イベントカレンダー

 

日本語議連や政府、官庁、自治体、業界団体、学会、研究会、学校、出版社、観光協会、商工会、NPO団体、企業、その他公益法人などが主催する、教師向けイベント、留学生向けイベント、一般向けのお祭り、観光地イベントなど、日本語教育や、異なる文化を楽しむイベントを掲載いたします。

|掲載申込はこちら|

5月
24
<2019年度大養協 春季大会シンポジウム>「改正入管法」と 変化する日本語教育 @ 早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室
5月 24 @ 3:00 PM – 6:30 PM

本シンポジウムでは「改正入管法」に伴って日本社会において日本語教育がどのように変化し、これをどのように推進し実践していくべきかについて議論を深めます。


イベント詳細

2019年度 大養協春季大会シンポジウム
「改正入管法」と変化する日本語教育
 
 周知の通り、2018年12月に外国人労働者の受け入れ拡大を目指す「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律(所謂、「改正入管法」)」が成立し、公布されました。特に特定1号外国人に対して、日常生活上、職業生活上又は社会生活上の支援を実施することが求められ、日本語教育は重要な課題の一つとなりました。さらに、超党派からなる日本語教育推進議員連盟は、国の責務として日本語教育を推進する法の準備を進めており、ここでも外国人労働者を雇用する企業に対し日本語学習を支援するよう求めています。
 まさに、新たな日本社会が到来し、日本語教育の存在力が問われているといってよいでしょう。しかし、その一方で、日本語教師の待遇・高齢化やその資質と能力のあり方、各学習者に見合った短期間で効果的に日本語教育を行う方法の見直し等、課題は山積しております。また、都市圏と地方の違いも無視できません。
 以上の問題意識から、本シンポジウムでは、日本語教育を推進している国会議員、外国人技能実習生の受け入れ監理団体及びそれに対する日本語教育関係者、外国人支援の専門家をお招きし、「改正入管法」に伴って日本社会において日本語教育がどのように変化し、そしてどのようにこれを推進し実践していくべきかを皆様と一緒に議論を深めたいと思います。
 
日時:2019年5月24日(金) 15時~18時30分
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室
参加費:会員:1,000円、非会員:1,500円
 
<スケジュール>
14:30~15:00  受付開始
15:00〜           春季大会シンポジウム 司会:酒井順一郎(九州産業大学教授)
15:00~15:05  開会の挨拶 山本忠行(大養協代表理事 創価大学教授)
15:05~15:35
「『改正入管法』に伴う外国人労働者受け入れの課題と日本語教育」
 山下ゆかり(NPO法人グローバルサポートセンター代表理事、行政書士)
15:35~16:05
「介護関連在留資格と日本語教育の強化」
 宮崎里司(早稲田大学教授)
16:05~16:35
「外国人技能実習生の事業から見た「改正入管法」と日本語教育の問題点」
 又賀良子(協同組合エヌケーユー代表理事 兼 東西商工協同組合企画部部長)
16:35~16:45  休憩
16:45~17:15
「日本語教育は外国人の受け皿の担い手になれるのかー『改正入管法』と日本語教育推進基本法案の視点からー」
 田中宝紀(NPO法人青少年自立援助センター定住外国人支援事業部責任者)
17:15~17:45
「日本語教育推進基本法案と新たな日本語教育とは」
 里見隆治(参議院議員、日本語教育推進議員連盟事務局次長)
17:45~18:25
 パネルディスカッション・全体討論
 パネラー:上述の報告者、在住外国人の方々(予定)
18:25~18:30 閉会の挨拶 鎌田美千子(大養協副代表理事 宇都宮大学准教授)
5月
25
2019年度 春季大会 日本語教育学会 @ つくば国際会議場
5月 25 – 5月 26 全日
ラオスフェスティバル2019 @ 代々木公園
5月 25 – 5月 26 全日
新J-CAT説明会 @ つくば国際会議場 401小会議室
5月 25 @ 11:00 AM – 12:00 PM

【日時】2019年5月25日(土)11:00-12:00
【場所】つくば国際会議場 401小会議室

〒305-0032 茨城県つくば市竹園2丁目20−3
https://www.epochal.or.jp/access/index.html
【参加方法】

なお、席数には限りがありますので、事前申込制といたします。キャンセルされる方はご一報ください。

空席がある場合に限り、当日の受付をいたします。

*入場無料

【申込サイト】
https://j-cat.peatix.com/

5月
26
なりたい日本語教師になるためのワークショップ @ T-space
5月 26 @ 10:00 AM – 12:00 PM

「質問」と「発問」の違いがわかりますか。

 今や、日本語教師に必要なスキルは質問力や説明力ではありません。

 

発問力です!

