日本語教師の資格、教育実習も必須に 文化審議会が方針(朝日新聞デジタル2019年2月21日)

日本語教師の資格、教育実習も必須に 文化審議会が方針(朝日新聞デジタル2019年2月21日)

日本語教師の能力については、一定の水準を担保する基準がない。文化審議会の小委員会は判定試験を設ける方針を打ち出した。教育実習も必須とする。専門家としての日本語教師の質を高めるのが狙いだ。文科省は最終的には国家資格とするかなど具体的な改革案を2019年度にまとめる方針だ。

https://www.asahi.com/articles/ASM2N7379M2NUCVL01K.html

 

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Synthroid No Prescription Usa Dog Lyme Amoxil [url=http://buyciali.com]online cialis[/url] Cialis Pharmacie Ligne Cialis Generica Orlistat Medication

  2. アバター

    El Viagra Cubano Tadalafil 40 Mg Dose Amoxicillin 500mg Walmart Prices [url=http://cheapcial40mg.com]cialis 5 mg[/url] Priligy Usa Approbation On Line Hydrochlorothiazide Direct Canada Delivered On Saturday

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
21
12:30 AM 多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
9月 21 @ 12:30 AM – 4:30 AM
多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス- @ 聖心女子大学4号館 | 渋谷区 | 東京都 | 日本
第16回(2019年度)研究会 多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス-  日時:2019年9月21日(土) 12:30~16:30 参加費:大学専任教員の方 2000円 上記以外の方   1000円 申込:【定員50名】https://kokucheese.com/event/index/567128/ 場所:聖心女子大学4号館 主催: 多文化共生社会における日本語教育研究会 https://tabunka-nihongo.jimdo.com/ 講師:鵜川 晃(うかわ こう) 博士(人間学)。 専門は多文化間精神保健学・医療人類学。移民・難民の定住におけるメンタルヘルスの問題、そしてベトナム人の生と死の通過儀礼における文化実践についての研究を進めている。著書に『あなたにもできる外国人へのこころの支 援』(岩崎学術出版社、2016、共著)、訳書に『移住者と難民のメンタルヘルスー移動する人の文化精神医学』(明石書店、2017、共著)などがある。 司会進行:伴野崇生(ともの たかお) 慶應義塾大学特任講師・多文化共生社会における研究会代表幹事 多文化間精神保健専門アドバイザー(多文化間精神医学会認定)
ページ上部へ戻る