日本語で日本を元気に、世界と日本を近づける――魅力あふれる「J8日本語大学」で学習者を増やしたい

日本語で日本を元気に、世界と日本と近づける――魅力あふれる「J8日本語大学」で学習者を増やしたい

私は台湾在住8年目、当地で日本語教育の会社を創業して8年目を迎える。海外在住でいえば、10年目に突入する。これだけ長く日本を離れていると、自国の状況に関心が薄れたのではと思われがちだが、それは違う。日本から離れているからこそ見えてくる現実、そして一種の愛国心のようなものが培われてくるように思う。

海外に住んでいると、現地の方々との交流は切っても切れないものだ。特にここ台湾で、親日である彼らの温かさに触れ、また自分の母語である日本語を一生懸命に学んでくれている姿をみると、その姿勢に胸打たれることがある。自身も海外に行くたびに現地の言語を学んできたので、言語学習の難しさは理解しているつもりでいたが、学生のみならず社会人の方までもが、仕事の合間や忙しい日常の間を縫って日本語を学習している現状を見るにつけ、いろいろと考えさせられるものがあるのだ。

国際交流基金によると、世界には365万人の日本語学習者が存在している。先述したように、学生だけではなく社会人の方も多くおり、レベル、国もそれぞれだ。多様な国、多様なレベル、多様な生活状況の日本語学習者がいる中、同じく言語学習に苦労してきた身として、現状での教育システムに問題があるのではないかと感じることがあった。

第一に、各学校・団体・企業が独自に開発した教材コンテンツを独自で販売する方法に問題があるのではないかと思っている。各国では言語・文化が異なるために最適な学習方法は当然異なってくる。しかし教材・教師が慢性的に不足しているため、教材開発に注力できていない。私自身、過去に日本語教師の方と交流する場が何度かあったのだか、彼らは多くの異なったレベルの生徒を抱え、毎日様々な業務に追われている。同じクラスの学生であっても理解度に差が出てくる場合の対策、課題提出のチェックやテストの実施など、非常に複雑な業務をこなしていた。これでは彼らが本当に力を入れたいはずの教材研究の時間や、生徒一人一人とじっくり向き合う時間を満足に取るのはかなり難しいだろう。

第二に、海外にいる日本語学習者の学習目的というのは、必ずしも「日本が好きだから」というものだけではない。彼らの多くが日本企業、日系企業への就職という「夢」と持っている。その為に、学生時代から或いは社会人になってもなお、その夢を捨てずに学習に励んでいる。また国が違えば事情も変わり、家族のため、よりよい生活のため、という状況も大いにある。

そんな中、日本国内に目を向ければ、少子高齢化に伴う介護問題、年金問題、そして国内経済不安などを様々な課題を抱えている。私は、それらの課題を解決するための基盤になるのが日本語教育なのではないかと思っている。これは単に、外国人材を国内に呼び込むことだけでは解決しない。日本という国の文化を、言語を海外に広め、より彼らと分かりあっていくことが何よりも大切なのではないだろうか。そのためには外国人材の日本語学習への強い意欲と日本語教育水準の向上が不可欠だと思う。

有難いことに現状、日本語をしっかりと学びたいという学習者の方が数多くいる。そしてしっかり教えていきたいという教師がいる。この両者をより緊密に、お互いがストレスなく楽しく結び付けていきたい。そのための解決策はなんだろうと考えた。

その答えが、私たちが開発した「J8日本語大学」という教育プラットフォームである。21世紀に変革が起こる業界の一つがデジタル教育であると思う。インターネットが世界中に当たり前のように普及し、私たちはその恩恵を享受するだけではなく、賢く便利に使いこなさなければならないフェーズに差し掛かっている。そこで生み出したのが、オリジナル教室をオンライン上に簡単に作成できるE-learning日本語教育プラットフォーム、J8日本語大学だ。

教師側は日本語に特化したコースやクラス(授業)内容の作成から、課題や練習問題、さらには費用設定、学習期限、学習目安時間など、そのプログラム内容を自由に設定することができる。学習者側は、自分の生活スタイルや学習スタイルに合わせて、無理なく好きな時間に好きな場所で日本語学習ができる。

従来なら、eラーニングやオンラインのSkypeレッスンなど、その多くが企業を対象としたサービス形態だった。しかし「J8 日本語大学」は、法人としてはもちろん、大学や専門の語学学校の日本語教師の方のみならず、フリーの日本語教師やYouTuber、すでに退職されたシニア層や子育て中の女性といった、様々な属性を持った“個人”が、オンラインの日本語教室を開設することを可能している。

ここで特に日本語教師の方に注目して頂きたいのは、オンラインという場所の特質だ。
学生管理の自動化はもちろん、教育コンテンツ評価機能によって教育の更なる優良化が実現可能。さらには爆発的な学習者数の増加が期待できる。

海外の教育の現場では、いかに学習意欲を高めるかということに注力しているという話をよく耳にする。私もやはり、大切だとは理解しつつも複雑で退屈な文法授業には辟易した口だ。日本語という美しい言語を学ぶ素晴らしさよりも先に、「難しい」「退屈」という印象が根付いてしまっては元も子もない。