 

「発問」とは何か。

発問とは、質問と違い「はい・いいえ」で答えられるものではなく、学習者の思考や活動を促し、「気づき」に導く問いかけのことです。

つまり、創造的思考を広げることができる問いかけです。

 

普段我々は、この違いを認識して授業をしているでしょうか。

学習者の反応や定着が悪いのは一体何が原因なのでしょうか。

 

文型導入するとき、どんな問いかけをしていますか?

会話イラスト、グループワーク、発表、モチベーションアップ・・・全ての活動に問いかけは必要です。

 

日本語教師は文法説明やイラストの準備にだけ時間をかけるのではなく

授業におけるファシリテートをもっと分析しなければ、学習者を育てる授業はできませんよね。

 

その分析すべき一つが、「発問」スキルです。

その「発問」にルールや法則があったとしたら?

 

あなたの授業は劇的に変化するのではないでしょか。

授業に活かせる「発問力」を身に付けるために一緒に学びましょう。

 

日本語教師AYAのワークショップは、知らず知らずのうちにテーマの世界に入っていき、リフレクションして、気が付いたらテーマを理解していたという流れになっています。

ワークとAYAの実践例を交えた解説でしっかりと脳の中に刻まれていくことと思います。

 

まずは日本語教師が学び、新しい思考を持つこと。思考は体感することでしか変わりません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【同日開催 日本語教師交流会JTサプリ】

5月26日(日) 12:30〜13:30

テーマ:入管法改正!やさしく「特定技能」を学ぼう

 

2019年4月、入管法が改正され日本語教育業界も大きく変わろうとしています。

日本語教師の皆さんはもちろんその変化を感じていることでしょう。

 しかし

特定技能の1号2号って何が違うの?

移民とは違うの?

特定技能の14種類って?

特定技能試験ってどんな試験なんだろう。

留学生がビザ変更したいって言うんですけどできるんですか?

 こんな疑問を持っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

日本語に携わる全ての人の力になりたい我々インカレックス代表FURUMIと日本語教育コーディネーターAYAがやさしくお教えします。

 情報交換することで、日本語教師としての新たな未来が見えてくるかもしれません。

そうです!日本語+1の日本語教師になるために一緒に学びましょう。

 

◼参加費1000円  ◼会場 ワークショップ会場と同様

 

※JTサプリとは

JTとはもちろん Japanese Language Teacher!その日本語教師のサプリメントになるような元気な楽しい交流会です。職場、経験、年齢、歩んできた人生、何もかも違いますが、我々は日本語教育という一つのステージを共有している仲間です。現在の日本語学校の状況を考えると、教師の孤独化が進んでいるのではないかと感じます。学生が増え、それに伴い教師も増えているのが現状ですが、教師同士の交流が希薄になっています。教えることについてじっくり考える時間もなくなり、悩みがあっても相談できない。JTサプリはそんな仲間たちが集まって旬の情報を交換したり、様々なことを相談し合ったり、横のつながりを広げていける会なのです。我々インカレックスも日本語教師の皆さんにスキルアップや働き方のご提案、国内外のお仕事をご紹介させていただきます。JTサプリで日本語教師人生をさらに充実させましょう。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

「第7回 なりたい日本語教師になるためのワークショップ」

 【内容】

▶︎ワークショップ:日本語教師よ!授業に活かせる発問力を磨け〜アクティブな授業に必要な発問スキル〜

▶︎交流会:入管法改正!やさしく「特定技能」 を学ぼう

 

【日時】2019年5月26日(日)

