【寄稿者:オチャンテ・村井・ロサ・メルセデス】

「日系4世」そして、「移民第1.5世代」として生きて

私は三十数年の人生の半分以上を日本で生活しています。デカセギとして来日した両親の呼び寄せで、ペルーから来日し、日本の義務教育を終えた後、定時制高校、大学、大学院と進学しました。

日本語ゼロという状態で中学校の3年生に編入した後、「平仮名、カタカナ、小学校1年生の漢字」と、日本語の勉強を始めました。出国時は母国や仲良しの友達と離れる悲しみもありましたが、離れて生活していた両親と再び生活できるという喜びの方が遥かに大きかった。それがあったから早く日本に適応することができたと感じます。慣れた環境や友達、親戚との別れで辛い思いをして、日本が嫌になる、学校が嫌になる、適応するまで大きなストレスを抱える子どもたちのケースも見てきたからです。

また、来日した当時、転校した三重県伊賀市の中学校では国際教室が既に設置されていて、多くのブラジル人やペルー人の生徒がいました。そのため、毎日国際教室で日本語の勉強をして、音楽、体育、英語の授業のみに学級に戻り、他の日本人の生徒と勉強をしていました。中学校にはわずか二ヶ月間通って卒業し、定時制高校に進学しました。来日三ヶ月目で高等学校入学試験を受けて合格し、4月から高校生となりました。面接で聞かれそうな質問を丸暗記し、片言の日本語で、一緒に受験した兄と必死に「勉強したいこと」を伝えた覚えがあります。その気持ちが伝わったかどうかわかりませんが、当時の定時制高校の校長先生の配慮で入学することができたと感じています。また、中学校の先生、校長先生の熱意もあって、このような結果となったのではないかと思います。

定時制高校では、中学校と同じ、国語、社会、理科のような科目の代わりに別の教室で日本語の基礎的な指導を受けました。日本語はその取り出し授業の時間以外、一時間目が始まる30分前から高校に行って毎日30分間勉強しました。漢字の勉強、文法、日本語能力試験を受けるための指導も受けました。また定時制高校での勉強以外に、「伊賀日本語の会」というボランティアの教室に毎週参加し、そこで出会った先生に週に二回個別の指導を受けていました。

両親は教育熱心だったため、定時制であっても、昼間日本語の勉強をさせるような考えでしたが、定時制側として、昼間はアルバイトをするようにと強く勧められ、8時から4時半まで働きました。日本語がわからないため、指示をうまく理解できず、最初はよく怒られ、仕事を辞めたいと思ったこともよくありましたが、日本語が分かるようになって、仕事の環境にも慣れ、定時制高校の4年間同じ所で働きました。日本語能力試験の3級、2級と合格し、その後大学の入試に専念するため、教科の勉強もし始めました。

外国にルーツを持つ子どもたちにとって、高校卒業が将来を開く

中学校・高校では基礎的な日本語を継続的に学ぶ機会に恵まれ、卒業後、大学・大学院に進学することができました。もし当時、日本語ができないからと入試を認められなかったら、また、予算がないため日本語の先生を付けることができない等の理由から不合格になっていたら、間違いなく挫折して、母国に帰っていたか、両親と同じ派遣会社で働いていたのかもしれません。そのため、外国にルーツを持つ子どもたちにとって、高等学校に進学し卒業することが将来の可能性に一歩を踏み出す、展望を開くことになると確信しています。入学してから卒業するまでサポートを受けたことでその次のステップである大学進学に踏み出すことができたと感じています。

大学では心理学を専攻し、4年目の夏休みにアルバイトとして卒業した母校(中学校)へ通い、外国にルーツを持つ後輩たちの支援をしているうちに、彼らへの支援や対策について研究したいと思い大学院への進学を決意しました。修了後、奈良県の高等学校、三重県の小中学校で外国にルーツを持つ児童・生徒の支援、保護者の相談、国際理解教育活動をしながら巡回をしていました。毎日様々な困難を抱えながら一生懸命生きている子どもたちの姿が誇らしく、保護者と学校(先生)の連携、担任と児童・生徒の連携、そして場合によっては児童・生徒と保護者のコミュニケーションの手助けや、相互理解を深めるため6年以上に渡って現場にいました。

