町立の日本語学校モデルとは?――三宅良昌校長が描く町の将来――(第3回)

町立の日本語学校モデルとは?――三宅良昌校長が描く町の将来――(第3回)


[初級コースのクラスでは、終始なごやかに授業がすすむ。中央が三宅校長]

「オリンピックが終わったら日本語ブームが終わりではない」「日本語学校は短期的な利益を追求するのではなく、10年・20年と続く前提で考えなければならない」自信を持ってこう発言するのは、東川町立東川日本語学校の三宅良昌校長だ。三宅校長は元国語教師。高等学校の国語科教諭を経て二校の高校で校長を経験。2003~2008年には東川町の教育長を務めたベテランだ。

まだ雪がちらつく2月8日に東川町立東川日本語学校を訪問し、三宅校長に話しを聞いた。

東川町立東川日本語学校は、2015年10月に全国で初となる公立日本語学校として設立された。1985年より写真の町として国内外に開かれた町をつくってきた。2009年に韓国の中高生33名を受け入れ、東川町短期日本語・日本文化研修事業をスタートさせてきた。町として長期の留学生に日本語を教える日本語学校の設立は自然な発想であったようだ。

短期日本語研修では3か月以内の期間で9歳から70歳までの学生が学ぶ。町立日本語学校の役割は、町の未来への投資だという。日本語学校に来る留学生に楽しく勉強してもらい、良い気持ちで帰ってもらうことに注力をしているそうだ。なぜなら町のファンを増やすことが、将来の観光客の誘致やリピート客、次の学生の獲得につながることを長年の取り組みから、経験的に理解をしているからだ。

それだけではない。町立日本語学校を設立したのも、短期だけでは町の良さがわからない。ぜひ長期滞在をしていただき、日本語能力をきちんと身につけるとともに、年間を通した町の生活を経験してほしいとの想いがあったのだ。

東川日本語学校は、小学校の旧校舎を改装した東川町文化芸術交流センター内につくられた。小学校の教室をそのまま活用した開放的な空間で留学生は学ぶ。募集定員は1年コースが40名、6か月コースが40名、町内の学生寮で寝食を共にする。1日の授業は45分1コマの4時間制。午後には自習・試験対策のほか、豊富に用意された地域住民の主催する日本文化学習を選択して参加する。午後の自習時間を多くとるため、短期間での日本語能力向上が可能なのだそうだ。事実、日本語能力検定試験(JLPT)受験者の合格率は非常に高い水準で推移しているという。


[小学校旧校舎を改装した東川町文化芸術交流センターには地元出身の芸術家の作品が展示されている]


[校舎内に併設されている食堂はNPOが運営。町で採れた食材を活用している]

日本文化授業の時間では、茶道や日本舞踊などの文化体験や、東川町の特色である木工や陶芸、写真などの体験学習、大雪山国立公園の麓ならではの自然体験、近隣の動物園や科学館、美術館の見学、研修旅行として北海道の人気観光地を巡るなど、様々な活動が用意されている。

また、同様に1~3か月の短期日本語研修も継続しており、こちらは年間で多いときは300名弱の研修生に日本語を指導する。日本語指導のほか、文化体験や自然体験もプログラムに組み込まれており、町のファンを増やす仕組みが整っている。

日本語教師は元小学校教諭も多く、常勤が6名、非常勤が19名、課外活動専門のスタッフが1名の26名体制で指導にあたっている。

「この町で日本語を勉強してもらうことは、この町が活性化するという意味です。この町に来たら幸せが共有できる。それが東川町です」と三宅校長は熱心に語る。昔から東川町は外に開かれた町づくりをしてきており「小地球村」という発想を持ってきたのだそうだ。短期的な経済効果は二の次で、大切なのは日本の良さを東川町として伝えるということなのだそうだ。

その特色は留学生募集にもあらわれている。「地方の田舎の町立学校に来てくださいではなく、選んで来ていただく」という発想のもと、留学生募集のエージェントに、町の方針や理解をしていただいた方を紹介してもらうのだそうだ。現在は5か国にわたる企業または個人に海外事務所を委託し、勝手のわかったパートナーとして、町の特徴を伝えている。

三宅校長は、町の長期的な考え方を理解している町民はそれほど多くはないという。だが、地域の住民で留学生に対して世話好きな人たちが何人もいて、言葉では理解できなくても、話しかけたり、かまったりして、行動で触れ合えているのだそうだ。このような「住人と留学生とのふれあいが、本当の日本理解につながると思う」と結んだ。

第4回:町立日本語学校のソロバン勘定――やり繰り上手なお役所仕事―― につづく
特集ページトップに戻る

特集:日本語教育と地方創生

人口減少が急速に進む地方都市において、日本語学校を地域の活性化に結びつけている町があるのをご存じだろうか。北海道旭川空港から東に車で15分の東川町だ。2015年10月、日本初の公立日本語学校を開校し、町をあげて外国人留学生を歓迎している。「偽装留学生」や「デカセギ留学生」などと揶揄されることが多い昨今、地方の公設の日本語学校がどのように留学生と付き合っているのか。雪深い町立東川日本語学校を訪ね、その実情を通して、日本語教育と地方創生の可能性について考えてみた。