《ワークショップ》   10:00 〜 12:00 (9:45~開場・受付開始)

《交流会 JTサプリ》 12:30 〜 13:30 

 

【会場】  T-space 東京都台東区台東1−11−4 誠心0ビル F4

 

【注意事項】 
※お問い合わせ、お申し込みにはメールアドレスが必要になります。 
※ご連絡はメールで行いますので、お知らせいただいたメールアドレスに誤りがございますと、ご返事できませんので、ご確認の上お送りくださるようお願いいたします。

また、メール受信制限を設定されている方は下記のメールアドレスの受信制限解除をお願い致します。

s.taniguchi0106@gmail.com

 

【お申し込み方法】 
※こくちーずのお申し込みボタンよりお申し込みください。 
※お申し込み完了しますと、事務局よりお申し込み完了メールが届きます。 
なお、万が一、申込み後事務局よりお申し込み完了メールが届かない場合は、 事務局お問い合わせまでご一報をお願い致します。

※申し込みをされる際、コメント欄に 所属先 教師歴 交流会 参加有無

をご記入ください。

※ご紹介者がいる場合は、その方のお名前もご記入お願いします。

 

【お支払い方法】 
*会費は当日会場でお支払いください。 
   

【キャンセルポリシー】 
※キャンセルする場合は、必ず事前にご連絡下さい。 
キャンセルは会場準備などの都合上、前々日の5月24日 24:00までにご連絡ください。 
前日・当日キャンセルの場合は後日全額会費をご請求いたします。 

___________________________________

【講師紹介】

◇日本語教師・日本語教育コーディネーターAYA◇

株式会社インカレックス 佐藤綾子

日本語教師・日本語教育コーディネーター

外国人向けビジネスマナー講師

・1999年からヒューマンアカデミー日本語学校東京校に勤務。非常勤講師を経て専任講師に。3年後再び非常勤講師に戻り、独自の日本語教師の道をさぐり始める。

・留学生クラス・ビジネス日本語・研修生・帰国子女大手企業向け日本語研修も数多くこなし、初級からビジネス日本語クラスに到るまで様々な指導方法に精通。日本語教師向けに指導提案や勉強会なども行う。

・2013年日本教育振興協会教育研究大会において「非漢字圏学習者のための漢字ストーリーを使った漢字学習の実践報告~漢字の認識ストラテジーに着目して~」を研究発表する。

・2016年には日本語教育学会実践研究フォーラムにおいて対話型セッションの発題者として学習者が主体の授業「教えない授業」を研究発表する。

・2017年日本語学校を退職後、短期間での JLPT 取得を目指し、また現地でのコミュニケーション能力育成にも着目した「脳を鍛えて日本語を習得する」新しい教材開発に着手。

・2018年日本語教育コーディネーターとして始動。ベトナムの教育機関で短期間で習得できる日本語の授業を展開。14日間でN5習得を実現。

・国内外の日本語教師育成のためセミナー&ワークショップ、教師のためのパーソナル日本語塾(個人相談)なども開催している。

・2019年1月 日本語教師交流会 JT サプリ(Supplement for Japanese Teachers)を立ち上げる。

・2019年3月 日本ビジネス能力検定協会JBAAのビジネスマナー講師認定を受け、国内外でビジネスマナー講座を展開。企業で活躍する外国人人材とその講師育成に力を注ぐ。

・2019年4月 代表古海裕介と共に国内外の人材育成に特化した株式会社インカレックスを設立。

 

〜〜AYAよりみなさんへのご挨拶〜〜

はじめまして。私は現役日本語教師で日本語教育コーディネーターのAYAです。長い間、日本語学校で教えてきました。 教師になりたての頃は毎日悩み、失敗の繰り返し。でも幸い、私の周りには悩みを共有し、一緒に考える仲間や先輩たちがたくさんいました。

しかし現在の日本語学校の状況を考えると、教師の孤独化が進んでいるのではないかと感じます。学生が増え、それに伴い教師も増えているのが現状ですが、教師同士の交流が希薄になっているのではないでしょうか 。教えることについてじっくり考える時間もなくなり、悩みがあっても相談できないなんてことありませんか。

