎的な問題解決能力を測定)を実施。試験は年1回以上、全国各地で行われる。受験の要件は特に設けないため、「学士以上の学位」は条件とされない。教育実習については、現職の日本語学校の教師などについては、筆記試験①と教育実習は免除するとした。

こうした「ハードル」を下げることに対しては、協力者会議の委員の間から強い異論もあったが、日本語学校の業界団体や地域の日本語教師などの現場からの強い要望を受けて、事務局案を反映させた格好だ。

日本語教育機関の類型化については、日本語教育機関における日本語教師の職務の範囲があいまいだ――などと法制局から指摘を受けて報告書に盛り込んだという。とはいえ「留学」「就労」「生活」の3つに類型化したものの、それぞれのボーダーラインを明確に引くことまで議論は深化しなかった。「留学」については、一定程度の詰めはあったものの、「就労」「生活」の議論は生煮えだったと言わざるを得ない。

文化庁は、第9回の協力者会議でとりまとめた報告書を委員のからの意見を踏まえて一部修正。その後にパブリックコメントを通じて一般からの意見を受けて最終報告を確定する。それをもとに法案を作成するが、問題はそれをどのような方策でどう具体化するのかだ。残された課題は少なくない。

まずは試験の実施機関をどのように立ち上げるか。第3者機関に文科省が委託する方策が現実的だが、作問や採点、合否判定には日本語教育の知見を含め専門家の能力が必要だ。どのような組織を構築するのか。その計画の策定にもそれなりの時間がかかりそうだ。

類型化の問題でいえば、関係府省との連携や調整も不可欠の作業となる。今回の報告書では日本語教育機関の範囲を「専ら日本語教育機関とする。なお、大学の別科やその他の日本語教育を行う機関については、個別に必要性に応じて段階的に検討する」との考えを示した。

要するに文科省が所管する「学校教育」は別扱いということだ。「就労」の日本語教育は厚労省との関係が出てくるし、「生活」に関係する日本語教育は総務省・地方自治体と関係を抜きには語れない。

菅内閣はデジタル庁の創設などを通じて省庁の壁に風穴を開けたいというが、日本語教育の問題では、文科省本省と外局である文化庁の間でそのように調整するのか。今回の報告書は日本語教育の推進に向けて第一歩を踏み出す姿を示すとともに、いくつかの課題も映し出している。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. While the rate of a solitary bitcoin fluctuates, they are an excellent financial investment since they can be utilized as a shop of worth.
    You can trade bitcoin for items, solutions, and various other possessions, as well as
    the currency is highly safe and secure as well as mobile.
    Because it is decentralized as well as has no central
    settlement cpu, you can carry out transactions of any dimension, without risk of scams.
    You can get bitcoin using on the internet exchanges like Coinbase.
    These exchanges keep your bitcoin using public as well as personal
    secrets.

    Nevertheless, you can still utilize them to make purchases.
    Although there are a couple of negative aspects of utilizing bitcoin, its major advantage is that you can buy items with it without disclosing any individual details.
    For physical products, you only require to offer your delivery
    address. If you wish to spend Bitcoin on a respectable retailer, take a look at
    these pointers. But don’t neglect to read the privacy notice.

    There are some points you require to find out
    about bitcoin before you use it.

    The primary advantage of bitcoin is that it is difficult to
    trace. Since bitcoin deals are encrypted as well as
    obscured by the personal and also public encryption secrets,
    it’s hard to determine who the transaction stemmed from. This
    function is appealing, it does come with a price. The anonymity of bitcoins can likewise be manipulated by burglars and also cash launderers.
    Nevertheless, bitcoins’ privacy makes them a great alternate to other forms of money.

    Despite the danger, bitcoin is an important investment for investors.
    In the past, it was impossible to use it for acquiring real globe items, however
    today, it is much less complicated to make acquisitions
    making use of the cryptocurrency.

    The lucky winners receive 12.5 bitcoin, while the unlucky ones will
    have to wait until 2021 to obtain their reward. It is possible to
    buy real products utilizing bitcoin by utilizing exchanges and also other approaches of payment.

    The bitcoin blockchain is mainly purchases.

    It is a list of all individuals that have made
    purchases. These purchases help customers understand where they stand in the world.
    By tallying the purchases, they can discover what their next-door neighbors are
    doing. In the future, Bitcoin will certainly end up being the most popular money in the globe.
    You can utilize it to send money or acquire things online.

    You can even transfer it to your friends. This is all feasible with the aid of
    Bitcoin.

    While the price of a solitary bitcoin fluctuates, they are an excellent investment due to
    the fact that they can be utilized as a store of value.

    You can buy bitcoin using on-line exchanges like Coinbase.

    These exchanges save your bitcoin using public as well as personal tricks.

    There are a few downsides of utilizing bitcoin, its primary advantage is that you
    can buy goods with it without exposing any type of individual info.
    It is feasible to purchase real products utilizing bitcoin by utilizing exchanges as well
    as other approaches of payment.

