「技能実習生にとっての日本」――誰のための実習期間延長なのか?

「技能実習生にとっての日本」――誰のための実習期間延長なのか?

法務省の統計によると、2017年6月末時点で、約25万人の技能実習生が日本に住んでいます。在日外国人は247万人ですから、10%を占め、留学生も約29万人ですから、約12%です。約1年前のデータですから、1年後には確実に増えているでしょう。多くの報道で、全体の20%以上を占める実習生・留学生が、日本の産業を支えているということを見聞きします。

昨年11月から一定の条件の下、実習期間の延長(+2年)・受け入れ人数枠の拡大を始めました。また、2018年4月には、「5年満了の実習生及び同等の能力を有するものにさらに+5年の在留を認める法案を提出する」という報道がありました。まだ、細則が決まっていないので、具体的なことはわかりませんが、この報道以後、介護業界を中心に歓迎ムードが高まっているように感じます。

現在でこそ、経済格差と、「日本」というブランドのおかげで、毎年、日本に来る実習生・留学生は増加しています。しかし、経済格差もいつまでも今のままではなく、日本というブランドも、こと「出稼ぎ先」に限っては、マイナス・イメージが増えていることも事実です。建設や縫製等の実習生は、非常に希望者が少なく、人材募集に非常に苦労しています。

決して多くない5年滞在を希望するベトナム人

日本の現場が期待している長期滞在型(3年以上)の外国人人材ですが、こと実習生及び、現在、「出稼ぎ留学生」と揶揄される留学生に限れば、10年どころか、まず5年の滞在を希望する人材も決して多くないと考えています。私がそう考える理由をいくつが挙げてみます。

(1)ベトナム人の家族に対する考え方が日本とは異なる点

日本で3年を満了し、+2年のつもり、帰国したとしても、空港で、3年ぶりに両親・配偶者・子どもをはじめとした家族に会い、故郷に帰って、さらに家族・親戚・友人に会い、昔懐かしいベトナム料理を食し、「やはり故郷がいい」と考えが変わっても全くおかしいと感じません。3年はもちろん、+2年も、家族帯同は認められていません。むしろ、家族愛が異常に強いベトナム(恐らく他の東南アジア諸国も同様でしょう)において、3年、離れることすら、空港で、抱き合って、目を腫らして、泣く泣く別れますから、そこからさらに+2年をヨシとする文化なり風土なのかと言われると、自信を持って、「そうだ」とは答えられません。私自身も父になって、わかりましたが、子どもがとても小さい状況で、3年も直接、顔を見られない状態は、胸が張り裂けるほど辛いです。この感覚は、ベトナム人に限らず世界共通でしょう。

(2)実習生の期間を延ばしても、制度上、全ての企業が人手不足の解消ができるとは限らない点

3年間は、例外を除き、基本的に、会社を変えることは非常に少ないですが、+2年は、同職種であれば、企業を変えることが可能です。送り出し機関も、間に入る監理団体も変更が可能です。愛社精神や御恩と奉公のような意識が日本に比べて希薄な実習生において、少しでも、待遇や人間関係に不満があれば、あっさり企業を変更されることでしょう。外国人に限らず、給料が高い企業に人材が集まるのは当然の流れです。今、自社で働いている実習生が、3年満了後も、仮に+2年の希望があったとしても、自社に残ってくれる保証はどこにもありません。

(3)ベトナム人にとっての幸せ

改めて言いますが、ベトナム人にとっての幸せとは、経済的な豊かさより、精神的な豊かさです。お金がたくさんあるよりも、家族と共に健康に過ごすことのほうが幸せだと考える傾向にあります。そのため、いつまでも家族が離れ離れの状態で、ヨシとは言えないのです。このお国柄を知らずに、実習生にWi-fi環境を与えない受け入れ企業も未だに少なからず存在しますが、それによって起こるリスクを全く考えられていないと非常に残念に感じます。

まして10年滞在を希望するベトナム人がどこまでいるのか

次に+5年(計10年)についても、どこまで希望者がいるのか懐疑的に見ています。理由は、+2年とほぼ同様です。

(1)二重のハードル

実習生の場合、+5年の資格は、5年を満了し、さらに試験合格等の一定の条件をクリアした場合に限るとの報道内容ですが、上記の通り、+2年の希望者が少ない可能性がある以上、まず、この+5年の入り口に立てる人材も同様に少ない可能性が高いです。この考え方は介護分野でも同様です。介護福祉士資格を取得した場合、「就労」への資格変更をできるとなっていますが、国家試験の受験資格を充たす人材がどこまで増えるのかは、現状、非常に不安視しています。

(2)仮に家族帯同が認められなかった場合

一時帰国等は、実習生に比べ、自由度は増すとは思われますが、それもタダではありませんし、基本的には離れ離れですから、足掛け10年もそれを望む人間がいるのかという問題があります。

