里見議員が大養協シンポで報告、日本語教育推進法案は6月第2週に成立へ

里見議員が大養協シンポで報告、日本語教育推進法案は6月第2週に成立へ

大学日本語教員養成課程研究協議会(大養協)の春季シンポジウムが5月24日、早稲田大学で開かれた。外国人労働者受け入れを拡大する改正入管法の施行や日本語教育推進法案の成立への動きが加速する中での大会となり、会場は予想を超える約150人の参加者で満席の状態。報告者の1人として招かれた日本語教育推進議員連盟事務局次長の里見隆治公明党参院議員は、衆院文部科学委員会が22日に可決し28日の衆院本会議で採決される予定の日本語教育推進法案の参院での審議について、「6月の第2週あたりが山場になろうと思いますが、しっかり通していきたい」と述べた。

里見議員は厚生労働省出身。外国人雇用対策課でEPA(経済連携協定)による外国人看護師、介護福祉士の受け入れを主導した経験を持つなど外国人政策に詳しい。日本語議連では中川正春会長代行、馳浩事務局長らと法案作成の実務を担った。また、参院で法案審議の優先順位などを決める議院運営委員会の理事も務める。

里見議員は法案の中身を説明する中で、附則として盛り込んだ「検討事項」について、「日本語議連は法律案を出すだけが使命ではなく、さまに仕事はこれから、ということ。横ぐしを刺す制度を作る新しいステージに入っていく」と述べた。検討事項とは日本語教育機関に関する制度整備で、大学、大学院から日本語学校、専門学校、ボランティアの日本語教育など様々な取り組みの類型や範囲を検討し、「必要な措置」を講じるという。日本語議連の今後の動きにも注目したい。

シンポ冒頭、大養協代表理事の山本忠行創価大教授は開会のあいさつで、日本語教師の公的な資格について政府が検討を始めるなど環境が大きく変化していることを踏まえ、「日本語教員の養成の仕事も大きな改革を迫られる状況になっている」と述べた。

シンポでは、里見議員のほか、NPO法人グローバルサポートセンターの山下ゆかり代表理事▽協同組合エヌケーユーの又賀良子代表理事▽早稲田大学の宮崎里司教授▽NPO法人青少年自立援助センターの田中宝紀事業責任者がそれぞれの取り組みや研究を報告した。最後に報告者によるパネルディスカッション行われた。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    I am truly thankful to the owner of this web site who has shared this impressive
    article at at this time. pof natalielise

  2. Hello there, I discovered your website by means of Google at the same time as
    searching for a similar subject, your web site came up,
    it looks great. I have bookmarked it in my google bookmarks.

    Hi there, simply became alert to your blog
    thru Google, and located that it’s really informative.
    I am gonna watch out for brussels. I’ll be grateful should you continue this in future.

    Lots of people will probably be benefited from your writing.

    Cheers!

  3. This is very interesting, You are a very skilled blogger.
    I have joined your feed and look forward to seeking more of your wonderful post.
    Also, I have shared your site in my social networks!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

8月
29
全日 第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
8月 29 – 8月 31 全日
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム 主催:ヨーロッパ日本語教師会(AJE) 日時:  2019年8月29日(木)〜 31日(土) 場所(会場): ベオグラード大学(セルビア) テーマ:ローカル・グローバルな日本言語・文化教育 Sections: Spheres of Use Teaching Methodologies Teaching Experience Multiculturalism and Teaching Teaching Resources 発表募集は10月から公開いたします。
8月
31
1:00 PM 『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
8月 31 @ 1:00 PM – 5:00 PM
『みんなの日本語 初級』を使ったことはあるけれど「基本的な授業の組み立て方がイマイチよくわからない」「練習がワンパターンになりがちで…」「学習項目が定着しないのはなぜ?」「もっと上手く教科書を活用したいんだけど…」といったお悩みをお持ちの新人日本語教師を対象として、『新日本語の基礎』『みんなの日本語 初級』『同 中級』の制作に携わってこられた石澤弘子先生にお話しいただきます。 セミナーでは本シリーズを改めてご紹介しながら、本書を使った基本的な教え方を確認し、初級の学習項目の定着を促すための練習や、活動を進めるために必要な手順・段取りを、具体的に紹介するような構成を考えております。 【講 師】 石沢弘子(KOYO国際学院 校長、元目白大学教授、『みんなの日本語』監修者) 【内 容】 第1部 『みんなの日本語 初級Ⅰ』を使った初級前期の授業づくり ・『みんなの日本語 初級Ⅰ 第2版』の概要 ・日本語でできるようになること(目標) ・各課の授業の流れと教科書の流れ ・授業の準備、効果的な授業の進め方(導入、練習方法、会話) ・授業例:(動詞文、動詞の活用など) 第2部 『みんなの日本語 初級Ⅱ』を使った初級後期の授業づくり ・初級後期の日本語能力の目標 ・『みんなの日本語 初級Ⅱ 第2版』の全体的俯瞰 ・授業例:(30・31課など) ・指導上の留意点と対応 ・コミュニケーションに必要な日本語能力
9月
7
10:00 AM 日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
9月 7 @ 10:00 AM – 5:00 PM
プログラム ​10:30~12:00 講演 *「日常会話」のためのコミュニケーション能力を育てる ―学習者が日本語で適切に意図を伝えられるようになるために― 講師 清水崇文氏(上智大学) ​13:30~15:00 ワークショップ①(講師名五十音順) 下記より1つお選びいただけます。 *変わりゆく入管政策―日本語教育者が知っておきたい改正入管法の見方― 講師 小松原祥一氏(東京ビザ申請サポート 行政書士 小松原事務所) *ライティング評価における「構成」を考える―フローチャートを活用して― 講師 田中真理氏(名古屋外国語大学・名誉教授)、坪根由香里氏(大阪観光大学) *はじめよう、授業でディベート 講師 内藤真理子氏(神田外語大学) *そもそも論から考える教育とICT―授業に取り入れるために― 講師 藤本かおる氏(武蔵野大学) ​15:30~17:00 ワークショップ②(講師名五十音順) 下記より一つお選びいただけます。 *コーパスからのデータを授業に生かすには 講師 中俣尚己氏(京都教育大学) *非漢字系学習者を対象にした漢字指導―多様な活動で楽しさを―【第2弾】 講師 濱川祐紀代氏(目白大学) *映像メディアを授業に取り入れるときの留意点を考えよう! 講師 保坂敏子氏(日本大学)、高橋薫氏(早稲田大学) ◆本ワークショップは反転授業で行いますので、事前に下の映像教材を視聴の上、ワークショップにご参加ください。ワークショップのはじめにビデオ内容に関するグループ討論を行います。 NHK for schoolのメディアタイムズ19回(10分)「どうやって作られる? イメージ」 *言語習得につなげる聴解指導―大規模テストでは測れない聴解能力に注目して― 講師 横山紀子氏(昭和女子大学)
ページ上部へ戻る