訪日外国人と保険:保険で守る、留学生の生活

※公益財団法人入管協会の広報誌「国際人流」2018.2号に掲載された記事を転載しています。

インタビュー 木内 健太 日本語学校協同組合 事務局長

無保険時代を経て

1980年代の留学生10万人計画を経て、2008年から始まった留学生30万人計画も数字的には目標達成が見えてきました。ここ数年で日本語学校自体の数も急増し、最近では経営母体が教育とは関係のない企業が設立した学校も増えて話題になっています。学生も、かつては大学の国費留学生や大学等への進学を前提とした留学生が多数を占めていて、進学のために日本語を学ぼうとする来日がほとんどでした。近年は、高等教育機関に加え、専門学校・専修学校への進学や日系企業等への就職を目的としたケースなど多様化しています。そういった多様な目的を持った留学生を受け止めているのが現在の日本語学校です。

2012年には日本に3ヵ月以上滞在する外国人は国民健康保険(国保)への加入が義務付けられましたが、1980年代は国保にすら入れませんでした。このため、何の補償もないまま日本に留学、病気にかかったり事故にあって大変な苦労をした留学生と学校の苦い経験があるのです。いまでは留学生を対象とした保険に関する関心と理解が広まりつつあり、取扱い会社も種類も増えてきました。それでも留学生30万人を目指すこの時代に、600校以上ある日本語学校に在学中の留学生で保険に加入している数はまだ5~6割ではないでしょうか。

保険会社と学校のつながり

日本語学校協同組合は、約80校の日本語学校、各種学校、専門学校、大学が加盟、補償制度「留学生プラン」は学校ごとに契約パターンを決めていただき、約14,000人の学生に加入いただいています。公平性を保つために全員加入を原則としています。

日本は「国民皆保険制度」が確立されていますが、先進国では公的保険ではなく民間の保険が中心の制度となっている国もあり、無保険の国民を多く抱える国もあります。また「国民皆保険」とはいうものの留学生など海外から来た人の加入・補償について完全には整備されていないのも実情です。

留学生に限らず、年齢の若い学生本人に保険が必要かと直接聞けば「要らない」という反応となりますが、保護者に保険の説明をすればすぐ入れてくれと加入希望となります。子を思う親心はどこの国でも同じです。あとは、国保に入ればそれでいいということではないので、学生を受入れる学校の理解が必要となります。例えば、アメリカの大学などは留学生が入学・進級手続き時に「保険の加入・更新」を条件としていますが、日本ではそうなっていません。

国保で、留学生の事故の全てをカバーできるわけではありません。国保では賠償責任はカバーされず、自転車による賠償事故は多発しています。また、国保では留学初年度に病気やケガをして高額な治療費がかかった場合、自己負担限度額(高額療養費)判定の所得区分については地方自治体の判断にゆだねられていて、2年目以降より高額な自己負担額となることがほとんどです。学生の所得が明らかに非課税区分であっても、そうならないこともあり、矛盾があります。外国人を受け入れていくのであれば、年金制度も含め公的社会保険制度の更なる改革も必要です。

交通ルール無視による事故の多さ

保険の請求内容では交通事故、中でも自転車の事故は多発しています。死亡事故も毎年のように発生しており、車と自転車の接触事故によって相手側の車の修理費用を支払うというケースは日常茶飯事です。留学生の母国との交通事情の違いもありますが、交通ルールを守らなかったために事故にあったケースがほとんどで、信号無視、一時停止無視などが原因の大半です。 昨年発生した自転車での死亡事故も、深夜のアルバイト帰り、幹線道路交差点での赤信号無視によるものでした。信号を守っていればと悔やまれてなりません。

また、タクシーと留学生の自転車の接触事故のケースでは、組合事務局への第一報が事故から3ヵ月も経ってからで、タクシー会社からタクシー修理代約90万円の学生過失割合分30% の請求が学生に届いたがどうすればよいかということでした。詳しく聞けば学生は学校に報告することなくケガの治療も受けていて、約70万円の治療費が病院で未払い状態となっているということでした。どうして3ヵ月も連絡をくれなかったのかとお聞きすると、学生の母国からはその学生しかいなかったのでコミュニケーションが不足し、ケガをしている様子だったが授業を休むというほどではなかったので学校も分からなかったとのこと。タクシーの修理費については組合の補償で対応し、治療費未払い分は修理代を払う代わりにタクシー会社側の加害者請求で処理するよう交渉し示談となりました。

