九州日本語教育連絡協議会2019年度8月研修会 『漢字の面白さを発見しながら学ぶ授業作り』―『どんどんつながる漢字練習帳 初級』『中級』を使って―

いつ:
2019年8月3日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2019-08-03T14:00:00+09:00
2019-08-03T16:00:00+09:00
どこで:
博多バスターミナル 1・2ホール
日本、〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街2−1
料金:
1000円
連絡先:
九州日本語教育連絡協議会

【福岡】
九州日本語教育連絡協議会2019年度8月研修会
『漢字の面白さを発見しながら学ぶ授業作り』―『どんどんつながる漢字練習帳 初級』『中級』を使って―

[日時] 日時:2019 年8月3日(土)14:00~16:00(受付開始13:30)
場所:博多バスターミナル 1・2ホール
(福岡市博多区博多駅中央街2-1)

<アクセス>
[定員] 定員:80 名(先着順、定員になり次第締め切ります)
[対象] 日本語教育関係者およびその活動に興味のある方
[参加費] 1,000円(税込)
[講師] 鈴木英子(宮城県国際化協会日本語講座スーパーバイザー)
[内容] 「漢字は難しい」という声をよく聞きます。
特に初めて漢字に出合う非漢字圏学習者は、漢字の「形」「意味」「読み方」全てにおいて負担が大きく、習得も容易ではありません。
そうした学習者に「漢字は面白い!」ということを伝えることができたら、学習者はもっと漢字に興味を持ちながら楽しく学べるのではないでしょうか。
今回のセミナーでは、同じパーツや音の繋がりを利用して効率よく学ぶ『どんどんつながる漢字練習帳初級』『中級』を使った実践例を紹介するとともに、学習者の視点に立った授業作りについて具体的に考えていきたいと思います。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
26
1:00 PM 「日本語教育推進法を知ろう!~あ... @ 武蔵野大学有明キャンパス(3号館 301 教室)
「日本語教育推進法を知ろう!~あ... @ 武蔵野大学有明キャンパス(3号館 301 教室)
10月 26 @ 1:00 PM – 5:00 PM
「日本語教育推進法を知ろう!~あなたはどうする?~」 昨 年 か ら 新 聞 や ニ ュ ー ス で は「 特 定 技 能 」「 留 学 生 」な ど の キ ー ワ ー ド と と も に 日 本 語 教 育 に 関 す る 記 事 が 多 く 取 り 上 げ ら れ る よ う に な っ て き ま し た 。業 界 の 新 し い 流 れ を 作 っ た 「 日 本 語 教 育 推 進 法 」 に つ い て は 、 日 本 語 教 育 業 界 全 体 が 新 た に 向 き 合 わ […]
10月
27
全日 日本 第二言語習得学会・秋の研修会 @ 日本大学商学部砧キャンパス
日本 第二言語習得学会・秋の研修会 @ 日本大学商学部砧キャンパス
10月 27 全日
2019年度秋の研修会 [pdf] 日時:2019年10月27日(日) 場所:日本大学商学部砧キャンパス  2号館2階 2206教室 テーマ:  第二言語獲得における空範疇 発表者: 中山峰治氏(オハイオ州立大学)・吉村紀子氏(静岡県立大学) 宮本陽一氏(大阪大学) 大滝宏一氏(金沢学院大学) 使用言語:日本語 参加費:1,000円(会員・非会員、学生・一般に関わらず) 【プログラム】 10:40-11:10 空範疇の獲得とその理論的意義 大滝 宏一(金沢学院大学) 11:20-12:20 日本人学習者の英語不定詞の主語-コントロール構文と主語繰り上げ構文の習得調査から 吉村 紀子(静岡県立大学)・中山 峰治(オハイオ州立大学) 12:20-13:20  昼食 13:20-13:40  総会 13:40-14:40 非顕在的であるということ 宮本 陽一(大阪大学) 14:50-15:50 日本語を母語とする英語学習者による項の脱落 大滝 宏一(金沢学院大学) 16:00-16:45 ラウンドテーブルパネルディスカッション(発表者全員) *詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。 Japanese: http://www.j-sla.org/ English: http://www.j-sla.org/en/
11月
9
1:00 PM 2019年度 大養協 秋季大会シンポジ... @ 清泉女子大学1号館140教室,143教室
2019年度 大養協 秋季大会シンポジ... @ 清泉女子大学1号館140教室,143教室
11月 9 @ 1:00 PM – 4:10 PM
外国の子どもの教育支援に関わる人材に求められる資質・能力について,ゲストスピーカーの話と報告書を手がかりに,今後の養成,育成はどうあるべきかを考えていきます。 開催日 2019年11月9日(土) 13:00-16:10 会 場 清泉女子大学1号館140教室,143教室 参加費 会員1,000円,非会員1,500円 参加申し込み こくちーずプロ https://www.kokuchpro.com/event/daiyokyo19_autumn/ プログラム 13:00-13:10 代表挨拶:山本 忠行(大養協代表理事・創価大学) 13:10-13:20 趣旨説明:中川 祐治(大養協理事・福島大学) 13:20-14:40 ゲストスピーカーによる話題提供 ・浜田 麻里氏(京都教育大学) ・田中 宝紀氏(NPO法人青少年自立援助センター ) ・今澤 悌氏(甲府市立大国小学校) ・浮島 とも子氏(文部科学副大臣) *浮島氏については,公務の都合上,予定が変更となる可能性があります。予めご了承ください。 14:50-15:40 グループワーク 15:40-16:10 報告・共有 開催趣旨 グローバル化,世界的な人の移動が進む今日にあって,従来の教育では対応しきれない新しい時代の到来に私たちは直面しています。このような時代の要請を受け,ほぼ同時期(2018,2019年)に,文化審議会国語分科会からは『日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)』が,日本語教育学会からは文部科学省の委託を受けた『外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業―報告書―』が出されました。そこではいずれも当該教育に関わる人材の資質・能力について言及されており,今後の教員養成を行う上でも,当該教育人材に求められる資質・能力とは何か,それをどのように育成すればよいかというのは非常に重要な課題となると考えられます。今回のシンポジウムでは,外国の子どもの教育支援に関わる人材にスポットを当て,当該教育人材に求められる資質・能力とは何かについて,ゲストスピーカーの話と両報告書を手がかりに議論し,理解を深めるとともに,そこでの議論をふまえて,今後の人材の養成,育成はどうあるべきかをグループディスカッションを通して主体的に考えていきます。 お問い合わせ先 大養協事務局: daiyojimu@gmail.com 大養協HP: https://daiyokyo.com
ページ上部へ戻る