政府の規制改革会議が「就労のための日本語教育」の意見書——日本学校はふさわしくない?

政府の規制改革会議が「就労のための日本語教育」の意見書——日本学校はふさわしくない?

政府の規制改革会議(議長・大田弘子政策研究大学院大学特別教授)が4月22日、外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、就労のための日本語教育の指針を政府に求める意見書をまとめた。意見書は、外国人が就労・生活する地域における日本語教育の枠組みの整備を求めており、各地の日本語教室などの水準のアップにつながりそうだ。

改正入管法が4月に施行され、新たな在留資格として「特定技能」が設置されたのに伴い、規制改革会議は「外国人労働者が、その能力を最大限に発揮するためには、就労の場で上司や同僚と不自由なくコミュケーションできるレベルの日本語能力が必要である」と考え、意見書を作成した。

意見書では、①就労者のための日本語教育の誤解解消②地方自治体主導による教育環境の整備③教育に関わる人材(担い手)の確保④教育内容の質の確保――の4点について、それぞれ問題点と改革の方向性を示した。

このうち「地方自治体主導による教育環境の整備」に関しては、主要な自治体が設置する「多文化共生総合ワンストップセンター」に日本語教育機能を設けることや、就労外国人への日本語教育を含む手厚い受け入れ支援を行っている企業を評価する仕組みを創設すべきだとしている。

また、「教育に関わる人材の確保」については、標準プログラムの策定や定年退職者などを教育者として育成することを提案。「教育内容の質の確保」については、就労におけるコミュニケーション能力を定義し評価する仕組みの必要性を指摘した。

 

ただ、「就労者のための日本語教育に対する誤解解消」に関する問題点の指摘については内容を疑問視する声が出ている。「現在の日本語学校は、留学生を高等教育機関へ入学させることを主な目的としており、就労目的の日本語教育を担う組織として必ずしも相応しくない」と述べているが、現実は留学生にビジネス日本語を教え、卒業後に日本企業の就職を促す学校も少なくない。日本語学校が就労者のための日本語教育機関として「相応しくない」と言うのであれば、どのような教育機関が教育できるというのか。今後、作成される指針の中にこうした指摘を盛り込めば、日本語学校関係者からは批判の声が上がるとみられる。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
18
12:00 PM パワーポイント入門! なりたい日本... @ 東京スクエアーガーデン6階 環境情報センター セミナー室
パワーポイント入門! なりたい日本... @ 東京スクエアーガーデン6階 環境情報センター セミナー室
1月 18 @ 12:00 PM – 2:00 PM
日本語教師の皆さん! まだ紙のフラッシュカードを使って授業していますか? イラストは手書きですか? お家の中は教材でいっぱいじゃありませんか? 時間がかかるし、イラストも苦手・・ 紙のフラッシュカードはバラバラになっちゃう・・・ 日本語業界でもICT化が進んでいるけど、とにかくまずはパワーポイントが使えなきゃ! でも今さら誰にも聞けない・・・ そんなお悩みを持っている先生にやさしくパワーポイントの使い方をお教えします。 パワーポイントでできること 作成や保存の仕方 基本的な文字入力 イラストの挿入方法 イラスト教材の作り方の基礎 などなど、文字のフラッシュカードとイラスト教材を1つ作ることを目標に学んでいきましょう!
1月
19
2:00 PM 外国につながりのある生徒のための... @ kokoka京都市国際交流会館 3 階研修室
外国につながりのある生徒のための... @ kokoka京都市国際交流会館 3 階研修室
1月 19 @ 2:00 PM – 4:00 PM
外国につながりのある生徒のための日本語支援のあり方について ―『中学生のにほんご』を例としてー http://kicainc.jp/seminar/images/s20200119.pdf 日 時: 2020 年 1 月 19 日(日)14:00~16:00 (受付 13:30~) 会 場: kokoka京都市国際交流会館 3 階研修室 (京都市左京区粟田口鳥居町2-1) 京都市営地下鉄東西線 「蹴上駅」 下車 北へ徒歩 5 分 定 員: 40 人 参 加 費: 1,000 円(KICA 会員 無料) 主 催: 一般財団法人 京都国際文化協会(KICA) 協 力: スリーエーネットワーク 問合せ/申込み (一財)京都国際文化協会 Mail:kica@kicainc.jp Tel:075-751-8958
1月
25
1:00 AM 多文化共生シンポジウム @ TKP 大阪本町カンファレンスセンター
多文化共生シンポジウム @ TKP 大阪本町カンファレンスセンター
1月 25 @ 1:00 AM – 5:30 AM
多文化共生シンポジウム テーマ:地域連携、異文化コミュニケーション、多文化共生、人づくり、街づくり 今まで以上に様々な国の人たちが関わって社会を創っていく日本にとって、必要なことはどんなことか、何をすべきかなど、様々な分野の方の意見をもとに話し合います。これまでの日本語教育の視点だけではなく、「共に生きる」から、テーマを掘り下げていきます。地域において外国人の生活や日本語の支援をしている方、地方公共団体のご担当者、日本語学校の先生など、ぜひご参加ください。 スケジュール 13:00 受付開始 13:30~15:30 パネルディスカッション(パネリスト講演) 15:30~15:45 休憩 15:45~16:45 パネルディスカッション 16:45~17:30 まとめ 登壇者(敬称略) 伊東祐郎(国際教養大学専門職大学院教授) 澤田幸子(合同会社おおぞら日本語サポート理事) 徳井厚子(信州大学教育学部教授) 深江新太郎(NPO多文化共生プロジェクト代表) 増田麻美子(文化庁国語課日本語教育専門職) 主催:株式会社アルク、株式会社凡人社
ページ上部へ戻る