日本語能力試験の語彙リスト公開を 「N4って何?」と言われる前に
「骨太の方針」で外国人受け入れを拡大するなら、「やさしい日本語」の議論も必要では

政府の経済財政諮問会議は近くまとめる経済財政運営と改革の基本指針(骨太の方針)の概要を明らかにし、この中で「新たな外国人材の受入れ」を大幅に拡大する方針を示した。ここで注目すべき観点の一つは「文化と言語の違う人たちを、どのように社会に受け入れていくか」ということだ。骨太の方針とは別に、超党派の日本語教育推進議連が秋の臨時国会で日本語教育推進基本法(仮称)の制定を目指しており、外国人受け入れの環境整備と日本語教育の在り方が改めて問われることになるからだ。

今回の骨太の方針の原案に「日本語能力水準は、日本語能力試験N4相当(ある程度日常会話ができる)を原則としつつ、受入れ業種ごとに業務上必要な日本語能力水準を考慮して定める」という記載がある。

日本語能力試験(JLPT)は国内外で年間延べ100万人規模が受験する検定試験であり、国内では日本国際教育支援協会、海外では国際交流基金が運営している。これだけの規模で日本語能力を区分する適当な試験がほかにない以上、JLPTを政府基準にするのは一定の合理性があろう。

しかしながら、この試験を一般の日本人が受験することはほぼない。「N4」の試験に合格すると、どんなことが理解でき、何を語れるのか。これは日本語教育関係者でなければ知りえないことである。またJLPTには「発話」の試験がない。このため「ある程度日常会話ができる」という記載も誤解を招く恐れがある。発話の試験がないのに、どうして「日常会話」のレベルが判定できるのか。政府はこうした疑問に答える必要が出てくるだろう。

今回の骨太には、「雇用・職場」という場面で日本人と外国人との向き合い方をどうしていくのか、も盛り込まれた。一言でいえば、両者の「コミュニケーション」の問題だ。外国人に(最低でも)N4相当の日本語習得を求める以上、そのレベルがどのようなものかを日本人が理解し、コミュニケーションをすり合わせることもまた必要になる。

これは「やさしい日本語」の考え方そのものである。「やさしい日本語」の研究では、JLPTの語彙や文法・漢字などが重要な基準の一つになっている。一般の日本人が外国人向け試験について詳しく知る必要はないが、その代わりに日本人の側が「やさしい日本語」を学ぶことを通じて外国人とコミュニケーションをするようになるのが理想である。

実はここで問題になっていることがある。それは「現在のJLPTでは、語彙・文法・漢字などの出題基準が公開されていない」ということである。

「やさしい日本語」の研究が進められたころのJLPTは1・2・3・4級の4区分であり、各区分における語彙・文法・漢字などが明確に公開されており、教材作りなどに活用されていた。このデータを活用し、「やさしい日本語」における語彙基準は「(旧)3級相当」を目安とするという形で各種研究が進み、言い換えの目安などが作られた。

参考:日本語能力試験出題基準 改訂版(JF、JEES著、凡人社)
http://www.bonjinsha.com/goods/detail?id=282

しかしJLPTは2009年にN1~N5の5区分に変更された。以下は新旧比較表である。
https://www.jlpt.jp/about/pdf/comparison01.pdf

この変更に際し、旧試験での「認定基準」が、新試験では「認定の目安」とされ、具体的な語彙などが公開されなくなった。これに伴い、「やさしい日本語」の目安も現在にいたるまで「JLPT旧3級程度」という形となっており、難易度チェックシステムでも旧4区分での評価しかできていない。区分が増えた上に語彙リストが非公開となった。これが「やさしい日本語」の研究の障害となっている。

本来は区分が増えれば、「やさしい日本語」の目安設定もやりやすくなるはずである。新形式の語彙リストが公開されれば、コーパスなどとの突合せにより、会話で本当によく使われる語彙と、それがどのレベルの合格者なら分かる可能性が高いなどの研究が一気に進む。

日本語教育推進基本法が制定され日本語教育が「国の責務」となり、外国人と向き合う企業にも日本語教育を推進する努力が求められるようになると、日本人が「やさしい日本語」を使わなければいけない場面が増えてくるはずだ。JLPTはもはや学習者の力を測定するだけのものではなく、「やさしい日本語」を推進する上でも連携していくべき存在と言えよう。

国際交流基金は新形式導入時に「新しい日本語能力試験のための語彙表作成にむけて」という研究を進めており「選定の基軸は、日本語で書かれた書物を読み、話された言葉を聞いて理解するに足る語数、つまり、約1万語~1万8000語をおおよその目安とする」といった結論を出していた。
https://www.jlpt.jp/reference/pdf/2008_010.pdf

だったら学習者にとっては「目安」だという立場をくずさずに語彙リストを公開することもできるはずだ。今回の骨太に「日本語能力の水準」などが記されたことを機に、JLPT主催者はぜひとも現在の語彙リストなどの情報公開に踏み切ってもらいたい。旧型式では普通に公開していたことなのだから。

