文化庁が難民のための日本語教育の事業企画を公募 (文化庁ホームページ 2018年01月11日)

文化庁が難民のための日本語教育の事業企画を公募 (文化庁ホームページ 2018年01月11日)

政府は条約難民と第三国定住難民の支援を行っているが、彼らが日本に定住するために日本語能力を高めることを目的とした事業。企画競争でより優れた事業を採択したいという。企画提案書の提出祈願は2月20日。

http://www-gpo3.mext.go.jp/MextKoboHP/list/kpdispDT.asp?id=KK0008082

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Hi there to every body, it’s my first go to see of this blog; this web
    site contains amazing and genuinely good data in support
    of visitors.

  2. Attractive section of content. I just stumbled upon your web
    site and in accession capital to assert that I acquire in fact enjoyed account your
    blog posts. Anyway I’ll be subscribing to your augment
    and even I achievement you access consistently quickly.
    adreamoftrains web hosting reviews

  3. Great article! That is the type of info that are meant to be shared
    across the internet. Shame on Google for now not positioning this put up upper!
    Come on over and consult with my web site . Thanks =)

  4. I think that what you posted was very logical.
    However, consider this, suppose you composed a catchier title?
    I mean, I don’t want to tell you how to run your blog, but what if you
    added something that makes people want more? I mean 文化庁が難民のための日本語教育の事業企画を公募
    (文化庁ホームページ 2018年01月11日) |
    にほんごぷらっと is a little boring. You should glance at Yahoo’s front page and see how they create news headlines to grab viewers
    interested. You might add a video or a pic or two to grab
    readers excited about everything’ve got to say. Just my opinion, it might bring your posts a little livelier.

  5. Thanks for sharing such a good thought, paragraph is good, thats why i have
    read it entirely

  6. I’m not sure exactly why but this weblog is loading very
    slow for me. Is anyone else having this problem or is it
    a issue on my end? I’ll check back later and see if the problem still exists.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

12月
4
2:00 PM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
12月 4 @ 2:00 PM – 3:30 PM
[日 時] 2021年12月4日(土)14:00~15:30 (オープン 13:40) [定 員] 120名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に日本語・英語教師、大学院生、日本語教育ボランティア、など [参加費] 無料 ※要予約、前日(12/3)17時までに招待URL送ります。 [講 師] 細川 英雄 先生(言語文化教育研究所八ケ岳アカデメイア主宰) [内 容] 自分のことばをつくることは、あなた自身のテーマを持つことからはじまります。 自分のテーマを持つとは、ことばの活動を通して、この社会の一構成員であること、 つまり自分が社会的行為主体であることを自覚することです。 この社会で、決められたことを決められたように教えたり教えられたりする、 歯車の一つとして生きるのではなく、人として生きるとは何か。 すべては、あなたにしか語れない人生の経験を自分のことばで語ることから始まります。 ※当日はブレイクアウトセッションを開催予定です。 ※セミナー終了後、30分程度(16時まで)フリーディスカッション開催予定です。   [主 催] 凡人社 [お問い合わせ・申し込み先] E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)  
12月
11
10:00 AM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
12月 11 @ 10:00 AM – 11:30 AM
[日 時] 2021年12月11日(土)10:00~11:30 (オープン 9:40) [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に大学教員、大学院生、日本語教師、日本語教育ボランティア、など [参加費] 無料 ※要予約、前日(12/10)17時までに招待URL送ります。 [講 師] 仲山 淳子 先生(フリーランス日本語教師・日本語教師養成講座講師) [内 容] 中上級の学習者の中には初級の間違いが定着してしまったり、 新しい文法や表現を学んだがゆえにうまく整理できず混乱を起こしたりしている人が見受けられます。 するとせっかく日本語で話しているのに相手に伝わらず、自信をなくすということもあるようです。 『日本語文法ブラッシュアップトレーニング』(アルク発行)では、 そんな学習者にありがちな間違いを集めました。 まず何が間違っているのかを自分で考えます。 そして正しい表現を学ぶだけでなく、なぜ間違っているのか、 また間違えると相手にどう受け取られるのかも紹介します。 さらにポイントとなっている文法を整理し、練習を重ねれば、自信を持って言いたいことを表現できるようになるはずです。 今回のセミナーでは、この本のコンセプトと使い方についてご紹介します。
12月
17
1:00 PM 【無料/管理職・人事部向け】 絶対... @ オンライン(Zoom)
【無料/管理職・人事部向け】 絶対... @ オンライン(Zoom)
12月 17 @ 1:00 PM – 2:00 PM
【概要】 日本で働く外国人材が増加してきており、今後も少子高齢化による産業担い手の不足により、日本で働く外国人材は増加の一途をたどります。外国人材が日本社会で定着・活躍するために、ほぼ例外なくまとまった時間の日本語学習が必要ですが、私たちの母語でもあり、職場の共通言語である”日本語”について、実はよく分かっていないという経営者や管理者が多いのが実情です。外国人材がどのように日本語を学び、どんな課題を感じているのかを知ることが、言語の壁を正しく乗り越え、強く信頼関係のある職場作りのヒントになると思います。本セミナーでは日本語教育のプロが、外国人材のエンゲージメントを高めるための”伝わる日本語の使い方”を解説します。 【開催日時】 2021/12/17(金) 13:00~14:00 【対象者】 ・外国人材を採用している企業の人事担当者 ・外国人材をメンバー・同僚に持つ組織管理者、ビジネスパーソン ・ダイバーシティ推進、インクルージョン推進などに興味をお持ちの方 【お申込み期限】 2021年12月15日(水) 【お申込み先】 https://abitus.biz/event/event-211217/#seminar_form

注目の記事

  1. 日本語教師の国家資格と日本語教育機関の評価の「報告案」を提示 第8回日本語教師の資格に関する…
  2. 高校でも日本語指導の制度化求める提言 文科省の有識者会議(1NHK NEWS WEB2021年9月2…
  3. 日本語学校の「サムライ先生」奮闘記 多文化共生社会を支える日本語教師だ 「日本語学校」…

Facebook

ページ上部へ戻る