阿久津 大輔(あくつ・だいすけ)「にほんごぷらっと」編集長

投稿者プロフィール

日本語教育情報プラットフォーム設立時より事務局を担当し、フェイスブックページ「日本語教育情報プラットフォーム」の管理人として情報を発信。2017年9月よりネットメディア、言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」編集長。専門分野は外国人人材のキャリアプランニング。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
22
全日 カイロ大学文学部日本研究センター... @ カイロ大学
カイロ大学文学部日本研究センター... @ カイロ大学
9月 22 – 9月 23 全日
カイロ大学文学部日本研究センター国際シンポジウム 「明治以降の日本の経験から学ぶ―明治150周年を迎えて―」 発表者・共催・協賛大学募集のお知らせ この度、カイロ大学文学部・日本研究センターでは、活動始めの行事として「明治以降の日本の経験から学ぶ―明治150周年を迎えて―」と題するテーマで国際シンポジウムを開催する運びとなりました。 平成30年(2018年)の今年は、明治150周年に当たります。明治以降、日本は多岐にわたる近代化への取り組みを行い、現在の日本という国の基本的な形を築き上げたことから、その道のりと取り組みには高い注目が集まっています。特にエジプトでは,日本が科学技術立国となった理由や背景を聞かれることが多々ありますが、これまで日本の近代化の過程や経験の分析が十分になされてきたとは言えません。明治150周年という節目を迎え、明治以降になされた日本の国づくりや近代化のプロセスを日本並びに中東地域の研究者の視点から、議論・分析することは,現在、人材育成に力を入れ、地域の経済・産業大国化を目指しているエジプト(などの諸外国)にとって、有効な視点を提示することができるのではないかと思われます。このような観点から, 今回のシンポジウムでは、多岐・多様な分野における発表を募り、日本の近代化の経験からの学びや活用方法等について議論する場とできればと希望しております。是非皆様のご参加を賜り、充実したシンポジウムにいたしたく、ここにご案内申し上げます。   テーマ: 明治以降の日本の経験から学ぶ―明治150周年を迎えて― 会期:2018年9月22日(土)~23日(日) 会場:カイロ大学施設 【シンポジウム内容・テーマ】 ①教育改革(教育制度・教育と社会・大学) ②産業革命(最先端技術 ・省エネルギー・再生可能エネルギー・環境) ③外交:日本と国際社会(明治以降の日本外交・中東対策・日本と国際社会・平和学) ④文化(文学と美術・翻訳・日本語教育・大衆文化) ⑤パネル・ディスカッション「明治以降の日本の経験から学ぶ―明治150周年を迎えて」    応募方法・スケジュール: ■発表者募集開始:2018年5月10日 ■応募方法:以下の書類・情報を締め切りまでに指定のメールアドレスまでお送りください。 (1)申請書(添付) (2)テーマ:上記①から④までのテーマから1つを選択 (3)発表題名(日・英) (4)要旨①:英語(400語) (5)要旨②:アラビア語(400語)乃至は日本語(800字) (6)パスポート・コピー ■メールアドレス: (meiji150.cu.nikken@gmail.com) ■担当者:森田誠亮、アシュラフ・アブドルカーデル(センター事務局) ■宿泊予約:限定数にてカイロ大学ゲストハウス(キャンパス内)をご用意できます。 一人部屋:一泊 35ドル、二人部屋:一泊 50ドル(現地払い) ただし、部屋数に限りがありますので、応募種類と一緒にご希望を明記のこと。定数に達した場合には,カイロ市内のホテルをご案内いたします。 ■発表応募締切り:2018年7月21日(土) ■採否決定:2018年8月上旬(採用となった発表者のみ通知をお送りします。) ■発表原稿の締め切り:2018年8月31日(金) ■プログラム最終決定:2018年9月上旬 共催・協賛・協力団体のご参加を希望される場合、下記の連絡先までお問合せください。 連絡先 カイロ大学文学部・日本研究センター E-mail:cjs.head@cu.edu.eg 担当: ワリード・イブラヒム(センター長・実行委員長) ワリード・F・イブラヒム カイロ大学文学部教授 日本研究センター長
1:30 AM やさしい日本語を話そう ー2020年... @ 高洲公民館 
やさしい日本語を話そう ー2020年... @ 高洲公民館 
9月 22 @ 1:30 AM – 4:00 AM
やさしい日本語を話そう ー2020年に向けて お・も・て・な・しー日付 平成30年9月22日(土曜日) 開催時間 午後1時30分 から 午後4時00分 まで 場所 高洲公民館 [高洲公民館] 対象 18歳以上 内容 「やさしい日本語」とは、外国人にもわかるように配慮した「わかりやすい日本語」のことです。 外国語を使わなくても、外国人にも分かりやすい日本語でコミュニケーションができます。 では、地域で暮らす外国人に何かを伝えたいとき、私たちはどんな日本語で話せばいいのでしょう・・・ この講座で、外国人との暮らしやすい地域づくりについて、一緒に考えませんか? 講師 吉開 章 氏(やさしい日本語ツーリズム研究会) 荻嶋 初栄 氏(ヒューマンアカデミー) http://www.city.urayasu.lg.jp/ev…/shogai/takasu/1023440.html
ページ上部へ戻る