イベントカレンダー

 

日本語議連や政府、官庁、自治体、業界団体、学会、研究会、学校、出版社、観光協会、商工会、NPO団体、企業、その他公益法人などが主催する、教師向けイベント、留学生向けイベント、一般向けのお祭り、観光地イベントなど、日本語教育や、異なる文化を楽しむイベントを掲載いたします。

|掲載申込はこちら|

6月
30
日本語教師のためのじっくり学ぶ講座 ー 相談支援と共感的理解 @ オンライン(ZOOM開催)
6月 30 @ 7:00 PM – 8:30 PM

イベント説明

第1回:共感的理解と傾聴の技法
第2回:「聴く」ためには、自分をしることが大事
第3回:積極的に「聴く」を体験する
第4回:ソーシャルワーカーが行う相談援助

定員:80名
申込締切日:2022年6月19日(日)

7月
6
「日本ではこう書きます!!」と言わないための漢字の知識(ZOOM開催)
7月 6 @ 7:00 PM – 7月 27 @ 8:30 PM

漢字の知識は、日本の学校教育では国語科で学びます。しかし、その多くは「漢字テスト」の対策であり、文化的な側面や日本語を表記する方法の一つであるという認識が疎かになっているように思います。また漢字文化圏の学生にとっても母語での漢字の位置づけは、日本語のそれと同じものではありません。この講座では2021年度の講義を基礎として、具体的な事象をより多く取り入れてお話ししていきたいと思います
2021年度講座を受講なさっていない場合もご理解いただける内容です。

開催

開始日2022年07月06日

終了日2022年07月27日

いずれも水曜日

19:00〜20:30

 

 

7月
18
初心者さんも1時間でわかる!オンライン日本語教師の始め方基礎の基礎 @ オンライン(ZOOM開催)
7月 18 @ 11:00 AM – 12:00 PM

まだ日本語教師として日本語を教えたことがない初心者の方のために、日本語をオンラインでどうやって教えたらいいのか、これをきっかけに短期間で日本語教師デビューできるよう、実践的スキルに絞ってお伝えします。

1時間の講座の中で、
・日本語をオンラインで教えるコツのコツ
・市販日本語テキストを活用して教える内容をプランするコツ
・英語を使って教えるための基礎表現
・オンライン日本語教材を作成するツール
をカバーします。

<こんなことが出来るようになります>
オンライン日本語教師の仕事の全体像がイメージできるようになり、これから先、ご自身でレッスンを組み立てていくためのコツがつかめます。

<こんな風に教えます>
少人数制で和気あいあいと進みますので、リラックスしてご参加ください♪
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学んで頂きます。質疑応答のコーナーも一応設けていますが、わからないことはレッスン中いつでもお声がけください。

7月
23
「まるごとオンライン講座」日本語教育の新しい枠組み~教師のマインドセットと現場での活かし方~ @ オンライン(zoom開催)
7月 23 @ 1:30 PM – 4:00 PM

「『まるごと』オンライン講座(全6回)」
日本語教育の新しい枠組み〜教師のマインドセットと現場での活かし方〜

『まるごと』を開発した著者陣が登壇し、コースブック「まるごと 日本のことばと文化」に具現化されている上位概念と具体的な教室活動との結びつきを紐解きながら、教師の役割や、日本語教育の新しい枠組みなどにも触れていく全6回。
*各回完結型ですので、気になるテーマだけへのご参加も可能です。

***********************
第1回 7月23日(土)「日本語運用力を育成する授業の流れ」

JF 日本語教育スタンダードの目標設定、第二言語習得研究に基づく活動の流れ、音声のインプットなど、日本語運用力を育成する授業の流れと、求められる教師の役割につ いて考えます。

講師:来嶋洋美先生(国際交流基金専任講師)
*********************

定員:各回120名
参加料:3回セット 5,000円 1回のみ 2,000円

↓詳細・お申し込みはこちら↓
https://www.sanshusha.co.jp/np/blog/recid/72/

8月
6
第3回「日本語教師の管理運営業務について話してみよう!」 @ オンライン(Zoom)
8月 6 @ 1:00 PM – 3:30 PM

皆さんは、カリキュラム作成、時間割・授業シフト作成、会議運営、学生対応、イベント開催
などの業務について、養成課程等で教わったことはあるでしょうか。
おそらく教わったことはほとんどないという人が多いのではないかと思います。
今回のイベントでは、このような管理運営業務は養成段階で扱うべきかどうか、もし扱うとしたら何をどう扱うべきかということについて
考えてみたいと思います。
イベントの前半では、東京中央日本語学院で日本語教師養成講座の運営を担当していらっしゃる徳田淳子さんより、
1)養成講座で扱う内容はどのようにして決められているのか、
2)管理運
営に関する各業務について、ご担当の養成講座での取り扱いの現状や、今後の扱い方の可能性についてお話を伺います。
後半ではそれを踏まえて、日本語学校、大学、海外等の日本語教育の現場ごとに、管理運営業務を養成段階で扱うとしたら(日本語教師になった後に学ぶとしたら)、どんな形がいいか、ということをグループで考えます。

さらに、参加者の皆さんが関心のある業務をトピックとして取り上げ、自由に話す交流タイムもあります。日本語教員の管理運営業務に関心のある方、教師養成に興味をお持ちの方のご参加をお待ちしています!
お申込み:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe9esIIp8-cCcVLw-lCQ2THee8TNYDMf9ReExEFUERMqiXTeg/viewform

 

第3回「日本語教師の管理運営業務について話してみよう!」 @ オンライン(Zoom)
8月 6 @ 1:00 PM – 3:30 PM

皆さんは、カリキュラム作成、時間割・授業シフト作成、会議運営、学生対応、イベント開催などの業務について、養成課程等で教わったことはあるでしょうか。おそらく教わったことはほとんどないという人が多いのではないかと思います。今回のイベントでは、このような管理運営業務は養成段階で扱うべきかどうか、もし扱うとしたら何をどう扱うべきかということについて考えてみたいと思います。
イベントの前半では、東京中央日本語学院で日本語教師養成講座の運営を担当していらっしゃる徳田淳子さんより、
1)養成講座で扱う内容はどのようにして決められているのか、
2)管理運営に関する各業務について、ご担当の養成講座での取り扱いの現状や、今後の扱い方の可能性についてお話を伺います。
後半ではそれを踏まえて、日本語学校、大学、海外等の日本語教育の現場ごとに、管理運営業務を養成段階で扱うとしたら(日本語教師になった後に学ぶとしたら)、どんな形がいいか、ということをグループで考えます。
さらに、参加者の皆さんが関心のある業務をトピックとして取り上げ、自由に話す交流タイムもあります。日本語教員の管理運営業務に関心のある方、教師養成に興味をお持ちの方のご参加をお待ちしております。

注目の記事

  1. 公明党の山口代表が入国できない留学生に門戸を開くよう政府に要請 公明党の山口那津男代表は2月1…
  2. 「プーチンの戦争」の罪と在日ウクライナ人、ロシア人ユーチューバーの想い 「プーチンの戦…
  3. グローバル化に背を向けるニッポン 「岸田鎖国」はいつまで続くのか 「日本はいま、鎖国状態だ」。…

Facebook

ページ上部へ戻る