三重商工会議所連合会に「多文化共生社会づくり」を提案――名古屋入管局長とNPO代表が講演

三重商工会議所連合会に「多文化共生社会づくり」を提案――名古屋入管局長とNPO代表が講演

名古屋出入国在留管理局の藤原浩昭局長とNPO法人愛伝舎理事長で先に発足した「外国人支援・多文化共生ネット」の坂本久海子代表が7月23日、四日市市で開かれた三重県商工会議所連合会の総会で講演し、政府の外国人労働者受け入れ拡大の政策や市民団体の外国人支援の取り組みについて、地元の経済人に報告し理解を求めた。

政府は企業の人材不足が深刻の度を深めているのを受けて昨年の臨時国会で入管法を改正し、4月から新たな在留資格の「特定技能」による外国人受け入れが始まっている。藤原局長はそうした政府の方針を説明。この中で藤原局長は、労働力不足を解消するために外国人の受け入れ拡大に舵を切ったが、政府としては安価な労働力を受け入れるための制度を作ったわけではなく、外国人を日本人と平等な市民として処遇することが重要だとの考えを述べた。そのうえで、「外国人支援・多文化共生ネット」の構築について、行政、企業、NPOなど市民団体が連携、協力して「共生社会」をつくるよう呼びかけた。

一方、坂本代表は7月10日に愛知、三重、岐阜の3県の9団体が「外国人支援・共生ネット」という団体を発足させたことを報告した。併せて通常国会で成立した日本語教育推進法によって国、地方自治体とともに企業にも日本語教育推進の「責務」が課せられるようになったことにも言及。かつては外国人の日本語教育に無関心な企業が多かったが、最近は「製造業の多い三重県は外国人に下支えしてもらっている。外国人に長く働いてもらえるよう考えていきたいという声が聴けるようになった」と企業側の意識の変化を指摘した。

三重県商工会議所連合会は、県内の12の商工会議所で構成。地域の商工業の振興を目指して各種事業を展開している。今回、県内企業のトップクラスが参加する総会で名古屋入管局長と外国人支援のNPO代表がそろって講演するのは今回が初めて。人口減少に伴う外国人受け入れや共生社会の構築は、経済界にとっても極めて重要な課題となっており、企業側の今後の取り組みが注目される。

坂本代表の話 今回、三重県商工会議所連合会の総会に参加させていただき、市民団体の声を企業のトップの皆さんに届けることができました。企業の方々もしっかり受け止めてくださり、今後は連携ができると考えています。外国人が増えていく日本で、共生社会を作ることは、重要な課題です。その担い手は国、自治体、企業、外国人、地域住民、そしてNPOなど私たち市民団体であり、それぞれのプレーヤーが協力し合って作り上げるものだと思います。今回の企業の皆さんとの出会いは、新しい可能性を感じさせるものになりました。それを新しい活動の始まりにしたいと考えています。

にほんごぷらっと編集部

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
12月
10
1:00 PM 日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
日本語支援ボランティア養成講座(... @ 本多公民館
12月 10 2022 @ 1:00 PM – 1月 14 2023 @ 5:00 PM
外国人への「日本語の教え方」を初めて学ぶ方に適した講座です。 <養成講座開催日時> 2022年12月10日/12月17日/2023年1月7日/1月14日(土)午後1時~5時 全4日間 <講 師> 木戸恵子先生(獨協大学非常勤講師)  <会 場> 本多公民館(国分寺市) <受講対象者> 国分寺市及び近郊都市に在住・在勤の方 <定 員>   30名 (定員に達した後は、キャンセル待ちとなります) <受講料>   4,000円 ※受講料は、後日(11月中旬)、申込者に順次お送りする「受講ガイド」に従ってお振込みください。 <ご確認ください> 今日の感染状況を鑑み、「オンライン開催」に変更される可能性があることをご了承ください。変更の際は、決定次第、ご連絡させていただきます。  ★講座に関する詳細、および Q&Aはこちらをご覧ください。  https://www.1991kia.jp/nihongo-shien-kouza2022/
12月
11
1:00 PM 現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
現場の最前線が知れる‼多文化共生... @ オンライン(Zoom)
12月 11 @ 1:00 PM – 2:30 PM
【内容】 日本における在留外国人が年々増加している中、企業の外国人雇用や教育現場の日本語を習得できていない外国人留学生、外国につながる児童生徒との円滑なコミュニケーションや学習面での課題が問題となっています。 日本語教育とフォントの関係性についてUDフォントが有効であるという傾向が見えてきた中、今回のセミナーでは、現場の先生方と共に外国人留学生や生活者としての外国人の日本語教育の現状と対策、これからの課題を、実証試験の内容も踏まえながら「UDフォント」や「やさしい日本語」から始める日本語教育の支援について考えます。 ▼イベントの詳細・申込はこちら https://go.morisawa.co.jp/l/896081/2022-11-21/ngpt7 【概要】 日時:12月11日(日) 13:00~14:30 ※当⽇参加できない⽅も、お申し込みいただければ後⽇アーカイブ動画が視聴可能 参加費:無料 募集定員:1,000名 講師: 長崎短期大学 准教授 岩﨑 千恵 氏 崇城大学 就職課 課長補佐 公益財団法人 地方経済総合研究所 特別研究員 前田 和則 氏 熊本大学 教育学部附属特別支援学校 後藤 匡敬 氏 主催:株式会社モリサワ 【お問い合わせ先】 株式会社モリサワ 東京本社 営業企画部 公共ビジネス課 E-mail:public-biz@morisawa.co.jp

注目の記事

  1. ヘイトクライムを司法が断罪 京都地裁で放火男に有罪 在日コリアンが暮らすウトロ地区の民家に放火…
  2. 日本語学校の留学生の「奮闘ぶり」が読売新聞の連載記事に  日本語学校と言えば、一部の学…
  3. 「やさしい日本語」で外国人の労災を防げ 厚労省が「手引き」作成 厚生労働省はこのほど、…

Facebook

ページ上部へ戻る