[基調講演を行う国際移住機関(IOM)のウィリアム・レイシー・スウィング事務局長]

「外国人と進める地域の活性化」国際ワークショップで各地の取り組みを共有

外務省と国際移住機関(IOM)が主催し、自治体国際化協会(CLAIR)が後援する、第9回外国人の受け入れと社会統合のための国際ワークショップ「外国人と進める地域の活性化」が1日、都内で開かれた。国際移住機関(IOM)のウィリアム・レイシー・スウィング事務局長は基調講演で、増加傾向にある国際移住者の現状と、様々な地域での取り組みを共有し、日本に移住する外国人との共生について、さらなる取り組みが必要であると述べた。

つづいて韓国忠清南道行政区特別制作アドバイザーのシム・ナリ氏は、海外識者の立場から、課題はあるとしながらも、韓国で国際移住者により地域が活性化した事例を共有した。忠清道地域の郊外では、国際結婚で移住してきた住人が農林水産業のGDPを押し上げ、ゲストハウスやレストラン、工芸品などの新たなサービスを生み出してきたこと、都市部では労働者として移住してきた住人がいわゆる「単純労働」の担い手となって活躍し、地元の店舗で消費をするため、地元住民から歓迎されている事例をあげた。

明治大学国際日本学部教授の山脇啓造氏がモデレータを務めるパネルディスカッションでは、岡山県美作市長の萩原誠司氏、北海道東川町立東川日本語学校校長の三宅良昌氏、三重県津市立敬和小学校教頭の金児由美氏、アールアドバンス株式会社代表取締役の綾戸高志氏がパネリストとして参加し、各地の外国人受け入れ事例を紹介した。

岡山県美作市ではベトナムのダナン大学と協定を結び、市の予算で日本語講師を現地に派遣する事業や、地元の企業で急増する技能実習生の相談に乗るためのベトナム語講座を開講するなど、積極的な海外交流を促進しながら、地域の労働力不足の解消と、地域からの理解を得るための努力をしてきた。萩原市長は「(外国人労働者は)文化社会の担い手でもあり、肯定的に捉えていくことが大切」と強調した。

町立日本語学校を運営する北海道東川町では、写真の町として30年以上も町をあげて国際交流を推進してきており、2009年から短期日本語研修を始めてきたのは自然な流れであったとした。部外者にも寛容な町の風土が育ってきたことを共有した。三宅校長は「町が経営する日本語学校を通して、町民に何を伝え、何を残すかが大切だと考えている」と意気込みを述べた。

児童の45%が外国にルーツを持つ子どもが通う三重県津市の敬和小学校では、外国人が定住するためには、子供が安心して通える学校が必要だとの考えのもと、小学校に転入する前に、市の職員と民間ボランティアによるマンツーマン指導で初期の生活日本語を3~4カ月かけて指導し、独自の津市版日本語能力把握スケールを用いて学習到達度をはかり、小学校生活になじめるような環境を整えている。また、自分のルーツや親を肯定する人権教育、母語の重要性を伝えることによるアイデンティティの形成を促している。

九州地方で外国人採用支援を行う企業の代表の綾戸氏は、地方の中小企業が人材不足に悩むが、外国人採用のノウハウや、受け入れの準備ができずに、九州で学ぶ留学生の多くが東京を中心とする都市部の企業に就職している実態を指摘し、特に外国人社員を雇用したことのない企業では、「採用目的の明確化、言語化、入社後のケアのためのメンター制度の設計が重要だ」と述べた。

