和田敦彦・早大教授らがベトナムの日本語資料コレクションの全体像を解明

和田敦彦・早大教授らがベトナムの日本語資料コレクションの全体像を解明

早稲田大学教育・総合科学学院の和田敦彦教授の研究グループが東南アジアの日本語資料の所蔵状況の調査プロジェクトに取り組み、ベトナムに未調査の日本語資料約1万1000点が保管されていることが分かった。詳しく調べた結果、和装本が4084点、洋装本が5642点にのぼり、戦時期も含め日本の文化活動を知るうえで貴重な資料になるという。早稲田大学が同大学のホームページで明らかにした。

同ホームページによると、日本の書物は世界中に広がっており、欧米では多数存在する日本語蔵書の研究が進められてきた。しかし、東南アジアに関してはほとんど調査も行われておらず、今回、和田教授らが国際交流基金などの協力を得て調査、研究を行った。

ベトナムで見つかった1万1000点の日本語資料のうち、和装本は東南アジアでは最大規模の数だという。江戸時代から明治期にかけて刊行された版本が多数を占めており、「類聚国史」や「大日本史」といった日本史領域の文献が含まれていた。また、哲学、思想の分野では本居宣長や平田篤胤ら神道・国学の著述が大部分を占めていた。さらには能や狂言に関する資料もあった。

一方、洋装本(近代の刊行本)は、明治時代の学術書などが多く、第二次大戦中に日本がベトナムに設けたハノイ日本文化館の蔵書が含まれていた。同文化館の関連資料はほとんど残されておらず、戦時期の日本の文化活動を知るうえで、重要な資料であることが分かった。

今回の調査、研究により資料全体の目録ができたことで、ベトナムの蔵書について、より専門的な研究環境が整ったことになる。作成された目録データは、日本の国文学研究資料館のデータベースや欧州各国所蔵の日本古典籍のデータベースとも連携して活用が可能になる。このため、将来は世界各地に存在する古典籍情報を総合的にとらえた研究が進展するのではないかと期待されている。

ベトナムの日本語資料コレクションの全体像を解明 東南アジアにおける日本古典籍資料としては最大規模

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
1
4:30 PM 講演会「ことばの力学~応用言語学... @ 早稲田大学早稲田キャンパス14号館4階403教室
講演会「ことばの力学~応用言語学... @ 早稲田大学早稲田キャンパス14号館4階403教室
6月 1 @ 4:30 PM – 6:00 PM
【講演会「ことばの力学~応用言語学への招待~」(6/1)】 ことばは知らない間に人間の行動を左右します。標準語と方言、英語と現地語など、複数の言語が関わる状況では、優劣を生み出す無意識の力学が働きます。 本講演会では、問題を科学的に解決するための言語学-応用言語学の最新の研究から、外国語教育、バイリンガリズム、異文化との接し方、法言語学、手話、言語障害など幅広いテーマを取り扱います。是非、奮ってご参加下さい。 【開催日時】2018年6月1日 (金)16:30~18:00 ※16:15開場 【開催場所】早稲田大学早稲田キャンパス14号館4階403教室 【対象】早大生・教職員・一般 【講演者】白井恭弘氏(ケースウエスタンリザーブ大学教授) 【演題】ことばの力学~応用言語学への招待~ 【使用言語】日本語(手話通訳有) 【備考】事前申込み不要 当日は手話通訳の情報保障を用意しております。その他何らかの配慮が必要な方は5月23日までにメールでご相談ください。 【主催・お問合せ】教育学部複合文化学科 E-mail: 180601kouenkai@list.waseda.jp 【共催】早稲田大学スチューデントダイバーシティセンター
6月
2
2:30 PM 6月開講養成プログラム説明会 @ カイ日本語スクール(本校)
6月開講養成プログラム説明会 @ カイ日本語スクール(本校)
6月 2 @ 2:30 PM – 4:00 PM
養成プログラム6月開講・無料説明会開催! これから日本語教師を目指す方、 日本語教師としてまだ1、2年という方向け、 実践力を高めるためのカイ日本語スクールの養成プログラム。 420時間の座学が終わったら、 教壇に立つために動きを身につける番です。 「何を受けたらいいのかわからない」 「どんな学校か見てから決めたい」 そんな方向けに説明会を開きます。お待ちしています!
ページ上部へ戻る