確かに勉強会や交流会も数多くあります。でもなんだかベテランの先生ばかりで、こんなこといまさら聞けないし、敷居が高くて参加できないとお思いではありませんか。実は私もそう思っていたひとりです。

でも何かしなければ、自分が動かなければ「授業」は改善されません。学生たちの笑顔を見ることはできません。自分がなりたい日本語教師はどんどん遠ざかっていってしまいます。そういえば、学生たちのキラキラした目も、学んだぞ!という満足した笑顔も見たことがない、なんて感じていらっしゃいませんか。学習者に授業が楽しかった!できた!わかった!と言わせたいですものね。

じゃあ、明日からの授業を変えましょう。なりたい日本語教師になりましょう。このセミナー&ワークショップはこれから教師になろうとしている方や教師になったばかりの方、授業がうまくいかないと思っていらっしゃる方、マンネリ気味の方など、どのステージの先生でも一緒に学べる場です。仲間に相談したり、一緒に考えたり、気軽にアイディアを交換したりしましょう。もちろんAYAも20年で培った授業テクニックや秘密もシェアいたします。「脳を鍛えて学ぶ方法」なんかもお教えしちゃうかもしれません。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

6月
1
日本第二言語習得学会・第19回年次大会 @ 中央大学多摩キャンパス(3号館)
6月 1 – 6月 2 全日

日本第二言語習得学会・第19回年次大会
(J-SLA 2019)

◆日時:2019年 6月1日(土)・6月2日(日)
【大会プログラムはこちら
【ポスター発表の方へ ポスター発表要項

◆場所:中央大学多摩キャンパス(3号館)

◆交通アクセス:
http://www.chuo-u.ac.jp/access/

◆基調講演:Dr. Bill VanPatten
Independent Scholar/Input and More LLC
formerly with Michigan State University

◆大会参加費(会員)
一般2,000円、学生1,000円(ただし、クレジット・郵貯での支払い)
一般3,000円、学生2,000円(会場支払いの場合)
◆大会参加費(非会員)
一般8,000円、学生5,000円(会場での現金支払いのみ)
*2019年度から年会費とは別に、大会参加費が必要です(2018年度第2回総会にて決定)。
*大会参加登録はこちらから。

◆発表応募送付先:  jsla2019abstracts@gmail.com
*発表募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

<問い合わせ先>

J-SLA事務局 若林 茂則 j-sla2019@j-sla.org

日本が変わる 日本語が変わる そして私たちが変わる ニッポン再開国元年 @ 武庫川女子大学中央キャンパス
6月 1 @ 1:00 PM – 4:00 PM

文学部日本語日本文学科では下記の日時に公開講座を開催します。

ことしは、日本語教育の分野でご活躍の春原憲一郎先生をお招きし、

楽しく有意義なお話を聴かせていただきます。元号が改まる年にふさわしい

演題です。費用・お申し込みともに不要、学内外のどなたでもご聴講いただけ

ますので、どうぞお誘い合わせのうえお越しください。

京都日本語教育センター 京都日本語学校校長 春原憲一郎氏

6月
2
日本語サロン研修会@東京 現役日本語教師が大学院に入るということ @ アクセア貸会議室 第4会議室
6月 2 @ 2:00 PM – 4:00 PM

【東京】
日本語サロン研修会@東京
現役日本語教師が大学院に入るということ

[日時] 2019年6月2日(日)14:00~16:00(受付開始13:40)
場所:アクセア貸会議室 第4会議室
※会場が弊社麹町店から変更になりました。申し訳ございません。
(千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル6階)
<アクセス>
※当日は日本語関連商品を1割引にて販売いたします。
ご希望の書籍などございましたら当日は1割引にて販売いたしますので事前にご注文ください。

[定員] 20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費] 無料 ※要予約
[対象] 日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、地域学習支援者) 、語学教師
[講師] 河野俊之先生(横浜国立大学教育学研究科教授)
[内容] 現役日本語教師を数年経験した後、大学院でさらに学びたいという人が増えています。現役日本語教師が大学院に行くメリットは何なのでしょうか。
せっかく、時間・労力・お金を使って大学院に行くからには、最大限に生かしたいものです。
そこで、以下のような、大学院についてよくある疑問について考えていきます。

・大学院は研究だけをするところなの?
・研究は教育には役立たないの?
・大学院に行ったら、教える能力が付くの?
・教育に役立つ研究をするにはどうしたらいいの?
・研究のテーマってどうやって見つけるの?
・研究って楽しいものなの? 苦しいものなんじゃないの?

