留学の在留資格交付率の「国別格差」から「国策」を考える

留学の在留資格交付率の「国別格差」から「国策」を考える

「これは国策ではないか?」――。どことなく怒りの感情がにじんだ、こんな言葉が発せられた。9月28日(金)、日本語教育振興協会で行われた東京入管による関東・甲信越地区の日本語教育機関122校を対象に行われた説明会。平成30年10月期生の在留資格認定証明書交付等に係る入管担当者の説明に対するある日本語学校の担当者からの質問だ。

その場で配布された東京入国管理局留学審査部門の資料によれば、日本語教育機関10月期生に係る在留資格認定証明書の交付状況は、国別にあまりに「格差」が鮮明だった。東京入管の申請受理件数が多い十数か国について比較してみると、交付率が高いのは、中国、韓国、台湾。いずれも交付率97%以上だ。これにベトナム(88%)、モンゴル(86.5%)が続く。

これに対し、交付率10%未満が4カ国ある。スリランカが2.7%(622件の申請受理のうち、17件が交付)、バングラデシュ3.4%、ウズベキスタン4.0%、ネパール8.4%という状況である。格差が一目瞭然だ。

これら4カ国は、過去3年間で、(留学の)在留資格の申請件数が著しく伸びているという特徴を持つ。そして、留学生の不法残留や不法就労の問題が頻繁に起きている国でもある。その結果、入管として、規制の対象とした、という推理が成り立つ。

しかしながら、これら4カ国の学生が在籍する日本語学校の中でも、不法残留や不法就労の問題が多発している学校と、そうでない学校と明確に分かれている。まじめに入管の指示、指導を守り、留学生を大切に育ててきた学校が少なからずあるのだ。

にもかかわらず、出身国をひと括りにして一律に「良し悪し」のレッテルを張ったのではないか。不法残留や不法就労の割合が一定以上の学校を対象に、(一般的な基準よりも)より高いハードルを設けたり、一時的に募集ができなくなる等といったペナルティを課したのではないか。

一律に規制を強化し、審査を厳格化するというのは、真面目に留学生募集を行い、法令を順守して留学生を受け入れてきた学校の努力を踏みにじることにならないか。とりわけ、4カ国の学生の割合が高い学校にとって、今回の措置は経営危機に直結するはずだ。悪質な学校に対する対応を厳しくする一方で、良質な学校までを危機的状況に追い込むことのマイナス面を入管はもう少し考えるべきではないか。

ところで、先の質問者は何をもって「これは国策ではないか?」と質問したのか。恐らく質問者は、4カ国を日本留学から遠ざけることをもって、「国策」と言いたのかったかもしれないが、果たしてそうか。筆者はそれに与しない。さすがに露骨すぎるし、外交的にも問題になるかもしれない。

政府の先の閣議決定では、来年4月から農業、介護、建設など5分野の新たな在留資格を設けることになっている。在留資格をさらに増やすことも検討しているという。政府は外国人労働者の受入れ・拡大に舵を切るのだ。新在留資格の労働者を2025年までに50万人超に持っていく、という野心的な目標をもっている。

日本はこれから在留外国人の急増時代を迎える。留学生受け入れの「選別策」はその前触れ、布石としての対応ではないか。私はそう推察している。ここで、改めて、4カ国の留学生に不法就労が多いことを考えると、政府は、これらの国の人達を新在留資格のメーンターゲットにしているという推論が成り立つ。新たな外国人労働者のリソースが留学希望者という事である。

アルバイトをしながら留学をしなくても、新在留資格で思う存分に働ける道があるよ、とサインを送る一方で、留学へのハードルを高める。政府の政策担当者の並々ならぬ決意としたたかな思惑が、今回の措置から垣間見えるような気がした。

とはいえ、留学生を支え真面目に経営努力をしている学校を潰していいわけはない。政府は法務省入管局を「入国在留管理庁」に格上げさせるという。より大きな権限と重い責任を負うことになるはずだ。当局の「見識」を信じたい。

ベン

ベン

ベン

投稿者プロフィール

志の高い留学生を応援せずにはいられない都内の日本語学校関係者

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
27
10:00 AM 第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
10月 27 @ 10:00 AM – 5:30 PM
日本語教育学研究における 質的データ分析法の意義と課題 日本語教育学領域において質的データ分析法への関心は、近年、本格的に高まり、分析法を紹介した書 籍の出版もなされるようになりました。一方で、当該データ分析法が、日本語教育研究においてどのような 意味をもつのかについては、それほど議論が進んでいません。そこで、第 46 回研究会では、日本語教育 でも多く実施されるようなった質的データ分析法として、TEA、会話分析、ライフストーリー、M-GTA を取り 上げます。日本語教育に軸足をもつ研究者が、その質的データ分析法を用いて研究を実施することの意 義について、実際に研究を実施した体験談を踏まえて議論します。 登壇者: 北出慶子氏(立命館大学)・山本真理氏(関西学院大学) 三代純平氏(武蔵野美術大学)・牛窪隆太氏(関西学院大学) 日時: 2018年10月27日(土)14:00−17:30 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室 参加費:会員(無料)・非会員(1000 円) ※申し込み方法等、詳細は後日 AJG 研究会 HP、会員 ML にてお知らせします。 第 46 回研究会担当幹事:牛窪隆太、小森万里、寅丸真澄、内藤真理子、三代純平、村上康代、脇田里子 お問い合わせ先: ushikubo@kwansei.ac.jp(牛窪隆太)
10:30 AM 日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
10月 27 @ 10:30 AM – 4:30 PM
日本語教師の日常を断捨離? それなら身近なことからICTを活用しましょう! 授業の準備から生徒の学習状況の共有など、簡単に取り入れられるものを紹介します。また、これからの日本語教師の業務の形を、皆さんと話し合います。 お申し込みはお早めに。
ページ上部へ戻る