介護現場への外国人受け入れ、要件設定を間違えれば現場はパニック(介護のニュースサイトJOINT2018年7月10日)

介護現場への外国人受け入れ、要件設定を間違えれば現場はパニック(介護のニュースサイトJOINT2018年7月10日)

淑徳大学の結城康博教授のインタビュー。介護現場への外国人受け入れの必要性を認めつつ、コミュニケーション能力は特に大事でN4は必要と。初任者研修も不可欠だと強調。介護や日本語がわからない外国人だと面倒を見る日本人スタッフが対応できないと結城教授。

https://news.joint-kaigo.com/article-7/pg814.html

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
18
全日 日本語教育能力検定試験(10月28日...
日本語教育能力検定試験(10月28日...
6月 18 – 8月 6 全日
日本語教育能力検定試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。
7月
20
7:00 PM 2018年度AJALT公開講座 @ 新宿区立四谷区民ホール
2018年度AJALT公開講座 @ 新宿区立四谷区民ホール
7月 20 @ 7:00 PM – 9:00 PM
2018年度AJALT公開講座 「非常ベルは聞こえているか」 ~在留外国人が日本で確かに生きていくために~       講師:馳浩氏       日時:2018年7月20日(金)19:00~21:00(開場18:15)      場所:新宿区立 四谷区民ホール(アクセス地図)   
ページ上部へ戻る