また、講師が大学院の授業で実際に行っていることについて、具体例を体験していただきます。
最後に、講師が勤める横浜国立大学大学院教育学研究科日本語教育領域の説明会を行います。
特に、現職専任教員を対象とした推薦入試(試験日:7月21日)について、大学院生にも話してもらいます。

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語サロン研修会@東京(6/2)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

6月
8
ベトナムフェスティバル2019 @ 代々木公園
6月 8 – 6月 9 全日
第48回アカデミックジャパニーズグループ定例研究会 @ 東京大学 駒場キャンパス
6月 8 @ 12:10 PM – 5:15 PM

現場の問題をプログラムの視点で捉え直す—言語教育プログラム可視化テンプレートを用いて―」

【趣旨説明】
教育現場では、教師、学生、職員など多くの人がプログラムに関わっていますが、関係者間の認識のズレ、コミュニケーション不足などにより、様々な問題が生じることがあります。
このような場合に問題の所在を特定するには、物事を俯瞰的に見る眼を養うことが必要です。
今回の研究会では、「言語教育プログラム可視化テンプレート」を、現状を把握し、問題点とその原因の所在を見つけ出すツールとして用いて、参加者の皆さんの現場の問題をプログラムの視点から見ることを試みます。
現在、プログラムの改善の必要性を感じている方や、プログラムを改善する立場にある方のご参加をお待ちしています。

【言語教育プログラム研究会ワークショップ担当】
遠藤藍子(開智国際日本語学校)、大舩ちさと(国際交流基金)、大河原尚(大東文化大学)、
小池亜子(国士舘大学)、菅谷有子(東京大学)、鈴木秀明(目白大学)、田中和美(元国際基督教大学)、
徳永あかね(神田外語大学)、中河和子(トヤマ・ヤポニカ)、札野寛子(金沢工業大学)、
古川嘉子(国際交流基金)、ボイクマン総子(東京大学)、松尾憲暁(名古屋大学)、松下達彦(東京大学)

【概要】
日時 2019年6月8日(土)時間は、下記プログラムをご覧ください
会場 東京大学駒場キャンパス KOMCEE EAST 212室
定員 50名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
申込期間 2019年5月7日(火)~ 6月4日(火)
参加費 AJG会員:無料 非会員:1,000円
*研究会当日の入会は、お受けできなくなりました。
非会員の方で、本研究会より会員としての参加を希望される方は、
お手数ですが事前にご入会いただきますようお願い申し上げます。

【プログラム】
12:10 会員受付開始
12:30~13:00 AJG会員総会
13:00~13:15 休憩・非会員受付
13:15~17:15 講演・ワークショップ

【事前課題】
ご自身が関わっておられる日本語教育のプログラムにおいて、
改善が必要だと思われる問題点1つとその原因について、当日ご準備ください。

例)問題点 受講者がコース開始当初から終了時までに半減する
原因  教え方に難がある
同じような内容のクラスがある
適切なレベルにクラス分けができていない、など

【アクセス】
東京大学 駒場キャンパス 交通案内
https://www.u-tokyo.ac.jp/…/about/campus-guide/map02_02.html

○キャンパスマップ(21 KOMCEE)
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html

【申し込みサイト】
※2019年5月7日(火)から受け付けております
お申し込みは右記のURLから → https://forms.gle/BTXKDZU3aw2dYkWv7
AJGウェブサイトはこちら  → http://academicjapanese.jp/information.html

第48回 世話人
石澤徹(東京外国語大学)
鈴木秀明(目白大学)
ボイクマン総子(東京大学)
宮崎七湖(新潟県立大学)
三代純平(武蔵野美術大学)
茂住和世(東京情報大学)

ページ上部へ戻る