現在、大学で助教として勤めていますが、当事者、そして研究者として外国にルーツを持つ子どもたちの進路指導、不登校になったケース、高校に入学できたにも拘らず中途退学した若者のケースについて研究し、現状を訴えています。私は「恵まれたケース」であるかもしれませんが、日本にいる全ての子どもたちが今必要としている支援を受けられるよう、声を上げていきます。国籍を問わず、全ての子どもたちにとってアクセスしやすい学校作り、そして卒業するまでのサポートが重要であると考えています。これは、将来の日本を担っていく有力な人材を育てていくこと、将来に投資をすることになるのではないかと考えています。

オチャンテ 村井 ロサ メルセデス(おちゃんて・むらい・ろさ・めるせです)

オチャンテ 村井 ロサ メルセデス(おちゃんて・むらい・ろさ・めるせです)寄稿者

投稿者プロフィール

奈良学園大学人間教育学部人間教育学科助教。ペルー リマ市生まれ。京都ノートルダム女子大学卒業。三重大学大学院修了。5年以上に渡り三重県内の小・中学校で外国人児童生徒巡回相談員として、外国人児童生徒を支援。NGO大阪ラテンアメリカの会副会長。三重県津市で開かれた「外国人集住都市会議2017」で「当事者として考えるニューカマーの子どもたちの現状と課題」と題した基調講演を行った。

関連記事

コメント

  1. アバター

    E Testosterone Finasteride Propecia Keflex And Breastfeedng Where Can I Purchase Prandin In Europe [url=http://bakgol.com]acheter viagra pfizer france[/url] Vendita Cialis In Italia Pfizer Celebrex Discount Propecia En Perros

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
23
12:30 PM 「ことばの意味」をあらためて考え...
「ことばの意味」をあらためて考え...
3月 23 @ 12:30 PM – 4:00 PM
公開シンポジウム 「ことばの意味」をあらためて考える-真理条件的意味論を越えて– コリン・イテン著『認知語用論の意味論』の刊行を発端に「真理条件的意味論」を越えるとはどういうことか、あらためてことばの意味をどう考えるべきか、文の意味と真理の関係は何か、そもそも意味論と人間の認知能力との関係は何かを考える。これらの問題は、言語学、認知科学、言語哲学にまたがる重要なトピックである。天地春色に満ちたころ、東京都の名所、清澄庭園にて、この現代的トピックを4名の論者が、あらためて深く掘り下げて自由に語りあう饗宴に、皆様、ぜひご参加ください。 認知語用論(関連性理論)の意味論 武内 道子(神奈川大学名誉教授) 真理条件・表意・コミュニケーション 峯島 宏次(お茶の水女子大学特任准教授) Mind(心/脳)の内と外?生成文法・関連性理論・認知言語学 今井 邦彦(東京都立大学名誉教授) 意味と指示?内在主義的意味論の観点から 西山 佑司(慶應義塾大学名誉教授・明海大学名誉教授) 司会 黒川 尚彦(大阪工業大学専任講師) 会場:清澄庭園 大正記念館(〒135-0024 東京都江東区清澄3丁目3-9) 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅下車 A3口 徒歩5分 日時:2019年3月23日(土) (開場12時)12時30分~16時 参加:無料(事前申し込みwebページhituzi.co.jp/symposium_20190323/経由でお申し込み下さい。問い合わせはtoiawase@hituzi.co.jp、 03-5319-4916まで、当日参加可) なお、庭園は150円の入場料で見ることができます。大正記念館は庭園の外にあり、無料です。 主催:ひつじ書房
4月
7
1:30 PM OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 1:30 PM – 5:00 PM
日本国内でACTFL-OPI試験官養成ワークショップが開催されて30年になります。 これまでに1000名ものOPIテスターを輩出してきました。 OPIワークショップ日本開催30周年を記念して、シンポジウムを開催します。 講演、パネルディスカッションを通して、社会と繋がり、社会を切り拓く、 日本語教育と日本語OPIを考え提案します。 ぜひご参加ください。 【協力】日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社 【内容】 開催挨拶:新城 宏冶(株式会社アルク取締役) 講  演:鎌田 修(南山大学元教授) OPI活用事例事業の紹介:株式会社アルク 【パネルディスカッション】 司   会:奥野由紀子(首都大学東京 准教授) パネリスト:山下 渉(楽陽食品株式会社管理部 部長) 伊東 祐郎(東京外国語大学 教授) 嶋田 和子(アクラス日本語教育研究所 代表理事) 講   演:牧野成一(プリンストン大学 名誉教授) 【協力】 日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社
5:10 PM OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 5:10 PM – 7:00 PM
OPIワークショップ日本開催30周年記念シンポジウムの懇親会です。
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
ページ上部へ戻る