法務省が10月から日本語学校の設置基準を一部厳格化 

法務省が10月から日本語学校の設置基準を一部厳格化

外国人留学生の急増に伴い、教育の質の確保を十分にできない日本語学校が増えているとして、法務省が10月から、日本語学校の設置基準の一部を厳しくする方針を決めた。日本経済新聞のサイトが24日付の記事として配信した。

日経新聞によると、日本語学校の中には留学生にアルバイト先を紹介し、週28時間の法定時間を超える就労をさせたとして、学校経営者が摘発される例が複数発生。いわゆる「出稼ぎ留学生」が横行していることによるトラブルが起きている。こうした事態を防ぐため、法務省が設置基準の一部改正することになった。

改正の一つは、授業期間を年35週にわたるよう求める規定を新設し、留学生が年間を通じて満遍なく授業を受けるようにすること。現行の設置基準では授業に関して「年760時間以上」と定めているだけで、全単位を半年で取得させ、長期休暇でアルバイトがたくさんできると宣伝している学校もあるという。

また1人の校長が複数の日本語学校の校長を兼務し、管理体制が不十分になっているケールもあるため、新規定では校長の兼務は「2校まで」とする。兼務する場合は副校長をおくことを求める。現行の基準では、「教育に関する業務に原則として5年以上従事した」ことなど校長の条件としているが、日本語学校が急増する中で校長の人材も不足している。すでに認められている日本語学校については、5年間の経過措置を設ける。

日本語学校の教育の質の低下に関しては、ベトナムやネパールなど非漢字圏のアジアの留学生が増えていることも影響しているとの指摘がある。さらに様々な分野で労働力が不足し、留学生のアルバイトが貴重な労働力となっていることも否定できない。

2017年5月現在の留学生数は約26万7000人。このうち日本語学校の留学生は前年比15%増の7万8000人にのぼる。日本語学校も急増し約680校(今年4月)あり、法務省の「管理」からの規制だけでなく、教育や労働法制の面からも対応が必要だ。

超党派の日本語教育推進議員連盟が2016年11月に発足し、日本語教育推進基本法(仮称)の制定を目指しており、29日の総会には基本法案の政策要綱が提示される見通しだ。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Good day! I simply would like to offer you
    a big thumbs up for the excellent information you have got right
    here on this post. I’ll be coming back to your blog for more
    soon.

  2. It is in point of fact a nice and helpful piece of info.
    I’m glad that you just shared this helpful information with us.
    Please keep us up to date like this. Thank you for sharing.

  3. Your style is very unique compared to other people I’ve read stuff from.
    Many thanks for posting when you’ve got the opportunity, Guess I will
    just bookmark this blog.

  4. Hello there! I could have sworn I’ve visited
    this web site before but after browsing through many of the articles I realized it’s new to me.
    Nonetheless, I’m definitely pleased I found it and I’ll be
    book-marking it and checking back often!

  5. You really make it appear so easy together with your presentation however I find this topic to be actually one
    thing that I feel I would by no means understand. It seems too complex and very huge
    for me. I am having a look forward on your next put up, I’ll try
    to get the dangle of it!

  6. Hey! I know this is kind of off topic but I was wondering which blog platform are you using for this site?
    I’m getting tired of WordPress because I’ve had issues with
    hackers and I’m looking at options for another platform.

    I would be awesome if you could point me in the direction of a good platform.

  7. Excellent, what a web site it is! This web site presents useful data to us,
    keep it up.

  8. Hi, just wanted to mention, I loved this post. It was practical.
    Keep on posting!

  9. What a information of un-ambiguity and preserveness
    of valuable familiarity about unpredicted feelings.

  10. You have made some good points there. I checked on the net to learn more about the issue and found most individuals will go along with your views on this site.

  11. You could certainly see your expertise in the
    article you write. The arena hopes for more passionate writers
    like you who aren’t afraid to say how they believe.

    Always go after your heart.

  12. It’s actually a cool and helpful piece of information.
    I’m glad that you shared this helpful info with us. Please keep us informed
    like this. Thanks for sharing.

  13. Hi there, after reading this remarkable post i am also cheerful
    to share my knowledge here with colleagues.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
27
10:00 AM 第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
10月 27 @ 10:00 AM – 5:30 PM
日本語教育学研究における 質的データ分析法の意義と課題 日本語教育学領域において質的データ分析法への関心は、近年、本格的に高まり、分析法を紹介した書 籍の出版もなされるようになりました。一方で、当該データ分析法が、日本語教育研究においてどのような 意味をもつのかについては、それほど議論が進んでいません。そこで、第 46 回研究会では、日本語教育 でも多く実施されるようなった質的データ分析法として、TEA、会話分析、ライフストーリー、M-GTA を取り 上げます。日本語教育に軸足をもつ研究者が、その質的データ分析法を用いて研究を実施することの意 義について、実際に研究を実施した体験談を踏まえて議論します。 登壇者: 北出慶子氏(立命館大学)・山本真理氏(関西学院大学) 三代純平氏(武蔵野美術大学)・牛窪隆太氏(関西学院大学) 日時: 2018年10月27日(土)14:00−17:30 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室 参加費:会員(無料)・非会員(1000 円) ※申し込み方法等、詳細は後日 AJG 研究会 HP、会員 ML にてお知らせします。 第 46 回研究会担当幹事:牛窪隆太、小森万里、寅丸真澄、内藤真理子、三代純平、村上康代、脇田里子 お問い合わせ先: ushikubo@kwansei.ac.jp(牛窪隆太)
10:30 AM 日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
10月 27 @ 10:30 AM – 4:30 PM
日本語教師の日常を断捨離? それなら身近なことからICTを活用しましょう! 授業の準備から生徒の学習状況の共有など、簡単に取り入れられるものを紹介します。また、これからの日本語教師の業務の形を、皆さんと話し合います。 お申し込みはお早めに。
ページ上部へ戻る