和田敦彦・早大教授らがベトナムの日本語資料コレクションの全体像を解明

和田敦彦・早大教授らがベトナムの日本語資料コレクションの全体像を解明

早稲田大学教育・総合科学学院の和田敦彦教授の研究グループが東南アジアの日本語資料の所蔵状況の調査プロジェクトに取り組み、ベトナムに未調査の日本語資料約1万1000点が保管されていることが分かった。詳しく調べた結果、和装本が4084点、洋装本が5642点にのぼり、戦時期も含め日本の文化活動を知るうえで貴重な資料になるという。早稲田大学が同大学のホームページで明らかにした。

同ホームページによると、日本の書物は世界中に広がっており、欧米では多数存在する日本語蔵書の研究が進められてきた。しかし、東南アジアに関してはほとんど調査も行われておらず、今回、和田教授らが国際交流基金などの協力を得て調査、研究を行った。

ベトナムで見つかった1万1000点の日本語資料のうち、和装本は東南アジアでは最大規模の数だという。江戸時代から明治期にかけて刊行された版本が多数を占めており、「類聚国史」や「大日本史」といった日本史領域の文献が含まれていた。また、哲学、思想の分野では本居宣長や平田篤胤ら神道・国学の著述が大部分を占めていた。さらには能や狂言に関する資料もあった。

一方、洋装本(近代の刊行本)は、明治時代の学術書などが多く、第二次大戦中に日本がベトナムに設けたハノイ日本文化館の蔵書が含まれていた。同文化館の関連資料はほとんど残されておらず、戦時期の日本の文化活動を知るうえで、重要な資料であることが分かった。

今回の調査、研究により資料全体の目録ができたことで、ベトナムの蔵書について、より専門的な研究環境が整ったことになる。作成された目録データは、日本の国文学研究資料館のデータベースや欧州各国所蔵の日本古典籍のデータベースとも連携して活用が可能になる。このため、将来は世界各地に存在する古典籍情報を総合的にとらえた研究が進展するのではないかと期待されている。

ベトナムの日本語資料コレクションの全体像を解明 東南アジアにおける日本古典籍資料としては最大規模

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Cialis Farmaco Dosaggio For Sale Finasteride [url=http://cure-rx.com]cialis 5mg best price[/url] My Escrow Drugs Generic Viagra Vega Sildenafil Citrate Free Antabuse Disulfiram Samples

  2. アバター

    Propecia Mental Problems Is Amoxicillin The Same As Penicilin [url=http://addrall.com]xenical orlistat buy online usa[/url] Uses Of Propecia

  3. アバター

    Greetings! Very helpful advice within this post!
    It is the little changes that make the most important changes.
    Thanks a lot for sharing!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
20
10:30 AM 日本語サロン研修会@名古屋 第1... @ 名古屋YMCA 日本語学院
日本語サロン研修会@名古屋 第1... @ 名古屋YMCA 日本語学院
7月 20 @ 10:30 AM – 12:00 PM
日本語サロン研修会@名古屋 第1部 テーマを中心とした言語活動・学習活動で日本語を教える~表現活動中心の日本語教育~ [日時] 日時:2019年7月20日(土) 10:30~12:00 (受付開始10:00) 場所:名古屋YMCA 日本語学院 (名古屋市西区花の木1-1-18) <アクセス> [定員] 定員:30 名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対象] 日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤、地域学習支援者) 、語学教師 [参加費] 無料 ※要予約 [講師] 西口光一先生(大阪大学国際交流センター教授) [内容] 言語教育の目的は、目標言語で有効に言語活動に従事できる言語ユーザーを育てることです。 そのような目的を果たすために、これまでの日本語教育では、言語事項を中心に据えてそこからコミュニケーションや言語活動に拡げていくという形で教育が実践されてきました。 それに対し、表現活動中心の日本語教育では、テーマをめぐる言語活動を中心に据えて、言語技量を育成する活動を展開しながら、言語事項も体系的で系統的に習得させるというストラテジーを採ります。 NEJとNIJはそのような教育実践をサポートする教材です。NEJに基づく実際の授業の流れも実演します。
7月
23
7:00 PM 2019年度AJALT公開講座 さだまさし... @ 中野区立 なかのZERO 小ホール
2019年度AJALT公開講座 さだまさし... @ 中野区立 なかのZERO 小ホール
7月 23 @ 7:00 PM – 8:30 PM
2019年度AJALT公開講座 さだまさしが奏で、語る 日本語応援宣言 講師: さだまさし(シンガー・ソングライター、小説家) 日時: 2019年7月23日(火)19:00~20:30(開場18:00) 会場: 中野区立 なかのZERO 小ホール 東京都中野区中野2-9-7 https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/219000/d002863.html 定員: 500名(要申込・先着順) 料金: 前売り2,000円(当日:2,500円)※税込 主催: 公益社団法人 国際日本語普及協会(AJALT) 後援: 一般財団法人 自治体国際化協会(CLAIR/クレア) 公益社団法人 日本語教育学会    〔50音順〕 詳細はAJALTホームページよりご覧いただけます。 http://www.ajalt.org/teach/seminar/ ★お申込みはこちらから(5月30日販売開始) https://www.ticketpay.jp/booking/?auto_key=5ygwA1JVwyvtX1pDWfXI4qjp9DwIyx 多くの方々にお越しいただきたいと願っております。勝手なお願いで甚だ恐縮でございますが、 お知り合いの皆さまにもお知らせいただければ幸いに存じます。 ご参加を心よりお待ち申し上げております。 公益社団法人 国際日本語普及協会(AJALT)
7月
28
1:00 PM 日本語教師のための就職・転職イベ... @ 東京建物梅田ビル 地下2F
日本語教師のための就職・転職イベ... @ 東京建物梅田ビル 地下2F
7月 28 @ 1:00 PM – 5:00 PM
東京・大阪  約50ブース! 関東・関西・海外の特色のある様々な機関の担当者様と直接お話いただけるイベントです。 日本語教師を目指す方のための虎の巻講座など、セミナーも開催いたします。
8月
2
全日 日本語学校教育研究大会 @ 国立オリンピック記念青少年総合センター
日本語学校教育研究大会 @ 国立オリンピック記念青少年総合センター
8月 2 – 8月 5 全日
一般財団法人日本語教育振興協会維持会員機関に勤務する教職員等を対象として、日本語学 校教育のより一層の充実並びに日本語教育機関としての社会的地位の確立を目指し、各機関で 展開されている豊かな教育実践を機関を超えて共有することを通して教職員の資質の向上を 図ります。
ページ上部へ戻る