(3)5年後なり10年後の人材送り出し国との経済格差の問題

現状でこそ、ベトナムの最賃がハノイ等の都市部で2万円にも満たず、世帯月収でも5万円に届かない家庭出身の実習生も多く、日本で、1ヵ月10万円から15万円もらえるとなれば、法外な出国費用を請求されても希望する人材はまだ存在します。ベトナムに限れば、毎年、最低賃金が上昇し、2018年現在、都市部で398万VND(2016年270万VND)ですので、ここ3年で、47%もアップしていることになります。昇給率は徐々に下がっていて、直近は6%です。仮に年率5%で進めば、5年後の2023年には500万VNDを超えます。※1円=211VND(2018年4月20日現在)

現在の平均月収は300~400USD/月と言われていますが、最賃とのバランスを考えると、5年後には、500~600USD/月の世帯数も多くなる可能性が非常に高いです。出稼ぎ労働力にとって、経済格差が2倍を切ったら、魅力が半減すると言われていますが、5年後で、辛うじて、2倍を維持できているかどうかという状態です。10年後に至っては…。

限界を迎えた技能実習制度

日本の産業構造として、ほぼ全ての業界で、中小企業が経済を支えています。さらに実習生を雇用している企業も圧倒的に中小企業が多く、その本音は「日本人より安いから」というのが必ずあります。人件費を抑えたい企業が、外国人が満足できる給与をいつまで提示し続けることができるのかという問題に必ず直面します。仮に家族帯同が不可だった場合、「人材は欲しいけど、家族も呼ばないで、期間満了後は帰国してね」という、相手の国・国民性のことを全く考えていない非常に自分勝手な制度であると言わざるをえません。

悲観的なことを書いていますが、私自身は外国人の受け入れには賛成です。日本の全業界が、外国人無しには成り立たない状況に陥っています。ただ、建て前が崩壊している技能実習制度、現行のまま期間を計10年まで延長することには賛成できません。現状ですら、既に歪が出ており、日々、ネガティブな報道ばかりがされています。もちろん、実習生を家族のように扱い、3年間、何ごともなく、笑顔で帰国する実習生が多数いることも知っています。ただ、それでも、この制度は限界にきていると言わざるをえません。日本側にしても、送り出す国にしても、外国人材本人にしても、制度に関わる全ての人間がwin-winの状態になれる制度設計が必要だと考えています。

実習生送り出し機関日本語教師

実習生送り出し機関日本語教師寄稿者

投稿者プロフィール

大阪の商社を退社後、2013年10月、日本語教師養成講座修了。同年12月、日本語教育能力検定試験合格。2014年に渡越から約3年半、外国人技能実習生に日本語を教えている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Hi there, just became aware of your blog through Google, and found that it’s really informative.
    I’m going to watch out for brussels. I will
    appreciate if you continue this in future. A lot of people will be benefited from your writing.
    Cheers!

  2. アバター

    Having read this I thought it was rather informative.
    I appreciate you finding the time and energy to put this information together.
    I once again find myself personally spending a significant amount of time both reading and commenting.
    But so what, it was still worthwhile!

  3. It’s truly a great and helpful piece of information. I am
    satisfied that you simply shared this helpful information with us.
    Please stay us up to date like this. Thank you for
    sharing.

  4. I’m curious to find out what blog system you are working with?
    I’m experiencing some small security problems with
    my latest blog and I would like to find something
    more secure. Do you have any suggestions?

  5. Hi, I want to subscribe for this blog to obtain latest
    updates, therefore where can i do it please assist.

  6. you are in point of fact a good webmaster. The website loading pace
    is incredible. It sort of feels that you are doing any distinctive trick.
    Moreover, The contents are masterpiece. you have performed a fantastic job in this topic!

  7. アバター

    Thankfulness to my father who stated to me about this website,
    this website is genuinely awesome.

  8. Hi, yup this article is in fact nice and I have learned lot
    of things from it regarding blogging. thanks.

  9. Really when someone doesn’t be aware of then its up
    to other users that they will assist, so here it happens.

  10. Descargar facebook
    I’m not sure exactly why but this weblog is loading incredibly slow for me.
    Is anyone else having this issue or is it a problem on my
    end? I’ll check back later on and see if the problem still exists.
    Descargar facebook

  11. Have you ever considered about adding a little bit more than just your articles?
    I mean, what you say is important and all. However imagine if you added some great photos or videos to give your posts more, “pop”!
    Your content is excellent but with images and video clips,
    this website could undeniably be one of the best in its field.
    Very good blog!

  12. Wonderful goods from you, man. I have understand your stuff previous to and you’re just too excellent.
    I actually like what you have acquired here, really like what you are saying
    and the way in which you say it. You make it enjoyable
    and you still care for to keep it smart.
    I cant wait to read far more from you. This is actually a great site.

