東京福祉大の不明留学生1610人 文科、入管が学部研究生の留学停止の〝処分〟

東京福祉大の不明留学生1610人 文科、入管が学部研究生の留学停止の〝処分〟

多数の不明留学生を出した東京福祉大について、文部科学省と出入国在留管理庁は6月11日、2016年度から18年度にかけ計1610人の留学生の所在が不明だったと発表した。また、多数の所在不明者、不法残留者を出した同大学の責任は重大だとして、学部研究生への留学生受け入れを停止する〝処分〟を課した。

調べでは、所在不明の留学生は2016年度305人、17年度482人、18年度823人で、16年度から大量の所在不明者を出していた。留学生に対する在籍管理が極めてズサンだったのに加え、入学者の選考も不適切だった。学部研究生の入学選考では、日本語能力試験N2相当のレベルが必要なのにN3以下の学生が多数いた。また、欠席者や出席率の低い学生が数多く存在した。

問題を起こした背景として、両省庁は①留学生の受け入れ体制が脆弱②修学環境が不適切③留学生の受け入れ拡大に関する意思決定プロセスが不透明ーーなどと指摘した。今回の事態を受けて文部科学省としては、新規の学部研究生の受け入れを見合わせるよう指導するとともに、私学助成金の減額・不交付を検討する意向だ。入管庁としては在留資格「留学」を交付しないという。柴山昌彦文科相は「的確な把握が遅れてしまい、必要な対応を逸してしまった」と述べ、他の大学でも似たような事態がないか調査する意向を示した。

今回の東京福祉大の事案は、留学生受け入れではかつてない規模の不祥事だ。しかも文科省が所管する大学で起きた。このため文科省、入管庁は事態を重視し、留学生の在籍管理の徹底に関する新たな対応方針をまとめた。文科省は各大学などに在籍管理状況の調査を求め、在籍管理が不適正な場合は改善指導を行うとし、改善が見られない場合は「在籍管理非適正大学」として法務省に通告。入管庁は「非適正大学」や不法残留者を多く出すなどして3年連続で「慎重審査対象校」とされた大学などには、「留学」の交付を停止する。

にほんごぷらっと編集部

 

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
21
12:30 AM 多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
9月 21 @ 12:30 AM – 4:30 AM
多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス- @ 聖心女子大学4号館 | 渋谷区 | 東京都 | 日本
第16回(2019年度)研究会 多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス-  日時:2019年9月21日(土) 12:30~16:30 参加費:大学専任教員の方 2000円 上記以外の方   1000円 申込:【定員50名】https://kokucheese.com/event/index/567128/ 場所:聖心女子大学4号館 主催: 多文化共生社会における日本語教育研究会 https://tabunka-nihongo.jimdo.com/ 講師:鵜川 晃(うかわ こう) 博士(人間学)。 専門は多文化間精神保健学・医療人類学。移民・難民の定住におけるメンタルヘルスの問題、そしてベトナム人の生と死の通過儀礼における文化実践についての研究を進めている。著書に『あなたにもできる外国人へのこころの支 援』(岩崎学術出版社、2016、共著)、訳書に『移住者と難民のメンタルヘルスー移動する人の文化精神医学』(明石書店、2017、共著)などがある。 司会進行:伴野崇生(ともの たかお) 慶應義塾大学特任講師・多文化共生社会における研究会代表幹事 多文化間精神保健専門アドバイザー(多文化間精神医学会認定)
ページ上部へ戻る