信濃毎日の「五色のメビウス」を読んで 地域メディアがけん引する多文化社会

信濃毎日の「五色のメビウス」を読んで 地域メディアがけん引する多文化社会

長野県の地方新聞、信濃毎日新聞社が、連載キャンペーン「五色のメビウス」を単行本として明石書店から出版した。その問題意識は、外国人労働者と「ともにはたらき、ともにいきるため」にはどうすべきか。記者は「外国人の側」に一歩も二歩も踏み込んで取材した。新聞社として総力を挙げて「多文化共生」を問うた。地元メディアが多様な社会をつくるため、課題や問題点を掘り下げた意味は大きい。

信濃毎日といえば、戦時中、軍国主義と闘った桐生悠々ら骨太の言論人を輩出したことで知られる。歴史と伝統のある新聞社だ。長野県内の在留外国人は3万5777人(2020年末)。それほど多いわけではない。それでも外国人労働者は2万714人で、10年間で1.8倍に増えた。信濃毎日は1991年に外国人労働者問題に焦点を当てた連載「扉を開けて」を掲載している。地域の人口減少や共生社会の実現にしっかりとした問題意識を持った新聞社だ。

「五色のメビウス」は、2021年1月4日から6月30日まで新聞に連載した企画記事に特集や提言を加え再構成した。メリハリのある取材活動、データもそろえた丁寧な誌面作り。在留外国人や自治体アンケートも独自に行い、地元の多文化共生社会の在り方を多角的に分析した。さらには、将来に向けての具体的な提言も掲載。共生社会に向けてアクセルを踏み込んだ意欲的なキャンペーンだ。

タイトルの「五色(いつついろ)」は5大陸、「メビウス」は細長い長方形の帯を半回転して形状の図形の名前に由来する。裏が表に、表が裏になって連なるメビウスに、外国人を思いやる心が巡りまわって自分たちのためにもなる。そんな願いを込めたという。凝ったタイトルを付けただけではない。内容も充実している。各方面から高い評価を得たのもうなずける。日本ジャーナリスト会議(JCJ)から大賞に選ばれ、新聞労連ジャーナリズム大賞優秀賞も受賞した。

長野県はレタスなど高原野菜の産地として知られる。外国人技能実習をはじめ、特定技能、留学生、日系人などが欠くことができない労働力として活躍している。連載企画では、外国人花嫁、非正規滞在、入管問題と幅広い分野を丁寧に取材した。記者が外国人の目線で実情を直視し、随所で外国人の側からメッセージを伝えている点が好感を持てる。

手間ひまかけて在留外国人と自治体にアンケートを行ったことにも注目したい。県内の在留外国人の意識を探り、長野県内の77の市町村と外国人が集住する全国35の市町村に取り組みの実態を浮き彫りにした。ことは、課題や問題点をより具体化し、普遍的な意味を持たせた。

例えば、多文化共生推進や外国人支援の選任部署を設置している長野県内の市町村は松本、上田、飯田、佐久の4市(6%)に過ぎない。全国の外国人集住市町村は66%が選任部署や選任職員を置いていた。大きな開きがあることを明らかにした。

幅広い取材のデータをもとに、「日本政府へ10の提言」をまとめた点も、意欲的な取り組みとして評価できる。提言には、技能実習生の受け入れに関して「悪質な仲介業者排除へ 公的機関が受け入れの主体に」▽技能実習生の「転職を柔軟に認め、地方と都市の賃金格差是正を▽外国人に「必要な情報を届け権利や制度を使いやすく」▽「日本語教育への支援充実を」——などを盛り込んだ。

地方新聞では、西日本新聞社が2016年から17年にかけて「新 移民時代」というタイトルで長期連載の企画記事を掲載。やはり単行本にまとめ、早稲田ジャーナリズム大賞を受賞した。私たちが「にほんごぷらっと」を始めた時期と重なった。たまたま東京に来た取材班の記者と知りあい、ひんぱんに意見交換を行った。「にほんごぷらっと」には、取材班がメールで送ってくれた「新 移民時代」の記事を数多く転載した。

連載は外国人留学生の「出稼ぎ実態」を明らかにするとともに、背景にある深刻な労働慮不足の実態をとらえた。政府の外国人受け入れの仕組みに不備があることを明快に提起した。取材班のキャップの話によると、「新 移民時代」は当時の菅義偉官房長官の目にとまり、菅氏は関係省庁の担当者に一読するよう指示。さらに菅氏は省庁担当者の勉強会の講師として取材班キャップを呼んだ。菅氏が主導する形で安倍政権は2018年12月に新たな在留資格として特定技能を創設するため入管法を改正し、併せて「外国人受け入れ・共生のための総合的対応策」を閣議決定した。政府の法整備の準備過程で「新 移民時代」が活用された。

有力な地方新聞は地域社会に大きな影響力を持っている。「五色のメビウス」や「新 移民時代」が地元の自治体や住民に刺激を与え、施策推進や世論形成に大きな力になったと推察される。様々な情報やメッセージの発信が「ともに生きる」の多文化社会の先導役となったとしたら、ジャーナリズムにとって本望であろう。

にほんごぷらっと編集長 石原 進

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
4
10:00 AM キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
キャリアパスフォーラム第3弾-海... @ オンライン
2月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
https://www.nkg.or.jp/event/event/20221001_2166733.html
10:00 AM 令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
令和4年度 国際化市民フォーラム i... @ Zoomによるオンライン開催
2月 4 @ 10:00 AM – 5:00 PM
今年度も国際化市民フォーラム in TOKYOを開催します! 今年度のテーマは「生活視点で考えるこれからの多文化共生」です。 2022年1月には東京都に住む外国人が約52万人にもなり、地域や職場、学校、飲食店など生活圏で外国人住民と出会うことが当たり前になった今、皆さんと一緒に多文化共生について考えます。 どなたでもお申し込みいただけますので、ぜひご参加ください。
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。

注目の記事

  1. ガイタネットが出入国在留管理庁と意見交換 「外国人住民への子育て白書」を発表 愛知、三…
  2. 「やさしい日本語」で外国人の労災を防げ 厚労省が「手引き」作成 厚生労働省はこのほど、…
  3. セサルさんは、多言語コールセンター「ランゲージワン」(東京都渋谷区)の医療通訳であり、多文化…

Facebook

ページ上部へ戻る