保険には、死亡補償に加え、学生本人がケガや病気をした場合の傷害・疾病治療費用、相手にケガを負わせた場合の対人賠償や対物賠償に対する個人賠償責任補償、病気で長期入院することになり母国から家族が看病のため来日した場合の救援者費用、といった補償があります。事故やご請求の内容は千差万別で年間約4,000件の請求件数がありますが、もし留学生が保険に入っていなければ、支払い能力を超えてしまい、加害者・被害者双方が「どうしようもない」状態になり、被害者側は泣き寝入りするしかないということになりかねません。

また、死亡事故案件では、アフリカ出身の学生の病気死亡のケースで、死亡補償の請求に必要な公的書類の取り付けを学生の友人に託したところその友人と連絡が取れなくなってしまい、学校としてはお手上げ状態だったのを、組合事務局がその国の駐日大使館と連絡を取り、参事官に書類の取り付けをお願いし、無事お支払いできたということもありました。

今後は、学校の理解が一層進むことを期待し、学生には交通ルールを守って事故にあわないよう気をつけてほしいと思います。病気や事故によって留学生活をあきらめることになっては残念です。留学生30万人時代に向けて、留学生の保険加入者が増え、だれもが日本での留学を安心して過ごせるようになるとよいと願っています。
(インタビュー/構成 国際人流編集室)

<訪日外国人と保険2:ケガした、させた~留学生ヒヤリとした事例>

学生向けのパンフレットは、日本語以外に英語、中国語(簡体字・繁体字)、ベトナム語版がある。

日本語学校協同組合
東京都千代田区九段南2-3-9 サン九段ビル2F
http://www.jlic.or.jp/

木内 健太(きうち・けんた)

木内 健太(きうち・けんた)「にほんごぷらっと」事務局

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム事務局スタッフ。日本語学校協同組合専務理事兼事務局長、木内インターナショナル(株)代表取締役、創業当時の昭和61年から30年以上にわたって留学生の保険に取り組んでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
18
4:00 PM 第9回 全養協日本語教師採用合同... @ ワイム貸会議室 高田馬場
第9回 全養協日本語教師採用合同... @ ワイム貸会議室 高田馬場
1月 18 @ 4:00 PM – 8:00 PM
日本語教師採用に前向き日本語教育機関と 日本語教師・日本語教育機関スタッフ志望者が直接面談できる場をご提供します。 金曜日のお仕事帰り、学校帰りにお立ち寄りください。会場は高田馬場駅から徒歩2分! 【入場無料・入退出自由・服装自由】 第9回全養協日本語教師採用合同説明会 (東京・高田馬場) 【2019年1月18日(金)開催】
1月
26
全日 日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
1月 26 – 2月 23 全日
講座概要  「やさしい日本語」とは、普通の日本語情報に、「人為的な加工」を施して、多くの人にとって理解しやすい情報にする取り組みです。外国人、高齢者、身体障害者といった情報弱者に必要な情報を提供し、また彼らの伝えたい情報をくみとることができるようになります。  大規模災害の際の情報提供はもちろん、平時における自分たちコミュニケーションスタイルの見直し、外国籍住民との交流や、インバウンド観光客へのアプローチなど、様々な面での応用が、大規模なコストをかけることなく実現できる可能性を秘めています。  「やさしい日本語」は「苦行」ではなく、「易行」です。「やさしい日本語」はやさしい日本人の心の中にあります。  この講座で「やさしい日本語」を是非ご体験ください。 講座回数 5 回 日 程2019-01-26(土) ~ 2019-02-23(土) 15:00 ~ 16:30 (1) 1月26日(土) 「やさしい日本語」の歴史と多文化共生社会 担当:三原 龍志 (2) 2月2日(土) 「やさしい日本語」と防災 担当:近藤 正憲 (3) 2月9日(土) 「やさしい日本語」と行政サービス 担当:近藤 正憲 (4) 2月16日(土) 「やさしい日本語」と観光 担当:近藤 正憲 (5) 2月23日(土) 「やさしい日本語」と私 担当:近藤 正憲
2月
2
1:30 PM 地域で活躍する日本語ボランティア... @ 新宿文化センター
地域で活躍する日本語ボランティア... @ 新宿文化センター
2月 2 @ 1:30 PM – 5:25 PM
研修会1「日本語の教え方 7つの勘所」 時 間  :13:30~14:40 講 師  :金子史朗(友ランゲージグループ校 教頭) テーマ書籍:未定 概 要  :どうしたら学習者にわかりやすく教えられるだろうか? どうしたらもっと学習者を授業に引きこめるだろうか?…これらは、日本語を教える人なら誰でも思うことではないでしょうか。その答えにつながるアイデア、工夫、心構えなどについてお話しし、明日の授業に活かせるヒントを探っていきたいと思います。 研修会2「読む!考える!初中級読解」 時 間  :14:50~16:00 講 師  :清水正幸、下郡麻子、沖中晃子 テーマ書籍:『日本語学習者のための 読解厳選テーマ25+10〔初中級〕 概 要  :文法も語彙もまだまだ積み上がっていない初級のレベルで、「読解なんて無理!」と思っていませんか?本書は、学習者の好奇心をくすぐる読み物を通して、読むだけではない「考える授業、話す授業」へ広げることを目標に作りました。学生との協働の中で必ず指導する側にも新たな発見があるはずです。読んで設問に答えるだけの授業から一歩抜け出し、意見を持つ力、伝える力を育ててみませんか? セミナーでは、いくつか実践例をお見せしながら皆さまといっしょに考えたいと思います。 研修会3「学習者と地域をつなげるための日本語学習支援」 時 間  :16:15~17:25 講 師  :宿谷和子(にほんごの会企業組合) テーマ書籍:『いっぽ にほんご さんぽ 暮らしのにほんご教室 初級3』 概 要  :近年、様々な背景を持って来日した在留外国人の増加に伴い、日本語学習の機会を提供する地域日本語教室は日本で生活するうえで欠かすことのできない存在になっています。『いっぽ にほんご さんぽ 暮らしのにほんご教室』は地域の教室で日本語を学習する学習者とその支援者のために作られた教材です。週1~2回の限られた学習機会に無理なく必要な日本語を学習できるように考慮されています。この研修会では最近刊行された『初級3』の内容をご紹介しながら、これからの支援者に何が求められているのか一緒に考えてみたいと思います。
2月
3
全日 「具体的な状況設定」から出発する... @ 早稲田大学早稲田キャンパス
「具体的な状況設定」から出発する... @ 早稲田大学早稲田キャンパス
2月 3 全日
スケジュール: 09:30 受付開始 10:00 開会 10:10-12:00 パネルセッション1 「留学生の就職活動に必要な日本語スキルとは」 12:30-14:30 ポスター発表 14:40-16:30 パネルセッション2 「『打つ』言語行動におけるSNSの使⽤実態と教材化の可能性」 *「「具体的な状況設定」から出発する日本語ライティング教材の開発」プロジェクトとは? 朝起きて「由美ちゃんに会ったら,この間のお土産のお礼を言おう」と思うことはあっても,「由美ちゃんに会ったら,イ形容詞/過去形を使って話そう」などと思うことはありません。私たちは,常に具体的な状況において,具体的な実践を伴いながら,ことばを選び,使っています。しかし,日本語教育の教材や教室では,まだ「イ形容詞を導入する」「過去形が使えるようになる」といったように,語彙や文型から出発するアプローチが主流です。このプロジェクトでは,このような問題意識に基づき,具体的な状況から出発したら,日本語はどのように見えるか,日本語教育の教材や教室はどのように変わるかを考えます。 <募集するポスター発表の内容> 上のような問題意識やプロジェクトの趣旨に関連する言語研究,言語教育研究,コミュニケーション研究,教育実践に関する考察を広く募集します。また,このプロジェクト自体は「ライティング」「書く」「打つ」に焦点をあてたものですが,それ以外の技能(「聞く」「話す」「読む」など)に関するものも大歓迎です。(未発表のものに限ります。他研究会,学会との重複応募はご遠慮ください。)
ページ上部へ戻る