そうした点に配慮したのも、「J8 日本語大学」の特徴だ。教える側・教わる側双方の趣味趣向を反映した、文化・旅行・食べ物・アニメ・音楽…といったジャンルをベースにした日本語学習が体験できる。また、日本企業への就職を目指したビジネス日本語では、まさに今社会で活躍しているサラリーマンやOL、さらには退職された経験豊富なシニア層の方も頼れる教師となることができる。

日本語が世界に広まれば、日本人の海外旅行のストレスは軽減され、海外投資、日系企業の現地採用、社員教育にも非常にポジティブな流れが生まれてくるだろう。既に多くの国で愛されている日本文化・POPカルチャーはさらに拡大し、日本への旅行客も増えること間違いなしだ。

日本語教師の方だけでなく、どんな方でも、日本語を自分と世界を繋ぐ大きな架け橋にできる。世界中の日本語学習者にとっては、日本という国がますます近く感じられる。そんなプラットフォームを作り上げることができたと自負している。

日本を元気にしたい、世界と日本を近づけたい。最高に楽しい日本語教育、日本語学習を世界に広めたい。そんな思いで作り上げたこの「J8日本語大学」。ぜひ一度検索エンジンに入力して頂きたい。そしてログインしたその瞬間から、世界中の学習者・日本語教師をすぐそばに感じて頂きたい。

J8日本語大学


HP http://jp8.online.info/
PressRelease http://bit.ly/J8Release

吉原 明(よしはら・あきら)

吉原 明(よしはら・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

「J8日本語大学」日本語教育プラットフォーム設立者。AHR TAIWAN(台湾本社)、AHR JAPAN株式会社(支社)、AHR-VN,Inc.(支社)、日教網路平台有限公司(台湾・関連会社)代表取締役社長。台湾の大学へ交換留学した22歳時に起業。現在創業8年目。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
23
12:30 PM 「ことばの意味」をあらためて考え...
「ことばの意味」をあらためて考え...
3月 23 @ 12:30 PM – 4:00 PM
公開シンポジウム 「ことばの意味」をあらためて考える-真理条件的意味論を越えて– コリン・イテン著『認知語用論の意味論』の刊行を発端に「真理条件的意味論」を越えるとはどういうことか、あらためてことばの意味をどう考えるべきか、文の意味と真理の関係は何か、そもそも意味論と人間の認知能力との関係は何かを考える。これらの問題は、言語学、認知科学、言語哲学にまたがる重要なトピックである。天地春色に満ちたころ、東京都の名所、清澄庭園にて、この現代的トピックを4名の論者が、あらためて深く掘り下げて自由に語りあう饗宴に、皆様、ぜひご参加ください。 認知語用論(関連性理論)の意味論 武内 道子(神奈川大学名誉教授) 真理条件・表意・コミュニケーション 峯島 宏次(お茶の水女子大学特任准教授) Mind(心/脳)の内と外?生成文法・関連性理論・認知言語学 今井 邦彦(東京都立大学名誉教授) 意味と指示?内在主義的意味論の観点から 西山 佑司(慶應義塾大学名誉教授・明海大学名誉教授) 司会 黒川 尚彦(大阪工業大学専任講師) 会場:清澄庭園 大正記念館(〒135-0024 東京都江東区清澄3丁目3-9) 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅下車 A3口 徒歩5分 日時:2019年3月23日(土) (開場12時)12時30分~16時 参加:無料(事前申し込みwebページhituzi.co.jp/symposium_20190323/経由でお申し込み下さい。問い合わせはtoiawase@hituzi.co.jp、 03-5319-4916まで、当日参加可) なお、庭園は150円の入場料で見ることができます。大正記念館は庭園の外にあり、無料です。 主催:ひつじ書房
4月
7
1:30 PM OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 1:30 PM – 5:00 PM
日本国内でACTFL-OPI試験官養成ワークショップが開催されて30年になります。 これまでに1000名ものOPIテスターを輩出してきました。 OPIワークショップ日本開催30周年を記念して、シンポジウムを開催します。 講演、パネルディスカッションを通して、社会と繋がり、社会を切り拓く、 日本語教育と日本語OPIを考え提案します。 ぜひご参加ください。 【協力】日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社 【内容】 開催挨拶:新城 宏冶(株式会社アルク取締役) 講  演:鎌田 修(南山大学元教授) OPI活用事例事業の紹介:株式会社アルク 【パネルディスカッション】 司   会:奥野由紀子(首都大学東京 准教授) パネリスト:山下 渉(楽陽食品株式会社管理部 部長) 伊東 祐郎(東京外国語大学 教授) 嶋田 和子(アクラス日本語教育研究所 代表理事) 講   演:牧野成一(プリンストン大学 名誉教授) 【協力】 日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社
5:10 PM OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 5:10 PM – 7:00 PM
OPIワークショップ日本開催30周年記念シンポジウムの懇親会です。
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
ページ上部へ戻る