日本語議連が「外国人労働者の日本語教育支援」を議論

日本語教育推進議員連盟(略称・日本語議連)の第3回総会(勉強会)が15日、「外国人労働者と日本語教育支援」をテーマに開催された。臨時国会はこの日未明に「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)が本会議で可決成立し、事実上幕を閉じたが、日本語議連は意欲的に議論を行った。

この日の勉強会に呼ばれたのは、日本国際協力センター(JICE)の打田斉道・研修事業部長▽国際研修協力機構(JITCO)の福島康志・業務執行理事能力開発部長▽日本経済連合会(経団連)の岩村有広・経済政策本部長ら。JICEは定住外国人の就労、定着支援、JITCOは技能実習生の受け入れ実施する立場から日本語教育の取り組みを説明。経済団体の経団連は、外国人材受け入れ促進に向けた考え方を示した。

JICEは定着、支援研修の中で日本語教育を実施し、JITCOは管理団体に日本語教育を任せている。議員側からはいずれも十分な教育は行われているとはいえない、という認識が示された。また、経団連からは非漢字圏の留学生が増えたことで企業が雇用する外国人社員の日本語力が低下していることが課題となっていることが指摘された。

日本語教育は日本で就労する外国人にとって重要なコミュニケーション・ツールだが、この日の議論では、技能実習生の保険適用や妊娠時の強制帰国などに話が及ぶと、論点は言葉の問題から「外国人の受け入れの在り方」に発展した。
これについて司会役の馳浩事務局長は「(議論が)外れているようだが、実はそうではない。生活する中で妊娠もすれば病気もする。人生設計もあるだろう。そういう人たちを技能実習生として受け入れている以上、安心して業務に取り組めるようにするための日本語教育という理解の仕方も必要だ」と述べた。日本語教育を議論すれば、外国人受け入れの包括的な議論にならざるをえない、との考えだ。

また、第2回総会で講師を務めた日本語教育学会会長で東京外大教授の伊東祐郎氏が来年1月31日に愛知県豊橋市で開く外国人集住都市会議で基調講演を行うことが報告された。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

イベントカレンダー

1月
17
4:00 PM 第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
1月 17 @ 4:00 PM – 8:00 PM
開催概要 主催 一般社団法人全国日本語教師養成協議会(全養協) 日時 2018年1月17日(水) 16:00~20:00(終了)  ※入退場自由 ※特別講座は14:30~15:30(要予約・定員制) 特別講座についてはこちら 対象 日本語教師養成講座の修了生または修了見込みの方 大学主専攻・副専攻の修了者または修了見込みの方 大学院日本語教育博士課程の修了生または修了見込みの方 現役日本語教師、経験者、全養協日本語教師検定合格者、日本語教育能力検定試験合格者で就職を希望される方 地域の日本語教育に携わっている方。 ブース 出展機関 「ブース出展機関」ページをご覧ください 。 全養協「日本語教育、何でも相談」 日本語教育・日本語教師に関して何でも相談・質問できるブースです。 ベテランの日本語教師が皆さまのご相談・ご質問にお答えします。 日本語教育についてまったく知らない方も歓迎します。 (質問・相談例) ・日本語教師の仕事とは? ・どうやって日本語を教えるの? ・日本語教師の資格は? ・養成講座ではどのような勉強をするの? ・日本語教師の「検定」とは? ・「検定」に合格するためには? ・就職活動のポイントは? ・現場で求められる教師とは? ・キャリアアップの方法は? ・教師として成長するには? 特別講座 全養協実践力ミニ講座 「この授業のどこがいけないのか?」 日本語教師として求められる”実践力”を測る「全養協日本語教師検定」。 現場の授業展開に関連する豊富な出題が話題です。 今回は、類題を通して日本語教師が陥りがちな問題点を検討し、 経験豊富なベテラン日本語教師が効果的な授業のノウハウを伝授します! 時間: 14:30~15:30 ※要予約・定員制 (合同説明会の事前参加申込フォームよりお申込ください。)
1月
18
5:45 PM 連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
1月 18 @ 5:45 PM – 7:15 PM
連続講演会・国際シンポジウム 「国際日本研究へのまなざし―ことば・文化・教育―」:第5回 “Omotenashi”の先へー観光で国をひらくということー 政府への提言を続ける一方、国内各地の観光振興のため奔走し、京都国際観光⼤使、東京の観光振興を考える有識者会議メンバー、二条城特別顧問などを務めるアトキンソン⽒に、五輪開催とその後の日本の経済発展に向けて、“Omotenashi”で終わらない日本の観光産業戦略を語っていただきます。 日本文化(文化財)を観光資源として捉え、より戦略的に活⽤していくにはどうすればいいのか、考えてみましょう。

新刊図書

お薦めの一冊

ライ麦畑でつかまえて

RSS キーワード(日本語教育)

ページ上部へ戻る