  2. do i need a thesis statement in my essay where does the thesis in an essay go

  3. open boat essay banning cigarettes essay

  4. generic cialis tadalafil 20 mg from india cialis in vegas

  5. sildenafil in singapore buy viagra pharmacy

  6. stromectol dosing ivermectin 1.87 dosage for humans

  7. buy generic doxycycline

  8. If you are going for finest contents like I do, only visit this web site daily because it provides feature contents, thanks

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
4
10:30 AM 凡人社・オンライン日本語サロン研... @ オンライン(Zoom)
凡人社・オンライン日本語サロン研... @ オンライン(Zoom)
6月 4 @ 10:30 AM – 12:00 PM
凡人社・オンライン日本語サロン研修会 自律学習支援に効果的なアドバイジングとは ―振り返りを促す対話の実践と学習者オートノミー― @ オンライン(Zoom)
凡人社・オンライン日本語サロン研修会 自律学習支援に効果的なアドバイジングとは ―振り返りを促す対話の実践と学習者オートノミー―   [日 時] 2022年6月4日(土)10:30~12:00(オープン10:10) [会 場] オンライン(Zoom Meetingを使用)※前日(6/3)17時までに招待URLを送ります。 [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に大学教員、大学院生、日本語教師、日本語教育ボランティア、など [参加費] 無料 ※要予約 [講 師] 加藤聡子先生(神田外語大学)、義永美央子先生(大阪大学) [内 容] 昨今、自律的な言語学習を支援するための方法の一つとして、言語学習アドバイジングへのニーズが高まっています。 本イベントでは、『リフレクティブ・ダイアローグ ―学習者オートノミーを育む言語学習アドバイジング』(2022年4月に大阪大学出版会より発売)に基づき、自律学習支援に有効なアドバイジングの実践と方策をご紹介します。 また、媒介語の有無や日本語運用能力に応じた具体的なアドバイジングについても考えてみたいと思います。   [お申し込み▼] ※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(6/4)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)
6月
23
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
6月 23 @ 7:00 PM – 8:30 PM
イベント説明第1回:共感的理解と傾聴の技法 第2回:「聴く」ためには、自分をしることが大事 第3回:積極的に「聴く」を体験する 第4回:ソーシャルワーカーが行う相談援助 申込締切日:2022年6月19日(日)
6月
25
4:00 PM 凡人社ハイブリッド日本語サロン講... @ ハイブリッド_博多バスターミナル第13ホール/Zoom
凡人社ハイブリッド日本語サロン講... @ ハイブリッド_博多バスターミナル第13ホール/Zoom
6月 25 @ 4:00 PM – 6:00 PM
凡人社ハイブリッド日本語サロン講座 テストで本当に日本語力を測定できているのか! ー理解力テストを再点検ー @ ハイブリッド_博多バスターミナル第13ホール/Zoom | 福岡市 | 福岡県 | 日本
凡人社ハイブリッド日本語サロン講座 テストで本当に日本語力を測定できているのか! ー理解力テストを再点検ー   [日 時] 2022年6月25日(土)16:00~18:00(オープン15:40) [会 場] オンライン(Zoom Meetingを使用)※前日(6/24)17時までに招待URLを送ります。 博多バスターミナル第13ホール(博多区博多駅中央街2-1博多バスターミナル9階) [定 員] オンライン:80名(要予約、先着順、定員になり次第締め切ります) 博多バスターミナル:15名(要予約、先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に日本語教師、日本語教育ボランティア、大学生・大学院生、大学教員など [参加費] オンライン、会場参加とも2,000円(税込)※お申し込み後に参加費のクレジット(VISAorMASTER)決済URLを送ります。 [講 師] 伊東 祐郎 先生(国際教養大学専門職大学院/日本語教育実践領域代表) [内 容] 日頃、私たちは様々なテストを作成しています。 が、テスト自体の精度を点検・検証していますか。 テストは測定しようとする知識や能力が目的通りに測定され、テスト結果から得られる情報は有意味であることが理想的です。 本講座では、読解力テストを中心にテスト開発にかかわる一連の手続きに必要となる技能的知識「テストリテラシー」を再確認し、信頼性や妥当性の高い「魅力あるテスト問題」作成に必要な力量の向上をめざします。 ※5/14 に開催したオンライン日本語サロン講座とは別の内容になります。   [お問い合わせ・お申し込み▼] ※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「ハイブリッド日本語サロン講座(6/25)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)

注目の記事

  1. 二階前自民党幹事長が「留学生足止め」の水際対策の変更を提言――地元紙のコラムで 自民党の二階俊博前…
  2. 公明党の山口代表が入国できない留学生に門戸を開くよう政府に要請 公明党の山口那津男代表は2月1…
  3. グローバル化に背を向けるニッポン 「岸田鎖国」はいつまで続くのか 「日本はいま、鎖国状態だ」。…

Facebook

ページ上部へ戻る