日本語教育学会春季大会が26、27日の両日、東京外語大で

日本語教育学会春季大会が26、27日の両日、東京外語大で

日本語教育学会(石井恵理子会長)主催の2018年度日本語教育学会春季大会が26、27の両日、東京都府中市の東京外国語大学で開かれる。在留外国人の急増に伴い日本語教育の重要性が注目される中、今大会は「日本語教員養成の新しい役割と可能性」がテーマ。超党派の日本語教育推進議員連盟(河村建夫会長)の日本語教育推進基本法(仮称)制定に向けての議論も大詰めを迎えており、大会での活発な議論が期待される。

大会初日は午前10時から、一般公開プログラムとして大会テーマのパネルディスカッション(入場無料)が開かれる。「日本語指導が必要な子どもたちを取り巻く学習環境を手掛かりとして」を副題に、「日本語教育の視点を持った人材育成」に関して学会会長の石井恵理子東京女子大教授らが議論を行う。

午後からは、第1部が「日本語教育におけるこれからの評価研究を考える」▽「人的・物的リソースを活用した大学間連携ネットワークの形成」▽「日本語学校の質的保証」、第2部が「DLAのダイナミック・アセスメントとしての可能性」▽「食べ物を通した日本語教育」▽「『生活者として外国人』への言語教育に携わる人材はどうあるべきか」と、それぞれ3つのテーマでパネルセッションが開かれる。

2日目は午前、午後に各3会場で口頭発表が行われる。日系ブラジル人や韓国人に関する日本語教育をはじめ、ビジネス日本語、MOOCSにおける日本語オンライン、介護の日本語教育など個別のテーマついて計18件の研究の成果が報告される。このほか、31件のポスター発表も掲示される。

文化庁によると、平成2年に約6万人だった国内の日本語学習者は、27年には3倍余りの19万人に増え、その学習内容も多様化している。そうした中で、今大会で文化庁委託の「外国人児童生徒等教育を担う教員養成・研修モデル開発事業」調査研究部会が、教員養成や研修に関する調査結果を報告。今後の教員養成や研修のありかたを直接説明し、関係者に理解を深めてもらう。

1月に開会した通常国会は、森友・加計問題などで政府与党と野党が激しくぶつかり合い、法案審議が膠着状態となっている。このため日本語教育推進議員連盟の総会も4月まで開かれていないが、立法チームの幹部が基本法案の原案作りを進めている。議連としては連休明けに議論を再開したいとしており、基本法の原案が公表されれば今後の日本語教育の方向性が示されるわけで、日本語教育学会の研究者サイドからも注目を集めそうだ。

以下は、日本語教育学会春季大会の資料

http://www.nkg.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/03/18springprogram.pdf

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Fantastic goods from you, man. I have keep in mind your stuff prior to and you’re
    simply too fantastic. I actually like what you’ve bought here, really like what you are saying and
    the way during which you assert it. You’re making it entertaining and you continue to care for to keep it smart.
    I cant wait to read much more from you. That is really a terrific
    web site.

  2. Can I simply just say what a relief to discover a person that actually understands what they’re talking
    about on the web. You definitely understand how to bring a
    problem to light and make it important. More and more people
    should read this and understand this side of your story.
    I can’t believe you aren’t more popular because you most certainly
    possess the gift.

  3. Hi! I just wish to give you a huge thumbs up for the great info you’ve got right here on this post.
    I will be coming back to your web site for more soon.

  4. Thank you for sharing your info. I truly appreciate your efforts and I am
    waiting for your further post thanks once again.

  5. Ahaa, its pleasant conversation on the topic of this paragraph at this place at this blog, I have read all
    that, so at this time me also commenting at this place.

  6. This is a topic that is near to my heart… Many thanks!
    Exactly where are your contact details though?

  7. Hi there! Do you know if they make any plugins to protect against hackers?

    I’m kinda paranoid about losing everything I’ve worked hard on. Any recommendations?

  8. I like what you guys tend to be up too. This type of clever work and reporting!
    Keep up the very good works guys I’ve incorporated you guys to my own blogroll.

  9. Aw, this was an exceptionally nice post. Taking a few minutes and actual effort to generate a
    really good article… but what can I say… I
    put things off a whole lot and never manage to get anything
    done.

  10. you’re in point of fact a good webmaster. The site loading speed is incredible.
    It sort of feels that you’re doing any distinctive trick.
    Furthermore, The contents are masterpiece. you’ve done
    a wonderful process on this matter!

  11. It’s hard to find experienced people in this particular topic, but you seem like you know what you’re talking
    about! Thanks

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
27
10:00 AM 第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
10月 27 @ 10:00 AM – 5:30 PM
日本語教育学研究における 質的データ分析法の意義と課題 日本語教育学領域において質的データ分析法への関心は、近年、本格的に高まり、分析法を紹介した書 籍の出版もなされるようになりました。一方で、当該データ分析法が、日本語教育研究においてどのような 意味をもつのかについては、それほど議論が進んでいません。そこで、第 46 回研究会では、日本語教育 でも多く実施されるようなった質的データ分析法として、TEA、会話分析、ライフストーリー、M-GTA を取り 上げます。日本語教育に軸足をもつ研究者が、その質的データ分析法を用いて研究を実施することの意 義について、実際に研究を実施した体験談を踏まえて議論します。 登壇者: 北出慶子氏(立命館大学)・山本真理氏(関西学院大学) 三代純平氏(武蔵野美術大学)・牛窪隆太氏(関西学院大学) 日時: 2018年10月27日(土)14:00−17:30 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室 参加費:会員(無料)・非会員(1000 円) ※申し込み方法等、詳細は後日 AJG 研究会 HP、会員 ML にてお知らせします。 第 46 回研究会担当幹事:牛窪隆太、小森万里、寅丸真澄、内藤真理子、三代純平、村上康代、脇田里子 お問い合わせ先: ushikubo@kwansei.ac.jp(牛窪隆太)
10:30 AM 日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
10月 27 @ 10:30 AM – 4:30 PM
日本語教師の日常を断捨離? それなら身近なことからICTを活用しましょう! 授業の準備から生徒の学習状況の共有など、簡単に取り入れられるものを紹介します。また、これからの日本語教師の業務の形を、皆さんと話し合います。 お申し込みはお早めに。
ページ上部へ戻る