「外国人と進める地域の活性化」で議論された事例は、日本の縮図であり、規模の大小にかかわらず、すでに各地で様々な取り組みが行われ、そのケーススタディが蓄積されてきたことを示した。しかしながら、それは地域が抱える人口減少問題や意図せぬ外国人住人の急増に伴い、それぞれのやり方で努力を続けてきた結果である。いよいよ日本として、歯止めのきかない人口減少と、その抑制に寄与している国際移住者に対し、社会統合など包括的な政策を示さねばならない時期が来たようだ。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
29
10:30 AM 計量国語学会 第62回大会 @ 京都教育大学藤森学舎 共通講義棟F12教室
計量国語学会 第62回大会 @ 京都教育大学藤森学舎 共通講義棟F12教室
9月 29 @ 10:30 AM – 5:40 PM
第62回大会開催のお知らせです。 日時:2018年9月29日(土) 10:30~17:40 研究発表は午後12時30分から 会場:京都教育大学藤森学舎(京都府京都市伏見区深草藤森町1番地)共通講義棟F12教室 大会参加費:1,000円(会員・非会員とも) 特別講義: 10:30〜12:00 荻野綱男「『データで学ぶ日本語入門』ー私ならこう読む」   参加者は「データで学ぶ日本語入門」(計量国語学会編、朝倉書店)をお持ちください.   特別講義だけの参加の場合は参加費無料です 研究発表: 12:30〜17:40 スケジュールの細目は,以下をご覧ください. http://math-ling.sakura.ne.jp/Docs/62.pdf 学会HPにもお知らせを載せました。 当学会非会員の方も参加(聴講)できます.多数の方の参加を望みます.
1:00 PM 多言語化現象研究会 第69回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス
多言語化現象研究会 第69回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス
9月 29 @ 1:00 PM – 5:30 PM
多言語化現象研究会 第69回研究会のおしらせ 2018年9月29日(土) 13:00~17:30 関西学院大学梅田キャンパス  阪急「梅田駅」・大阪メトロ「梅田駅」・JR「大阪駅」下車 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/ 参加費:500円(資料代として)  第一報告  13:00-14:20 報告者:伊奈垣圭映(いながきよしえ)(梁佳惠(りょうよしえ))さん(華僑5世・公立小学校教師) 題目:「日本における中華学校と大阪府内の公立学校での日本語指導の実践について」 要旨:現在、日本全国に中華学校が5校ある(中華人民共和国系:横浜山手中華学校・神戸中華同文学校、 中華民国・台湾系:横浜中華学院・東京中華学校・大阪中華学校)。 報告者は、大阪中華学校から神戸中華同文学校に転校し、小中学生時代学び、日本の大学卒業後、母校の教員となった。自己の経験を踏まえて、来年創立120周年を迎える神戸中華同文学校を中心に、日本における中華学校の概要を紹介する。また、報告者は現在公立小学校に勤務している。1970年以降、新華僑の渡日、1980年からは中国からの「帰国」により学校現場に増え続けている。これら日本語指導の必要な子どもたちの日本語指導の実践の紹介と課題を提示する。 第二報告 14:35-15:55 報告者:札埜(ふだの)和男さん(岡山理科大学教育学部) 題目:「方言教育と国語科教員に見る「国語」意識」 要旨:新学習指導要領では、被災地域での方言使用に言及し方言尊重がうたわれているが、被災地の方言の保存や継承は誰のための取組か不明瞭である。現場では方言教育は重視されない。行われる方言教育も共通語と方言の使い分けや方言の効果を考える学習指導要領に沿った学習に止まり批判的に捉える学習は皆無である。背景には国語科教員の規範意識が介在しているようである。国語科教員への「国語」意識調査や、岡山での方言教育調査の結果等をもとに、国語科教員の 「国語」意識や変わることのない方言教育の様相について論じる。 第三報告 16:10-17:30   報告者:山川和彦さん(麗澤大学) 題目:「観光言語学の課題性について」 要旨:前回の研究会において庄司博史氏から報告があった「観光言語学をとりまく風景」を受けて、観光と言語に関連する課題領域の中で、特に多言語に関する政策の変化を取り上げていく。近年の訪日外国人旅行者のブームは、1997年に施行された「外国人観光旅客の来訪地域の多様化の促進による国際観光の振興に関する法律」によってサポートされてきた。 施行されてから20年、この法律は今年4月に改正されている。今回の発表では、この法律改定など考察することで、日本の観光政策が「多言語」をいかに考えているか、検討していく。 (研究会終了後、近くで懇親会を予定しています。) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 初めての方も歓迎します。準備の都合上、出席の方のみ、かならずメールで、できれば懇親会出席の有無とともに、事務局までご連絡ください。特に質問などない限り出席通知には受領確認の返事はしませんのでご了承ください。 研究会への連絡、質問は事務局へ直接お願いします。 会場となる関西学院大学大阪梅田キャンパスは阪急梅田駅 茶屋町口改札口より北へ徒歩5分のアプローズタワーで、同じ建物内にホテル阪急インターナショナル、梅田芸術劇場などがあります。 第70回研究会は12月8日(土)に、奈良県立大学で開催予定。報告者も募集中! 研究会への連絡、質問は事務局 へお願いします。 多言語化現象研究会事務局:webmaster☆tagengoka.sakura.ne.jp(☆を@でおきかえてください) 研究会ホームページ: http://www.tagengoka.sakura.ne.jp/
ページ上部へ戻る