  13. I visit every day some web pages and sites to read articles or reviews, however this weblog provides quality based articles.

  14. アバター

    I read this piece of writing fully concerning the resemblance of
    hottest and preceding technologies, it’s amazing article.

  15. Wow, that’s what I was seeking for, what a data! present here at this website, thanks admin of this
    website.

  16. Great article, exactly what I needed.

  17. Hello! I just wanted to ask if you ever have any problems with
    hackers? My last blog (wordpress) was hacked and I ended up losing many months of hard work due to no data backup.
    Do you have any solutions to protect against hackers?

  18. Hi there friends, fastidious paragraph and pleasant urging commented here, I am in fact enjoying by these.

  19. アバター

    I do believe all the ideas you’ve introduced in your post.
    They’re very convincing and can definitely work. Still, the posts
    are too short for starters. Could you please prolong them a bit from subsequent
    time? Thank you for the post.

  20. アバター

    Hello! This post could not be written any better! Reading
    this post reminds me of my good old room mate!

    He always kept chatting about this. I will forward this page to him.
    Fairly certain he will have a good read. Thanks for sharing!

  21. アバター

    Your style is so unique compared to other people I have read stuff from.

    Thank you for posting when you’ve got the opportunity, Guess I’ll just bookmark this site.

  22. アバター

    Great blog! Is your theme custom made or did you download it from somewhere?

    A design like yours with a few simple adjustements would really make
    my blog stand out. Please let me know where you got your theme.
    Thanks

  23. アバター

    bookmarked!!, I love your web site!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

