在日ミャンマー人のNPO法人PEACE(マリップ・センブ理事長)は3月9日、東京都新宿区の早稲田奉仕園で2018年度ミャンマー語教室の修了式を行い、小学生9人に修了証書を手渡した。

在日ミャンマー人のNPO法人PEACE(マリップ・センブ理事長)は3月9日、東京都新宿区の早稲田奉仕園で2018年度ミャンマー語教室の修了式を行い、小学生9人に修了証書を手渡した。

ミャンマー語教室は、在日ミャンマー人の主婦が先生になって毎週土曜日に開催。子供たちのほとんどが日本生まれで日本語は上手にしゃべるが、母国語のミャンマー語に触れる機会が少ないため、5年前から子供向けの日本語教室を開いている。

修了式では9人の小学生がミャンマー語で、自分や両親の名前、好きな食べ物や将来の夢などを語った。日本語教室を1日も休まなかった女児1人に皆勤賞の記念品が贈られた。また、先生の主婦2人には、子供たちが感謝の気持ちを込めて花束を贈った。

マリップ・センブ理事長は「日本で生まれたミャンマーの子供たちは日本人と同じように日本語はしゃべるが、ミャンマー語は勉強しないと、使えるようにならない。ミャンマー語教室で母国語を勉強させ、日本とミャンマーの懸け橋になる人材を育てたい」と話していた。

PEACEは、文化庁の助成を受け、主婦ら大人向けの「生活者のための日本語教室」も開いている。在日外国人の団体が日本語と母語の両方の教室を開いているケースは珍しい。海外の日本人の子供たちにとっても、母語である日本語を継承することの重要性が指摘されており、PEACEのミャンマー語教室はミャンマー人としてアイデンティティー(主体性)を育てる意味でも大切だ。

にほんごぷらっと編集部

 

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

8月
29
全日 第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
8月 29 – 8月 31 全日
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム 主催:ヨーロッパ日本語教師会(AJE) 日時:  2019年8月29日(木)〜 31日(土) 場所(会場): ベオグラード大学(セルビア) テーマ:ローカル・グローバルな日本言語・文化教育 Sections: Spheres of Use Teaching Methodologies Teaching Experience Multiculturalism and Teaching Teaching Resources 発表募集は10月から公開いたします。
8月
31
1:00 PM 『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
8月 31 @ 1:00 PM – 5:00 PM
『みんなの日本語 初級』を使ったことはあるけれど「基本的な授業の組み立て方がイマイチよくわからない」「練習がワンパターンになりがちで…」「学習項目が定着しないのはなぜ?」「もっと上手く教科書を活用したいんだけど…」といったお悩みをお持ちの新人日本語教師を対象として、『新日本語の基礎』『みんなの日本語 初級』『同 中級』の制作に携わってこられた石澤弘子先生にお話しいただきます。 セミナーでは本シリーズを改めてご紹介しながら、本書を使った基本的な教え方を確認し、初級の学習項目の定着を促すための練習や、活動を進めるために必要な手順・段取りを、具体的に紹介するような構成を考えております。 【講 師】 石沢弘子(KOYO国際学院 校長、元目白大学教授、『みんなの日本語』監修者) 【内 容】 第1部 『みんなの日本語 初級Ⅰ』を使った初級前期の授業づくり ・『みんなの日本語 初級Ⅰ 第2版』の概要 ・日本語でできるようになること(目標) ・各課の授業の流れと教科書の流れ ・授業の準備、効果的な授業の進め方(導入、練習方法、会話) ・授業例:(動詞文、動詞の活用など) 第2部 『みんなの日本語 初級Ⅱ』を使った初級後期の授業づくり ・初級後期の日本語能力の目標 ・『みんなの日本語 初級Ⅱ 第2版』の全体的俯瞰 ・授業例:(30・31課など) ・指導上の留意点と対応 ・コミュニケーションに必要な日本語能力
9月
7
10:00 AM 日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
9月 7 @ 10:00 AM – 5:00 PM
プログラム ​10:30~12:00 講演 *「日常会話」のためのコミュニケーション能力を育てる ―学習者が日本語で適切に意図を伝えられるようになるために― 講師 清水崇文氏(上智大学) ​13:30~15:00 ワークショップ①(講師名五十音順) 下記より1つお選びいただけます。 *変わりゆく入管政策―日本語教育者が知っておきたい改正入管法の見方― 講師 小松原祥一氏(東京ビザ申請サポート 行政書士 小松原事務所) *ライティング評価における「構成」を考える―フローチャートを活用して― 講師 田中真理氏(名古屋外国語大学・名誉教授)、坪根由香里氏(大阪観光大学) *はじめよう、授業でディベート 講師 内藤真理子氏(神田外語大学) *そもそも論から考える教育とICT―授業に取り入れるために― 講師 藤本かおる氏(武蔵野大学) ​15:30~17:00 ワークショップ②(講師名五十音順) 下記より一つお選びいただけます。 *コーパスからのデータを授業に生かすには 講師 中俣尚己氏(京都教育大学) *非漢字系学習者を対象にした漢字指導―多様な活動で楽しさを―【第2弾】 講師 濱川祐紀代氏(目白大学) *映像メディアを授業に取り入れるときの留意点を考えよう! 講師 保坂敏子氏(日本大学)、高橋薫氏(早稲田大学) ◆本ワークショップは反転授業で行いますので、事前に下の映像教材を視聴の上、ワークショップにご参加ください。ワークショップのはじめにビデオ内容に関するグループ討論を行います。 NHK for schoolのメディアタイムズ19回(10分)「どうやって作られる? イメージ」 *言語習得につなげる聴解指導―大規模テストでは測れない聴解能力に注目して― 講師 横山紀子氏(昭和女子大学)
ページ上部へ戻る