在日ミャンマー人の日本語教室で修了式と日本語報告会

在日ミャンマー人の日本語教室で修了式と日本語報告会

首都圏で暮らす在日ミャンマー人でつくるNPO法人PEACE(マリップ・センブ理事長)の日本語教室の終了式が2月24日夜、新宿区の早稲田奉仕園が開かれた。修了式では、1年間の勉強の成果を披露する日本語のスピーチがあり、修了生は「もっと日本語が上手になりたいです」と意欲を語り、お世話になった先生への感謝の言葉を贈った。

この日本語教室は、「生活者のための外国人」の日本語教育事業として文化庁から助成金を受け、日本語学校が正規の日本語教師が授業を行っている。この日本語教室は、今年度で5年目を迎える。平日は仕事があって参加できないため授業は日曜日の夜にあり、A(初級)、B(中級)、C(上級)の3つのグループに分け、計48人が参加。このうち40人近い人が「修了」まで頑張った。約7割は主婦など女性だ。

修了式では、マリップ理事長らから修了生に終了証書が手渡された。また、35回の授業を1回も休まずに参加した3人に皆勤賞の賞状と記念品が授与された。一方、修了生たちは、指導したくれたインターカルト日本語学校(東京都台東区)の教師3人に感謝の気持ちを込めて花束を贈った。

このあと、出席した修了生全員がそれぞれ日本語でスピーチ。「わかりやすい授業でたくさんの漢字も覚えました。どうもありがとうございました」「この教室で日本の文化や生活のことも勉強しました。感謝しています」「地震の時のことやゴミの出し方も先生は親切に教えてくれました」「もっと頑張って日本語が上手になりたいので、来年度も宜しくお願いします」「文化庁やPEACEの皆さん、日本語教室をやってくださり、ありがとうでございました」など、感謝や意欲を語る言葉が相次いだ。

中には30年も日本にいながらPEACEの日本語教室に出会うまで日本語を学ぶ機会がなかったことを話した修了生もいた。外国人を受け入れる以上、少なくとも行政サービスとして日本語教育を行うことは、国や地方自治体の責任だろう。

最後の挨拶に立ったインターカルト日本語学校の加藤早苗校長は、ミャンマー人の生徒からもらっている暑中見舞いや年賀状に「日本語を勉強して町を歩くのが楽しくなった」「勤め先の上司とメールができるようになった」などと書かれたいたことを紹介し、「日本語がゴールではありません。次に何をするか、ということが大事です」と呼び掛けた。

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

5月
24
5:00 PM JLPTオンラインハーフ模試 ご紹介... @ オンライン(ZOOM)
JLPTオンラインハーフ模試 ご紹介... @ オンライン(ZOOM)
5月 24 @ 5:00 PM – 6:00 PM
アスク出版開発のJLPTオンラインハーフ模試がこのたび、パワーアップしました! すでにJLPTオンラインハーフ模試をお使いの方、導入をご検討くださっている方、 5月24日(金)のオンライン説明会にぜひご参加ください! 説明会では、今回のリニューアルについてのご説明だけでなく、実際のご活用事例や効果的な使い方についてもお話します。 参加無料、入退場自由です。 皆様のご参加をお待ちしております!
5月
25
終日 2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
5月 25 – 5月 26 終日
日本語教育学会 2024年度春季大会 開催日 2024年5月25日(土)・26日(日) 会場 オンライン
6月
12
12:00 AM 留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
6月 12 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
日振協による文部科学省委託の初任研修が今年も始まります。 告示校で10年程度専任で経験されている方対象です。 OJTで実際の運営に関わりながら研修運営を肌で学んでいただけます。 研修詳細は協会ホームページより、チラシと募集案内をダウンロードしてご確認ください。   「日振協 留学生対象の日本語教師初任者研修」は「オンライン映像講義」「(オンライン)集合研修」「自己研修(自律的学習)」の三位一体の編成により、①自律的・持続的な成長力 ②対話力 ③専門性という3つの資質・能力の育成を目指すもので、忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の教育機関に所属している受講生への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 2020年度から、この初任者研修と並行して、「育成研修」を併せて実施しています。「育成研修」は初任者研修のサポートを行いながら研修の企画や実施方法を学び、将来全国各地で初任者研修の実施担当者として活躍していただく人材を育成する研修です。具体的には以下のことを目指しています。 ①初任者教員の協働的かつ自律的な学びを支援し、21世紀に活躍できる日本語教師としての資質・能力及びICT活用能力の獲得へと導く ②研修委員に必要な経験と能力を身につける 研修は、フルオンライン(zoom使用)で実施いたします。学内で初任者の指導を任されている方、地方在住でなかなか研修機会に恵まれない方など全国各地からご参加いただきたく存じます。修了生は今後実施委員になっていただく可能性もございます。どうぞ奮ってご応募ください。 チラシ(PDF 裏表2頁/1枚)
6月
22
2:00 PM 篠研の日本語教育セミナー「実践!... @ オンライン
篠研の日本語教育セミナー「実践!... @ オンライン
6月 22 @ 2:00 PM – 4:00 PM
篠研の日本語教育セミナー「実践!学習者が前のめりになる質問型中上級語彙指導-単調な授業が生き生きとした授業によみがえる!-」 1.セミナー概要 現職の日本語教師の方やこれから日本語教師を目指そうという方を対象に、学習者が自然と前のめりに授業に取り組むようになる質問型授業による中上級語彙の実践的かつ具体的指導方法を通じて、楽しくてためになる授業スキルの習得を目指します。あわせて、篠研の「日本語教師授業力アップ年間プログラム」のご案内も致します。 ・中級の語彙指導の授業の仕方がよくわからない。指導の引き出しを増やしたい。 ・学習者に質問するものの、どうしても教師主導の一方的な授業になってしまう。 ・私の語彙指導は単調でマンネリ。楽しい授業をしたいがアイデアが浮かばない。 という方はぜひご参加ください。 2.講師:篠崎大司 3.日時:2024年6月22日(土)14:00-16:00 4.受講料:会員 2,200円(税込) / 一般 2,750円(税込) ◆内容:詳細はホームページ参照 https://www.kanjifumi.jp/sitsumongata_goisido_seminar/ 主催:株式会社篠研 E-mail: info@kanjifumi.jp 電話:080-9103-8674

注目の記事

  1. 「全中国選抜日本語スピーチコンテスト本選」が5年ぶりに日本で開かれる——ネイティブ並みの日本…
  2. 日豪の友好の歴史を見直そう——日豪議員連盟が「穣の一粒」と「藤田サルベージ」で勉強会  …
  3. 日本語教師で「第二の人生」歩む——日本経済新聞の記事より 日本経済新聞の電子版はこのほ…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate