町の中国事務所が手掛ける「日本語教育ツーリズム」――体験旅行で日本語を――(第5回)

町の中国事務所が手掛ける「日本語教育ツーリズム」――体験旅行で日本語を――(第5回)


[「親子で学ぶ日本語&スキー教室」に参加し、午前中は日本語を学ぶ参加者]

「うさぎおいし、かのやま♪♪~」――北海道東川町立東川日本語学校の食堂に元気いっぱいのたどたどしい歌声が響いた。中国上海近郊から親子日本語ツアーに参加した中国人観光客の一団。10日間の旅程のうち、4日間の午前2時間を日本語学習にあて、それ以外の時間をスキー教室や周辺の観光にあてる人気のツアーだ。訪れたこの日は14家族35名が日本語を学んでいた。

このツアーを手掛けるのは、元東川町役場の職員で、現在は東川町中国事務所で国際交流顧問も務める王雪(ワン・シュエ)さんだ。中国事務所とは、東川町の公式海外オフィスで、主に東川町の広報と日本語学校への留学生募集窓口という性格を持つ。上海道草文化传播有限公司の何錫岳(ハー・シーユエ)さんと「日本語教育ツーリズム」を企画した。背景にあるのは、中国人観光客のトレンドの変化だという。以前のような団体旅行は人気がなくなり、体験型の個人旅行プランが台頭してきている。

王さんは体験型の個人旅行の一つに、日本語学習があってもよいのではないかと思いついた。旅行者として日本に来る時に、片言でも日本語を使ってみたいという声があるのを以前から知っていたからだ。そこで、充実した日本語研修施設と自然豊かな東川町の強みを生かした日本語とスキーを体験するツアーを呼びかけた。その呼びかけに応えて一定の人数のツアー客が集まった。


[東川町中国事務所の王雪さん・左と、何錫岳さん・右]

今回の王さんのように、町で働いた経験のある外国人が、町を好きになり、海外から新たな観光客を呼び寄せてくれる。まさに人の輪が結ぶ好循環。他の自治体からはうらやむ声が聞こえそうだ。東川町で学ぶ留学生の中には、王さんに限らず町のファンとなって帰国する学生が少なくないという。台湾では帰国した留学生が「台湾東川会」を設立し、帰国後も継続的に東川町とネットワークをつくりあげ、人材交流が続いている。ほかの国でも同じような動きがでてきているそうだ。

地方であっても、一度訪れると町の良さを広めてくれ、新たな観光客を呼び寄せてくれる。このような好循環の起点にも町立日本語学校が位置づけられている。北海道東川町の長期戦略には確実に日本語学校が重要な役割を持っており、その成功の兆しはすでに見えてきているように思えた。


[初級クラスで特別授業を行う「やさしい日本語ツーリズム研究会」の吉開章氏]

「外国人観光客は日本語を使いたいのです」。こう話すのは「やさしい日本語ツーリズム研究会」事務局長の吉開章氏だ。吉開氏は今回の東川日本語学校訪問にあたり、初級クラスで特別授業を受け持った。「やさしい日本語」は近年、様々なメディアで取りあげられ注目されている。外国人住人が増加する自治体において、災害時に外国人にもわかりやすく情報を伝えるために考え出されてきた経緯がある。吉開氏はさらに進めて災害時や緊急時だけでなく、「なかよくなる」ための「やさしい日本語」の普及を目指す。

特別授業で吉開氏が留学生に確認をしていたのは、日本人が「やさしい日本語」でもっと話してくれた方がいいのかどうか、という点だ。いわゆるツーリストではない留学生でも、休日に観光地に行けば、観光客となるからだ。初級クラスの留学生たちは口をそろえて、「もっと日本語で話したい」と答えていた。

第6回:東川町のファンを増やす短期日本語研修――好循環が生まれ―― につづく
特集ページトップに戻る

特集:日本語教育と地方創生

人口減少が急速に進む地方都市において、日本語学校を地域の活性化に結びつけている町があるのをご存じだろうか。北海道旭川空港から東に車で15分の東川町だ。2015年10月、日本初の公立日本語学校を開校し、町をあげて外国人留学生を歓迎している。「偽装留学生」や「デカセギ留学生」などと揶揄されることが多い昨今、地方の公設の日本語学校がどのように留学生と付き合っているのか。雪深い町立東川日本語学校を訪ね、その実情を通して、日本語教育と地方創生の可能性について考えてみた。

アバター

阿久津 大輔(あくつ・だいすけ)「にほんごぷらっと」編集長

投稿者プロフィール

日本語教育情報プラットフォーム設立時より事務局を担当し、フェイスブックページ「日本語教育情報プラットフォーム」の管理人として情報を発信。2017年9月よりネットメディア、言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」編集長。専門分野は外国人人材のキャリアプランニング。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Cialis Prezzo In Svizzera Diflucan Without Prescription 150 Mg [url=http://rxbill7.com]where to buy cialis online safely[/url] Compatibility Of Cephalexin And Doxycycline

  2. アバター

    Price Of Levitra 20 Mg Staph Aureus Keflex [url=http://via100mg.com]viagra online[/url] Viagra Vs Cialis Vs Levitra Reviews Levitra Conditionnement

  3. アバター

    Hello, i believe that i saw you visited my weblog thus i got here to return the choose?.I am
    attempting to find issues to improve my website!I suppose its adequate to use a few of
    your ideas!!

  4. アバター

    Hi there it’s me, I am also visiting this web
    site daily, this web page is in fact good and
    the people are really sharing good thoughts.

  5. アバター

    Hey There. I found your blog using msn. This is an extremely well written article.
    I’ll make sure to bookmark it and return to read more of your
    useful information. Thanks for the post.
    I will certainly return.

  6. Terrific work! This is the kind of info that are meant to be shared across
    the web. Disgrace on Google for no longer positioning this
    submit higher! Come on over and talk over with my site .

    Thanks =)

  7. Incredible quest there. What happened after?
    Good luck!

  8. Wow, superb blog layout! How lengthy have you been running a blog for?

    you make running a blog look easy. The entire glance of your web site is great,
    let alone the content material!

  9. Thanks for sharing your thoughts. I really appreciate your efforts and I will be waiting for your further write ups
    thank you once again.

  10. Thank you for every other great post. Where else could anybody get that type
    of information in such an ideal means of writing?

    I have a presentation next week, and I am on the search for such info.

  11. Every weekend i used to pay a visit this web
    site, because i want enjoyment, since this this web site
    conations actually pleasant funny material too.

  12. Hey! Do you use Twitter? I’d like to follow you if that would be okay.
    I’m undoubtedly enjoying your blog and look forward to new posts.

  13. Howdy! I understand this is sort of off-topic however I needed to ask.
    Does building a well-established blog like yours require a large amount
    of work? I am brand new to operating a blog however I do write in my diary daily.

    I’d like to start a blog so I can easily share my personal experience and feelings online.
    Please let me know if you have any kind of suggestions or tips for brand new aspiring blog owners.
    Appreciate it!

  14. Appreciation to my father who informed me about this weblog,
    this web site is really awesome.

  15. Terrific article! This is the kind of information that should be shared across the internet.
    Shame on Google for not positioning this put up higher!
    Come on over and talk over with my website . Thanks =)

  16. I like the valuable information you provide on your articles.
    I will bookmark your blog and take a look at once more right here frequently.
    I am moderately sure I’ll be informed many new stuff proper here!
    Good luck for the following!

  17. アバター

    Howdy just wanted to give you a quick heads up.
    The text in your article seem to be running off the screen in Internet explorer.
    I’m not sure if this is a format issue or something to
    do with web browser compatibility but I
    figured I’d post to let you know. The design and style look
    great though! Hope you get the issue fixed soon. Thanks

  18. アバター

    Undeniably believe that that you stated. Your favorite justification appeared to be at the internet the easiest factor to take note of.

    I say to you, I definitely get annoyed whilst people consider
    worries that they just don’t understand about. You
    controlled to hit the nail upon the top and outlined out the entire thing without having
    side-effects , other folks could take a signal. Will likely be again to get more.
    Thanks

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
23
12:30 PM 「ことばの意味」をあらためて考え...
「ことばの意味」をあらためて考え...
3月 23 @ 12:30 PM – 4:00 PM
公開シンポジウム 「ことばの意味」をあらためて考える-真理条件的意味論を越えて– コリン・イテン著『認知語用論の意味論』の刊行を発端に「真理条件的意味論」を越えるとはどういうことか、あらためてことばの意味をどう考えるべきか、文の意味と真理の関係は何か、そもそも意味論と人間の認知能力との関係は何かを考える。これらの問題は、言語学、認知科学、言語哲学にまたがる重要なトピックである。天地春色に満ちたころ、東京都の名所、清澄庭園にて、この現代的トピックを4名の論者が、あらためて深く掘り下げて自由に語りあう饗宴に、皆様、ぜひご参加ください。 認知語用論(関連性理論)の意味論 武内 道子(神奈川大学名誉教授) 真理条件・表意・コミュニケーション 峯島 宏次(お茶の水女子大学特任准教授) Mind(心/脳)の内と外?生成文法・関連性理論・認知言語学 今井 邦彦(東京都立大学名誉教授) 意味と指示?内在主義的意味論の観点から 西山 佑司(慶應義塾大学名誉教授・明海大学名誉教授) 司会 黒川 尚彦(大阪工業大学専任講師) 会場:清澄庭園 大正記念館(〒135-0024 東京都江東区清澄3丁目3-9) 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅下車 A3口 徒歩5分 日時:2019年3月23日(土) (開場12時)12時30分~16時 参加:無料(事前申し込みwebページhituzi.co.jp/symposium_20190323/経由でお申し込み下さい。問い合わせはtoiawase@hituzi.co.jp、 03-5319-4916まで、当日参加可) なお、庭園は150円の入場料で見ることができます。大正記念館は庭園の外にあり、無料です。 主催:ひつじ書房
4月
7
1:30 PM OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 1:30 PM – 5:00 PM
日本国内でACTFL-OPI試験官養成ワークショップが開催されて30年になります。 これまでに1000名ものOPIテスターを輩出してきました。 OPIワークショップ日本開催30周年を記念して、シンポジウムを開催します。 講演、パネルディスカッションを通して、社会と繋がり、社会を切り拓く、 日本語教育と日本語OPIを考え提案します。 ぜひご参加ください。 【協力】日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社 【内容】 開催挨拶:新城 宏冶(株式会社アルク取締役) 講  演:鎌田 修(南山大学元教授) OPI活用事例事業の紹介:株式会社アルク 【パネルディスカッション】 司   会:奥野由紀子(首都大学東京 准教授) パネリスト:山下 渉(楽陽食品株式会社管理部 部長) 伊東 祐郎(東京外国語大学 教授) 嶋田 和子(アクラス日本語教育研究所 代表理事) 講   演:牧野成一(プリンストン大学 名誉教授) 【協力】 日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社
5:10 PM OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 5:10 PM – 7:00 PM
OPIワークショップ日本開催30周年記念シンポジウムの懇親会です。
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
ページ上部へ戻る