法務省が10月から日本語学校の設置基準を一部厳格化 

法務省が10月から日本語学校の設置基準を一部厳格化

外国人留学生の急増に伴い、教育の質の確保を十分にできない日本語学校が増えているとして、法務省が10月から、日本語学校の設置基準の一部を厳しくする方針を決めた。日本経済新聞のサイトが24日付の記事として配信した。

日経新聞によると、日本語学校の中には留学生にアルバイト先を紹介し、週28時間の法定時間を超える就労をさせたとして、学校経営者が摘発される例が複数発生。いわゆる「出稼ぎ留学生」が横行していることによるトラブルが起きている。こうした事態を防ぐため、法務省が設置基準の一部改正することになった。

改正の一つは、授業期間を年35週にわたるよう求める規定を新設し、留学生が年間を通じて満遍なく授業を受けるようにすること。現行の設置基準では授業に関して「年760時間以上」と定めているだけで、全単位を半年で取得させ、長期休暇でアルバイトがたくさんできると宣伝している学校もあるという。

また1人の校長が複数の日本語学校の校長を兼務し、管理体制が不十分になっているケールもあるため、新規定では校長の兼務は「2校まで」とする。兼務する場合は副校長をおくことを求める。現行の基準では、「教育に関する業務に原則として5年以上従事した」ことなど校長の条件としているが、日本語学校が急増する中で校長の人材も不足している。すでに認められている日本語学校については、5年間の経過措置を設ける。

日本語学校の教育の質の低下に関しては、ベトナムやネパールなど非漢字圏のアジアの留学生が増えていることも影響しているとの指摘がある。さらに様々な分野で労働力が不足し、留学生のアルバイトが貴重な労働力となっていることも否定できない。

2017年5月現在の留学生数は約26万7000人。このうち日本語学校の留学生は前年比15%増の7万8000人にのぼる。日本語学校も急増し約680校(今年4月)あり、法務省の「管理」からの規制だけでなく、教育や労働法制の面からも対応が必要だ。

超党派の日本語教育推進議員連盟が2016年11月に発足し、日本語教育推進基本法(仮称)の制定を目指しており、29日の総会には基本法案の政策要綱が提示される見通しだ。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

8月
22
2:00 PM ワークショップ 「まるごとで教え... @ 第一日語曁文化学校
ワークショップ 「まるごとで教え... @ 第一日語曁文化学校
8月 22 @ 2:00 PM – 5:15 PM
日時・会場①2018年8月18日(土曜日)  10:15~13:30   香港日本語教育研究会   (筲箕灣興民街68號海天廣場7字樓701-2室) [MTR西灣河] ②2018年8月22日(水曜日)  14:00~17:15   第一日語曁文化学校(香港校)   (灣仔莊士敦道178-186號華懋莊士敦廣場6樓) [MTR 灣仔] ※①②は同内容です。   講 師齋藤 誠(国際交流基金 海外派遣日本語教育専門家) 使用教材『まるごと 日本のことばと文化 入門 A1 かつどう』(三修社) お持ちの方は、ご持参下さい。また、当日会場にて購入可能です。定価$165のところ$145での販売となります(現金のみ受付。なるべくお釣りの出ないようにお願い致します)。 締め切り2018年8月13日(月曜日) 参加費無料 定 員各回20名
8月
25
1:00 PM JLCSE日本語教育シンポジウム「国... @ 福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 福武ホールB2)
JLCSE日本語教育シンポジウム「国... @ 福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 福武ホールB2)
8月 25 @ 1:00 PM – 5:15 PM
工学系研究科では、「日本語教育シンポジウム」を開催いたします。 奮ってご参加ください。心よりお待ちしております。 日時: 2018年8月25日(土)13:00~17:15 場所: 福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 福武ホールB2)  参加申し込みはこちら  参加費:無料 【プログラム】 12:30 会場 受付 13:00 開会 13:10~ 神吉 宇一 (武蔵野大学大学院言語文化研究科)「日本語教育の展望 」 基調講演 佐藤 慎司  (米国 プリンストン大学) 「国際化教育としてのことばの教育: 日本語教育の事例で考える] 13:40~ 15:00~ 実践報告1 (海外) Vatsala MISRA (インド工科大学 カンプール校 Foreign Language Program) 高宇洋子-Drobin  (スウェーデン王立工科大学 Language and Communication KTH) 古市由美子(東京大学大学院工学系研究科日本語教育部門) 15:45~ 実践報告2 (国内)       田崎敦子 (東京農工大学グローバル教育院) ボイクマン総子  (東京大学大学院総合文化研究科グローバルコミュニケーション研究センター ) 17:15 閉会 懇親会 18:00~レストラン 日比谷松本楼(本郷キャンパス工学部2号館)会費3000円
ページ上部へ戻る