5月
26
10:00 AM なりたい日本語教師になるためのワ... @ T-space
なりたい日本語教師になるためのワ... @ T-space
5月 26 @ 10:00 AM – 12:00 PM
「質問」と「発問」の違いがわかりますか。  今や、日本語教師に必要なスキルは質問力や説明力ではありません。   発問力です!   「発問」とは何か。 発問とは、質問と違い「はい・いいえ」で答えられるものではなく、学習者の思考や活動を促し、「気づき」に導く問いかけのことです。 つまり、創造的思考を広げることができる問いかけです。   普段我々は、この違いを認識して授業をしているでしょうか。 学習者の反応や定着が悪いのは一体何が原因なのでしょうか。   文型導入するとき、どんな問いかけをしていますか? 会話イラスト、グループワーク、発表、モチベーションアップ・・・全ての活動に問いかけは必要です。   日本語教師は文法説明やイラストの準備にだけ時間をかけるのではなく 授業におけるファシリテートをもっと分析しなければ、学習者を育てる授業はできませんよね。   その分析すべき一つが、「発問」スキルです。 その「発問」にルールや法則があったとしたら?   あなたの授業は劇的に変化するのではないでしょか。 授業に活かせる「発問力」を身に付けるために一緒に学びましょう。   日本語教師AYAのワークショップは、知らず知らずのうちにテーマの世界に入っていき、リフレクションして、気が付いたらテーマを理解していたという流れになっています。 ワークとAYAの実践例を交えた解説でしっかりと脳の中に刻まれていくことと思います。   まずは日本語教師が学び、新しい思考を持つこと。思考は体感することでしか変わりません。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 【同日開催 日本語教師交流会JTサプリ】 5月26日(日) 12:30〜13:30 テーマ:入管法改正!やさしく「特定技能」を学ぼう   2019年4月、入管法が改正され日本語教育業界も大きく変わろうとしています。 日本語教師の皆さんはもちろんその変化を感じていることでしょう。  しかし 特定技能の1号2号って何が違うの? 移民とは違うの? 特定技能の14種類って? 特定技能試験ってどんな試験なんだろう。 留学生がビザ変更したいって言うんですけどできるんですか?  こんな疑問を持っている方も少なくないのではないでしょうか。   日本語に携わる全ての人の力になりたい我々インカレックス代表FURUMIと日本語教育コーディネーターAYAがやさしくお教えします。  情報交換することで、日本語教師としての新たな未来が見えてくるかもしれません。 そうです!日本語+1の日本語教師になるために一緒に学びましょう。   ◼参加費1000円  ◼会場 ワークショップ会場と同様   ※JTサプリとは JTとはもちろん Japanese Language Teacher!その日本語教師のサプリメントになるような元気な楽しい交流会です。職場、経験、年齢、歩んできた人生、何もかも違いますが、我々は日本語教育という一つのステージを共有している仲間です。現在の日本語学校の状況を考えると、教師の孤独化が進んでいるのではないかと感じます。学生が増え、それに伴い教師も増えているのが現状ですが、教師同士の交流が希薄になっています。教えることについてじっくり考える時間もなくなり、悩みがあっても相談できない。JTサプリはそんな仲間たちが集まって旬の情報を交換したり、様々なことを相談し合ったり、横のつながりを広げていける会なのです。我々インカレックスも日本語教師の皆さんにスキルアップや働き方のご提案、国内外のお仕事をご紹介させていただきます。JTサプリで日本語教師人生をさらに充実させましょう。  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  「第7回 なりたい日本語教師になるためのワークショップ」  【内容】 ▶︎ワークショップ:日本語教師よ!授業に活かせる発問力を磨け〜アクティブな授業に必要な発問スキル〜 ▶︎交流会:入管法改正!やさしく「特定技能」 を学ぼう   【日時】2019年5月26日(日) 《ワークショップ》   10:00 〜 12:00 (9:45~開場・受付開始) 《交流会 JTサプリ》 12:30 〜 13:30    【会場】  T-space 東京都台東区台東1−11−4 誠心0ビル F4   【注意事項】  ※お問い合わせ、お申し込みにはメールアドレスが必要になります。  ※ご連絡はメールで行いますので、お知らせいただいたメールアドレスに誤りがございますと、ご返事できませんので、ご確認の上お送りくださるようお願いいたします。 また、メール受信制限を設定されている方は下記のメールアドレスの受信制限解除をお願い致します。 s.taniguchi0106@gmail.com   【お申し込み方法】  ※こくちーずのお申し込みボタンよりお申し込みください。  ※お申し込み完了しますと、事務局よりお申し込み完了メールが届きます。  なお、万が一、申込み後事務局よりお申し込み完了メールが届かない場合は、 事務局お問い合わせまでご一報をお願い致します。 ※申し込みをされる際、コメント欄に ①所属先 ②教師歴 ③交流会 参加有無 をご記入ください。 ※ご紹介者がいる場合は、その方のお名前もご記入お願いします。   【お支払い方法】  *会費は当日会場でお支払いください。      【キャンセルポリシー】  ※キャンセルする場合は、必ず事前にご連絡下さい。  キャンセルは会場準備などの都合上、前々日の5月24日 24:00までにご連絡ください。  ※前日・当日キャンセルの場合は後日全額会費をご請求いたします。  ___________________________________ 【講師紹介】 ◇日本語教師・日本語教育コーディネーターAYA◇ 株式会社インカレックス 佐藤綾子 日本語教師・日本語教育コーディネーター 外国人向けビジネスマナー講師 ・1999年からヒューマンアカデミー日本語学校東京校に勤務。非常勤講師を経て専任講師に。3年後再び非常勤講師に戻り、独自の日本語教師の道をさぐり始める。 ・留学生クラス・ビジネス日本語・研修生・帰国子女大手企業向け日本語研修も数多くこなし、初級からビジネス日本語クラスに到るまで様々な指導方法に精通。日本語教師向けに指導提案や勉強会なども行う。 ・2013年日本教育振興協会教育研究大会において「非漢字圏学習者のための漢字ストーリーを使った漢字学習の実践報告~漢字の認識ストラテジーに着目して~」を研究発表する。 ・2016年には日本語教育学会実践研究フォーラムにおいて対話型セッションの発題者として学習者が主体の授業「教えない授業」を研究発表する。 ・2017年日本語学校を退職後、短期間での JLPT 取得を目指し、また現地でのコミュニケーション能力育成にも着目した「脳を鍛えて日本語を習得する」新しい教材開発に着手。 […]
6月
1
全日 日本第二言語習得学会・第19回年次... @ 中央大学多摩キャンパス(3号館)
日本第二言語習得学会・第19回年次... @ 中央大学多摩キャンパス(3号館)
6月 1 – 6月 2 全日
日本第二言語習得学会・第19回年次大会 (J-SLA 2019) ◆日時:2019年 6月1日(土)・6月2日(日) 【大会プログラムはこちら】 【ポスター発表の方へ ポスター発表要項】 ◆場所:中央大学多摩キャンパス(3号館) ◆交通アクセス: http://www.chuo-u.ac.jp/access/ ◆基調講演:Dr. Bill VanPatten Independent Scholar/Input and More LLC formerly with Michigan State University ◆大会参加費(会員) 一般2,000円、学生1,000円(ただし、クレジット・郵貯での支払い) 一般3,000円、学生2,000円(会場支払いの場合) ◆大会参加費(非会員) 一般8,000円、学生5,000円(会場での現金支払いのみ) *2019年度から年会費とは別に、大会参加費が必要です(2018年度第2回総会にて決定)。 *大会参加登録はこちらから。 ◆発表応募送付先:  jsla2019abstracts@gmail.com *発表募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。 <問い合わせ先> J-SLA事務局 若林 茂則 j-sla2019@j-sla.org
ページ上部へ戻る