日本語学校も災害発生時の判断力が問われる時代に(ゆるゆる日本語教師 なにわ日記2018年7月7日)

日本語学校も災害発生時の判断力が問われる時代に(ゆるゆる日本語教師 なにわ日記2018年7月7日)

大阪北部地震と西日本の豪雨を踏まえて「考えたこと」をブログに。自身の学校では「大雨警報」と「暴風警報」が両方とも発令されたら休校とか。筆者は①大雨特別警報が出た際のマニュアルの作成②休校の判断は前日に③休講の補講はオンラインで――と貴重な提案。

http://nihonngokyoushi-naniwanikki.blog.jp/archives/76816861.html

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
18
全日 日本語教育能力検定試験(10月28日...
日本語教育能力検定試験(10月28日...
6月 18 – 8月 6 全日
日本語教育能力検定試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。
7月
20
7:00 PM 2018年度AJALT公開講座 @ 新宿区立四谷区民ホール
2018年度AJALT公開講座 @ 新宿区立四谷区民ホール
7月 20 @ 7:00 PM – 9:00 PM
2018年度AJALT公開講座 「非常ベルは聞こえているか」 ~在留外国人が日本で確かに生きていくために~       講師:馳浩氏       日時:2018年7月20日(金)19:00~21:00(開場18:15)      場所:新宿区立 四谷区民ホール(アクセス地図)   
ページ上部へ戻る