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

2月
4
終日 「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
2月 4 – 3月 17 終日
【講座回数】 全13回 【講座形式】 通学(東京水道橋校) Webライブ(ZOOM) 【講座日程】 2024年2月4日(日)13:50~17:00 2024年2月11日(日)9:50~17:00 2024年2月18日(日)9:50~17:00 2024年2月25日(日)9:50~17:00 2024年3月3日(日)9:50~17:00 2024年3月10日(日)9:50~17:00 2024年3月17日(日)9:50~17:00   【定 員】 通学(東京水道橋校) 12名 Webライブ(ZOOM) 20名 ※定員制・先着順 ※通学コースについて お申し込みが4名未満の場合、Webライブコースへ変更をお願いする場合がございます。 ※最少催行人数(6名)に達しない場合、やむを得ず閉講とさせていただく場合がございます。 【受講料】 86,500円(消費税込み) ※受講料の他に6,000円の入学金(税込み)が必要です。 ◆こんな方にオススメのコースです◆ 対象:日本語教師の資格を有する方 ・日本語教師としてワンランクアップしたスキルを身につけたい方 ・介護職を目指す留学生に日本語を教えている方 【講義内容】 介護福祉士を目指す外国人にとって難解であろう(1)介護の基本語彙(2)最低限必要な専門知識(3)日本の生活知識・コミュニケーションについて、それらをどのように指導するのかを紹介し、実践を通じて身につけていただきます。 【お申込み】 下記よりお申込みください。 <申込受付期間 2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火)> https://www.o-hara.jp/lp/1400/ 【オンライン講座説明会】 2023年12月17日(日) 10:00~11:00 ご予約は下記よりお願いいたします。 締め切り:12月15日(金) 15:00 https://www.o-hara.jp/event/form?id=38780 ※講座説明会 オンデマンド配信もございます。 配信期間:2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火) https://www.o-hara.jp/lp/1607/ <お問い合わせ> nihongo@mail.o-hara.ac.jp
2月
21
終日 東洋大学 2024春季ビジネス日本語... @ オンライン開催
東洋大学 2024春季ビジネス日本語... @ オンライン開催
2月 21 – 2月 23 終日
===========================================================  東洋大学 2024春季ビジネス日本語アドバンス講座 =========================================================== 〈期 間〉2024年2月21日(水)~ 2024年2月23日(金) 全3 日間、6コース 〈形 式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対 象〉N1(JLPT)、またはJ2(BJT)以上の日本語能力を持つ外国人の方  ※東洋大学以外の方も受講できます。  ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定 員〉各回 1,000名(先着順) 〈授 業 料 〉有料(1,100円/コース) 〈申込期間〉2024年 1月23日(火)~ 2月19日(月)(JST) 〈講座申込〉下記よりご登録のうえ、お申込み下さい。  https://toyo-jlp.com/class/courselist-2024-spring-business-japanese-advanced-course
2月
24
10:00 AM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
2月 24 @ 10:00 AM – 12:00 PM
凡人社オンライン日本語サロン研修会 『とりあえず日本語能力試験対策読解N1/N2』を使ったJLPT対策授業~合格を目指す基本編&読みを楽しむ応用編~   [日 時] 2024年2月24日(土)10:00~12:00(オープン9:40)※日本時間   [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約、前々日(2/22)17時までに招待URLを送ります。   [講 師] 若林 佐恵里 先生、吉田 歌織 先生(『とりあえず日本語能力試験対策N1/N2読解』著者)   [内 容] 「JLPTの読解ってどう教えればいいの?」、「JLPTの授業はつまらなくなってしまう……」という声をよく耳にします。 今回は基本編と応用編に分けて、前半は合格を目指す解き方のコツを考えます。 後半はそこから一歩進み、対策だけにとどまらない読解授業の方法を紹介します。 問題を解くだけではもったいない文章を豊富に盛り込んだ『とりあえず』シリーズならではの授業の作り方です。 読むだけではなく、アウトプットに繋げていく方法を考えます。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:ココ出版・凡人社 担当:凡人社/坂井 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(2/24)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/D2aGM
2月
28
2:00 PM 第8回 日本語教育とICT活用を考え... @ オンライン(ZOOM)
第8回 日本語教育とICT活用を考え... @ オンライン(ZOOM)
2月 28 @ 2:00 PM – 4:00 PM
************************************************************************************************************ 演題:第8回 日本語教育とICT活用を考える<ツール編> キャリア支援コンテンツ『就活JUMPスタート』の使い方 講師:Ruth Vanbaelen 氏(筑波大学 准教授) 、伊藤 秀明 氏(筑波大学 准教授) 主催:筑波大学CEGLOC日本語・日本事情遠隔教育拠点 日時:2024年2月28日(水) 14:00〜16:00 (日本時間) 開催方法:オンライン(Zoomミーティング形式) ※ブレイクアウトルームによるグループワークを行ないます。 参加費:無料 定員:50名(抽選) 参加申込:お申込みフォームより参加登録をして下さい。https://forms.gle/FFeWS96Dph6sEWL4A ※抽選の結果につきましては、2月21日(水)を目処にメールにてお知らせいたします。 ※参加者には開催2日前までにzoomのリンクをお送りいたします。 ※参加者多数の場合はお申し込みを制限する場合もございます。 ************************************************************************************************************ 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

注目の記事

  1. 軍政と戦うミャンマーの民主派勢力、私たちに何ができるのか ロシアのウクライナ侵攻が続い…
  2. 「差別の教室」を読んで思い出したこと 「差別」と言えば、私の場合、まずは在日コリアンに…
  3. 「やさしい日本語」で外国人の労災防止を 厚労省が「手引き」の改訂版を作成 厚生労働省は…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate