町立日本語学校が起点となる町の活性化――松岡町長に聞く――(第2回)

町立日本語学校が起点となる町の活性化――松岡町長に聞く――(第2回)


[町立東川日本語学校の校舎入り口にかかる看板]

全国初の公立日本語学校を有する北海道東川町を訪れ、松岡市郎町長にその取り組みを聞いた。

――2015年10月に全国初の公立日本語学校を設立されていますが、町の取り組みについて教えてください。

東川町は国際化に力を入れています。1985年より写真の町として条例を作ってきているが、これに加えて、世界の中の東川として町をつくることを目標としています。人口が減少し、過疎の町であった時代、町内にある専門学校にはピーク時で600名を超える生徒が在籍し、(学生たちが町にいてくれたおかげで)過疎化を克服してきました。とはいっても少子化の影響は避けられず、現在は4分の1の150名程度に減少してしまい、町が用意した学生寮にも空き室が目立ってきていました。このままだと田舎の町の人口減少に歯止めをかけた専門学校が消えることになるという危機感を持ちました。

「学校を守ることは、町を守ることである」と考えを巡らせて、道内や国内の生徒獲得競争ではなく、今後付き合いが深まり、ポテンシャルの高いアジアからの外国人留学生を増やし、定住していただくことに町の戦略をシフトしてきました。

日本語学校設立に先立って2009年からは、町で短期の日本語研修を提供し、日本語研修を通じて日本文化を伝え、人を育てること、町で良い体験をして気持ちよく帰ってもらうというローテーションを組みました。これがとても好評です。

きっかけがありました。台湾から町に滞在していた方が、台湾人は写真も好きだし、日本語も勉強している。町に来たい人もいるはずと教えてくれた。また、韓国から町の専門学校に留学していた方からは、韓国の都市と東川町が若者の交流をするのはどうかと提案してくれた。この提案にすぐに飛びつき担当者を派遣しました。

この事業に兆しが見え、短期の研修ではなく年間を通じて町を体験してもらうことはできないかと、町立日本語学校の設立を意思決定しました。そして2015年10月には日本初の公立日本語学校を開校することになりました。


[松岡市郎・北海道東川町長。2003年より現職]

――日本語学校の経営にはコストがかかると思いますが、どのようなモデルなのでしょうか。また、納税者である住民は納得されているのでしょうか。

町に住む外国人は食事もするし、旅行にもお金を使う。でも観光に来る外国人は町ではなかなかお金を使わない。

(日本語学校を運営すると)留学生から授業料を得るので、町の収入が増える。留学生が住人となって町で消費することになり、町の経済発展につながり、同時に町で働く若者の雇用も創出している。日本語学校の校舎内に併設されている食堂で提供するランチは、町で採れた食材を活用し、経済の活力を生んでいる。

外国人が住人となれば国からの交付税も増加する。国勢調査に基づく人口に応じて国から地方交付税が交付されており、これには留学生も含まれます。例えば、留学生280名が人口にカウントされればその人数分の交付税が増える。町はその交付税を公共サービスに還元している。具体的に言えば、高齢者タクシーのチケット配布や、保育サービスの充実、公共施設への投資、道路の補修、その他社会福祉に分配している。

町の職員には、留学生は出身の国にお金を持って帰るのではない。町で消費するから恩恵をもたらすという考えを浸透させてきた。ただ、住人からは奨学金制度による学費や寮費の補助など、外国人にだけ手厚い制度を設けているとの批判が出ている。住人への告知が不十分であったので、これからはしっかりと浸透させていきたい。

――どのような留学生を町は応援しているのでしょうか。

短期研修の場合は、町を知ってもらうことで、つながりを大切にしている。長期の留学生となると、やはり定住していただく人材を育てたい。国の一億総活躍では、介護離職ゼロを目指すとしているが、とにかく地方には人材がいない。技能実習制度を活用して介護人材を連れてくる動きがあるが、日本語力は不足している。日本語のコミュニケーション力が高い人材を育てないといけない。

――留学生の就職は都市部、特に東京近郊が多いが、地方ではどうか。

日本で働きたいという学生は多い。また、地元就職を希望する学生も多い。北海道では隣の市の旭川市が2番目の都市。ベトナムの交流協会が新たにできている。また、地元企業と留学生をマッチングする説明会も開催している。卒業生で地元企業に就職しているものもいる。

――地域住民と留学生はどのような関係性をつくっていますか。

生活者としてみると、留学生はいかに地元と触れ合うかが大切。生きた日本語を身につけ、日本を肌で知ってもらうことになる。住人も外国人との暮らしを受け入れるとよい。もとが開拓民であるから外からの人に優しいし、相手がわかれば外国人と日本語でコミュニケーションができるようになる。日本語学校の授業のあと、午後の時間は、地域の囲碁や俳句などの文化団体の活動に参加してもらって、地域住民とつながりをつくっている。ただ、若者が少ないので、留学生と同年代の日本人との交流はなかなかうまくいかない。

――町に定住する外国人は増えていますか。

ベトナムやウズベキスタン等の国際交流員を町の職員として配置して、外国人子弟の支援をしている。教育施設は充実させてきているので、隣の旭川市からわざわざ外国人が住みに来ている。また、外国人だけでなく日本人も住みに来ている。教育に力を入れていこうとしているが、地元の高校からは国立大学に進学することはほとんどないが、今年は地元で育った外国人のお子さんが国立大学への合格を目指している。外国人住民から日本人が刺激を受けてくれたらよい。

松岡町長のインタビューからは、日本語学校を起点に活性化しようとする姿勢が見て取れた。町立日本語学校の取り組みは、生活者としての外国人は、地域経済を活性化させるということを前提に、地方交付税を上手に使い、町の経済が循環するモデルを形成しているように思えた。(聞き手:阿久津大輔・にほんごぷらっと編集長)

第3回:町立の日本語学校モデルとは?――三宅良昌校長が描く町の将来―― につづく
特集ページトップに戻る

特集:日本語教育と地方創生

人口減少が急速に進む地方都市において、日本語学校を地域の活性化に結びつけている町があるのをご存じだろうか。北海道旭川空港から東に車で15分の東川町だ。2015年10月、日本初の公立日本語学校を開校し、町をあげて外国人留学生を歓迎している。「偽装留学生」や「デカセギ留学生」などと揶揄されることが多い昨今、地方の公設の日本語学校がどのように留学生と付き合っているのか。雪深い町立東川日本語学校を訪ね、その実情を通して、日本語教育と地方創生の可能性について考えてみた。

アバター

阿久津 大輔(あくつ・だいすけ)「にほんごぷらっと」編集長

投稿者プロフィール

日本語教育情報プラットフォーム設立時より事務局を担当し、フェイスブックページ「日本語教育情報プラットフォーム」の管理人として情報を発信。2017年9月よりネットメディア、言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」編集長。専門分野は外国人人材のキャリアプランニング。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    [url=http://buypropranolol.us.com/]buy propranolol[/url] [url=http://buyatenolol.us.com/]atenolol price[/url] [url=http://lisinoprilnorxprice.com/]lisinopril[/url] [url=http://buyanafranil.us.org/]ANAFRANIL FOR DEPRESSION[/url]

  2. アバター

    [url=http://cialispillsprice.com/]5mg cialis[/url] [url=http://lexapro.us.org/]lexapro[/url] [url=http://propecia.us.com/]propecia[/url] [url=http://viagracompareprice.com/]home page[/url] [url=http://buycheapgenericviagraonline.com/]viagra no rx[/url] [url=http://buypropecia247.us.org/]buy propecia[/url]

  3. アバター

    [url=http://zithromaxpills.doctor/]purchase zithromax z-pak[/url]

  4. Just want to say your article is as astounding. The clearness in your
    post is just great and i could assume you are an expert on this subject.
    Fine with your permission let me to grab your RSS feed to keep updated with forthcoming
    post. Thanks a million and please carry on the gratifying work.

  5. Excellent blog! Do you have any tips for aspiring writers?
    I’m hoping to start my own site soon but I’m a little lost on everything.
    Would you propose starting with a free platform like WordPress
    or go for a paid option? There are so many options out there that I’m totally overwhelmed ..
    Any ideas? Thanks!

  6. Hi there! I could have sworn I’ve been to this website before but after browsing through many of the posts I realized it’s
    new to me. Nonetheless, I’m definitely pleased I stumbled upon it and
    I’ll be bookmarking it and checking back frequently!

  7. Sling tv coupons and promo codes for november 2018
    Interesting blog! Is your theme custom made or did you download it from
    somewhere? A theme like yours with a few simple adjustements would really make my blog stand out.
    Please let me know where you got your theme. Many thanks
    sling tv coupons and promo codes for november 2018

  8. アバター

    excellent post, very informative. I’m wondering why the
    opposite experts of this sector don’t notice this.
    You must continue your writing. I am confident,
    you have a great readers’ base already!

  9. アバター

    Hi! I realize this is sort of off-topic however I needed to ask.
    Does operating a well-established website like yours require a large amount of work?
    I am brand new to running a blog but I do write in my diary every day.
    I’d like to start a blog so I can share my experience and views online.
    Please let me know if you have any kind of ideas or tips
    for new aspiring bloggers. Appreciate it!

  10. アバター

    Hello outstanding website! Does running a blog like
    this take a massive amount work? I’ve absolutely no knowledge of computer programming
    but I had been hoping to start my own blog soon. Anyway,
    if you have any recommendations or techniques for new blog owners please share.
    I understand this is off subject nevertheless I simply needed to ask.
    Thank you!

  11. I like what you guys are usually up too. This kind of clever work and reporting!
    Keep up the excellent works guys I’ve included you guys to my blogroll.

  12. I really like reading a post that can make men and women think.
    Also, many thanks for permitting me to comment!

  13. fantastic submit, very informative. I wonder why the other specialists of
    this sector do not notice this. You should continue your writing.

    I am sure, you’ve a great readers’ base already!

  14. アバター

    What’s up mates, its impressive piece of writing about educationand completely explained, keep it up all the time.

  15. Very good info. Lucky me I ran across your website by chance (stumbleupon).
    I have saved it for later!

  16. You could definitely see your enthusiasm in the work you write.
    The arena hopes for more passionate writers such as you who aren’t afraid to say how they believe.
    All the time follow your heart.

  17. of course like your web-site but you need to check the spelling on several of your posts.

    A number of them are rife with spelling issues and I find it very
    troublesome to inform the truth however I will surely come again again.

  18. アバター

    Thank you for any other informative site. Where else may I get
    that kind of info written in such a perfect method?
    I’ve a undertaking that I am simply now running on, and I have been on the look out for such info.

  19. Greetings! Very helpful advice within this article! It’s the little changes that produce
    the biggest changes. Thanks a lot for sharing!

  20. I was wondering if you ever thought of changing the structure
    of your site? Its very well written; I love what youve got
    to say. But maybe you could a little more in the way of content so
    people could connect with it better. Youve got an awful lot of text
    for only having one or two pictures. Maybe you could space it out better?

  21. I am curious to find out what blog system you are utilizing?
    I’m having some small security issues with my latest website and I’d like to find something more safe.
    Do you have any recommendations?

  22. Hey! I know this is kind of off topic but I was wondering if you knew where I could find a
    captcha plugin for my comment form? I’m using the same blog
    platform as yours and I’m having problems finding one?
    Thanks a lot!

  23. My brother recommended I may like this blog. He used to be totally right.
    This post truly made my day. You can not believe simply how a
    lot time I had spent for this information! Thank you!

  24. If you would like to grow your knowledge just keep visiting this site and be updated with the most up-to-date information posted here.

  25. Hi there! I’m at work browsing your blog from my new iphone!

    Just wanted to say I love reading through your blog and look forward to all your posts!

    Carry on the excellent work!

  26. I was curious if you ever considered changing the structure of your
    blog? Its very well written; I love what youve got to say.

    But maybe you could a little more in the way of content so people could connect with
    it better. Youve got an awful lot of text for only having 1
    or 2 pictures. Maybe you could space it out better?

  27. This is my first time visit at here and i am in fact pleassant to read everthing at
    one place.

  28. Your mode of explaining all in this post is genuinely nice, every one be capable of simply know it,
    Thanks a lot.

  29. アバター

    excellent points altogether, you simply won a
    new reader. What would you recommend about your post that you made some days ago?
    Any certain?

  30. アバター

    Hi to all, for the reason that I am in fact keen of reading this web site’s post to be updated on a regular basis.
    It contains fastidious information.

  31. アバター

    Hey! I just wanted to ask if you ever have any trouble with hackers?
    My last blog (wordpress) was hacked and I ended up losing many months of hard work due to no backup.

    Do you have any methods to protect against hackers?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

4月
28
9:30 AM 日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
4月 28 @ 9:30 AM – 3:30 PM
日本語教師のための実践勉強会」日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」  ※【満員御礼】4月14日「教師力アップ!JLPT対策講座」 キャンセル待ち多数、同一内容での開催のご要望多数! 好評につき追加開催決定しました! 今回はリクエスト企画といたしまして、ご要望の多かった JLPT対策講座 「教師力アップ!JLPT対策講座」1日集中セミナーです。 ********** ★第1部:「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  を2部制で開催します。  【セミナー概要】 「日本語能力試験対策をこれから始める方・教えている方向けのセミナー」です。  第1部: 「効果的な文法対策の教え方とは?」 皆さんは、JLPT対策の教え方に悩んでいませんか。  JLPT対策を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT対策を教えるが、教え方がわからない」 「文法の教え方に悩んでいる」 「学習者がなかなか文法が定着しない」 「JLPT対策のテキストがうまく使いこなせない」 「総合テキストの中の文法や語彙とJLPT対策の文法の教え方の違いがわからない」 「文法の類似表現の教え方がわからない」 など、日本語教師の方々のお悩みの方は少なくなりません。 第1部では「文法」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 JLPT対策の教え方は通常の授業の教え方とは異なります。  日本語学校では指定の教材で決められたスケジュールの下に、  各教師が工夫しながら教えなければなりません。 日本語学校や専門学校、また企業研修などでは教師裁量で教えるというところも多いようです。 また、プライベートレッスンでも教師裁量で教師が工夫しながら教えなければなりません。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。 ある日突然、JLPT対策を担当し、  非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験のある教師も少なくありません。  ただ単に与えられたスケジュールと教材をこなすだけでは効果は上がりません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 工夫次第では単調になりがちな試験対策の授業も  学習者がワクワクするような授業づくりが可能です。 単なる問題を解かせ、答え合わせをするだけの試験対策の授業では意味がありません。  では何のために、わざわざレッスンをするのでしょうか。  それは教師が学習者に「合格させるためのコツ」を教える必要があるからです。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  「合格させるためのコツ」とは何でしょうか。 勉強会では単なる試験対策での教え方にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、  「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎JLPTとは? ✔︎JLPT対策の文法とは?  ✔︎JLPT対策を教える上での指導上のポイント  ✔︎授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「市販教材を使って効果的な教え方を考えよう」 など 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  JLPT対策の読解を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT読解対策を教えるが、教え方がわからない」 「非漢字圏学習者と漢字圏学習者の混合クラスで教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者の読解力が上がらず、教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者に読解を教える際に、学習者が難しいと言って諦めてしまい、授業がうまくいかない」 「非漢字圏学習者の読解を教える際に、学習者に何を教えるか指導すべきポイントがわからない」 「読解の授業は設問に答えさせ、答え合わせをするというような単調な授業になってしまう」 「JLPT対策の読解の授業と通常の読解の授業との教え方の違いがわからない」 など、頭を悩ませている日本語教師の方が少なくありません。 JLPTの合格の分かれ道は、「読解」です。  いかに、読解で高得点を叩き出すかが問われます。  今回は「読解」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  N2合格者でも読解のスコアが低かったり、読解苦手だという声も少なくありません。 ある日突然、JLPT対策を担当し、非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験の教師も少なくありません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 勉強会では単なる試験対策での読解にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、 「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎通常授業の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解の指導上のポイントと授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「読解嫌いな学習者の教え方を考えよう」  など 「三人寄れば文殊の知恵」 教え方には「マニュアル」はありません。  教え方の幅を広げ、教え方の引き出しをたくさん作ってみませんか。  皆さんで効果的な授業を考えてみませんか。  きっと明日への授業のヒントが見つかるはずです。  一人で悩まずに皆さんでお悩みをシェアしてお悩み解決の糸口を探しましょう!  皆さんで、キラキラ輝く日本語教師になりましょう。 ******** 【好評につき追加開催決定】 日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」 【主催】「日本語教師のための実践勉強会」【日時】:4月28日(日) ★第1部:9:30- 12:00「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部:13:00- 15:30「効果的な読解対策の教え方とは?」 【会場】:千葉県千葉市中央区富士見1丁目13-9 千葉センタービル3階A号室  【参加費】:5000円  ペア割(2人以上):4,500円 ※お申し込み時にお知らせください。 […]
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
5月
24
3:00 PM <2019年度大養協 春季大会シンポジ... @ 早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室
<2019年度大養協 春季大会シンポジ... @ 早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室
5月 24 @ 3:00 PM – 6:30 PM
本シンポジウムでは「改正入管法」に伴って日本社会において日本語教育がどのように変化し、これをどのように推進し実践していくべきかについて議論を深めます。 イベント詳細 2019年度 大養協春季大会シンポジウム 「改正入管法」と変化する日本語教育    周知の通り、2018年12月に外国人労働者の受け入れ拡大を目指す「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律(所謂、「改正入管法」)」が成立し、公布されました。特に特定1号外国人に対して、日常生活上、職業生活上又は社会生活上の支援を実施することが求められ、日本語教育は重要な課題の一つとなりました。さらに、超党派からなる日本語教育推進議員連盟は、国の責務として日本語教育を推進する法の準備を進めており、ここでも外国人労働者を雇用する企業に対し日本語学習を支援するよう求めています。  まさに、新たな日本社会が到来し、日本語教育の存在力が問われているといってよいでしょう。しかし、その一方で、日本語教師の待遇・高齢化やその資質と能力のあり方、各学習者に見合った短期間で効果的に日本語教育を行う方法の見直し等、課題は山積しております。また、都市圏と地方の違いも無視できません。  以上の問題意識から、本シンポジウムでは、日本語教育を推進している国会議員、外国人技能実習生の受け入れ監理団体及びそれに対する日本語教育関係者、外国人支援の専門家をお招きし、「改正入管法」に伴って日本社会において日本語教育がどのように変化し、そしてどのようにこれを推進し実践していくべきかを皆様と一緒に議論を深めたいと思います。   日時:2019年5月24日(金) 15時~18時30分 会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室 参加費:会員:1,000円、非会員:1,500円   <スケジュール> 14:30~15:00  受付開始 15:00〜           春季大会シンポジウム 司会:酒井順一郎(九州産業大学教授) 15:00~15:05  開会の挨拶 山本忠行(大養協代表理事 創価大学教授) 15:05~15:35 「『改正入管法』に伴う外国人労働者受け入れの課題と日本語教育」  山下ゆかり(NPO法人グローバルサポートセンター代表理事、行政書士) 15:35~16:05 「介護関連在留資格と日本語教育の強化」  宮崎里司(早稲田大学教授) 16:05~16:35 「外国人技能実習生の事業から見た「改正入管法」と日本語教育の問題点」  又賀良子(協同組合エヌケーユー代表理事 兼 東西商工協同組合企画部部長) 16:35~16:45  休憩 16:45~17:15 「日本語教育は外国人の受け皿の担い手になれるのかー『改正入管法』と日本語教育推進基本法案の視点からー」  田中宝紀(NPO法人青少年自立援助センター定住外国人支援事業部責任者) 17:15~17:45 「日本語教育推進基本法案と新たな日本語教育とは」  里見隆治(参議院議員、日本語教育推進議員連盟事務局次長) 17:45~18:25  パネルディスカッション・全体討論  パネラー:上述の報告者、在住外国人の方々(予定) 18:25~18:30 閉会の挨拶 鎌田美千子(大養協副代表理事 宇都宮大学准教授)
ページ上部へ戻る